Caseology AirTagケース「ヴォールト」レビュー:超コスパ!シンプルでおしゃれなAirTagケース

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

満を持して登場したApple製の紛失防止タグAirTag。すでに手に入れた人はご存知の通り、AirTagは基本的にケースが必要です。

AirTag
AirTagにはケースが必要

AirTagそれ単体では“引っ掛ける機構”のようなものが存在しないため、ケースをつけないと家の鍵に引っ掛ける、かばんにひっかけるなどができません。

様々なAirTagケース
様々なAirTagケース

純正・非純正問わず様々なケースが販売されてるわけですが、サードパーティー製で話題になったのがこの「ヴォールト」。現在は安定したようですが、在庫切れが頻発していたCaseologyのAirTagケースです。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」

Caseologyよりぜひ使ってみて欲しいとサンプルを送ってもらったのでレビューします。

Amazonで「AirTagケース」と検索してみるとわかりますが、目を背けたくなるほど凄まじい数のケースが販売されており、その中から優れたケースを探し当てるのは、今、人類が直面する極めて困難な課題のひとつと言えます。

そんなケース選びを一気にショートカットできる可能性を秘めた優秀ケースです。

目次

Caseology AirTagケース「ヴォールト」ってどんなもの?

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」は、安いのに高品質、デザイン・見た目も良い、コスパAirTagケース。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」はカラビナ付き
カラビナ付き

この「ヴォールト」は、iPhoneケースやAirPods Proケースでも人気のケースシリーズで、サンドストーン加工と呼ばれる少しザラザラとした質感のよいテクスチャが特徴的。

サンドストーン加工
サンドストーン加工

サードパーティ製ケースはApple純正を意識した形状・デザインが多い中、オリジナリティのあるデザインを採用した貴重な存在です。

Caseology AirTagケース「ヴォールト」レビュー

では、CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」の詳細を見ていきます。

シンプルでおしゃれなデザイン

カーボン風に加工され、斜めのスリットが刻まれた本体。もちろん本物のカーボンではなくTPUですが、高級感を感じる外観。

カーボン風のデザイン
カーボン調のデザイン

サイドは「ヴォールト」の特徴であるサンドストーンテクスチャ加工された、サラサラと心地いい質感。

質感のいいサンドストーン加工
質感いい

とてもスリムで、ほぼAirTagと同じ厚みくらいしかありません。

付属のカラビナは、よくある付属品のような適当パターンではなく、きちんとカラーされ、ロゴも入ってます。

カラビナもカッコいい
カラビナも加工されている

ダークカラーのカラビナが統一感を出していい感じ。

統一感すごい
統一感!

デザイン性が高く何にでも合わせやすいと思いますが、どちらかと言うとアウトドアデザインというイメージが強いでしょうか。バックパックなんかにもとてもよく合いそう。

ひとつ残念なのは、カラーが1色のみというところ。異なるカラバリがあると選択の幅が広がっていいんですけどね。

AirTagに装着

AirTagへの装着は簡単。ただはめ込むだけ。

はめ込んで使う
押し込む

AirTagにジャストフィットするように作られており、不自然にズレたりすることもなくキレイにおさまります。

ジャストサイズ

このあたりはさすがケースを作り続けているブランドだけあってしっかりしてます。よくわからんブランドのものはこういうとこ雑ですからね。

外す場合は「ヴォールト」を折り曲げるようにしながら、AirTagを押し出して外します。

幅広く使え、汎用性高い

「ヴォールト」はカラビナがついているため、引っかけられるものであれば何にでも取り付けできます。

カラビナで引っ掛けて使う
引っ掛けて使う

キーリング型やループ型のものだとある程度使いみちが限定されますが、カラビナタイプであれば付けたり外したりも簡単なので、シーンにあわせかばんを変える人でも使いやすい。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」とカラビナ

超フォーマルな本革系のビジネスバッグには合わないかもしれませんが、カジュアル、アウトドアなど、日常に取り入れやすく汎用性は高め。

もちろん鍵につけても大丈夫。

鍵につけてもOK

ちなみに「ヴォールト」の重さは約29g程度ですが、カラビナがついている分、他のケースに比べると少し重め。

約29g
約29g

例えばApple純正のキーリングは約21gくらい。まあわずかな差なので気にならないとは思いますが、極限まで持ち物をシェイプアップしたいという人は違うAirTagケースがいいかも。シリコンのやつとかだともっと軽いです。

あと、AirTagははめ込まれているだけなので外れたりする可能性もあるのかなと思いましたが、普通に使っている分には外れることはなさそう。

折り曲げるような力が加わると危ないかもしれませんが、日常的に使っていてそんな力が加わるシーンがもしあれば、それはAirTagなんか気にしている状況じゃないはず。

このように、普段使いしやすいデザインと機能性でトータルバランスに優れたAirTagケースです。これが約1,600円なら個人的には文句ないですね。

Caseology AirTagケース「ヴォールト」レビューまとめ

というわけで、CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」をレビューしました。

よくある”Appleコピー”とは異なる存在感を持ち、カラビナ付きで機能性も高い優れたAirTagケースです。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」

自分のスタイルや持ち物的にデザインがマッチするのであれば、ひとつ持っていて損はないケースだと思います。何と言っても安いですからね。

良いところ
残念なところ
  • シンプルで取り入れやすいデザイン
  • カラビナ付きで汎用性高い
  • クオリティ、質ともコスパ高い
  • 他ケースに比べると少し重い

AirTagのケースを探している人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

Caseologyからはもう1種類AirTagケースが発売されています。こちらはより耐久性の高いモデルです。合わせてチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる