Apple Watch

【レビュー】Apple Watchで手に入れる快適通知生活

いろいろと賛否両論もあるApple Watchですが、個人的には通知機能とApplePayの便利さには満足しており、そのあたりを中心に使用感などをレビューしたいと思います。

この記事はApple Watch共通の内容であるため、Seriesによる差異はあんまりないです。Apple Watchって何が出来るの?何が便利なの?という事を知りたい方向けの記事です。

 

Series4も購入したのでレビューはこちらで書いてます。

>>【2018年最新】Apple Watch Series4で出来ること【レビュー】

 

アップルウォッチを買った理由

単純にウェアラブル端末が欲しかったからです。

実はApple Watchって結構売れていて、圧倒的なシェアを持ってます。

2017年の出荷台数は約1800万台とされており、ウェアラブル端末全体およびスマートウォッチ市場で、過半数のシェアを獲得した

https://ja.wikipedia.org/wiki/Apple_Watch

 

僕もテクノロジー界隈で生きるものの端くれとして、数年前から騒がれ始めていたウェアラブル端末には興味を持っていたんですが、現時点で実用的なウェアラブルといえば時計でしょう。しかし、Apple Watch Series1は評価が微妙なので買う気になれず。

かと言ってiPhoneを使っているのにAndoroidスマートウォッチもどうかなあと思い、なかなか手が出せずにいたわけです。

そんな折、登場したのがFeliCaを搭載したApple Watch Series2でした。

しかし、シリーズ2とはいえ、まだまだApple Watchは賛否両論があるのも確かであり、いざとなると躊躇したわけですが、好奇心には勝てませんでした。

単純にカッコイイんですよね。時計から時刻以外の情報を得る事ができる、時計に向かってしゃべりかけると何かが処理される、時計をかざすとどこかが通れる。とか、子供の頃に憧れたSF映画そのものじゃないですか。

 

Apple WatchでSF映画の主人公になれるのか?

結論から言うと、まあなれます。

基本的に思っていた満足感は得られていますね。僕がとても便利だと感じているところ、不便に感じているところは下記の通り。

 

通知機能が超快適

僕はiPhone7Plusを使っていますが、知っての通りサイズが「大きい」です。いちいちポケットから取り出しくない時や、触りたくても触れないシーンがあると思うんですが、そんな時手元で全てを知ることが出来るという点がやはり便利です。

まあ、それはよくある感想だと思うのですが、僕個人的には通知を知れる事が便利というか、知らなくてもいい通知を知れることが便利だと感じています。

僕のiPhoneにはいろんな通知がバシバシ飛んできます。もちろん各アプリごとに設定すれば通知のON・OFF、バイブや音のON・OFFは可能なんですが、そんな細かく全てを設定するのってめんどくさいんですよね。そうするとどうなるかと言うと、わざわざiPhoneを取り出すという動作をして見たくないものを見せさられる時があるんですよ。

例えばGmailがきたらバイブにしておくとして、iPhoneはポケットにある。歩いていても何をしててもいんですが、バイブに気づいたとします。iPhoneを取り出して通知から内容を見る。内容はどうでもいいクソメール。電源ボタンでスリープに戻してそっとポケットにしまう。

この反復って地味にストレスです。もちろん無視する自由もあるわけですが、なんかバイブに気づくと気になるんですよ。こういった「地味なストレス」はApple Watchによってなくなります。手元を見るだけでクソメール判定、クソ通知判定が一瞬で終わります。

会議中でも飲み会中でも、腕時計を見るのはまあ自然な動作ですから特に気にせずApple Watchを見て、直ちに処理が必要なのか、後でもいいか、などが判断できます。

タスク管理ツールなどでリマインダーとか設定してても、人といるときにバイブでiPhoneに通知されても、まあ後でいいかという感じで見ないってことあるじゃないですか。そして一息ついた頃、そういえばさっき通知きてたなと思い内容を確認すると、予定のタスクを処理する時刻がとっくに過ぎていた。なんて事故はなくなります。

また、LineやSkypeやSlackなどのコミュニケーションツールに関しては返信もできます。ただし定型文か音声のみ(あるいはスタンプ)です。文字入力はできません。ただ、音声の返信って意外と便利ですね。最近は普通に音声入力で返信することが多いです。

 

Felicaがナチュラルに便利

なんていうか、普通に便利です。

モバイルSuicaを入れておくことで、当然改札も通れますし、Suicaが使用できる店舗では財布もiPhoneも取り出さずApple Watchだけで決済可能です。

また、チャージはiPhoneからでもWatchからでもできます。Watchからの場合はApplePay用に登録したクレジットカードからのみチャージが可能です。iPhoneからであればモバイルSuicaアプリに登録したクレジットカードやデビッドカードからチャージできます。駅の券売機には近寄る必要もありません。もちろんSuicaに限らず、ApplePayにも対応しています。

iPhoneですら出さなくても改札に通れる、決済できるという点が気に入っています。

 

Apple Watchのダメな点

通知とSuica(ApplePay)で個人的には満足ですが、その他にもカメラのシャッターをApple Watchから操作できる、活動量計がすごい(よく運動する人は良いと思う)、などなど便利な点は他にもあります。一方で不満な点もいくつかるのでそのあたりを。

 

Apple Watchを付けた手と改札が逆

時計は右利きの人であれば一般的には左手に付けるはずです。ところが、改札って向かって右側にSuicaかざすんですよ。つまり逆なんです。

そのおかけで、上半身をくねらせて左手を改札に向かってかざすという動作が発生するんですね。結構めんどくさいですこれ。

Apple Watchを右手に付ければいいじゃんとも思ったんですが、それはそれでApple Watchの操作がしづらいんですよね。右利きなので。

 

1枚のSuicaをiPhoneとApple Watchの両方には設定できない

詳しくは面倒なので調べてませんが、これはApple Watchの仕様ではなく、おそらくSuicaの仕様だと思います。

1枚のSuicaはiPhoneかApple Watchのどちらかでしか使用できません。例えば、Apple WatchにSuicaを設定しておいたとして、自宅にいる時にちょっとコンビニへ。という時にもSuicaを使いたければApple Watchを持っていかなければなりません。

なんでコンビニ行くのにいちいち時計してかなきゃいけないんだよと普通に思います。

一応iPhoneさえあれば、Apple Watchに設定したSuicaをいつでも召し上げる事は可能なんですが、それはそれでめんどくさいので、よほどの事がない限り召し上げはしませんね個人的には。

強者は2枚のSuicaを使うという運用をしているそうですが、管理が煩雑になりそうなのでそこまではしていません。

 

Apple Watchまとめ

他にもこまごまと良い点、悪い点ありますが、主だったところは上記の通り。

とにかく通知とFelicaがApple Watchの優れた点だと思います。もっと言うと、ここを便利だと感じそうもない場合はApple Watchは買わない方がいいと個人的には思います。なくてもいいけどあればそれなりに便利って感じですね。

あと、思った以上に画面に衝撃を与えることが多いのでフィルムorケースは付けたほうがいい。改札通る時やコンビニで決済する時に目測を誤って「ガツンッ」といくことが結構あります。

【2019年】Apple Watchを買ったら絶対に持っていたいケースとおすすめアクセサリーApple Watchを長期間使用して、絶対に必要だと思うアクセサリーを紹介します。Apple Watchがより快適になります。...

 

また、Apple Watchはバンドを付け替えると印象が大きく変わるので、そのあたりも楽しみながら使うと、より良いApple Watchライフが送れると思いますよ。

【Series4にも対応】Apple Watchのタイプ別おすすめバンドランキング【2019年】様々なApple Watchバンドを使ってきたので、その中から厳選したバンドをタイプ別にランキングしました。満足できるバンドが見つかるはずです。...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください