Apple Watch

【簡単】Apple Watchで音楽を再生するために知っておきたい基本的なこと

最近Apple Watchを購入した友人から、「Apple Watchにおける音楽再生」について質問されたのですが、どうも、そもそもApple Watchで音楽を聴く仕組みをよくわかっていないようでした。

確かにちょっとややこしいものではあるので、整理してまとめてみました。

  • Apple Watchで音楽を聴くための基本知識
  • Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する方法
  • Apple Watch単体(iPhoneなし)で音楽を聴く方法(同期する方法)
  • Apple Watchで音楽配信サービスの音楽を聴く方法

主に、これらのトピックについて書いてます。

Apple Watchを使う上で知っておきたい基本的なことに加え、関連したよくある質問もまとめてます。

意外と知らないことも多いと思うので、何かの参考になればと思います。

Apple Watchで音楽を聴くための基本知識

Apple Watchで音楽を聴くためには、大きく分けると下記2つの方法があります。

  1. iPhone上の音楽を再生する
  2. Apple Watchで音楽を再生する

これだけ理解すればあとはもう簡単です。

それぞれについて説明します。

前提:Apple Watchから音が出るわけじゃない

まず最初に注意点ですが、どちらの方法で音楽を再生するにしろ、Apple Watch自体から「音」が出るわけではありません。

Apple Watchにはスピーカーが搭載されていますが、このスピーカーを使って音楽再生することは現状できないです。

別途、イヤホンやヘッドホン、スピーカーが必要になります。

Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する

まずは「Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する」方法です。

これは多分、よく使っている機能だと思いますが、iPhone上に存在している楽曲やプレイリストを再生できます。

再生できるというか、iPhone上のミュージックアプリを操作すると言うほうが正確です。

方法は簡単で、iPhoneから「ミュージック」アプリで音楽再生をするとApple Watch上で勝手に「再生中」となりコントローラが表示されると思います。

Apple WatchでiPhone上の音楽再生Apple WatchでiPhone上の音楽を再生中

Apple Watchからでも「ミュージック」アプリを起動させ、「iPhone上」を選択すると、iPhone上に存在する曲やプレイリストを再生できます。

Apple WatchでiPhone上の音楽再生iPhone上を選択する

Apple Watchから再生するとiPhone上でも再生状態になるのがわかると思います。

つまり、この場合のApple WatchはiPhoneのコントローラーということです。Apple Watch自体が音楽を再生しているわけではありません。

電車の中、歩いている時などなど、iPhoneをいちいち出すのがめんどくさい時にとても便利です。

注意点:iPhoneと接続されていないと使用できない

iPhone上の操作をしているので、iPhoneが近くにないと使用できないです。

なので、運動時などにiPhoneを持っていたくない、でもApple Watchで音楽を聴きたいという場合にはこの方法は使えません。

そういった場合には次の方法で行います。

Apple Watch単体(iPhoneなし)で音楽を聴く(同期する)

Apple WatchにiPhone上の音楽を同期して、「Apple Watch単体で音楽を聴く」方法です。

この機能、意外と知らない人がいるようで、「出来るんだよ」と言うと驚かれることがあります。

この機能が活きるのは、運動時など、iPhoneを持たずApple Watchを単体で使いたい場合だと思うので、運動の習慣がない人や、運動時にもiPhoneを持っていることができる場合には必要ないということなんでしょう。

あらかじめiPhoneからApple Watchに同期しておけば、同期した曲はiPhoneがなくてもApple Watch単体で音楽が再生可能になります。

同期する方法は、iPhone上で、

Watchアプリ
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
ミュージックを選択
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
ミュージックを追加
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する

あとは、好みの曲やプレイリストを追加するだけです。

同期する場合の注意点ですが、Apple Watchが充電状態でないと同期できません。

充電していない時に、いくらiPhone上から操作しても同期されることはありません。

なので、事前に同期は済ませておかないとダメです。めんどくさいですね。

同期はiPhoneからでないとダメ

iTunesから直接Apple Watchに同期は出来ないです。iPhoneに曲が入っている事が前提です。

ちなみに、セルラーモデルのApple Watch(watchOS 4.1以上)であれば、Apple Musicでストリーミング再生が可能です。

バッテリー的にそんなに長時間は耐えられないと思いますが、事前同期していなくてもApple Watch単体で音楽再生ができるので、「同期とかめんどくさいんだが」という人は、iPhoneを肌身離さず持っているか、Apple Watchをセルラーモデルにすることをおすすめします。

次に、Apple Watchに音楽を同期する場合によくある質問を紹介しておきます。

何曲くらいの音楽をApple Watchに同期できるの?

これは、watchOSとApple Watchのシリーズとモデルによります。

まず前提として、watchOS4以上でないと、Apple Watchのストレージ容量にかかわらず、2GBまでしか曲を保存できないという制限があります。

watchOSが4以上であればApple Watchのストレージ容量内であれば何曲でも楽曲を保存できるようになりました。

Apple Watch Series4 であれば、デバイスの容量は16GBで、使用できる容量がだいたい12、3GBなので、1曲のデータ量にもよりますが、2,000曲以上は入るんじゃないですかね。

Apple Watch Series1、2、3は8GBなので、その半分程度と考えればよいかと。

※Apple Watch Series 3のGPS + Cellularモデルは16GB

iPhoneから曲を消したらApple Watchに同期した曲はどうなるの?

一度Apple Watch側に同期させた楽曲をiPhone上から削除すると、Apple Watchを次に充電した時にApple Watchからも削除されます。

「同期」が大前提なので、もちろん削除も同期されるということです。

ちなみに、Apple Watch側から削除も可能です。もちろん削除するとiPhone側からも削除されます。

Apple Watchで音楽を聴くにはBluetoothイヤホンじゃないとダメ?

Apple Watchに同期してWatch単体で音楽を聴く場合には、AirPodsなどのBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーじゃないとダメです。

だって、イヤホンジャックないので。

iPhone上の音楽を再生する場合であれば、iPhoneに有線イヤホンを接続して音楽を聴くことも可能です。

Bluetoothイヤホンは切り替えて使わなければダメ?

iPhone上の音楽を再生している場合はiPhoneにイヤホンを接続する必要がありますし、Apple Watch単体で再生する場合にはApple Watchにイヤホンを接続する必要があります。

これは手動での切り替えが必要です。

ただし、AirPodsだけは別

AirPodsはiPhoneとApple Watchに同時接続できます。

僕はAirPodsで音楽を聴くことが多いですが、iPhoneとApple Watchのどちらで音楽再生をしても、いちいち切り替えの動作をする必要がありません。

これはめちゃくちゃ便利ですよ。

AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問AirPods(エアーポッズ)を約2年使ったので、迷っているなら買って良いと思う理由と、AirPodsに関してよく聞かれる質問に回答します。 ...

Apple Watchで音楽配信サービスの音楽は聴くには

「iPhone上の音楽再生」という意味では聴くことが可能です。

ここまで読んだ方はもう理解してもらえたと思いますが、iPhone上の音楽を再生するという意味ではApple Watchはただのコントローラーなので、iPhoneで再生してApple Watchで操作をすることが可能という意味です。

どんな操作が行えるかという点だと、再生、停止、曲送り、曲戻し、音量操作くらいです。

プレイリストを操作したりなどはできず、曲を選び直したいという場合にはiPhone上で操作する必要があります。

なので、現時点では、iPhoneのミュージックアプリで管理できない音楽はApple Watch単体で聴くことはできません。

有名所だと、

  • Amazon Music
  • Spotify
  • AWA
  • LINE MUSIC

などをメインに使っている場合、Apple Watchだけを使ってジョギング中に音楽を聴きたいと思っても現時点(2018年12月時点)では難しいです。

※正確に言うと、Spotifyなどは変換してiPhoneのミュージックアプリで管理することも可能なようですが、めんどくさいので僕はやったことありません。

SpotifyはApple Watch用アプリをリリースしていますが、そのアプリで出来ることもiPhone上の再生管理くらいのもので、オフライン再生や曲の選択などはできません。

ただし、今後のアップデートで可能になるかもなので、そのあたりは期待です。

Apple Watch単体でAmazon MusicやLINE MUSICは聴けないという話Amazon Music、YouTube Music、Spotify、LINE MUSIC、AWAなどは、Apple Watch単体でどのように扱うことができるのか、ややこしい仕組みをわかりやすく解説します。...

Apple Watchでの音楽再生まとめ

ざっとこれだけ理解していれば、Apple Watchで音楽再生するための基本は十分だと思います。

しかし、結構仕組みがややこしいというか、例えばApple Watch単体でも音楽再生できるって意外と認知されていないですね。

え、そうなの?と驚かれることが多いです。

Apple Watchはソフトウェア的にもハードウェア的にも出来ることがどんどん増えているので、Series 1とか2あたりで情報がストップしている人は、情報をアップデートしてみるとApple Watchを見直すかもしれませんよ。

今日は以上です。

【Series4にも対応】Apple Watchのタイプ別おすすめバンドランキング【2019年】様々なApple Watchバンドを使ってきたので、その中から厳選したバンドをタイプ別にランキングしました。満足できるバンドが見つかるはずです。...

 

Apple Watch Cellular_vs_GPS
【後悔しない】Apple Watch Series4はセルラーとGPSモデルどちらを選ぶべきかApple Watchは、どんな使い方であればGPS+セルラーがいいのか、あるいはGPSがいいのか、Apple Watchの利用状況に応じてそれぞれのモデルの違いを解説します...
ABOUT ME
アバター
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから