【動画あり】AirTagが電池切れ!どのくらい持った?交換方や残量確認の方法をまとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

2021年5月に購入したAirTagですが、ついに「バッテリー残量が少ない」というアラートが出たため電池を交換しました。

アラートが出たのは使用開始から約1年3ヶ月後でした。Appleは「1年以上持つ」と言っていたため、公称値通りという感じでしょうか。

約1年3ヶ月で3つのAirTagがバッテリー切れ

せっかくバッテリー交換をしたのでその方法を紹介するとともに、ついでなのでAirTagを1年使ってわかった電池周りのことについてシェアしようと思います。

  • AirTagのバッテリー寿命はどのくらい?
  • AirTagの電池交換方法(動画もあります)
  • AirTagのバッテリー残量を確認する方などの電池周りのよくある質問

AirTagをすでに使っている人はもちろん、購入を検討している人の参考になれば幸いです。

目次

AirTagのバッテリーはどのくらい持つの?

Apple公式サイトのAirTagのページには、AirTagのバッテリーは1年以上持つと記載があります。

そして前述の通り、僕の場合は約1年3ヶ月でバッテリーアラートがでました。

AirTagのバッテリアラート
すぐに交換できませんよ・・

ただこれは残量少ないってアラートなので、この時点ですぐ交換しなくても大丈夫でした。僕は2週間くらい放置してましたが使えてましたね。タイムラインはこんな感じです。

  • 2021年5月使用開始
  • 2022年8月中旬バッテリー残量少ないアラート
  • 2022年9月上旬バッテリー交換

使えなくなると困るのでアラート後2週間で交換しちゃいましたが、もっと放置しておくこともできたのかもしれません。そこは不明です。

残量低下アラートからもしばらく使えた
残量低下アラートからもしばらく使えた

というわけで、AirTagのバッテリー寿命は公称値通り約1年ちょっとは使えそう。また、アラートが出てからも数日から〜数週間程度なら使える可能性が高い。って感じでしょうか。

ちなみに、ほぼ毎日持ち出す鍵につけたAirTagと、たまに持ち出すサコッシュのAirTagが同じくらいのタイミングで残量アラートが出ました。

なので、頻繁に移動が起きるかどうかはバッテリーの寿命に影響しないのかもしれません。少なくとも僕の場合はそうでした。

AirTagの電池交換方法

電池交換は驚くほど簡単でした。必要になる電池は「CR2032」というタイプのコイン型電池です。

AirTagの電池はCR2032のコイン型電池
CR2032

手順はこちらです。

  1. AirTagの裏側をグッと押し込む
  2. 押し込んだまま左に回す
  3. カバーを外して電池交換
  4. もとに戻す

これだけです。交換の様子は動画、テキストで用意しています。好きな方をご覧ください。

AirTagの電池を交換している動画

こんな感じでだいたい30秒くらいあれば終わるような作業です。

AirTagの電池を交換しているところを写真で

STEP
AirTagの裏側を指でギュッとおさえこむ
STEP
押しながら反時計回りに回す
STEP
フタを外して電池を入れ替える

フタを外したら電池が見える状態になっているので、用意した電池に入れ替えます。

STEP
フタを閉めて完了

電池を入れ替えたらあとは元通りにすれば完了です。

特に難しいことはないのですが、最後の閉じる工程のときにフタ側のツメと本体側が合うようにしないと閉まりませんのでご注意ください。

ツメが本体側とぴったり合う位置がある

電池交換が完了すると、探すアプリ上でバッテリー低下表示が消えます。一応確認しておきましょう。

バッテリー残量がない表示
これが
AirTagのバッテリーが回復
こうなる

念の為、AirTagの電池交換方法が書かれたApple公式のガイドページも記載しておきますね。

AirTagの電池残量を確認する方法や電池周りのよくある質問

一応1年間使用しましたので、その経験からわかったことをよくある質問としてまとめました。

AirTagの電池残量を確認する方法は?

実はこれ、できなくなってしまいました。(2022年9月現在)

当初は「探す」アプリからAirTagの電池残量が確認可能だったんですが、現在はOSのアップデートにより電池残量を確認することは不可能になっています。

なぜこの機能が塞がれてしまったかはわからないんですが、現状だと残量を知る方法はなく、残量低下アラートで電池交換タイミングを知ることしかできません。

バッテリーが少なくなった場合の機能制限って?

AirTagのバッテリー残量が低下すると「一部の機能が使用できません」といった表示が探すアプリ上で出現します。しかし、一体何の機能が使用できないのかさっぱりわかりません。

僕が試す限りではどの機能も普通に使用できていました。あまりにも長期間その状態を維持すると何か変化があるのかもしれません。

CR2032型コイン電池ならどれでもいいの?

Appleによると「苦味剤コーディング」がされたものは使えない可能性があるとしています。しかし、買おうとしてわかったのですが、苦味剤コーディングされているかどうかなんて知る方法はありません。どこにもそんなこと書いてないので普通の購入手段で避けることは不可能です。

なので、適当に買いました。未だにコーディングされているかどうかはわかりませんが普通に使えています。僕が買ったのはこれです。

そもそもAirTagの電池ってどこで買えばいいの?

どこでも売ってますが、安さでいえば100均で買うのが良いと思います。2個で100円です。量が多くなって良ければAmazonや楽天で探せば1個あたり何十円みたいなさらに安いのも売ってます。

AirTagの電池交換や残量確認方法まとめ

以上、AirTagの電池周りのことについてまとめました。

僕の場合で言うと、そもそもAirTagは人生に必要なものなのか?と自問自答しながら使い続けてきましたが、今回、電池交換をして使い続けることにしました。

1年で傷だらけになったAirTag
1年で傷だらけになった

その理由は2回ほど「AirTagつけといてよかった!」と思う機会があったからです。具体的には車庫の鍵をなくしましたがAirTagのおかげで発見できました。

半信半疑で使ってきましたが「活躍する絶対数は少ないものの、大きなダメージを回避できる」ものだと感じたので引き続き使ってみようと思っています。

お守りだと思って持っておくと悪いことが起きないかもしれません。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる