AirPods

【2019年】AirPods(エアーポッズ)はケースをつけてこそ本領発揮!おすすめケースランキング!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

第1世代、第2世代を含めて2年以上AirPods(エアーポッズ)を使ってきましたが、AirPodsはケースに入れて使うのが圧倒的におすすめ。

この記事ではAirPodsにケースが必要な理由と、おすすめケースを紹介します。

一体どれだけ買うんだよと言われながら、様々なAirPodsケースを試して辿り着いた集大成です。

ちなみに、AirPods2もバッテリーケースの大きさは一緒なので、基本的にどのケースでも使用可能。

ただし、AirPods2では下記の部分で注意が必要です。

  • ケースの素材によってワイヤレス充電ができない
  • 接続設定ボタンの位置が大きく変わったのでケースのボタン位置と合わない
第1世代AirPodsと第2世代AirPods

このようにボタン位置が大きく変わっているので、ケース側のボタン位置と合わなくなります。

ただ、あまり使わないし、シリコンケースであればケースの上からボタンを押せるのであまり気にしなくていいと思います。

AirPodsをケースに入れずに使っている、あるいは、今のケースに不満があるという方は参考にしてみてください。

AirPodsにケースが必要な理由

AirPodsはApple製品とシームレスに連携し、利用における手軽さ、長時間もつバッテリーなど非常に優れたデバイスで、とても気に入って使ってます。

そのあたりの事は「AirPodsを購入すべきたったひとつの理由とよくある質問」で書いてます。

そんなAirPodsをさらに便利に使うためには、ケースに入れて運用するのがおすすめ。

「とても小さい」というのはAirPodsの優れた特徴のひとつですが、小さいだけにリュックやバッグの中で、「あれ、どこいった?」問題がよく発生します。

また、リュックやバッグの中にそのまましまうとバッテリーケースが傷だらけに。

というか、そもそもリュックやバッグからいちいち出し入れするのめんどくさいんですよね。

「出して耳に装着するだけですぐ使える」のがAirPodsの良さなので、リュックやバッグからゴソゴソせずに、サッと出してサッと使いたいじゃないですか。

  • リュックやバッグの中で行方不明
  • バッテリーケース傷だらけになる
  • 手から滑って落としそうになる
  • そもそもリュックやバッグからの出し入れめんどくさい

この問題を、AirPodsをフック(カラビナ)付きのケースに入れて、バッグやリュックに引っ掛けて持ち歩くという方法で解決します。

AirPodsケースをリュックにぶら下げる

いちいちバッグやリュックにしまう必要がないので、バッグの中でもみくちゃにされ、あれどこいった?とか、傷だらけになったみたいな事にならずに済みます。

この運用が非常に快適で、AirPodsへのアクセスが劇的に良くなります。

AirPodsにはこのケース!おすすめケースランキング

ということで、これまでさんざんケースを買ってきましたが、その中でも優秀だったAirPodsケースをランキング形式で紹介します。

第5位:がっちりカード! 金属系AirPodsケース

このケースはAirPods2でのワイヤレス充電ができないので注意

AirPodsケースはシリコン素材のものが多いんですが、これは珍しい金属系。

ただ、やはり素材的にちょっと重くはなります。

しかし、金属系なので衝撃にとても強く、多少乱暴に使う人でも安心。

しかもこのケース、付属品がいろいろ付いていて、紛失防止ストラップ、イヤーピース、カラビナ、ホルダーとAirPodsを使う上で便利なアクセサリーがまるごとついてくるのでコスパがいいです。

AirPodsをガッチリ守るおすすめケースです。

第4位:おしゃれに使いたいならレザーAirPodsケース

おしゃれに使いたいならレザーAirPodsケース

おしゃれなレザータイプの「ATiC AirPodsケース

僕はブラウンを持ってますが、カラバリが豊富なので好みの色を選んでおしゃれに使えます。

ATiC AirPodsケースにAirPodsを格納

ちょっと心配になるくらい安いんですが、とてもそんな低価格とは思えない品質。

レザーは厚みがあり、内側は起毛っぽい素材になっていてAirPods本体をガードしてくれます。

さらに、ストラップも付いてきます。

カラビナは付きませんが、ケース裏のストラップ装着部分に100均で売ってるカラビナをつければリュックやバッグに引っ掛けて使うことも可能です。

ATiC AirPodsケースの背面ストラップを付けられるようになっている

ちなみに前述の通り、AirPods2だと接続設定用のボタン位置が合いません。

ワイヤレス充電も可能

このケースでは絶対無理だろと諦めていたワイヤレス充電ですが、なんと正常に充電できました。

ATiC AirPodsケースはワイヤレス充電が可能

これは「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」で充電中ですが、AirPodsケースのバッテリー表示部分に充電マークが表示されているのがわかると思います。

また、下部に穴が空いているのでケースをつけたままLightningによる充電ももちろん可能。

ATiC AirPodsケースは下部にLightningケーブル用の穴が空いているケース下部にLightning用の穴が空いている

ただちょっと難点があって、AirPods本体を取り出しづらい感があります。

ATiC AirPodsケースからAirPodsを出す

このようにケースを開けて、ちょっとAirPodsを引っ張り出して、その後本体を取り出すというような動作をする必要があります。

とはいえ、やはりレザーはおしゃれで使いやすいので、1つ持っておくといろいろなシーンで活躍すると思いますよ。

第3位:機能性重視ならこれ!防水、衝撃に強いAirPodsケース

落下などによる衝撃に強く、加えて、防水という機能性抜群なケースです。

ケースとしての機能という意味では本当に最強で、ガッチリAirPodsを保護してくれます。ただ、ちょっと見た目的に好みが分かれるかも知れません。

決してそんなに酷いデザインってわけではないんですけど、機能性を一番に考えられているのでいかつい印象。

引っ掛けて使うならリュックによく合うと思いますが、見た目よりは機能性を重視したいという方におすすめです。

第2位:前面がAirPods2に最適化されたシリコンケース

前面がAirPods2に最適化されたシリコンケース

この「Oumino AirPodsケース」は前面がAirPods2に最適化されていて、AirPods2のLED部分にあたるシリコンが薄く作られており、LEDが光っているのがわかるようになっています。

Oumino AirPodsケースは本体のLEDが光っていることがわかる本体のLEDが光っていることがわかる

AirPods2は充電器に載せた際にLEDが光るようになっているので、この光っていることがわかると、「きちんと充電状態になった」という事がわかりやすいです。

Oumino AirPodsケースはワイヤレス充電が可能充電時にフロントのLEDが光る

このケースは珍しい特徴があって、ケースのフタと本体側が分離式になっています。

左側がこのケースですが、フタが分離されてます。

Oumino AirPodsケースは本体とフタが分離する

これの何が嬉しいのかと言うと、他のカラーと合わせて買って、組み合わせて使うことができます。

カラーで遊ぶと個性がでるので、見た目にも気を使いたい方におすすめ。

薄いシリコン素材なのでもちろんワイヤレス充電も問題ないですし、ケースをつけたままLightningケーブルで充電も可能です。

Oumino AirPodsケースの下部ケースをつけたままLightningケーブルで充電可能

Lightningが挿さる箇所にもシリコンカバーがついており、ホコリが入るのをある程度防いでくれます。

第1位:シンプルイズベスト。最強のAirPodsケース

シンプルイズベスト。最強のAirPodsケース

この「AhaStyle AirPods ケース」の良いところは圧倒的シンプルさと、コスパです。

よくあるシリコンケースなのですが、AirPodsをガードする必要最低限の事をしてくれるという感じで、良い意味でそんなに特徴がありません。

薄いシリコンで、極端に厚くなったりせずAirPodsのフォルムをそのままに使用できます。

そして1,000円しない、数百円という低価格。

カラバリも豊富で白、黒、クリアなど基本色を含めた全8色展開。

白であれば、AirPods2のLEDインジケーターもかろうじて光ってる事がわかります。

僕は黒も持ってますが、黒だとインジケーターはわからなくなりました

AhaStyle AirPods ケースの白色ならLEDの光がわかるもちろん、ワイヤレス充電も可能。

AhaStyle AirPods ケースはワイヤレス充電も可能

Lightningケーブル用の穴も空いていて、ケースを付けながらの充電も可能です。

AhaStyle AirPods ケースの下部

簡単にケースを取り外す事も可能なので、僕は白と黒と赤の3色持っていて気分によって使い分けています。

超絶シンプル。そして安い。コスパ最強ケースです。

第2世代AirPods対応版も

同メーカーから第2世代AirPods対応版も発売されました。

AhaStyle AirPods2 ケースはフタが分離式

一番大きな変更点はフタが分離式になったことですね。

AhaStyle AirPods2 ケースはフタが分離式

また、裏側のボタン部分がなくなりました。

とはいえ、シリコン素材なのでボタンを押すことは可能です。

AhaStyle AirPods2 ケースの背面

さらに、前面のLEDインジゲーターもきちんと光っていることがわかるようになりました。

AhaStyle AirPods2 ケースは前面のインジゲーターがわかる

こちらもカラバリが豊富なので、複数色買って気分やファッションに合わせて使い分けるとよりAirPods2を楽しめると思います。

カラビナなしのおすすめAirPodsケース

個人的にはカラビナが付いている方が便利だと思いますが、必要ないという場合もあるでしょう。

カラビナなしケースもいくつか持っているのでその中かからおすすめケースを紹介します。

DamonLight AirPodsケース

上で紹介した「Oumino AirPodsケース」のカラビナなし版のようなケースです。

フタ部分と本体部分が分離式なので、複数色買えば組み合わせて色で遊べます。

リュックやバッグの中での存在感含め、思い切った色を組み合わせると個性を出せますね。

elago AirPodsケース

elago AirPodsケース

この「elago AirPodsケース」は、厚みがあるシリコンでAirPodsを守ってる感がすごいです。

シリコンの薄さはそのまま見た目のフォルムや使い勝手に影響する部分ではあるので、薄い・厚いは好みが分かれるところかと思いますが、耐久性という意味ではやはり厚い方が安心ではありますね。

elago AirPodsケースはシリコンが厚い

左側がこの「elago AirPodsケース」、右側が「AhaStyle AirPods ケース」ですが、厚みの違いがわかると思います。

ケースの厚さ的に、ワイヤレス充電無理かなと思ったんですが正常に充電できました。

elago AirPodsケースはワイヤレス充電も可能

裏側はこのような感じでとてもシンプル。Lightningケーブルの穴は空いてますが、他のケースのようにケーブル穴を保護するカバーが付いていないのは少し残念。

elago AirPodsケースの背面

この「elago AirPodsケース」はしっかりAirPodsを保護したいという方におすすめです。

カラバリも豊富なので色も選べます。

AirPodsおすすめケースまとめ

以上がさんざんケースに散財してきた僕が選ぶベストAirPodsケースです。

カラビナが付いているケースを選べば、リュックやバッグのどこかの金具にひっかけておき、使用時の利便性が著しく向上します。

リュックやカバンの中にしまう場合でも、ケースに入れておけば傷や落下からAirPodsをガードできて安心。

複数買って、シーンに合わせて使うとAirPodsを使うテンションも上がりますよ。

そういう意味でもレザーケースとシリコンケースなど全く違うタイプを持っていると使いやすいと思います。

気になったケースがあればぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

【意外と落とす?】AirPods(エアーポッズ)におすすめの落下防止アクセサリー
【意外と落とす?】AirPods(エアーポッズ)におすすめの落下防止アクセサリーAirPodsをつけて走ったり、運動しても大丈夫!AirPodsのおすすめ落下防止アクセサリーをまとめました。これで落下の心配はなくなります。...
AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問AirPods(エアーポッズ)を約2年使ったので、迷っているなら買って良いと思う理由と、AirPodsに関してよく聞かれる質問に回答します。 ...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください