Caseology AirTagケース「ナノポップ」レビュー:二重構造で耐久性の高いAirTagケース

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Apple製の紛失防止タグであるAirTagはケースがあったほうが圧倒的に便利です。

ケースがあれば、リュックやバッグに付けたりキーホルダーとしても使えて汎用性高い。

僕はCaseologyの「ヴォールト」を愛用しており、頑丈なカラビナと見た目の良さにはとても満足しています。

CaseologyのAirTagケース「ヴォールト」
Caseologyのヴォールト

そのCaseologyから新たにAirTagケースが登場しました。それがこの「ナノポップ(NanoPop)」。

Caseologyのナノポップ

Caseologyよりサンプルを送ってもらったのでしばらく使用してみました。

形は似ていますが「ヴォールト」はまた違う良さのあるAirTagケースだったので、使用感やデザインなど詳しく紹介します。

AirTagケースを探している人の参考になれば幸いです。

目次

Caseology AirTagケース「ナノポップ」の特徴

CaseologyのAirTagケース「ナノポップ」は、表と裏のツートンカラーが特徴的なAirTagケース。

ナノポップはツートンカラー
組み合わせるとツートンカラーに

TPU素材で作られたツーピースのAirTagケースで、カラビナもセットになったタイプ。

カラビナ付き

ドッグタグのような形状でどちらかというカジュアルなスタイルによく合うと思います。

現在のところ1色のみ
ブラックセサミ

カラーは現在のところ1色だけ。ブラックセサミというカラー名で、ブラック×グレーのツートンカラー。

デザインと機能性を兼ね備え、カラビナ付きで約1,800円。非常にコスパのいいAirTagケースです。

Caseology AirTagケース「ナノポップ」レビュー

では、CaseologyのAirTagケース「ナノポップ」を詳しく紹介します。

めずらしいツーピースタイプ

ナノポップ」はふたつのパーツで構成されている珍しいケースです。

ツーピース
ツーピース

どちらもTPU素材ですが、AirTagを装着するほうのパーツは柔らかく柔軟性があります。

柔らかい
柔らかい

もう一方のパーツはわりとハードな感触で、叩くとコツコツ鳴るくらいには硬め。

こちらはハードタイプ

中央はサンドストーンテクスチャというザラッとした加工が施され、Caseologyのロゴが印字されています。

ロゴ

実はこの硬いほうのパーツはカップのような役割で、AirTagを装着する側のパーツをはめ込むようになっています。

はめ込んで使う
カップにはめ込む

それぞれのパーツを合わせてツートンになるのがおしゃれな作り。質感もよく安っぽさがない外観です。

AirTagを装着

AirTagへの装着はパーツに押し込むようにします。

AirTagを装着

落下防止のため結構キツイ作りになっているため、はめ込む順序を間違えると入りません。説明書が付属しているので見ながらやるのがおすすめ。

装着後がこちら。

AirTag装着後

さらにここに、さきほどのフタパーツを被せてカラビナをつけて完成。

完成
完成

パーツ両方にカラビナ穴が空いており、カラビナを通すことでふたつのパーツが分離しないようになっています。

カラビナ穴

AirTagも全然外れる気配なくピッタリとはまっているので、振り回しても全然大丈夫でした。

耐久性が高く安心感ある使い心地

前述の通りこのケースはツーピースになっているため、耐久性的に安心感ありますね。

どこかにひっかけて使うとぶつけたりする可能性もありますが、AirTagをしっかりガードしてくれます。

AirTagをしっかりガード

もちろんAirTagが露出している部分に何かが直撃すると危険ですが、AirTagの周囲が1段高くなっているため雑にその辺置いてもAirTagには触れないようになっています。

周りが隆起したデザイン
周りが隆起したデザイン

また、このケースが珍しいのはAirTagが片方しか露出しないところ。

表側
裏側

例えば兄弟ケースのヴォールトではAirTagの両面が露出しています。どちらかというこっちが一般的。

ヴォールトの表側
ヴォールトの裏側

ナノポップはAirTagの露出面が少ないため傷や汚れを最低限に抑えてくれます。

ちなみに、どちらの面を表に出すかは選べます。このように、ひっくり返せばリンゴマーク側を表にすることも可能です。

リンゴマークを見せることもできる
リンゴマークを見せることも

僕は鍵につけていますが、カラビナは付け外ししやすいため他にも活用の幅は広いです。リュックとかにつけても良いですね。

リュックやバックにも

重さはAIrTag込みで約35g。二重構造、カラビナ付きということで、他ケースに比べるとやや重いのが弱点。

約35g

鍵につけていると少し重くなったかなくらいは感じますね。多少ではありますが重さに敏感な人はヴォールトのほうが良いかもしれません。

Caseology AirTagケース「ナノポップ」レビューまとめ

以上、CaseologyのAirTagケース「ナノポップ」をレビューしました。

ヴォールト同様、よくある”Appleコピー”とは違うオリジナリティあるケースです。厚みがあってしっかりしているところが安心感あって気に入りました。

良いところ
残念なところ
  • 二重構造で耐久性高い
  • カラビナ付きで扱いやすい
  • 他ケースに比べて少し重い

というわけで、耐久性の高いAirTagケースを探している人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる