Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーレビュー:MagSafe対応iPhoneにくっつく10,000mAh!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

各社からさまざまな製品が展開されているマグネット式モバイルバッテリー。

iPhoneの背面に貼り付けるだけの手軽さが個人的にはとても気に入ってます。

そんなマグネット式バッテリーがあのBaseusからも登場しました。それがこちら。

7.5Wでワイヤレス充電でき、iPhoneを約2回充電可能な10,000mAhを備えたアイテム。

Baseusからサンプルを送ってもらったので、充電性能や使用感など詳しくレビューしたいと思います。

iPhone 12、13シリーズ用のモバイルバッテリーを探している人の参考になれば。

目次

Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーの特徴

Baseusはクラファンを中心に国内を騒がせていたので知っている人も多いはず。最近日本展開を果たした注目のブランドです。

そんなBeseusから登場したワイヤレスモバイルバッテリーがこちら。

  1. マグネット式ワイヤレス充電
  2. USB-C充電
  3. USB-A充電

以上、3つの方法で充電できるタイプ。

おすすめの対応機種はMagSafeに対応しているiPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズ。

その他iPhoneでも使えますがマグネット式ワイヤレスの利点が全く活かせません。それなら他のモバイルバッテリーを検討する方が良いので、やはりiPhone 12、13シリーズで使うのが合理的。

ただし、iPhone 13 Proで使うのはちょっと微妙です。理由は後述します。

また、本機は正式なMagSafeではなく、競合機と同じ従来のQiワイヤレス充電+マグネットのタイプです。

AnkerやBelkinもQi + マグネット
AnkerやBelkinもQi + マグネット

現時点だと正式なMagSafeはApple純正のバッテリーパックだけ。

iPhone背面に貼り付くため使用感はMagSafeと同等。しかし15Wでの充電はできず7.5Wになります。

とはいえ、競合機は5Wタイプが多いなか7.5Wは珍しい。さらに、多くの競合機の倍の容量である10,000mAhを備えているためiPhone 13 Proでもフル充電可能。

加えて、デジタルによるバッテリー残量表示や、20Wでの有線充電を備えるなど高機能なモバイルバッテリーです。

高機能なモバイルバッテリー
高機能なモバイルバッテリー

しかし、容量が容量なのでサイズはそれなりに大きい。

そのため「ながら充電」というよりは、ケーブルレスで充電するためにワイヤレスが欲しい、また、複数台の同時充電が欲しいと言った人に良い充電器。

Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーの外観やサイズ感

こちらが本体正面。液晶パネルを備えているのが特徴的。

Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーの外観やサイズ感

スペック上はブルーになってますがネイビーと言ったほうがしっくりきます。1色しかないため色は選べませんが、どのiPhoneのカラーにもマッチしそうな色合い。

ネイビー

本体上部にUSB-CポートとUSB-Aポート。USB-Cは入出力兼用。

USB-AとUSB−Cポート
USB-AとUSB−Cポート

右手サイドには電源ボタン。

電源ボタン

本体のサイズ感はだいたいiPhone 12 Proや13 Proと同じサイズ感。

だいたいiPhoneと同じ

iPhoneの倍まではいかないものの、厚みはそれなり。

厚みは結構ある

重量は約230g。

デザイン的にはシンプルで使いやすいと思いますが、やはりサイズ的には結構大きいですね。

Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーの充電性能や使い勝手

では次に充電性能や使用感を紹介します。

充電性能

やはり気になるのはくっつくワイヤレス充電。どのくらいの速度で、何回充電できるのかが重要です。

iPhone 13 Proで試してみました。

Baseusモバイルバッテリーの充電性能
iPhone 13 Proを充電

結果はこちら。比較のためにAnker PowerCore Magnetic 5000の結果を加えてますがこちらはiPhone 12 Proのもの。参考用です。

経過時間BaseusAnker
0%0%
10分5%4%
20分13%9%
30分18%15%
1時間32%30%
1時間30分47%46%
2時間61%62%
2時間30分74%75%
3時間83%82%
3時間20分86%でバッテリー切れ
3時間30分95%
3時間42分100%

充電速度が伸びない

まず充電速度ですが、Baseusは7.5W、Ankerは5W。そのためBaseusの方が速いはずですが思ったより結果が伸びません。3時間の段階でほぼ同じ。

思ったより伸びないワイヤレス充電速度
意外と速度が伸びない

Ankerの結果はiPhone 12 Proのものなので条件が揃ってないのもありますが、それでも本来ならもっと差がでるはず。

理由はわかりませんが、恐らく発熱の関係で7.5W出ている時間が極端に短いんだと思います。そのため実際には5Wとそう変わらないよう。

100%充電できたのは初めて

僕はマグネット式モバイルバッテリーが好きなので有名どころはだいたい使ってきました。その中でも100%まで充電できたのはBaseusが初めてです。さすが10,000mAh。

100%まで充電

ちなみに100%充電後でモバイルバッテリー側は42%表示だったので、iPhone 13 Proを2回フル充電することはギリギリできないという感じだと思います。

デジタル残量表示
デジタル残量表示

まあそれでも約2回充電できるのはこの手の製品としてはかなりレア。

というわけで本機のワイヤレス充電性能をまとめると、ワイヤレスで2回近くiPhone 13 Proを充電できるのは頼もしい存在。しかし7.5Wのわりには充電速度が出ないのは残念。という感じです。

USB-CでiPhoneを急速充電可能

また、本機は出力20WのUSB-Cポートを備えてます。そのため有線で充電すれば30分で0%→50%に回復させる急速充電が可能。

USB-CならiPhoneを急速充電可能

さらに有線であれば電力ロスが少ないので、恐らくiPhone 13 Proを2回フル充電できるはずです。

・・・とはいえ、それであればワイヤレス充電がない製品を選ぶほうが価格的にも合理的。

そのため、やはりメインの運用はワイヤレスを中心に据えて、いざというときに急速充電・・というスタンスでいるのがベストだと思います。

USB-Aで小型デバイスを充電

USB-AはQC3.0に対応していますがiPhone側が対応していないためAppleユーザーには無関係。そのためUSB-Aはあまり高出力は期待できません。

AirPods Proなどの小型デバイスを充電するのにちょうどいいと思います。

USB-Aで小型デバイスを充電

ちなみに、ワイヤレスとUSB-C、USB-Aの3台同時充電もできちゃいます。

ただ、それぞれの振り分けはわからないものの合計で20Wまで。そのため充電速度はそれなりになってしまいます。

パススルー充電に対応

本機はパススルーに対応しているため、USB-Cでモバイルバッテリーを充電しながらワイヤレスでiPhoneを充電可能。

パススルー充電に対応

間接的にUSB-CでiPhoneを充電できることになるため、Lightningケーブルを持ち運ばなくていいのは嬉しいポイント。

個人的には残念な点が多かった使い勝手

では最後に使い勝手ですが、やはり結構重さを感じるのがネック。

結構な重さ
結構な重さ

僕の場合は、iPhone 13 Proと純正レザーケース、それにこのモバイルバッテリーを加えて約470gです。これをずっと手に持っているのはかなりつらい。

ペットボトルに近い・・

個人的には「ながら使い」がしたいんですが、さすがにちょっと厳しい。

どこかに置いてYoutubeを見るとかそういった使い方なら重さは無視できますが、手に持ってゲームやブラウジングなどのながら使いは完全に筋トレです。

マグネットの吸着が弱め

また、iPhone 12 Pro、13 Proに装着した感じだとマグネットが弱い印象。

一応、このように持ち上げることができるくらいにはしっかりくっつきます。

持ち上がるくらいにはくっついている

ただ、モバイルバッテリーが重すぎるのか、あるいは形状の問題なのか、スライドする力にかなり弱い。ボタンを押そうとすると横にズレちゃいます。

ボタンを押そうとするとズレる
ボタンを押そうとするとズレる

両手操作ならいいですが片手操作はちょっと怖い。やはりそういう意味でも置いて使うものという感じ。

満員電車の中でサッとくっつけてバッグの中で充電する・・という使い方にもいいですね。

Youtube鑑賞

iPhone 13 Proだと干渉する

本機はiPhoneのカメラの出っ張りを考慮して一部が凹んでいます。しかし、iPhone 13 Proはカメラユニットが大きくなったことでサイズ的に合わなくなってます。

裸のiPhone 13 Proで使うとレンズがモバイルバッテリーに干渉します。正確に言うと3眼のうちの1つ、超広角カメラに干渉しています。

まあ一応これでも充電はできますが、レンズにガツガツあたるのはなんか嫌です。

超広角レンズが干渉している
超広角レンズが干渉している

このレンズの出っ張りはケースを装着すれば抑えることができます。しかし、今度はケースがモバイルバッテリーに干渉します。

ケースが干渉している
ケースが干渉している

これはMagSafe対応のApple純正レザーケース。わかりづらくて申し訳ないんですが微妙にケースが干渉して浮いてます。

他のケースなら干渉しないのかもしれませんが、そもそもMagSafe対応ケースでなければ使えないため選択肢はそう多くないんですよね。

iPhone 12 Proならこの通りカメラ干渉は全くありません。ケースをつけていても大丈夫。

iPhone 12シリーズなら余裕
iPhone 12シリーズなら余裕

本機はiPhone 13シリーズ発売前の製品なのでしょうがないとは思うんですが、iPhone 13 Proで使いづらいのは結構残念でした。恐らくですがiPhone 13 Pro Maxも同じことになるのではと思います。

Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーレビューまとめ

以上、Baseus マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーをレビューしました。

うーん、容量が大きいマグネット式ワイヤレスが欲しいなと思っていたんですが、いざ使ってみると結構残念なところが目立つ結果でした。

持ちながら使うには重い、マグネットが弱い、iPhone 13 Proだとカメラが干渉する、このあたりが個人的には残念。

こういった人であれば便利に使えるかもしれません。

  • ケーブルを使わないモバイルバッテリーが欲しい
  • ながら充電はしない(使うとしても置いて使う)
  • iPhone 12シリーズ、iPhone 13、13 miniな人(Pro/ Pro Max以外)

残量デジタル表示とか便利な機能も搭載しており、何より10,000mAhのマグネット式が貴重であることは間違いないので、もし気になったらチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる