Mac

【レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60は小さくても60W出力!MacBook Proも充電可能なUSB-C充電器

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Ankerから、60Wという高出力を持った「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」という凄まじい充電器が発売されました。

これ、個人的には待ち望んでいたもので、MacBook Pro付属の充電器とほぼ同様のスペックを持ちつつ、サイズが圧倒的に小さくなった超優秀なPD対応USB-C充電器です。

発売を知った瞬間に購入しましたが、13インチ、15インチ含めたMacBook Proユーザーは絶対買うべき充電器だと思います。

ということで今日は「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」をレビューします。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の特徴

Anker PowerPort Speed 1 PD 60」は「Anker PowerPort Speed 1 PD 30」という充電器のアップデートのような位置づけのUSB-C充電器です。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の特徴

最大の特徴は何と言っても60Wという高出力。

ひとつ前のモデルである「Anker PowerPort Speed 1 PD 30」は30Wだったので、倍の出力になりました。

Anker PowerPort Speed 1 PD 30とAnker PowerPort Speed 1 PD 60

左が「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」で右側が前モデルですが、一回りくらいサイズアップしてます。

Anker PowerPort Speed 1 PD 30とAnker PowerPort Speed 1 PD 60の前面

前面はこのような感じ。デザインや形に変化は一切ありませんね。外観で変わったのはサイズと重さだけです。

前モデルからすると若干のサイズアップはあったものの、60W出力のPD充電器は非常に強力。

60Wがどの程度かと言うと、MacBook Pro 13インチに付属の充電器とほぼ同スペックです。

一方で、そのサイズと重量には大きな違いがあり、付属充電器はかなりデカイです。

詳しく違いを見ていきます。

MacBook Pro付属充電器とほぼ同様のスペックで価格は半分以下

「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」は、MacBook Pro 13インチ付属の充電器とほぼ同スペックでサイズが小さく、価格は半分という超強力なスペックです。

前モデルである30Wタイプのもの含め、サイズとスペックをまとめると下記の通り。

充電器Anker PowerPort Speed 1 PD 60Anker PowerPort Speed 1 PD30MacBook Pro 13インチ付属
価格約¥3,099約¥2,299約¥7,050
重さ約145g約101g約194g
出力60W30W61W

MacBook Pro 13インチ付属充電器を100とした場合、どの程度の違いがあるかも表にしてみました。

充電器Anker PowerPort Speed 1 PD 60Anker PowerPort Speed 1 PD30MacBook Pro 13インチ付属
価格約44%約33%約¥7,050
重さ約75%約52%約194g
出力約98%約49%61W

「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」はMacBook Pro付属充電器の約98%の出力を出せるが、価格は半分以下重さは2/3に。

これがどういう事かと言うと、「純正充電器いらなくない?」という事です。

MacBook Pro付属充電器から自由になる

MacBook Pro付属充電器はApple製品ということで、品質はもちろん抜群です。

ただ、デカイし重いしで持ち歩きに不便、また電源タップが混み合っていると他と干渉して挿せない場合があるなどの課題がありました。

MacBook Pro 13インチの付属充電器純正充電器はデカくて重い

なので、持ち歩き用には別の充電器を用意するなどしている方も多かったと思います。

とはいえ、サードパーティーの微妙なメーカー製だと品質が不安。

充電器っていろいろなメーカーからたくさん販売されていますが、実は危険もあるアクセサリーなんです。

電気を通すわけですから、発火の危険もありますし、過充電によりデバイス側がぶっ壊れるという危険もあります。

そこで言うと、信頼と実績のAnker製品は高品質ですし、この「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」もPSEマーク(電気用品安全法適合)を取得してます。

PSEマークPSEマーク

そのため、サイズ・重量も小さい「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」を持ち運び用にして、純正充電器はどこかに固定しておくなどの運用が可能になります。

前のモデルである、「Anker PowerPort Speed 1 PD 30」も小さくて携帯性に優れていたものの、30W出力でした。

MacBook Pro 13インチを充電する事は可能でしたが、やはり付属充電器より出力は弱いので充電時間が多くかかってたのと、MacBook Pro 15インチに対しては非力だったんですね。

そこに登場したこの「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」であれば、前モデルよりはサイズアップしたものの、まだまだ小さい部類で携帯は余裕。

さらに、60WあればMacBook Pro 15インチも充電可能と、万能性が高くなりました。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の充電性能

純正充電器を置き換えてしまうほどのパワーを持った「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」ですが、実際の充電性能をテストしてみました。

ちなみに、この製品にはUSB-Cケーブルは付属しないのでそれは別途購入が必要です。

念の為おさらいですが、MacBook Pro 13インチ付属充電器は「61W」です。

本製品の出力は下記の通り。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の充電性能

でました約54W。付属充電器と遜色ないですね。

MacBook Pro上でもどのように認識しているかを確認。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は正常に60Wと認識

ワット数の部分が60Wとなっており、きちんと認識している事がわかります。

MacBook Pro 15インチの充電器は「87W」ですが、さすがにこれだけ出れば少しの非力さはあるものの、全く問題なく充電可能だと思います。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60レビューまとめ

この充電器が登場したことで、いよいよ純正充電器が不要になってきました。

上記でも書いた通り、品質はもちろん良いのですが携帯性は最悪なんですよね。

僕はいちいち電源タップから抜き差しして充電器を運ぶ事はめんどくさすぎてしたくないので、オフィス用と自宅用、そして携帯用で分けてます。

MacBook Proを始め外出先でもアクティブにPCを使う人にはマストなアイテムだと思います。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

【2019年】買ってよかったAnkerのおすすめ充電器9選充電が変わればデジタルデバイスがもっと楽しくなる!20個のAnker充電器を保持する僕が、買ってよかったおすすめ充電器を紹介します。きっとお気に入りの充電器が見つかります。...
充電器は複数必要
【小さくて軽いが最強】MacBook Proの充電器は複数持っていた方がいい理由MacBook Proの充電器は絶対に複数持っていた方が良いです。 なぜ充電器が複数必要なのか、その理由とおすすめ充電器を紹介します。 ...
MacBook Proのおすすめアクセサリー・周辺機器
【2019年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーさんざんアクセサリーや周辺機器を買ってきたので、MacBook Proに絶対に必要だと思えるおすすめアクセサリーを紹介しています。揃えるべきアクセサリーが必ず見つかります!...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください