AirPods

【わかりづらい】AirPodsのバッテリー残量を確認する3つの方法

こんにちはKoh(@misc_log)です。

第2世代AirPodsも登場し、ワイヤレス充電可能になるなどさらに進化したAirPodsですが、相変わらず電池残量を確認する方法がわかりづらすぎるので電池残量を確認する方法をまとめました。

iOSによる確認方法を前提として解説します。

バッテリー残量確認方法その1:iPhoneのウィジェットで確認する

多分これが一番簡単な確認方法です。

iPhoneのホーム画面で画面を左側にスワイプするとウィジェットが表示されますが、その中に「バッテリー」というメニューがあり、その中でAirPodsのバッテリーも確認できます。

ただし、常時表示されているわけではなく、下記の通り状態が分かれます。

AirPodsがケースに入った状態でフタを開けた場合

AirPodsがケースに入った状態でフタを開けるとウィジェット内で、AirPods本体(イヤホン部分)とバッテリーケース両方のバッテリー状態を確認できます。

AirPodsを充電している時の場合

ワイヤレス充電でもLightning充電でも、AirPodsを充電している状態だとウィジェット内で、AirPods本体(イヤホン部分)とバッテリーケース両方のバッテリー状態を確認できます。

AirPods利用時の場合

AirPodsを耳に付けている時や、バッテリーケースの外に出ている状態だとウィジェット内で、AirPods本体(イヤホン部分)のみのバッテリー状態を確認できます。

この時は、バッテリーケースの状態は確認できません。

ウィジェットでのAirPods電池残量確認ウィジェットで電池残量確認

ウィジェットで表示させるのが一番簡単なので、よく使うのはこの方法ですね。

バッテリー残量確認方法その2:AirPodsケースのフタを開ける

iPhoneがスリープ状態じゃない時に、AirPodsがケースに入ったままフタを開けるとiPhoneの画面上にAirPods本体とケースのバッテリー状態が表示されます。

AirPodsの電池残量こんな感じで表示される
  1. iPhoneがスリープ状態じゃない事
  2. 必ずAirPodsが「ケースに入ったまま」フタをあける
  3. AirPodsとiPhoneを結構近づける必要がある

これらの条件が整っている必要があります。

特に、このAirPodsとiPhoneを近づける距離感が絶妙です。

人によると思いますが、個人的には結構近づけないといけないんだなと感じましたね。

加えて注意点として、そもそもAirPodsのバッテリーケースの電池が空だと表示されないです。

バッテリー残量確認方法その3:Siriに聞く

多分この方法を日常的に使用する人はいないような気もしますが、音声で確認できるので便利は便利です。

Siriを呼び出してSiriに下記のように聞いてみてください。AirPodsを耳に付けている時でもOKです。

「エアーポッズの電池残量は?」

するとSiriが電池残量を教えてくれます。

まとめ

まとめも何もないんですが、こんな感じでAirPodsの電池残量を確認することができます。

なんというか、もっと簡単にというか気軽に確認したい・・。

まあ、そもそもそんなにバッテリー残量を気にすることもないので困ったことはないんですけどね。

特に第2世代AirPodsではワイヤレス充電可能になったことにより、AirPods未使用時はぽんと置いておくだけで充電されているので、バッテリー残量はより気にしないかもですね。

Apple公式にもバッテリー残量の確認方法について解説されたページがあります。
AirPods を充電ケースで充電する方法とバッテリーの駆動時間について

https://misc-log.com/airpods-case/

AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問AirPods(エアーポッズ)を長期間使用した経験を元に、迷っているなら買って良いと思う理由と、AirPodsに関してよく聞かれる質問に回答します。 ...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください