AirPods

【わかりづらい】AirPodsのバッテリー残量を確認する3つの方法

AirPodsの電池残量を確認する方法がわかりづらすぎるので残量確認方法をまとめました。電池残量方法がわからないという方はこれで解決するはずです。

 

確認方法その1 AirPodsケースのフタを開ける

一番オーソドックスな方法はこれでしょうかね。Apple公式にこんな感じで説明があります。

iPhone で、AirPods が中に入ったままケースの蓋を開け、ケースごとデバイスに近づけて持ちます。数秒間待つと、AirPods と充電ケースの充電状況が表示されます。
AirPods を充電ケースで充電する方法とバッテリーの駆動時間について

必ずAirPodsが「ケースに入ったまま」フタをあける必要があります。あと、ケースとデバイスを「近づけないと」ダメです。この近づける距離感が全くわからず困りました。人によると思いますが、個人的には結構近づけないといけないんだなと感じましたね。

注意点としては、そもそもAirPodsケースの電池がなくなっていると表示されないです。

AirPodsの電池残量こんな感じで表示される

 

確認方法その2 iPhoneのウィジェットで確認する

iPhoneのホーム画面で画面を左側にスワイプするとウィジェットが出現します。その中に「バッテリー」というメニューがあってそこで接続している各種機器のバッテリー残量が確認できます。ただ、そのときにもAirPodsのフタを開ける必要があります。

ウィジェットでのAirPods電池残量確認ウィジェットで電池残量確認

なんだかよくわからないんですが、AirPodsを近づける距離はこのウィジェットで確認する場合は、そんなに近づけなくても大丈夫な気がします。気のせいかもしれませんが。

 

Siriに聞く

多分この方法を使う人はいないと思いますが一応紹介。

AirPodsのケースを開いた状態で、Siriに下記のように聞いてみてください。AirPodsを耳に付けている時でもOKです。

「エアーポッズの電池残量は?」

するとSiriが電池残量を教えてくれます。

 

まとめ

まとめも何もないんですが、こんな感じでAirPodsの電池残量を確認することができます。別に大した作業じゃないのでいいんですけど、もっと簡単にというか気軽に確認できないですかね。

どの確認方法もAirPods本体がケースに格納されている時じゃないとダメなんで、耳に装着している時にいちいち外すのかよ的なつらみがあるんですよね

まあ、そもそもそんな頻繁に電池がなくなるものでも無いし、AirPods本体を使用しない時は常にケースで充電されているし、そのケース本体も2日に1回くらいは充電しているのでバッテリー切れで困った事はこれまでないんですけどね。

 

他にもいろいろAirPods関連の記事を公開しています。

AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問

【2018年】AirPods(エアーポッズ)はケースをつけてこそ本領発揮!おすすめケースランキング!

ABOUT ME
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから