AirTagケースのおすすめをまとめ!純正?コスパ?どれを選ぶ!?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Appleにとって新しいカテゴリーであるAirTag(エアタグ)。使っている人もちらほらと見かけるようになってきました。

AirTagは日常的にありがたみを感じるようなものではなく、なんなら動作しないほうがよいという特殊なアイテム。個人的にはお守りみたいな感覚で持ち歩いてます。

AirTagはお守りとして
お守りとして

もしものときに頼れるAirTagですが、形状的にそのままでは使いづらいもの。日常使用においては基本的にケース的なものが必要です。

AirTagはそのままでは使いづらい
碁石?メントス?

というわけで、この記事ではこんな内容について書いてます。

  • AirTagケースの選び方
  • おすすめAirTagケース

Amazonなんかを見ると凄まじい数のケースが並んでおり、どれを買えばいいのか全くわからないじゃないですか。

全部はもちろん試せませんが、僕が使った中からおすすめアイテムとその使用感をまとめました。

ケース選びの参考にしていただけると幸いです。

目次

AirTagケースの選び方

僕はAirTagを発売日に買ってからずっと使ってますが様々なケースを試してきました。その経験をもとにAirTagケースの選び方を簡単に紹介します。

すぐにおすすめケースを見たい人はこちらからスキップできます。

機能性8割、見た目2割で選ぶのが幸福度高い

ケースの役割といえば「デバイスの保護」と考えがちですがAirTagに関してはちょっと違います。

カギやバッグなど、AirTagを何につけたいか?どんな使い方をしたいか?が重要。AirTag自体の保護はその次です。

例えばカギにつけたい場合、下記画像のようなキーリングがついたケースが有力候補ですが、これ、一度つけると外すのが死ぬほど面倒です。

リングは外すのめんどくさい
外すのダルすぎ問題

まあカギであれば頻繁に外すことはないと思うのでそんなに問題にならないはずです。

一方でかばんやリュックだとちょっと話は変わります。例えば、数種類のかばんを使いまわしたい場合やAirTagをつける位置を頻繁に変えたいという場合もありますよね。

そういったときにはカラビナやループタイプなどが便利。カラビナはつけ外しが簡単で、ループタイプはバッグの取っ手などにも装着できます。

カラビナタイプのAirTagケース
カラビナタイプ
ループタイプのAirTagケース
ループタイプ

どんなところにつけるのか、つけ外しは頻繁かそうじゃないか・・などなど、ざっくり使い方をイメージすると選びやすいです。

カラビナ系最も手軽に付け外し可能。ただし意図しないときに外れる可能性あり。
ループ系取付箇所をあまり選ばない。ぶら下がるような感じなる。
リング系付け外しが超めんどくさい。しかし一度付けたらほぼ外れない。

次に、ケースの素材。レザー、合皮、シリコンなどいろいろありますが、タウンユースが多いならレザー、アウトドアなどハードな環境で使うならシリコンやTPU系などの方が好ましい。

様々なAirTagケース
素材によっても使い勝手が全然違う
レザー系おしゃれでカッコいい。水やハードな環境に弱い。
シリコン系気兼ねなく使える。水にも強い。レザーのような高級感はない。
TPU系衝撃に強くハードなシーンで使いやすい。しかし見た目はややいかつくなる。

というわけで、iPhoneケースなんかとはちょっと選び方が異なります。

見た目がカッコいいから」だけで選ぶと、思っていた使い方ができない・・ってことになるので、まずは機能性を重視して、その後見た目を考えて選ぶほうが失敗が少ないです。ちなみに僕はさんざん失敗しました。

というわけで前置きが長くなりましたが、こういった選び方を踏まえながらおすすめAirTagケースを紹介します。

AirTagにおすすめのケースはこれだ!

では、ここから実際に僕が試したケースの使用感を含めて紹介します。まず最初に一覧でどうぞ。

アイテム製品画像素材装着タイプ用途商品リンク
Apple Leather Key Ringレザーリングカギ、取り外ししないものAmazon
drip AirTag用レザーケースレザーループ(ストラップ)バッグやリュックなど公式サイト
NOMAD Leather Loopレザーリングカギ、取り外ししないもの公式サイト
合皮のAirTagケースレザーリングカギ、取り外ししないものAmazon
Apple AirTagループポリウレタンループバッグやリュックなどAmazon
SUPTMAX AirTagケースシリコンループバッグやリュックなどAmazon
AMOVO AirTagケースシリコンカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon
Caseology ヴォールトTPUカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon
Caseology ナノポップTPUカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon

Apple Leather Key Ring(レザー系×リング)

AppleデバイスのケースはAppleで!と考える人も多いはず。このApple Leather Key Ringは高級感にあふれ所有欲をガッツリ満たしてくれる純正ケース。

Apple Leather Key Ring

上質なヨーロピアンレザーが使われ質感も雰囲気もトップクラス。しかし価格もトップクラス。4,500円しますこれ。

Apple Leather Key Ringは価格が高い
高いよ!

ステッチの縫い目やフチの仕上げなど、細かいところまでしっかり作られてます。

Apple Leather Key Ringは高いけどクオリティは高い
しかしクオリティは高い

リングまで高級感を感じます。

リングまでカッコいい
Designed by Apple in California!!

もちろんかなり良い、良いんですが・・、そもそもそんなにレザーの面積が大きいモノじゃないので、何というかこう良さを感じづらいみたいなところがある気がします。

これなら合皮のやつでもいいかな?的なことを思ってしまう感は否めない。

本革を感じづらい
微妙に本革を感じづらい

まあとはいえ、そこはやはり純正。品質の高さは抜群だし、「持っていること」自体に満足するのもApple製品の楽しみ方。

やはり純正が安心だよねという人におすすめ。あと、カラバリが豊富なので色を楽しめます。

おすすめ用途カギ、リュックやバッグの金具、頻繁に付け外ししないもの。
素材レザー
装着リング(2重カン)
カラー全8色展開
価格約4,500円

drip AirTag用レザーケース(レザー×ループ)

質の高いレザー製品を多く販売するdripAirTagケース。彼らの作るものはどれも超絶おしゃれ。見ているだけでニヤニヤします。

drip AirTag用レザーケース

ループというよりストラップタイプですが使用方法はループとほぼ同じ。レザーストラップをカバンやリュックのどこかに括り付けて使います。

かばんの取っ手などに括り付けて使う

時間をかけてオイルを染み込ませた熟成レザーが使用され、他のレザーにはない味わいを感じさせてくれます。

熟成レザーが使われている
熟成レザー

また、「しずく型」をしたこのケースは存在感が大きく、ケース自体が見せるアイテムとして活躍してくれる貴重な存在。

drip FLOORPACKに装着
drip FLOORPACKに装着

そして、革のストラップがまたおしゃれ。裏側もおしゃれ。もう全部がおしゃれで残すところがないです。

背面もおしゃれ

AirTag、そして、ケースまでを含めて「ひとつのアクセサリー」として使えるAirTagケースです。レザーの存在感をしっかり感じたい人におすすめ。

おすすめ用途バッグやリュックなど括り付けて使えるもの。水濡れに注意。
素材レザー
装着ストラップ
カラバリブラック、モカ、アメリカーノ
価格約2,400円

NOMAD Leather Loop(レザー系×リング)

Apple周りのカッコいいアクセサリーブランドといえばNOMAD。そのNOMADから販売されているLeather Loop For AirTag。

NOMAD Leather Loop for AirTagとiPhone 12 Pro

独特な形状をしておりAirTagを挟み込んで粘着シートで貼り付けて使用します。

貼り付ける
粘着シートで貼り付ける

AirTagの周囲をケースが覆わないためとてもミニマルで存在感が小さいのが特徴的。

ミニマルでおしゃれなAirTagケース
ミニマル!

まあその代わりAirTagの周囲はむき出しですが、このデザインはめちゃくちゃカッコいいなと思いました。

キーホルダーとして
AirTagの周囲はむき出し

海外サイトからの購入なのでちょっと腰を上げづらいですが、人とかぶりづらいデザインとこのミニマルさは重い腰を持ち上げる価値のある存在。

おすすめ用途カギ、バッグやリュックの金具、頻繁に付け外ししないもの。
素材レザー
装着リング(2重カン)
カラーブラック、ブラック、ナチュラル
価格約3,000円

こちらで詳細にレビューしてます。

めちゃくちゃ安い合皮 AirTagケース(レザー系×リング)

レザー系最後に紹介するのがこちら。Amazonで購入できるAirTagケースの中でもトップクラスに安いアイテム。これなんと500円くらいで買えます。

めちゃくちゃ安い合皮 AirTagケース(レザー系×リング)
めちゃくちゃ安い

もちろん合皮です。合皮ではありますがどうですかこの見た目。悪くないと思いませんか?

これで数百円なら全然いい

そりゃ細かい部分で価格なりだなと感じる部分もありますが、いやいやそうはいっても数百円ですからねこれ。全然これでいいじゃんと思えるクオリティ。

左:500円くらい 右:約4,500円
左:500円くらい 右:約4,500円

僕はこれを駐車場のカギにつけて半年くらい使ってますが全然問題ないですね。しっかりしてます。

耐久性も
しっかりしてる

ただですね、Amazonの商品ページには「カラビナ付き」と書いてあるんですが、僕が買ったものはいわゆるリング(二重カン)になってます。

カラビナではない
カラビナではない・・

なんかそういった微妙にアレなとこはあります。しかし価格に対するリターン、つまりコスパだとこれが一番いいかもしれないとさえ思います。

おすすめ用途カギ、バッグやリュックの金具、頻繁に付け外ししないもの。
素材PU(合皮)
装着リング(2重カン)※多分
カラバリ不明(多分2色)
価格約500円

Apple AirTagループ(シリコン系×ループ)

Apple純正のループAirTagケース。シリコン系で括っちゃいましたがポリウレタンです。

Apple AirTagループ(シリコン系×ループ)

軽くて丈夫なのが特徴。水にもある程度強く雨に濡れるくらいなら大丈夫でした。

巻いて使う

ループ系はかばんやリュックと相性いいですね。取付箇所を選ばないのでフレキシブル。

かばんに

ただ個人的には、純正の割になんか質感が微妙だなと思わなくもないんですよね。ペラペラで若干の安っぽさを感じると言うか。

なんかペラい・・
質感が・・

もちろん使用感は悪くないんですが、Apple純正、約4,000円ってことを考えるともう少し期待していたのが正直なところ。

ただまあそこはやはり純正。「Apple純正を持っている」という気持ちを買う意味では良いかなと思います。

おすすめ用途バッグやリュックなど括り付けて使えるもの。
素材レザー
装着ループ
カラバリ6色
価格約3,800円

SUPTMAX AirTagケース(シリコン系×ループ)

こちらははシリコン系のループタイプ。Amazonで数百円で売ってるシリーズです。

SUPTMAX AirTagケース(シリコン系×ループ)

基本的に見たままなのですがこれが悪くない。ゴテゴテしないシンプルなデザインでかばんやリュックにも合わせやすい。

シンプルで合わせやすい
シンプルで合わせやすい

なんだろう、ちゃんと機能するしダサくもないし悪いところがないんですよね。どこかがめちゃくちゃ良いってこともないんですけど悪いところもない。

悪くない
いいんじゃないのこれ

とりあえずループタイプのAirTagケースが欲しいなら純正よりこれでいいんじゃないとさえ・・。

おすすめ用途バッグやリュックなど括り付けて使えるもの。
素材シリコン
装着ループ
カラバリ全4色
価格約700円

AMOVO AirTagケース(シリコン系×カラビナリング)

シンプルなシリコン製のAirTagケース。こちらも数百円で売ってるシリーズ。

AMOVO AirTagケース(シリコン系×カラビナリング)

高級感のようなものはないですが、シンプルで普通に使いやすいケースです。

やっぱりこれもそうなんですが、ちゃんと使えるしシンプルだし悪いところがないんですよね。減点できない。

ちなみに、リングは二重カンではなく実はカラビナ。あちこち付け替えたいときに使いやすい。

サコッシュとかにサッとつけて出かけるとか、で帰ってきたら外すとか、そんなスタイルで僕は使ってます。カラビナは付け替えがホント楽。

シンプルなシリコン製で見たまま以上の何かはないんですが、千円払わずこれが買えるなら超コスパ良いと思いました。

おすすめ用途カギ、バッグやリュックの金具、頻繁に付け外ししないもの。
素材シリコン
装着カラビナ
カラバリ全4色
価格約700円

Caseology ヴォールト & ナノポップ (TPU系×カラビナ)

最後はCaseologyのAirTagケース。ヴォールト、そしてナノポップという2タイプを紹介します。

Caseology ヴォールト & ナノポップ (TPU系×カラビナ)
左:ヴォールト 右:ナノポップ

ふたつともTPU系(プラスチック)で耐久性に優れておりハードな環境に強いタイプ。シリコンよりも固いため落下などの衝撃に備えることが可能。

両者の違いは、デザイン性にパラメーターを振ったのがヴォールトで、耐久性に振ったがナノポップという感じ。

ヴォールトの方はAirTagをはめ込んで使うタイプ。

統一感すごい
ヴォールト

ドッグタグを思わせるミリタリーライクなデザイン。マットな質感が落ち着いた雰囲気でカッコいい。

雰囲気ある

本皮のビジネスバックには合わないかもしれませんが、カジュアルなシーンにバッチリハマります。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」とカラビナ

一方のナノポップも使用シーンとしては同じカジュアル系がよく合いそう。

AirTagをしっかりガード
ナノポップ

ナノポップはAirTagをケースにおさめるような形で使用するタイプなので片面しか露出せず、より耐久性が高い。

表側
裏側

そのためヴォールトよりAirTagの保護性能は上。

僕的にはヴォールトがデザイン的に好みですが、AirTagの保護を優先するならナノポップという感じでしょうか。

ヴォールトはブラック、ネイビ、グレーの3色展開でカラーも選べます。

おすすめ用途カギ、バッグやリュックの金具など。付け外し簡単。衝撃に強いのでアウトドアなどにも。
素材TPU
装着カラビナ
カラバリヴォールト:全3色
ナノポップ:1色
価格ヴォールト:約1,600円
ナノポップ:約1,800円

ヴォールト

ナノポップ

ヴォールトの詳細レビューはこちら

ナノポップの詳細レビューはこちら

おすすめのAirTagケースまとめ

以上、僕が使ってきたAirTagケースの中からおすすめを紹介しました。

最後に紹介したものをまとめます。製品名をクリックすると紹介したところへジャンプします。

アイテム製品画像素材装着タイプ用途商品リンク
Apple Leather Key Ringレザーリングカギ、取り外ししないものAmazon
drip AirTag用レザーケースレザーループ(ストラップ)バッグやリュックなど公式サイト
NOMAD Leather Loopレザーリングカギ、取り外ししないもの公式サイト
合皮のAirTagケースレザーリングカギ、取り外ししないものAmazon
Apple AirTagループポリウレタンループバッグやリュックなどAmazon
SUPTMAX AirTagケースシリコンループバッグやリュックなどAmazon
AMOVO AirTagケースシリコンカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon
Caseology ヴォールトTPUカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon
Caseology ナノポップTPUカラビナ頻繁に取り外したり位置調整するものAmazon

結構いろいろ買って使ってきましたが、AirTagケースは安いやつでもそれなりに使えるという印象です。

たまたま当たりだった可能性もありますが、iPhoneケースやAirPodsケースなんかの極端に安いやつよりちゃんと使えるような気がするんですよね。サイズ的に小さいからというのもあるのかもしれません。

これが500円くらいで買える

もちろん、本格的なレザーの風合いや雰囲気を楽しみたいとか、見た目にも妥協したくないという場合には、純正やそれなりの価格のものを買うのがおすすめです。

というわけで、もし気になったものがあればぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる