Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) レビュー:スタンドがついて更に便利になったMagSafe互換モバイルバッテリー

URLをコピーする
URLをコピーしました!

MagSafeモバイルバッテリーが手放せない!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhone 12、13シリーズユーザーのみなさん、くっつけるだけのモバイルバッテリーはもう持ってますか?

ケーブルいらずでくっつけるだけの手軽さはぜひ一度試してもらいたい充電体験。

そんなMagSafe対応モバイルバッテリーの中で、性能、使い勝手ともに個人的にNo.1だと思っているのがAnker製。そのAnkerから新しく登場したのがこちら。

Anker 622 Magnetic Battery

従来モデルより20%薄型化して充電能力も強化されたマグネット式モバイルバッテリー。見た目もさらにカッコよくなりました。

というわけでこの記事では、この「Anker 622 Magnetic Battery」についてレビューします。

目次

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の特徴

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」はスタンド機能を備えたマグネット式モバイルバッテリー。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の特徴

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」は本当の意味でMagSafe対応したものではなく、従来型のQiワイヤレス充電器に「マグネットつけたよ」というタイプ。

そのため、MagSafeの特徴である最大15W充電や専用表示などはありません。

まあでも、現在広く売られているものはだいたいMagSafeに正式対応したものではないので珍しくはありません。むしろ普通。

本機はAnker PowerCore Magnetic 5000という製品の後継機。

Anker PowerCore Magnetic 5000
前モデル

主な違いは、出力が5W→7.5Wへとアップして充電速度がより高速に。そして、折りたたみ式のスタンドを装備。

簡易スタンド機能を搭載
簡易スタンド機能

また、本体が薄くなったためより扱いやすくなりました。

薄くなってグリップ感アップ
薄くなってより使いやすく

とまあ、いろいろと改良されている本機ですが、容量は前モデルと同じ5,000mAh。

僕の計測上だとmini系以外のiPhoneは1回フル充電できません。Proでだいたい80%くらまで。Pro Maxだともっと悲惨だと思います。

この手のタイプは充電速度や回数を求めるものではなくあくまでも「つなぎ」。そう考えると輝きます。

ケーブルを伸ばしづらいリビングで、ちょっとした外出に、ながら使いに・・などなど、ケーブルを使う必要なく手軽に充電できるのがメリット。

主なスペックはこちら。

容量5,000mAh
出力ワイヤレス × 1(7.5W)
USB-C × 1(12W)
パススルー対応
ケース対応MagSafe対応ケースならOK
サイズ10.5 x 6.7 x 1.3 cm
重さ約140g
カラー5色
価格約5,990円

カラー展開豊富なのが特徴的。iPhoneのカラーに合わせて選べます。

amazonの商品ページより

ただ、ちょっと高いですよねこれ。簡易スタンド機能を備えたためMOFTのようなことができるにしても、約6,000円はずいぶん強気な価格だなと思いました。

というわけで、価格に見合った価値があるのかどうか使用感を含め詳しく紹介します。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の外観やサイズ

長方形で薄型の本体。折りたたみ式スタンドを備えたため、スリットが入った特徴的な見た目。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の外観やサイズ

この部分がパタパタと開閉しスタンドになります。

折りたたみ式スタンド
折りたたみ式スタンド

反対側にはMagSafeエリア。

MagSafeエリア
MagSafeエリア

この面はふかふかした合成レザーっぽい質感。手触りもいいし、見た目も高級感があっていい。

ふかふかなのでiPhoneも傷つけない
ふかふかなのでiPhoneも傷つけない

前モデルはここがプラスチックまんまだったのでiPhoneにあまり優しくなかったんですが、ふかふかになったのでお互いを傷つけることがなさそう。

左:新型 右:旧型
左:新型 右:旧型

サイドを囲むバンパーはいわゆるプラスチック系素材ですが、ゴムやシリコンのようにやや摩擦の起きる触感。滑りづらくする工夫だと思います。

滑りづらいサイドバンパー
滑りづらいサイドバンパー

下部に入出力に対応したUSB-Cポート、バッテリー残量を示すインジケーター、電源ボタン。

サイズ感は一般的なカードの1.5倍ってところでしょうか。

カードの約1.5倍程度

厚みは約1.3cm。めちゃくちゃスリムではないですが、モバイルバッテリーとしては薄いほうだと思います。

約1.3cm
前モデルより薄くなった

重量は約144g。前モデルが130gくらいだったので重くなってしまいました。まあスタンドもついたしね。

約144g

僕が使っているiPhone 13 Proを含めると300gオーバーなので結構な重さ。ただまあ、iPhone + モバイルバッテリーでこの重量感なら軽いほうです。

それなりに重いけどまあ・・
それなりに重いけどまあ・・

全体的なデザインや見た目はとてもいいと思いました。サイドのバンパー部分やMagSafeエリアの質感など、前モデルより圧倒的に洗練されました。ちゃんとデザインされたって感じがします。

前モデルよりかなりいい
前モデルよりかなりいい

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の使い勝手や充電性能

では次に、使用感や充電性能を紹介していきます。

充電速度は確実にアップした

本機の充電性能は7.5Wにパワーアップ。このパワーアップは充電していてしっかり感じることができました。

iPhone 13 Proを充電した結果がこちら。参考までに前モデルの結果も合わせて記載してます。

  1. Anker 622 Magnetic Battery(新型) × iPhone 13 Pro
  2. Anker PowerCore Magnetic 5000 (旧型)× iPhone 12 Pro

バッテリー空で電源落ちた状態からスタート。バッテリー充電の最適化はOFFにして計測。

経過時間新型旧型
0%0%
10分5%4%
20分15%9%
30分23%15%
1時間41%30%
1時間30分58%46%
2時間68%62%
2時間30分77%
2時間52分80%
3時間20分86%
  • 新型 → 約2時間52分で80%まで充電しバッテリー切れ
  • 旧型 → 約3時間20分で86%まで充電しバッテリー切れ

iPhone 13 ProとiPhone 12 Proでは電池容量などが違うため厳密に条件は揃ってないですが、それでも今回の新型機のパワーアップは感じます。

1時間充電したところで見てみると、約11%程度の差が出ているのでやはり7.5Wは早いですね。iPhone両機種のバッテリー容量の違いを加味すると実際にはもう少し差が出ていると思います。

ただ、2時間経つ頃には差が小さくなっているので、やはりずっと7.5Wを出せているわけではない様子。発熱をおさえるためところどころで出力低下しているんだと思います。

多少熱くはなる
多少熱くはなる

まあでもこんなもんでしょう。7.5Wをうたう他機種に比べても速度は出てるので十分健闘していると思います。

もちろん有線と比べたら話になりませんが、それはそもそも比べるものではないですからね。

有線充電なら12W

どうしても充電速度が欲しいときにはUSB-Cポートを使って有線充電もできるようになってます。

有線充電なら12W

約12Wという出力を持っているため、30分でだいたい0%→40%弱くらいにはなるはず。

ただまあ、有線をメインで使うなら価格的にも普通のモバイルバッテリーを買うほうが100万倍良いので、あくまでもサブ的な要素として捉えておくほうがよいかと思います。

パススルーで実質USB-CでiPhone充電

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)はパススルー充電に対応してます。

パススルーで実質USB-CでiPhone充電

このように実質USB-CでiPhoneを充電できるみたいな状態になるので、まあ何かのときには役立つかもしれない。

強力な磁力で安心して使える

本機は強力な磁力でiPhoneに貼り付きます。ポケットやバッグの中に放り込んでおいてもズレることはありませんでした。

こんな感じで持ち上げて振っても大丈夫。(ほんとは振っちゃだめ)

強力な磁力で安心して使える
前モデルより強くなった気がする

感覚的なものですが前モデルからさらに強力になっている気がします。もちろん外して外せないものではないので過信は禁物ですが、結構雑に扱っても全然大丈夫。

またMagSafe対応ケースならつけたままで使えます。僕はPITAKAのMagEZ Case 2で使ってますがガッツリくっついてます。

MagEZ Case 2で使う

スタンド機能は限定的だがあると便利

本機は簡易スタンド機能を備えているため、充電したままiPhoneに角度をつけられます。

スタンド機能は限定的だがあると便利

意外としっかりとiPhoneを支えてくれます。

不安定な感じはしない

ただ、簡易的なスタンドなのでMOFTのように複雑なことはできません。カードを収納できたりスマホリングのようにも使えるという意味ではMOFTが上。

スタンド機能ならやはりMOFT
MOFT
MOFT

しかし、本来両立しえないMagSafe充電+スタンドをAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)は簡易的にでも両立してしまったのは優れたポイント。

充電しながらスタンドも
動画がはかどる!

個人的には充電しながら角度をつけたいシーンが結構あったので、これはもうシンプルに便利。めちゃくちゃいいです。

1点残念なのは、本機のUSB-Cポートは下部にあるためスタンドとして使っているとケーブルが挿せません。

ケーブルはさせない
さ、させない・・

これではモバイルバッテリーの充電ももちろんですが、パススルー機能も使えません。これは結構残念なポイント。

mini系iPhoneははみ出す

残念なところつながりでもうひとつ。本機はmini系のiPhoneだとサイズが合いません。

mini系iPhoneははみ出す
はみ出している・・

充電自体は可能ですが見た目があまりにも残念。持った感じも結構悲惨。

残念な見た目。
これひどくないですか

前モデルより薄くなった分サイズが長くなってるためminiだとおさまらなくなってしまった様子。

Anker PowerCore Magnetic 5000をiPhone 12 miniに装着
前モデルならぴったりだった

しかもそれがAmazonの商品ページを見ている限りどこにも書いてないので、mini系の人はこの惨状を踏まえた上で検討してください。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) レビューまとめ

以上、Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)をレビューしました。

僕は他にもApple純正を含めてMagSafeモバイルバッテリーを複数使ってきました。その中で最も良かったのはAnker製だと思ってます。

本機も充電性能、使い勝手、見た目など全てにおいて平均点以上はある優れたアイテムだと思いました。ただ、約6,000円はやっぱりちょっと高い・・。

全体的にとてもいい!

僕はMagSafe充電に依存しているのでまあいいんですが、普通のモバイルバッテリー買うほうが良くない?って思ってしまう人も多いだろうなと。半額くらいで倍の容量買えますからね・・。

  • 充電速度や回数を追い求めるものではない。
  • ケーブルを繋げたくない、繋げられないシーンでも充電をゆるやかに回復できるものである。

この2点を十分に理解した上で使ってみたいと感じるなら本機はおすすめ。数あるMagSafeモバイルバッテリーの中でも間違いなくトップクラスだと思います。

良いところ
残念なところ
  • 7.5W出力
  • スタンド機能
  • パススルー対応
  • 見た目がいい
  • 高い

というわけで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

前モデルもまだ販売してます。mini系のiPhoneユーザーはこちらがいいと思います。

その他のおすすめMagSafe対応モバイルバッテリーをランキングにして紹介しています。よろしければ合わせてどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる