Mac

【結論】MacBook ProのUSB-C充電器はAnker PowerPort Speed 1 PD30が最強におすすめ

Anker PowerPort Speed 1 PD30

MacBook Proから人類史に残るであろう偉大な発明のひとつであるmagsafeが消滅。

加えて、USB-C一択になったことで、持っていたMacBook Pro用アクセサリー類はこの度めでたく全滅いたしました。本当にありがとうございます。

はいはい、買い直せばいいんだろ?という事で、まずは充電器を買いました。

2018年モデルを含めたMacBook Proユーザーに小さい、軽い、安いが揃った圧倒的におすすめな充電器を紹介します。

Anker PowerPort Speed 1 PD30はMacBook Proに最適な充電器

僕が購入した充電器はこちら。

Anker PowerPort Speed 1 PD30
僕は仕事でMacBook Proを使うんですが、オフィスでも使うし、外出先でも使うし、自宅でも使います。

このように、いろいろな場所で使用するわけですが、いちいち充電器を外して持ち運ぶのってめんどくさいじゃないですか。

基本的には電源タップに刺したまま固定したいです。

なので、オフィスにひとつ、持ち運び用(外出先・自宅)にひとつの、最低2つは欲しいです。

僕は3つ持っていて、オフィスと自宅に固定で1つずつ、持ち運び用に1つの合計3つ持ってます。

純正充電器は自宅かオフィスに固定するとして、2つ充電器を購入しました。それが「Anker PowerPort Speed 1 PD30」です。

小さくて軽くて安い圧倒的なコスパ充電器

これにはホントに満足していて、小さい、軽い、安いとか最強です

純正とのスペック比較は下記の通り。

充電器Apple 61W USB-C電源(13インチ付属)Anker PowerPort Speed 1 PD30
価格¥7,992¥2,299(+USB-Cケーブル)
重さ約192g約101g
ワット数61W 30W

 

とにかく小さい

Anker PowerPort Speed 1 PD30は小さい純正より一回りくらい小さくて、手のひらサイズ。

アクセサリーケースなどに入れてもかさばらず、携帯性が抜群で持ち歩くのに最適です。

また、電源タップに刺して使用する時にも、小さいと何かと嬉しいです。

充電器が大きいと、刺さらないって事がたまにあるじゃないですか。電源タップが混み合ってる時とか。

これだけ小さければそういった問題に遭遇する可能性も低くなると思います。

驚くほど軽い

純正は約192gに対して、Anker PowerPort Speed 1 PD30は約101gなので、だいたい半分くらいです。

バッグにいろいろ入れて持ち歩く人はわかると思うんですが、90g違うと全然違います

この軽さであれば気軽に持ち出せるので、他の荷物が多くても苦になりません。

そして安い

Anker PowerPort Speed 1 PD30にはUSB-Cケーブルが付属していないので、それは別途必要になります。

ものによりますが、USB-Cケーブルは大体1,000円弱くらいなので合計しても3,000円程度です。

つまり、Anker PowerPort Speed 1 PD30とケーブルを2セット買っても純正1個分しません。

ちなみに、USB-Cケーブルはこれを買いました。

これもAnker製品です。必要になるのはUSB-C to USB-Cケーブルです。

ケーブルは別にAnkerである必要はないので、手持ちのものがあればそれでも大丈夫ですが、Anker製品は本当に品質がいいのでおすすめです。

ちゃんとMacBook Proを充電できるの?

充電中正常に充電可能

スペックにある通り、Anker PowerPort Speed 1 PD30は「30W」です。

一方で純正は61Wです。

いくら小さくて軽くて安くても正常に充電できなければ全く意味ありません。

最初は不安だったんですが、結論から言うと全く問題なく充電できます

MacBook Pro13インチ以外は試してないので注意

どうも、MacBook Pro13インチは17W以上あれば給電するらしいです。

これは30Wあるので、純正に比べて充電時間は遅くなると思いますが、どんな使用状態であっても充電ができない状態になったことはないです。

YouTube見ながらChromeのタブも大量に開いてIDEも起動しててとか絶賛気が散ってるだろって状態の時でも全く問題なく充電可能です。

常にCPU使用率100%なんですけど?とか特殊な使用状態の場合はどうなるか知りません。

何かの場合の備えにもひとつは充電器を持っていたい

やはり普段持ち運ぶものは小さくて軽い事こそ最強です。しかも安い

安くてもしっかり機能するし、これにはデメリットらしいデメリットが本当にありません。

デメリットを強引にあげるとしたら、この充電器にはUSB-Cひとつしか接続できないというところでしょうか。

USB-Cを接続するこのように、USB-Cがひとつだけしか接続できません。

他に、USB-Aがもうひとつ接続できるタイプもあります。

ハブからではなく充電器から、どうしてももうひとつ充電したいUSB機器がある場合はこちらがいいかもしれませんね。

ただ、約130g程度と約30%くらい重くなり、価格も高くなります。

やっぱり普段使いには、重いと持ち歩く気が失せるので、きちんと機能する小さくて軽いものが絶対的におすすめです。

充電の有無でヒヤヒヤしたり、重たい充電器を持ち歩いたりするのってストレスですし、何かの備えにバッグに忍ばせておくと安心です。

今はあらゆる所に電源が用意されているので、電源確保も容易ですしね。

しかし、ものによるとは思いますがAnker製品は品質がいいです。

元Googleのエンジニアが作った会社として有名ですが、迷ったらAnker買っとけば間違いないと思いますね。

純正充電器ひとつでやりくりしている人はもうひとつ買ってみると幸せになれると思うので、ぜひチェックしてみてください。

それではまた。

充電器は複数必要
【小さくて軽いが最強】MacBook Proの充電器は複数持っていた方がいい理由MacBook Proの充電器は絶対に複数持っていた方が良いです。 なぜ充電器が複数必要なのか、その理由とおすすめ充電器を紹介します。 ...
【2019年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーさんざんアクセサリーや周辺機器を買ってきたので、MacBook Proに絶対に必要だと思えるおすすめアクセサリーを紹介しています。揃えるべきアクセサリーが必ず見つかります!...
【レビュー】1人カフェ作業時もトイレに行きたい!パソコンや貴重品を守るガジェット「TRENE(トレネ)」これでトイレも安心!?カフェで1人PC作業をするノマドワーカーにおすすめな荷物を見守ってくれる頼もしいパートナーTRENE(トレネ)をレビューします。...
ABOUT ME
アバター
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください