【簡単】Apple Watchで音楽を再生するために知っておきたい基本的なこと

こんにちはKoh(@misc_log)です。

最近Apple Watchを購入した友人から、「Apple Watchにおける音楽再生」について質問されたのですが、どうも、そもそもApple Watchで音楽を聴く仕組みをよくわかっていないようでした。

確かにちょっとややこしいものではあるので、整理してまとめてみました。

この記事にあること
  • iPhone上の音楽を再生する方法
  • Apple Watchで音楽を再生する方法
  • Apple Watchで音楽配信サービスを再生する方法
  • よくある質問

主に、これらのトピックについて書いてます。

Apple Watchを使う上で知っておきたい基本的なことはだいたい理解できると思います。

意外と知らないことも多いと思うので、何かの参考になれば。

目次

Apple Watchで音楽を聴くための基本知識

Apple Watchで音楽を扱うには、大きく分けて2つの方法があります。

音楽を扱う2つの方法
  1. iPhone上の音楽を再生する
  2. Apple Watchで音楽を再生する

基本的にはこれだけ。

Apple Watch単体で音楽再生できるの?とよく聞かれますが、それも可能です。

前提として、どの方法で音楽を再生するにしろ、Apple Watch自体から「音」は出ません。

Apple Watchにはスピーカーが搭載されてますが、このスピーカーを使って音楽再生することは現状不可能。

別途、AirPods ProなどのBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーを接続する必要があります。

Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する

まずは一番わかりやすい「Apple WatchでiPhone上の音楽を再生する」方法。

恐らくこれが最もよく使う方法だと思いますが、iPhoneが近くにあることが条件です。

iPhone上の楽曲やプレイリストを再生できるわけですが、iPhone上のミュージックアプリをApple Watchで操作すると言うほうが正確。

iPhoneから「ミュージック」アプリで音楽再生をするとApple Watch上で勝手に「再生中」となりコントローラが表示されます。

Apple WatchでiPhone上の音楽再生
Apple WatchでiPhone上の音楽を再生中

逆に、Apple Watchからでも「ミュージック」アプリを起動させ、「iPhone上」を選択すると、iPhone上に存在する曲やプレイリストを再生できます。

Apple WatchでiPhone上の音楽再生
iPhone上を選択する

つまりこれは、Apple WatchはiPhoneのコントローラーになっているだけで、Apple Watch自体が音楽を再生しているわけではないです。

この方法の利点
  1. iPhoneをポケットやバッグから出さなくても音楽操作できる
  2. ストリーミング系の音楽配信サービスを使うことができる

利点は主にこの2つ。

後述しますが、「音楽配信サービス」に関してはこの方法でないとApple Watchで扱うことはできません。

有料プランのAWAならApple Watch単体でも再生が可能になりました。

Apple Watchで音楽を再生する

iPhone上の音楽再生ではなく「Apple Watchで」音楽再生することも可能です。

Apple Watchでの音楽再生はネットワークに接続できるかどうかで出来ることが変わってきます。

  • セルラーモデルである
  • Wi-Fiがある
  • iPhoneが近くにある(iPhoneのネット接続をApple Watchが借りるようなイメージ)

これらがネットワークに接続できる状態。この場合は、Apple Musicでのストリーミング再生が可能。

ただし、音楽ストリーミングサービス系は再生できません。

まあ、ここまでは何となくわかると思います。

気になるのは、iPhoneもないし、セルラーでもないし、Wi-Fiにも接続できないという状態の場合。

この場合は、事前にiPhone上の音楽をApple Watchに同期しておくことで音楽再生できます。

あらかじめiPhoneからApple Watchに音楽を同期しておけば、ネット接続がなくてもApple Watch単体で再生することが可能。

同期する方法は、iPhone上で下記の操作をするだけ。

STEP
Watchアプリを起動
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
STEP
ミュージックを選択
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する
STEP
ミュージックを追加
Apple WatchでiPhoneの音楽を同期する

あとは、好みの曲やプレイリストを追加するだけです。

同期する場合の注意点として、Apple Watchが充電状態である必要があります。

Apple Watch充電時じゃないと同期できない

充電していない時に、いくら同期しようとしても永遠に同期されることはありません。

ちなみに、PCのiTunesにある曲を直接Apple Watchに同期することはできません。iPhone上に存在するものからのみ同期可能。

事前に同期しておくというめんどくさい工程さえ済ませておけば、セルラーモデルでないApple Watchでも音楽再生可能なので、iPhoneを持たずランニングに出かけても大丈夫ということですね。

Apple Watchで音楽ストリーミングサービスの音楽を聴く

次に各種メジャーな音楽ストリーミングサービスをApple Watchではどのように扱えるか?です。

前述した通り、音楽ストリーミングサービスは、iPhoneが近くにある状態の「iPhone上の音楽再生」でのみ聴くことが可能で、Apple Watch単体再生には対応してません。(※2020年6月時点)

Apple Watch単体再生不可

例外として、AWAの有料プランであればApple Watch単体での再生に対応したようです。

そもそもAmazon MusicやLINE MUSICはApple Watch用アプリが存在しません。

SpotifyはApple Watch用アプリをリリースしていますが、単体再生は非対応。

ただ個人的にはSpotifyがそのうち単体再生に対応してくるのでは!?と期待。いや、わかんないけど一番脈がありそうな気がする。

ということで、現時点ではApple MusicとAWA有料プラン以外は、iPhoneとセットで使う必要があります。

Apple Watch×音楽配信サービスに関しては詳しくこちらでまとめてます

どうでしょう、ざっくりでも理解できたでしょうか。

おさらい
  • iPhone上の音楽再生ではApple Watchはコントローラーである。
  • セルラーモデルなどApple Watchがネットワークに接続できれば、Apple Musicでストリーミング音楽再生可能。
  • iPhoneなし、セルラーでもないしWi-Fiも接続できない状態だと、事前にiPhoneから同期しておく以外に音楽を聴く方法はない。
  • 逆に、Apple Watchに音楽を同期しておけばiPhoneがあろうがなかろうが、ネットワークの状態がどうであろうが単体で音楽再生可能。
  • メジャー音楽ストリーミングサービスはApple Watch単体再生には対応してない

最後に、Apple Watchでの音楽再生におけるよくある質問をまとめました。

何曲くらいの音楽をApple Watchに同期できるの?

これは、watchOSとApple Watchのシリーズとモデルによります。

まず前提として、watchOS4以上でないと、Apple Watchのストレージ容量にかかわらず、2GBまでしか曲を保存できないという制限があります。

watchOSが4以上であればApple Watchのストレージ容量内であれば何曲でも楽曲を保存できるようになりました。

Series 5 / 4 / 2の容量
Apple Watch容量
Series 18GB
Series 28GB
Series 38GB (セルラーモデルは16GB)
Series 416GB
Series 532GB

例えばデバイスの容量が16GBだったとして、使用できる容量がだいたい12、3GBなので、1曲のデータ量にもよりますが1000曲以上は入るんじゃないですかね。

Apple Watch Series1、2、3は8GBなので、その半分程度と考えればよいかと。

iPhoneから曲を消したらApple Watchに同期した曲はどうなるの?

一度Apple Watch側に同期させた楽曲をiPhone上から削除すると、Apple Watchを次に充電した時にApple Watchからも削除されます。

「同期」が大前提なので、もちろん削除も同期されるということです。

ちなみに、Apple Watch側から曲の削除も可能で、削除するとiPhone側からも削除されます。

Apple Watchで音楽を聴くにはBluetoothイヤホンじゃないとダメ?

Apple Watchに同期してWatch単体で音楽を聴く場合には、AirPodsなどのBluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーじゃないとダメです。

だって、イヤホンジャックないので。

iPhone上の音楽を再生する場合であれば、iPhoneに有線イヤホンを接続して音楽を聴くことは可能です。

Bluetoothイヤホンは切り替えて使わなければダメ?

iPhone上の音楽を再生している場合はiPhoneにイヤホンを接続する必要があるし、Apple Watch単体で再生する場合にはApple Watchにイヤホンを接続する必要があります。

これは手動での切り替えが必要です。

ただ、AirPodsだけは別。AirPodsはiPhoneとApple Watchに同時接続できます。

僕はAirPodsで音楽を聴くことが多いですが、iPhoneとApple Watchのどちらで音楽再生をしても、いちいち切り替えの動作をする必要がありません。

これはAppleデバイスならではの特徴であり、かなり便利です。

あわせて読みたい
AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問
AirPods(エアーポッズ)を購入すべきたったひとつの理由とよくある質問こんにちはKoh(@misc_log)です。最新のAirPods Proを含めAirPodsを2年以上使ったので、迷っているなら買って良いと思う理由と、AirPodsに関してよく聞かれる質問に回答...

Apple Watchで音楽を再生するために知っておきたいこと:まとめ

ざっとこれだけ理解していれば、Apple Watchで音楽再生するための基本は十分だと思います。

しかし、結構仕組みがややこしいというか、例えばApple Watch単体でも音楽再生できるって意外と認知されていないですね。

え、そうなの?」と驚かれることが多いです。

WatchOSのバージョンもどんどん上がり、Apple Watchはソフトウェア的にもハードウェア的にも出来ることがどんどん増えてます。

Series 1とか2あたりで情報がストップしている人は、情報をアップデートしてみるとApple Watchを見直すかもしれませんよ。

今日は以上です。それではまた。

関連:Apple Watchのバンドを変えておしゃれに!
あわせて読みたい
【2020年】Apple Watchのタイプ別おすすめバンドランキング
【2020年】Apple Watchのタイプ別おすすめバンドランキングこんにちはKoh(@misc_log)です。Apple Watchを買ったら欲しくなるのは、やっぱりバンド / ベルト。Apple Watchは簡単にバンドを交換できるので、気分や状況でバンドを付...
関連:Apple Watch各モデルの選び方
あわせて読みたい
【後悔しない】Apple WatchはセルラーとGPSモデルどちらを選ぶべきか
【後悔しない】Apple WatchはセルラーとGPSモデルどちらを選ぶべきかこんにちはKoh(@misc_log)です。最新のApple Watch Series 6も発売され、購入を検討している人も多いと思いますが、「GPS+セルラーモデル」と「GPSモデル」どっちを買え...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

目次
閉じる