【簡単】Apple Watchで音楽を再生するために知っておきたい基本的なこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

最近Apple Watchを購入した友人から、「Apple Watchにおける音楽再生」について質問されたのですが、どうも、そもそもApple Watchで音楽を聴く仕組みをよくわかっていないようでした。

確かにちょっとややこしいものではあるので、整理してまとめたのでわかりやすく解説します。主にこれらのことがわかります。

この記事にあること
  • Apple Watchで音楽を聴くための基本知識
  • Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する
  • Apple Watch単体で音楽を聴く方法
  • 各音楽配信サービスでできること
  • よくある質問

Apple Watchを使う上で知っておきたい音楽再生についての基本はだいたい理解できると思います。

意外と知らないことも多いと思うので、何かの参考になれば。

目次

Apple Watchで音楽を聴くための基本知識

Apple Watchで音楽を扱う方法は大きく分けて2つ。

音楽を扱う2つの方法
  1. iPhone上の音楽を再生する
  2. Apple Watch単体で音楽を再生する
Apple Watchでの音楽再生は2つの方法がある

それぞれの方法について解説します。特に2のパターンについては気になる人も多いと思うのでぜひ参考にしてください。

重要な前提として、どの方法で音楽を再生するにしろ、Apple Watch自体から「音」は出ません。Apple Watchにはスピーカーが搭載されていますが、音楽再生には使用できません。

別途、AirPods ProなどのBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーが必要です。

Apple Watchから音は出せない

イヤホンやヘッドホンのペアリング方法についてはAppleのヘルプに詳しい解説があります。

Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する方法

まずは、一番わかりやすい「Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する」方法について。これにはざっくり言って2つのパターンがあります。

  • 再生中アプリでiPhoneを制御する
  • 各ミュージックアプリでiPhoneを制御する

もちろんですが、iPhoneが近くにあることが条件です。遠隔操作できるみたいな話ではありません。

再生中アプリでiPhoneを制御する

Apple Watchにはもともと「再生中」というアプリがインストールされています。

再生中アプリ
再生中アプリ

これは、iPhoneで再生しているオーディオを制御するアプリです。もっと名前なかったのかと思うでしょうが我慢するしかありません。

再生中アプリは、iPhoneで再生できるものであればどんなものでもApple Watchから制御できます。

再生中アプリはiPhoneのほとんどの再生を制御できる

SpotifyでもAmazon MusicでももちろんApple Musicでもミュージックアプリは問いません。Apple Watchのアプリがあるかないかも関係ありません。

Apple MusicとiPhone
Amazon Musicを操作

iPhoneで目的の音楽を再生する、あるいは、Apple Watchの再生中アプリを起動すれば最後に再生していた楽曲を再生できます。

しかし、行える操作には制限があり、プレイリストを選択したりなどの複雑なことはできません。再生や停止、曲戻し・送り、音量操作などの基本操作に限定されます。

ポイントまとめ

各ミュージックアプリでiPhoneを制御する

Apple Watch用の各ミュージックアプリを使ってiPhoneを操作することもできます。だんだん早口言葉みたいになってきましたね。

各ミュージックアプリでiPhoneを制御できる

これはApple Watch用アプリが提供されていることが条件です。LINE MUSICなどはApple Watch用アプリがないため対象外。有名どころだとこんな感じ。

Watch用アプリあり
Watch用アプリなし
  • Apple Music
  • Spotify
  • YouTube Music
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • Amazon Music

さすが専用アプリ。「再生中」アプリを使った場合に比べ、プレイリストの選択など複雑な操作も可能です。例えばSpotifyの場合がこちら。

プレイリストも選択できる
プレイリストを選択可能

言うなれば、Apple WatchのSpotifyアプリがiPhoneのSpotifyを操作している。みたいなイメージでしょうか。

Apple WatchでiPhoneのアプリを操作

iPhoneで該当のミュージックアプリを操作するか、もしくはApple Watch側の該当アプリを操作すれば、両デバイスとも同じものが再生中になります。

Apple Watch自体が音楽を再生しているわけではない

もうおわかりかと思いますが、これらの方法はApple Watch自体が音楽を再生しているわけではなく、Apple WatchをリモコンとしてiPhoneを操作しているというイメージです。

Apple WatchがiPhoneのリモコンになる

この方法の利点は主に次のようなもの。

この方法の利点
  1. iPhoneをポケットやバッグから出さなくても音楽操作できる
  2. ストリーミング系の音楽配信サービスを使うことができる

1が大きな利点ですが、2も重要。この方法でないとAmazon MusicやLINE MUSICはApple Watchで扱えません。後ほど詳しく紹介します。

以上が、Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する方法です。

Apple Watch単体で音楽を再生する方法

さて次ですが、iPhone関係なく「Apple Watch単体」で音楽再生する方法について解説します。

Apple Watch単体での音楽再生はネットワークに接続できるかどうか、つまりオンラインかどうかで出来ることが変わってきます。

  • オンラインの場合はストリーミング
  • オフラインの場合は事前同期
Apple Watch単体で音楽を再生する

では、それぞれを解説していきます。

オンラインの場合

オンラインとは次のような場合を指します。

オンラインとは
  • セルラーモデルである
  • Wi-Fiに接続している

セルラーモデルに関しては説明不要かと思います。Wi-Fiに関して重宝するのはスポーツジムですね。最近のジムはWi-Fi飛んでるので、iPhoneをロッカーに入れたままでもWatchをネットワークに繋げることができます。

セルラーモデルとGPSモデルの違いについてはこちらで解説してますので詳細はこちらもどうぞ。

いずれにしろ、オンライン状態であればApple Watch単体でストリーミング再生が可能です。ただし、対応しているのは下記サービスの有料プランのみ

ストリーミング可能なサービス
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA

それぞれのサービスが提供しているApple Watch用アプリを通してストリーミング再生が可能です。例えばSpotifyだと下記のような感じでiPhone→Apple Watchの再生へと切り替えます。

デバイスアイコンをタップ
右下のデバイスアイコンをタップ

デバイスアイコンをタップすると選択可能なデバイスの一覧が表示され、その中にApple Watchがあります。

Apple Watchを選択
Apple Watchを選ぶ

Apple Watchに切り替えることでiPhone→Watchへと再生の主体を移すことができます。

Apple Musicでも同じようなもので、iPhone→Apple Watchどっちで再生するのかを切り替えるメニューが存在します。

Apple Musicでも同じ

しかし、Amazon MusicやLINE MUSICは残念ながら対応しておらず、ストリーミング再生することは現状できません。

オンラインの場合はストリーミング再生が可能

以上がオンラインの場合。

オフラインの場合

オフラインとは、iPhoneもないし、セルラーでもないし、Wi-Fiにも接続できない状態を指します。

例えば、外をランニングするときにiPhoneを持たず、セルラー契約のないApple Watchだけで出かけるみたいなケースですね。

オフラインの場合は、事前にiPhone上の音楽をApple Watchに同期しておくことで音楽再生できます。これをオフライン再生と呼びます。

事前に同期しておけばオフライン再生可能

ただし、オフライン再生に対応しているサービスは限られており、2021年7月現在この2つだけ。

  • Apple Music(ミュージックアプリ)
  • Spotify

Apple Musicの有料会員であればサービス内の曲をあらかじめダウンロードしておき、同期することでオフライン再生できます。

もちろん、CDなどからiTunesに取り込んだ曲も同期できるため、Apple Musicの有料会員であることは絶対条件ではありません。

外部サービスで唯一Spotifyが2021年5月にApple Watchによるオフライン再生を発表しましたが、この機能はプレミアム会員(有料会員)限定の機能、かつ、2021年6月から機能を順次開放しているとのことで、使える人と使えない人がいる状況です。

というわけで、現在のApple Watchオフライン再生は、極めて限定されたサービスのみで行えるということになります。

オフラインの場合

iPhoneからApple Watchに音楽を同期する方法はこちら。ミュージックアプリの場合です。

STEP
iPhoneでWatchアプリを起動
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
STEP
ミュージックを選択
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
STEP
ミュージックを追加
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する

あとは、好みのアルバムやプレイリストを追加するだけ。

1曲単位では同期できません、プレイリストやアルバムなどの単位になります。

ひとつ注意点として、Apple Watchが充電状態のときにしか同期されません。

Apple Watch充電時じゃないと同期できない
Apple Watch充電時じゃないと同期できない

iPhoneから設定をするのはいつやっても問題ないですが、Watch充電時にしか同期されないと覚えておいてください。

ちなみに、PCのiTunesにある曲を直接Apple Watchに同期することはできません。iPhoneからのみ。

正直言って若干めんどくさいんですが、このステップを踏むことで電波がない状態でもApple Watch単体で音楽再生が可能になります。

Apple MusicとSpotify、そして自分でCDなどから取り込んだものしか同期できないのが残念。

その他のサービスを使っている人はサービス側の対応を待つしかありませんが、もう何年も対応しないので対応するつもりがないんだと個人的には思ってます。

Apple Watchで音楽再生するための基本をおさらい

というわけで、ここまでをおさらいします。

おさらい

  • iPhone上の音楽を再生する方法と、Apple Watch単体で再生する方法の2つある
  • iPhone上の音楽再生の場合、Apple Watchはただのリモコンである
  • Apple Watch単体再生はオンラインか、オフラインかで出来ることが異なる
  • オンラインなら、Apple Music、Spotify、AWAでストリーミング再生が可能だが全て有料会員のみ
  • オフラインなら事前同期が必要。Apple Music、Spotifyの有料会員のみ。自身で取り込んだ音楽も同期可能

また、各種ミュージックアプリ側視点から何ができるかもまとめておきます。

アプリiPhone再生Watch単体
オンライン再生
Watch単体
オフライン再生
Apple Music
Spotify◎(有料)△(有料)
AWA◎(有料)
Amazon Music
LINE MUSIC

Spotifyのオフライン再生は、現状全てのユーザーが使えているわけではなさそうなので△にしてます。

以上がおさらいです。どうでしょう、ざっくりでも理解してもらえたでしょうか。

各音楽配信サービスに関してはこちらでも詳しく解説しています。

Apple Watchでの音楽再生にまつわるよくある質問

最後に、よくある質問をまとめました。

Apple Watchで音楽を聴くにはワイヤレスイヤホンじゃないとダメ?

Apple Watchで音楽を聴く場合には、AirPodsなどのBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーじゃないとダメです。イヤホンジャックがないので。

何曲くらいの音楽をApple Watchに同期できるの?

watchOSとApple Watchのシリーズとモデルによります。

watchOS4以上でないと、Apple Watchのストレージ容量にかかわらず、2GBまでしか曲を保存できないという制限があります。

watchOSが4以上であればApple Watchのストレージ容量内であれば何曲でも楽曲を保存できるようになりました。

現状、普通に使っていればwatchOS4ってことはないと思うのでそこは心配ないと思います。

Series 5 / 4 / 2の容量
Series 5 / 4 / 2の容量

次にストレージ容量ですが、どの世代を持っているかで分かれます。一覧にするとこちら。

Apple Watch容量
Series 18GB
Series 28GB
Series 38GB
(セルラーモデルは16GB)
Series 416GB
Series 532GB
SE32GB
Series 632GB

例えばデバイスの容量が32GBだったとして、使用できる容量がだいたい27GB程度。1曲のデータ量にもよりますが2,000曲以上は入るんじゃないですかね。

まあストレージをいっぱいにしてしまうとそれはそれで問題なので、半分にしたとしても1,000曲は入ると思います。

Apple Watch Series1、2、3は8GBなので、その1/4程度と考えればいいかと思います。

Apple Watchのおすすめの選び方はこちらで詳細に解説しています。

iPhoneから曲を消したらApple Watchに同期した曲はどうなるの?

一度Apple Watch側に同期させた楽曲をiPhone上から削除すると、Apple Watchを次に充電した時にApple Watchからも削除されます。

「同期」が大前提なので、もちろん削除も同期されるということです。

ちなみに、Apple Watch側から曲の削除も可能で、削除するとiPhone側からも削除されます。

Bluetoothイヤホンは切り替えて使わなければダメ?

iPhone上の音楽を再生している場合はiPhoneにイヤホンを接続する必要があるし、Apple Watch単体で再生する場合にはApple Watchにイヤホンを接続する必要があります。

これは手動での切り替えが必要です。

ただ、AirPodsだけは別。AirPodsはiPhoneとApple Watchに同時接続できます。

AirPods Pro

僕はAirPodsで音楽を聴くことが多いですが、iPhoneとApple Watchのどちらで音楽再生をしても、いちいち切り替えの動作をする必要がありません。

これはAppleデバイスならではの特徴であり、かなり便利です。

Apple Watchで音楽を再生するために知っておきたいこと:まとめ

ざっとこれだけ理解していれば、Apple Watchで音楽再生するための基本は十分だと思います。

しかし、結構仕組みがややこしいというか、例えばApple Watch単体でも音楽再生できるって意外と認知されていないですね。

え、そうなの?」と驚かれることが多いです。

WatchOSのバージョンも上がり、Apple Watchはソフトウェア的にもハードウェア的にも出来ることがどんどん増えてます。iPhoneのFace ID解除もApple Watchでできるようになりました。

Series 1とか2あたりで情報がストップしている人は、情報をアップデートしてみるとApple Watchを見直すかもしれませんよ。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる