\ Amazonの大型セール開催中! /

【2020年】Apple Watchを買ったら絶対に持っていたいケースとおすすめアクセサリー

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Apple Watchはもはや体の一部という人から、新しく購入した人まで、Apple Watchを使っていると欲しくなるのがケースやアクセサリー類。

2020年9月にApple Watch Series 6も発売となり、パフォーマンス向上、健康管理機能のアップデートなどなど様々な機能が追加されました。

Apple Watch Series 6

Suicaを始めとした決済、通知、健康管理など様々なことが行え、どんどん進化していくApple Watchですが、少しでも長く便利に使うため、揃えてよかったと思えるアクセサリーを紹介します。

Series 2から約5年ほどApple Watchを肌見離さず使っている僕が選んだベストアクセサリーです。

快適なApple Watchライフを送るための参考になれば。

新しく登場したSeries 6やSEはSeries 4、5と同サイズのため、記事で紹介しているものは基本的に適合するはずです。

目次

Apple Watchおすすめアクセサリー:ケース&フィルム

まずはApple Watchを保護するケースやフィルム。

腕につけているので落とすことはあまりないと思いますが、ディスプレイをぶつけたり、傷をつけたりしそうなシーンは意外と日常に潜んでます。

ちなみに、改札を通る際にApple Watchのディスプレイ側をかざしている人をよく見ますが、手首側をかざせば反応するので画面からいかない方がいいですよ。

他にも、ヒヤッとする瞬間は思っている以上に多いので、ガラス割れや傷がついて絶望しないためにもケースやフィルムをつけておくと安心。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケース

耐衝撃性能に優れ、デザインのカスタマイズが可能という他にはない特徴を持ったApple Watch用バンパーケース。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケース

米軍が要求する条件であるMIL規格に適合し、1.2mの高さから落下しても耐えると言われる耐衝撃性能。

日常使いはもちろん、アウトドアなどハードにApple Watchを使う環境でも安心。

また、リムケースの2つのパーツを組み合わせることでデザインのカスタマイズが可能という優れた特徴を持ってます。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースのリムとケース
リムとケース

このリムとケースにはそれぞれカラーバリエーションがあり、その組み合わせは70種類以上。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースのカラーバリエーション
ケースとリムを組み合わせることが可能

バンドや文字盤などと合わせ、自分だけのApple Watchを作れます。

ブルーのリムを装着
ブルーのリムを装着

耐衝撃系のケースはいかついものが多いですが、このケースはスタイリッシュでおしゃれ。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースはおしゃれ

様々な組み合わせが可能で、他にはない楽しみ方ができるApple Watchケースです。

もし気になったらRhinoShield公式サイトをチェックしてみてください。

デバイスとケース/リムの組合わせを画像つきで確認できるので選びやすい。

基本セットは下記の通り。

  • フレームケース×1
  • ケース同色のリム×1
  • 好きなカラーのリム×1

セットで1,860円で、台湾から発送されるので送料が約550円程度かかります。

届くまではだいたい1週間強。

耐衝撃系ケースだと標準的な価格ですが、リムが2つ付属するし、この値段でこのクオリティならきっと満足できるかと。

対応Series

全Apple Watch Seriesに対応

RhinoShield Apple Watch Crashguard NXケース
RhinoShield

細かいカスタマイズができなくなりますが、Apple Watch Series 4 / 5 / 6 / SE対応のものであればAmazonでも購入可能なよう。

Apple Watch CrashGuard NXケースの詳細レビュー

PITAKA Air Case for Apple Watch

薄くて軽くて頑丈という特性を持った「アラミド繊維」でおなじみのPITAKAのApple Watchケース。

PITAKA Air Case for Apple Watch

Apple Watchのフレームを囲うタイプで、ゴツゴツせずとてもシンプル。

PITAKA Air Case for Apple Watch

高級感あるカーボンライクな「しま模様」がスタイリッシュ。

PITAKA Air Case for Apple Watchは高級感!

このケースはとにかく薄いのが最大の特徴で、Apple Watchの形状を活かしながら周囲を保護できます。

PITAKA Air Case for Apple WatchはApple Watchの良さをそのまま活かす

ケースをつけていてもゴテゴテせず、シンプルでスタイリッシュ。加えて、強靭なアラミド繊維の力でApple Watchをしっかりガード。

スポーツバンドよりはレザーや金属系のバンドに合わせるとカッコいいです。

PITAKA Air Case for Apple Watchはとてもスタイリッシュ
スタイリッシュ!

▲合わせているバンドは約1,000円のコスパバンド。

ディスプレイを保護したい人はフィルムを貼っておくとより完璧。

カジュアルより高級感があってシンプルなものが好きな人におすすめのケースです。

対応Series

Series 4,5,6,SE

ULOE Apple Watch ケース

手頃な価格で買えるApple Watch全体を保護するケース。

ULOE Apple Watch ケース

Apple Watchの周囲はもちろん、画面を覆うフィルムが一体化しているのでディスプレイまでこれひとつで保護。

ULOE Apple Watch ケースはフィルムが一体化

結構しっかりとしたケースなのでApple Watchそのものの形状を多少変えてしまいますが、そのあたりが気にならなければコスパはいいです。1,000円ちょっとで買えるので。

ケース未装着時

ULOE Apple Watch ケース未装着時

ケース装着時

ULOE Apple Watch ケース装着時

タッチ感度が悪くなったりもせず、価格の割に作りは良いと思います。

価格と性能と見た目のバランスがよいケース。

対応Series

Series 4,5,6,SE

44mmケース用

40mmケース用

AMOVO Apple Watch ケース

こちらもApple Watch全体を覆うケースですが、2つセットになったタイプ。

先に紹介した「ULOE Apple Watch ケース」と同じようなタイプですが、2つセットなのと、Series 2から対応しているという点がメリット。

使っているとどうしても汚れてきたりはするので、あらかじめ2つ持っておきたいという人におすすめ。

対応Series

Series 2,3,4,5,6,SE

44mmケース用

40mmケース用

Smilelane Apple Watch ケース

Apple Watch全体を覆うクリアタイプのケース。柔らかいTPUタイプで2つセット。

かなり安くてお買い得ですが、透明なものがWatch全体を覆うので見た目的には結構好みが分かれると思います。

保護以上のものは求めない方がいいと個人的には思いますが、消耗品と割り切ってガンガン使用するという意味ではアリなケース。

対応Series

Series 3,4,5,6,SE

44mmケース用

40mmケース用

AUNEOS Apple Watch 保護フィルム

こちらはケースではなく、Apple Watchのディスプレイを覆ってくれる保護フィルム。

良くも悪くもケースはApple Watchの形や見た目を変えてしまうので、もっとシンプルに、何かあると一番ヤバいディスプレイだけを保護したいという場合にフィルムはおすすめ。

5枚セットになっているので汚れたり傷がついたりしたら張り替えて使用可能。

対応Series

Series 4,5,6,SE

44mmケース用

40mmケース用

AUNEOS Apple Watch ガラスフィルム

上記で紹介した「AUNEOS」というブランドのガラスフィルム。2枚のガラスフィルムが入ってます。

『6D全面粘着』AUNEOS Apple Watch 保護フィルム

ディスプレイのフチまで覆うタイプのフィルムなので、画面全体をしっかりと保護。

フィルムを貼り付けるためのガイド枠も付属しているもの、難易度はそれなりに高い。

僕のやり方が悪かったのかもしれませんが、結構苦戦し、気泡を抜くのに1時間以上かかりました。

『6D全面粘着』AUNEOS Apple Watch 保護フィルム貼付け後のApple Watch
貼付け後のApple Watch

ディスプレイのフチに黒い枠が出来ているのがわかると思いますが、このようにApple Watch本来のデザインを多少変えてしまうので、気になる人は注意してください。

しかし、ディスプレイ全体をガッツリカードしてくれるのでガード力を重視するならおすすめ。

対応Series

Series 4,5,6,SE

44mmケース用

40mmケース用

Apple Watchおすすめアクセサリー:バンド

Apple Watchのアクセサリーと言えばやっぱりバンド。

Apple Watchはバンドが気軽に交換できる

手軽にバンドを交換して、気分やシチュエーションに合わせることができるのもApple Watchの魅力のひとつ。

また、ひとつのバンドをずっと使っていると汗などでニオイを発するようになります。

洗ったり拭いたりなどのメンテナンスはある程度の間隔で必要になりますが、同じものをずっと使っているとダメになるのも早いので、適度なタイミングで付け替えて使うのがおすすめ。

様々なApple Watchのバンドを買ってきたので、その中からおすすめバンドを紹介します。

紹介しているバンドはSeries 6やSEを含めた全シリーズで使用可能。

METEQI シリコンApple Watch バンド

純正のNIKEバンドによく似たサードパーティ製バンド。

METEQI シリコンApple Watch バンド

スポーツタイプバンドの良いところはハードに使っても丸洗いができるんですよね。

何より、価格的にとても安いので臆せずガンガン使ってダメになったら捨てるみたいな使い方が可能。

METEQI シリコンApple Watch バンドは運動時などハードに使っても大丈夫

運動時に使う人はもちろん、あまりあれこれ気を使わずにApple Watchを使いたいという人にもおすすめ。

色展開も豊富なのでファッションに合わせて付け替えてどうぞ。

38mm/40mm

42mm/44mm

JEDirect Apple Watchバンド

スポーツバンドは汎用性が高くて良いのですが、フォーマルな場にはバンドも合わせたい。

JEDirect Apple Watchバンド

そんな時には金属系をひとつ持っておくと重宝します。

低価格でありながらも、高級感があってコスパの高いバンドです。

ビジネスシーンや、フォーマルな場にカラフルなスポーツバンドで行くのはなかなか勇気が必要なので、何かの備えに一本バンドケースに。

38mm/40mm

42mm/44mm

BRG コンパチブル Apple Watch レザーバンド

おしゃれなバンドといえばやっぱりレザーバンド。

BRG コンパチブル Apple Watch レザーバンド

BRGのレザーバンドは質感、色合いがとてもよく、僕もよく使うバンドのひとつ。

安いのに安物感はなく、レザーのやわらかい雰囲気をしっかり感じる高コスパバンドです。

運動時やかっちりフォーマルな場には向きませんが、カジュアル〜少しフォーマル的なシーンで大活躍します。

38mm/40mm

42mm/44mm

YOOSIDE Apple Watchバンド 収納ケース

増えたApple Watchバンドはきちんと整理して収納しておけば、汚れやダメージからバンドを守って長く使えます。

YOOSIDE Apple Watchバンド 収納ケース
5本のApple Watchバンドを収納

使用しているバンド以外はケースに収納しておけば管理も楽。

▼このようにくるくると巻くことができ、コンパクトに収納できる。

YOOSIDE Apple Watchバンド 収納ケースはくるくると巻いて収納できる

▼最終的には筒状に。

YOOSIDE Apple Watchバンド 収納ケースはコンパクトに

▼このように少しの隙間に保管することが可能。

収納もコンパクト

高いものじゃないので、2本以上のバンドを持っているなら収納ケースも合わせて買うと保管が捗りますよ。

詳細レビューともうひとつのおすすめバンド収納ケース

Apple Watchおすすめアクセサリー:充電スタンド

Apple Watchの隠れた必須アクセサリーは間違いなく充電スタンド。

Apple Watchを充電中
なんか収まり悪い

Apple Watch純正の充電器をそのまま使うと、なんとなく収まりが悪いのに加え、きちんと通電箇所と接していなくて充電されていないってケースがちょいちょいあります。

いざApple Watchをつけたらバッテリー0で絶望するみたいなことを何度やったかわかりません。

そんなApple Watchの充電問題を解決するのが充電スタンド。

スタンドを使うとガチっとハマるので充電されていないって事も起きず、何より充電中でもスマート。

Apple Watchはスタンドを使って充電しよう
収まりもよく充電もバッチリ

数あるApple Watchアクセサリーの中でも、一番買ってよかったと思えるアクセサリーです。

Spigen Apple Watch 充電スタンド

Spigenのシンプルな充電スタンド。

Spigen Apple Watch 充電スタンド

Apple Watchの付属充電器をスタンドの裏側にセットして使います。

スタンドの裏側に付属充電器をセット

正面から見るとこのような感じで、充電するエリアがスタンドから覗くような形に。

正面から

非常にシンプルでコンパクト。

デスクでもベッドサイドでも場所を取らずApple Watchを充電しておくことが可能。

デスクの脇でApple Watchを充電

乗せるだけでApple Watchの充電が開始されるので運用も楽。

若干のチープさはありますが、あまり主張しないシンプルなものが欲しいという場合におすすめ。

WUUDI Apple Watch 充電スタンド

こちらはインテリアにもなるApple Watch用充電スタンド。

WUUDI Apple Watch 充電スタンド

先に紹介したSpigenのスタンドより存在感があり、サイズも大きいですが、デスク上のインテリアにもなるデザイン。

Apple Watch付属の充電器をセットして使いますが、ケーブルはスタンド裏側に這わせるような形で隠すことが可能。

WUUDI Apple Watch 充電スタンドの裏側
なるべくケーブルが見えないようにできる

おしゃれなデザインでデスクをスタイリッシュに。

WUUDI Apple Watch 充電スタンドはデスクのインテリアとしても

Apple Watchの置き場がそのままデスクのインテリアにもなる優れたスタンドです。

充電中の見た目にもこだわりたいという人におすすめ。

その他、Apple Watchのおすすめ充電スタンドまとめ

Apple Watchおすすめアクセサリー:その他充電周り

Apple Watch付属充電器ひとつだけだと足りないという場合や、外出先でも充電するためのモバイルバッテリー。

絶対に必要というわけではないですが、Apple Watchをハードに使う人ほどあると便利なクセサリー。

Belkin BOOST CHARGE Apple Watch用モバイルバッテリー

ケーブル不要でApple Watchを直接充電できるモバイルバッテリー。

Belkin Apple Watch用モバイルバッテリーはシンプルな外観

モバイルバッテリーそのものが付属充電器のようにマグネットになっていて、直接Apple Watchを乗せて充電します。

Belkin Apple Watch用モバイルバッテリーでApple Watchを充電

Apple Watchを約3.5回充電可能なのでリュックやガジェットポートに入れておけば外出時などに大活躍。

また、スタンドのようにも使え、旅行や出張先でベッドサイドの時計としても使用可能。

Belkin Apple Watch用モバイルバッテリーを立てて充電
スタンドとしても使える

モバイルバッテリーそのものを充電しながら、Apple Watchを充電することもできるので自宅用の充電器としてもOK。

本体を充電しながらApple Watchを充電
本体を充電しながらApple Watchを充電

Apple Watchは約2日程度しかバッテリーがもたないので、専用のモバイルバッテリーを持っていると運用が楽になりますよ。

Belkin Apple Watch用モバイルバッテリーの詳細レビュー

その他Apple Watchのおすすめモバイルバッテリー

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック

おしゃれな見た目でApple製品と抜群に相性がいいSatechiのUSB-Cで直挿しできるApple Watch用充電ドック。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック

USB-Cポートさえあればどこにでも接続できるので、ケーブル付きの付属充電器を持ち歩く必要がなくなります。

MacBook ProやiPad Pro、モバイルバッテリーなど使える範囲はとても広い。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックをiPad Proで使う
iPad Proで充電

ケーブルレスなので充電がとてもスマート。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックをMacBook Proで
MacBook Proで充電

ただ、直挿しタイプなのでMacBook Proのポートを潰してしまうのが残念。

弱点もある
USB-Cポートを2つとも潰してしまう

とはいえ、USB-C直挿しのメリットは大きく、普段使っているモバイルバッテリーがUSB-Cポートを持っていればそこに接続して使えます。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックはモバイルバッテリーでも
この使い方は便利!

Apple Watch専用のモバイルバッテリーは持ちたくないけど、外出用に充電できる環境は用意しておきたいという場合に最適。

アルミボディがカッコよく、Apple製品と超絶マッチ。見た目にもこだわりたいという人におすすめ。

磁気充電ケーブル

こちらはApple純正の磁気充電ケーブル。

初めてApple Watchを購入した場合、当然ながら充電器はひとつしか付属されてません。

ひとつで事足りるなら無理して用意する必要はないですが、リビングやベッドサイドでも、などなど、様々な場所で充電したいという場合に充電器を買い増しするのもアリ。

ケーブルが短めのものを買っておくと重宝しますよ。

Apple Watch 磁気充電ケーブル(0.3m)
Apple(アップル)

他にもサードパーティー製の安価な磁気充電ケーブルもAmazonにあるのですが、動作に関しては自己責任で。

Apple Watchおすすめアクセサリーまとめ

僕がApple Watchを運用する中で使ってきたおすすめアクセサリーを紹介しました。

ケースやフィルム、バンド、充電スタンドはApple Watch3種の神器だと思うので、気になったものがあればぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

Apple Watchのおすすめバンドまとめ

Apple Watchレビュー

Apple Watchで音楽を聴くための疑問を解決

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんばんは
    フレームを全部覆いたいけど、そうするとゴツくなって見栄えが悪くなるから悩んでた。こんなのもあるんだね。ありがとう

コメントする

目次
閉じる