【2022年版】買ってよかったものランキングBEST10!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

今年もあとわずか。今年もみなさんのおかげで・・・みたいな前置き書いてたんですが、2022年内に公開が間に合わなかったのでもう前置きは割愛します。

というわけで、買ってよかったものランキング2022早速いきます。ジャンル的にはインテリア・ガジェット・撮影機材などゴチャ混ぜです。

それではどうぞ!

目次

2022年版買ってよかったものランキングBEST10!

では早速紹介していきます。モノの良さと順位に関係はありません。自分の中で印象深かった順に並んでいます。

ちなみに提供品やもらったものは除外してます。特に高尚な理由はございません。「買ってよかったもの」というタイトルだからです。

10位:commpost MULTIPURPOSE BAG S

URBAN RESEARCH DOORSのリサイクルファブリックの小物入れ。見た目よくて安くてめちゃくちゃいい。

廃棄衣料で作られているいわゆるSDGs的なやつ。ちょっとしたものを入れるのに良いかなと思って買ったんですが、本当にちょっとしたものを入れておくのに最高でした。

ちょっとしたものってたくさんあるよね

紙のようなレザーのようなという不思議な質感なのですが、そのへん置いとくだけで絵になるし気づけばめちゃくちゃ活躍していたということで10位に。

見た目もよき

9位:+Style CO2センサー

部屋のCO2濃度を計測して、その値をもとにスマートホーム的なことをいろいろしてくれるセンサー。

+Style CO2センサー
+Style CO2センサー

CO2濃度なんて気にすることないと思ってたんですが、「仕事のパフォーマンスに影響するらしいよ?」と聞いて買ってみました。

わずか2時間ほどで厚生労働省が定めた衛生基準の2.5倍に達したので、どうやら僕の書斎は相当なブラック環境だったようです。(1,000以下が推奨)

2500はもはや赤文字に

CO2濃度の値をもとに換気したり、自動でサーキュレーター動かしたりなどなど環境改善に繋がりました。

サーキュレーター自動ONで排出

いやあもうぜっんぜん違うんだよ!」ってほど体感するかと言えば正直そんなことはないんですが、換気をするクセができたのは今後の人生に好影響なはず。

CO2濃度管理でパフォーマンスアップ!
換気大事!

ただ、欲を言えばディスプレイのないもっとこうシンプルなやつが欲しいなーと思ってます。というのも、僕は何かを飼育したりはしてないので別に値はどうでもいいんですよね。

温度も湿度もCO2も値そのものは別に知りたくないので、快適な範囲を超えたら対処できるようトリガーできればそれでいいわけでして。

値がもし見たければアプリで・・みたいなシンプルなセンサーがあるといいなーと。

8位:GROVEMADEのキーボード&トラックパッドトレー

3月ごろに我らがAppleさんが、Magic Mouse、Magic Keyboard、Magic Trackpadのブラックを発売。全部で5万以上するんですが喜んでお金を払うのが信者です。(高えよ)

黒は買わざるを得なかった

それに合わせてずっと欲しかったGROVEMADEのキーボードとトラックパッドトレーを購入。

Magic Keyboardに高さが出ていい感じとか、Trackpadに角度がついていい感じとか、良さはいろいろあるんですがやっぱりこの見た目が最高です。

この見た目が強い

純正キーボードやトラックパッドの良さを殺さず、むしろウォルナットが引き立ててくれるようなそんな存在感です。

やっぱりGROVEMADEいいなあ。

公式サイト

7位:FALCONEYES RX-18TDX III

ブログの写真撮影、Youtube用として買った照明。薄くて扱いやすいのが最大の特徴。

薄いので小回りがきく!

十分な明るさを持っているのにコンパクト。小回りがきくのでスタンドと合わせて様々な位置や角度に調整でき、表現の幅が広がります。

トップからも楽勝

人が暮らす部屋に置くものとしてはこれでも十分デカいですが、巨大なソフトボックスを置いてたときに比べるとだいぶ圧迫感が減りました。

撮影風景

このRX-18TDX IIIは最新モデル。出力130Wに進化しています。現在のところ日本ではまだ未発売。本国サイトから買いました。

公式サイト

6位:Dell U4021QW

Dellの40インチ5K2Kモニター「U4021QW」も間違いなく2022年買ってよかったアイテム。

僕は使うもの全部広げて作業したいというクセがあるので、広大な領域を1台のモニターで確保できる40インチ5K2Kモニターをずっと狙っていました。

見た目もカッコいい

このスペックって実はそんなに選択肢がなくて、いろいろあった結果最終的にDellを購入。インプットとアウトプットを同時に行えるという意味において最高の環境になりました。

3分割でも余裕の広さ

これ約20万するんですが、何でそんなするの?何がそんなに良いの?ということについては動画で深堀りしています。複数起動ジャンキーの方はぜひこちらをご覧ください。

5位:Zoom F2&F3

Youtube用に買ったフィールドレコーダー、Zoom F2とF3。いわゆる32bitフロートでレコーディングできるやつ。

これの何がいいのか?誤解を恐れずひとことで言うと、Zoom F2やF3を使うと録音に失敗しません。

F2はピンマイクのとき

Youtube動画を作るにあたって大事な要素はたくさんありますが、スマホ+イヤホンが視聴環境の中心となるようなジャンルである場合、映像の美しさよりも「音」が大事な要素だと個人的には思ってます。

とはいえ、「音の良さ」みたいな話は人によって感じ方が異なります。重要なのは「声が破綻しておらず聞き取りやすい」こと。そういった意味でこのF2&F3は神機。

F3はXLRのマイクを使うとき

人気過ぎてなかなか買えないのですが待ち続けてようやく買えました。今はもう少し買いやすくなっているみたいです。

4位:SENNHEISER MKH416

これはどちらかと言うとこだわりの世界というか、音質にこだわりたくて買ったショットガンマイク。

MKH416

僕は海外のYoutube動画をよく見るんですが、いい音だなーと思うとだいたいMKH416が使われていました。海外のマイク比較動画も散々見た結果、やっぱり僕的にダントツなのがこれ。

誰が聞いても良いと感じるかはわかりませんが、自分が良いと思うものを使って動画をお届けしたいので思い切って購入しました。

上から狙うようにセッティング

買ってどうだったかという意味ではもちろん大満足です。ただ、音に関しては最近になってようやく理想に近づけたかな・・という状態です。

実は、ショットガンマイクの魅力を引き出すには相当な試行錯誤をしなければならず、泣きながら対応しています。

部屋の環境、マイクの角度、距離、あらゆるトライアンドエラー&付随する機材購入を強いられ号泣しています。

反響音対策の吸音材も位置を考慮して・・

まあでも、それが楽しいんですけどね。

良いマイクでも環境が悪いと台無しになります

ただ、桜風涼(はるかぜすずし)先生もおっしゃっているようにワンオペでショットガンマイクはマジで難しいです。

一定品質の動画を出すこと」を優先するならピンマイクで確実に収録する方が全然良いと思います。

ちなみに例えばこの動画がMKH416で収録した動画です。(もろもろの後処理はしてます)

こっちがピンマイクで収録した動画です。そんなに違いがわからないかもしれないないですが・・・。

3位:黒のアクセントクロス

ずっと憧れていた黒い壁紙にチャレンジ。結果は超絶満足です。

得たものとしては、写真や動画が理想通りの絵になったこと。失ったものは部屋の明るさ。という感じです。

どうせ日当たり悪い部屋なので雰囲気にフルベットして個人的には大満足です。

黒背景に黒いものが最高

広い面がまるごと黒いので構図やアングルに自由が生まれ絵変わりのある写真が撮れます。それは背景紙ではなかなか難しいですからね。

家具を写り込ませたり
もちろん小さいものでも

実は当初、はがせる壁紙で自分で施工しました。

何度か施工経験あったし自信もあったんですが、黒のような濃色は難易度が爆上がりすることを知らず、全く歯が立ちませんでした。その結果散々な仕上がりに。

後ろの白っぽい線はつなぎ目と糊の拭き残し

粗が気になって夜も眠れないのでプロに依頼。一応持ち家なので、はがせる壁紙ではなく普通に壁紙を貼り替えちゃいました。

職人さんとの最初の相談で「え?黒ですか?」って二度聞きされるくらいには珍しかったようですが、やっぱりプロはすごい。完璧な仕上がりで全く粗がありません。

つなぎ目がどこか全くわからない

5畳の部屋で約2面やってもらったんですが5万円ちょっとくらいだったので「最初からそうすれば良かったことランキング2022」があればダントツでトップです。(はがせる壁紙に3万円くらいかかった)

間接照明を多めに置くことで暗さも気にならなくなりました。

2位:Apple Watch Ultra

全く買うつもりなかったけど、買ったら死ぬほど良かったものってあるじゃないですか。僕にとってはApple Watch Ultraがそうでした。

機能的に良いところといえば、Apple Watch史上最大の電池持ちとか、それから、電池持ちとか・・・、あとは電池持ちとか・・、多すぎて書ききれないので割愛しますが、やっぱり何と言ってもこの存在感がたまりません。めちゃくちゃカッコいい。

アウトドアシーンがメインのように売られていますが、カジュアルでもスーツでも全然問題なく使えます。

巨大なので全人類におすすめとは圧倒的に思いませんが、「あれ・・これカッコいいかも」って一瞬でも思った人は必ず満足すると思います。

1位:DICHOTOMIC(ディコトミック)の天板

デスク用の天板として買ったDICHOTOMICの古材天板。これはもう完全優勝です。

古材天板のデスク

DICHOTOMICは広島にあるファニチャーショップ。とにかくセンスのいい家具をたくさん販売しているお店です。

たまたまネットでこの古材天板を見つけたんですが、結構いいお値段・・。しばらく悩んでいたんですが「この天板をデスクにしたい」という気持ちを抑えきれませんでした。

実物を見ないで買ってるので届くまでドキドキだったんですが、届いて開封した瞬間に優勝を確信しました。シンプルにめちゃくちゃカッコいい。

この木肌や表情に一撃でやられた

また、僕はカスタマイズでサイドにアイアンプレートをつけてもらいました。この古材×アイアンでご飯何杯でも行ける感じしませんか?

どんぶりでご飯ください

質感、雰囲気、存在感、どれもが僕にぶっ刺さって抜けないのですが、同じようにこの激強な見た目に深く深く刺さった方も多いんじゃないでしょうか。

たまりません

あまりにも良すぎたので撮影用の天板も買いました。ブログ用の撮影台、Youtube用のテーブルとして使ってます。

狭い部屋に2つも・・

2022年、この天板から多くの写真や動画が生まれました。やっぱり背景紙では出せない質感や雰囲気が木材にはあります。

この質感や雰囲気は木材ならでは

2023年もこの天板と共にコンテンツを作っていきたいなと思っています。

僕は天板のみで購入しましたが脚付きも販売されてます。ちょっと値は張りますが満足度は超絶高いです。古材好きな方はぜひチェックしてみてください。

※僕が購入した天板は無垢古材天板(ヴィンテージブラウン、側面アイアンプレート)です。

公式サイト

デスクツアー動画でも最もお気に入りのものとして紹介しています。よろしければ合わせてどうぞ!

2022年版買ってよかったものランキングBEST10!まとめ

以上、2022年に買ってよかったもの・ガジェットを紹介しました。

2022年はYoutubeを始めたことで撮影機材やスタジオ環境構築が散財の中心でした。もっといろいろ紹介したいものや試行錯誤があるのでそれはまた別の記事でまとめようと思います。

Apple製品はiPhone 14 ProもM2 MacBook Airも良かったんですが、円安の影響でどうしても価格の高さが気になりましたね。

一概に値上げが悪というわけではないんですが、何にせよ、やたらいろんなものが高くなったなと感じた1年でございました。

というわけで、2023年も引き続きブログ・YoutubeにてApple製品や周辺機器、ガジェットについて発信をしていきたいと思っております。みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

SNSなどやってます!よかったらフォローお待ちしてます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる