Caseology Dual Gripレビュー:滑り止めパッドを備えたコスパ高いiPhone SE 第2世代用ケース

こんにちはKoh(@misc_log)です。

今日は、ちょっと珍しいタイプのiPhone SE 第2世代用のケースを紹介します。

ケース側面に滑り止めパッドを備え、グリップ感を向上させたハードタイプのiPhoneケース。

Caseology Dual Grip iPhone SE 第2世代用ケース

Caseologyというブランドから販売されているものですが、ここのケースは価格の割に品質が高い。

デザインもシンプルで使いやすいケースだったので、iPhone SE 第2世代用のケースを探している人の参考になれば。

目次

Caseology iPhone 第2世代用ケース「Dual Grip」の特徴

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、CaseologyはiPhoneを含めたスマホケースを取り扱うブランド。

以前レビューしたAirPods Proケースも価格の割に質が高い製品だったので、それ以降Caseologyのアイテムはチェックしてます。

今回、iPhone SE用ケースを使ってみて欲しいということで、Caseologyさんからサンプルを提供してもらいました。

Caseology Dual Grip

ポリカーボネート(いわゆるプラスチック)製のハードケースで、シンプルなデザインのケースです。

iPhone SE 第2世代とiPhone 8に対応。

Caseology Dual GripはiPhone SE 第2世代とiPhone 8に適合
iPhone SE第2世代とiPhone 8に対応

最大の特徴はサイドに備えられた滑り止めパッド。これがなかなか珍しい。

Caseology Dual Gripはサイドに滑り止めパッドを備える
側面に備えられたグリップパッド

グリップ力が上がり、iPhone SEを落下から守るケースです。

ケース外観・デザイン

Caseology「Dual Grip」は、カラー展開はなくブラックのみのワンカラー。

Caseology Dual Gripはブラックのみのワンカラー

背面はマット仕上げでサラサラとした感触で指紋が目立ちづらい。

Caseology Dual Gripの背面はマット仕上げ

とてもシンプルなデザインなので、利用シーンを選ばない。

ケース内側もポリカーボネード製。

Caseology Dual Gripの内側

オープンになっている部分はなく。全体を覆うタイプのケース。

特徴的なのはケース四隅に切り込みが入っており、これのおかげでケースの付け外しが簡単。

Caseology Dual Gripの四隅には切込みがあって付け外しが簡単

実際に付け外しを試してみると、確かにスリムタイプのケースよりは圧倒的に簡単。

Caseology Dual GripはiPhone SEにしかりと装着される

ただ、ハードケースということもあり、そんなにガバガバと外れるわけではないので、頻繁にやりたくないくらいにはしっかりとした装着感。

サイドのグリップパッド

このケース最大の特徴であるグリップパッド。ケースの両サイドについていて、右手・左手のどちらで持っても使えるようになってます。

Caseology Dual Gripの側面パッド

パッドはドット加工され、微妙にくぼみが付けられています。

Caseology Dual Gripの側面パッドはドット加工で滑りづらい

引っかかる感触でグリップ感が上がり、確かに握りやすい。

Caseology Dual Gripは握りやすい。

手に汗をかいているときなど、ハードケースは滑りますからね。これだけグリップできれば手のコンディションによる影響は受けづらいはず。

各ボタン部分など

このCaseology「Dual Grip」は、オープンになっている部分がなく、各ボタン・パーツ部分は全て覆われているタイプ。

電源ボタン部分、音量ボタン部分など、割と深めな穴が開けられています。

各ボタン部

Lightningケーブル、スピーカー、マイク部分も同様。

Lightningケーブル部

Lightningケーブル部分は広めに幅が取られているので、よほど特殊な形状のケーブルじゃない限り干渉することはないかと思います。

背面カメラ部分もレンズよりケースが高くなっているので、レンズをしっかりガード。

カメラのレンズ部分

前面も、ガラスフィルムを貼ったiPhoneのディスプレイよりもわずかに高く作られているので、前面からどこかに置いた場合でも画面を傷つけづらい。

Caseology Dual Gripの前面

このように、ケースとしておさえて欲しいところはきちんと備わってます。

また、もちろんケースをつけたままでワイヤレス充電も可能。

Caseology Dual Gripをつけたままワイヤレス充電

Caseology iPhone 第2世代用ケース「Dual Grip」レビューまとめ

Caseology「Dual Grip」は、側面にグリップパッドを備えた珍しいタイプのiPhone SE 第2世代用ハードケースです。

Caseology Dual Gripはグリップ感の高いiPhone SE第2世代用ハードケース

シンプルなデザインでシーンを選ばず使いやすいですが、正直、高級感はそんなにないというか、良くも悪くもプラスチック感はあります。

しかし、価格を合わせて考えると非常に魅力的。約1,600円で購入可能です。

同価格帯のTPUケースとか結構ヤバい品質のものもあるなか、このケースが約1,600円ならコスパ高い。

ということで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

Caseology Dual Grip iPhone SE 第2世代
グリップパッドが特徴的なコスパiPhoneケース
シンプルなデザインで使いやすいiPhone SE 第2世代用のハードケース。サイドに備えられたパッドがほどよいグリップ感を与えてくれる。約1,600円と思えない品質でコスパの高いiPhoneケース。
デザイン・外観
6.5
グリップ感
8
価格
8
Good
パッドでグリップ感高い
コスパ!
Bad
高級感はそんなにない
7.5
満足度

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる