Amazonブラックフライデーいよいよ!>

Anker 521 Charger (Nano Pro) レビュー:iPhoneと何かの急速充電にちょうどいい!2ポートUSB-C充電器

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

こんにちはKoh(@misc_log)です。

もうiPhoneには付属していないため別に買うものになってしまったUSB充電器。

充電器と言えばAnkerが定番ですが、そのAnkerから「そこ欲しかった!」という充電器が登場しました。

それがこの「Anker 521 Charger (Nano Pro)」。

Anker 521 Charger (Nano Pro)

iPhoneを急速充電しながら+1台何かのデバイスを急速充電できる性能を持ってます。

とても使いやすい出力とサイズ感の充電器です。iPhoneの充電器を探している人はぜひ参考にしてみてください。

目次

Anker 521 Charger (Nano Pro)の特徴

Anker 521 Charger (Nano Pro)はUSB-Cポートを2つ備えた40Wの充電器。

Anker 521 Charger (Nano Pro)の特徴
Anker 521 Charger (Nano Pro)

主な特徴はこちら。

Anker 521 Charger (Nano Pro)の主な特徴
  • 40Wクラスとは思えない極小サイズ
  • 1ポートで40W、2ポートだと20Wずつ
  • カラバリが豊富
  • プラグは折り畳めない
出力最大40W
ポートUSB-C × 2
プラグ非折りたたみ式
サイズ約4.6 x 3.5 x 3.4cm
重さ約85g
カラーホワイト / ブラック/
パープル / ブルー
価格約3,990円

1ポートだと40W、2ポートなら20W×2という出力を極小サイズで実現したのがこの充電器の優れた特徴。

  • 1ポートなら・・MacBook AirやiPad Pro 12.9インチの急速充電
  • 2ポートなら・・iPhone2台の急速充電、iPhoneの急速充電とiPad Pro / Air / mini、iPhoneとApple Watch Series 7の急速充電など

などなど、いろいろな組み合わせが想定できる使い勝手の良い出力。

また、HomePod miniを2台使ってステレオ運用しているなら、2台の電源をこれひとつでまかなうことも可能になります。

残念ながらプラグは折り畳めないですがとても汎用的に使える充電器です。

Anker 521 Charger (Nano Pro)の外観やサイズ感

というわけでまずは、Anker 521 Charger (Nano Pro)の外観や、その極小サイズがどの程度かを紹介します。

おしゃれな外観デザイン

Anker 521 Charger (Nano Pro)は外観デザインもおしゃれ。僕はブラックを選びましたがか、ブルーやパープルなど他のカラーもポップでかわいいです。

おしゃれな外観デザイン
ツヤのあるボディ

前面も鏡面のようなパネルが装備され華やかに。

鏡面仕上げ
鏡面仕上げ

こちらがプラグ部。たためないのが本当に残念。

プラグ
折り畳めたら最高だった

カラバリが複数あることもそうですが、見た目にこだわる層も意識し始めた模様。従来のAnker製充電器とはひと味違うデザインです。

従来のAnker製充電器と
従来のAnker製充電器と

40Wクラスでこのサイズ感!

Anker 521 Charger (Nano Pro)はやはりこのサイズ感がすごい。Appleの20W充電器2つ分と同じ出力を持ってますが体積的にはほとんど変わらないくらいじゃないでしょうか。

Appleの20W充電器と比較
倍の出力とは思えないサイズ感
Appleの20W充電器と比較

Ankerには45Wの1ポートタイプ「Anker Nano II 45W」という充電器がありますが、それと比べてもポートがひとつ多いのに良い勝負。プラグ分くらい大きいかなという感じ。

Anker Nano II 45Wとサイズ比較
Anker Nano II 45Wと
Anker Nano II 45Wとサイズ比較

電源タップでも存在感小さくて良き。

電源タップでもコンパクトに
電源タップでもコンパクトに

とにかくコンパクトなので、持ち運びはもちろん自宅使用であってもスッキリと使えます。

スッキリ使えるサイズ感

Anker 521 Charger (Nano Pro)の充電性能

では次に充電性能を紹介します。

2ポート使っても20Wは便利!

Anker 521 Charger (Nano Pro)の特徴は何と言っても2ポート使用時に20Wずつ分配されるところ。これが便利。

2ポート使っても20Wは便利!
20W + 20W

iPhoneの急速充電には約20Wが必要です。この充電器はそこを狙って開発されていると思われますが、自分と誰かのiPhoneとか、iPhoneとタブレット・・という使い方に最適。

iPhone 12 ProとiPhone 13 Proを同時充電してどのくらいの速度でバッテリーを回復できるか試してみました。

経過時間iPhone 12 ProiPhone 13 Pro
0%0%
10分19%17%
20分35%36%
30分51%52%
1時間83%82%
1時間30分95%95%
1時間57分100%
2時間6分100%

どちらも30分で50%オーバーのバッテリーを回復させることができており、きちんと急速充電されているのがわかります。

iPhoneを2台同時充電
iPhoneを2台同時充電

iPhoneを2台同時充電するって普通はないと思いますが、旅行なんかで家族のiPhoneも同時に・・みたいな使い方は想定できますね。

また、iPhoneとタブレットを持ち歩く人にも便利。例えばiPad mini 6あたりなら20Wで充電すれば約2時間で満タン、iPad Pro 11インチでも2時間強という感じ。

iPhoneとiPad mini 6
iPhoneとiPad mini 6

20Wずつの振り分けは本当に使いやすい。それがこのサイズ感なのでとても重宝する存在です。

単ポートなら40W!

この充電器はポートをひとつだけ使うと40Wもの出力に対応しています。

MacBook Airの急速充電、iPad Pro 12.9インチの急速充電に最適。MacBook Pro 13インチでも遅くはなるものの充電自体は可能。

Macも充電できる

ただ、単ポートなら「Anker Nano II 45W」を買うほうが価格の面では合理的。プラグも折り畳めるし。

Anker Nano II 45W
単ポート使用ならこっちがいい

というわけで、ポート単独使用目的で買うのはあまりおすすめしませんが、いざというときにはそういった使い方もできるのはメリット。

これひとつあれば幅広いシーンとデバイスに対応できます。

Anker 521 Charger (Nano Pro)レビューまとめ

以上、Anker 521 Charger (Nano Pro)を紹介しました。

USB-C2ポート、出力のバランス、サイズ感、総合的にとても使い勝手のいい充電器です。2台以上のデバイスを使う人にとってはかなり良い選択になると思います。

優秀なだけにプラグが折りたためないのが残念。持ち歩くときには何かを傷つけないよう注意してください。

良いところ
残念なところ
  • 単ポート40W
  • 2ポート使用時は20Wずつ
  • 小型
  • カラバリが豊富
  • プラグが折り畳めない

カラバリが豊富で好みのカラーを選べるのも優れたポイント。性能だけでなく見た目にこだわる人にもおすすめな1台です。気になったらぜひチェックしてみてください

iPhone1台だけを急速充電したいならもっと小さくてプラグも折り畳めるDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerもおすすめ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる