CIO-MB5000-MAGレビュー:iPhoneにくっつけるだけ!MagSafe対応のモバイルバッテリー

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MagSafe対応のモバイルバッテリーでようやく期待できるモデルが登場しました。

それがこちらのCIO-MB5000-MAG

CIO-MB5000-MAG

iPhoneにピタッと吸着し、ケーブルレスで手軽に充電できる運用性能が超絶高いモバイルバッテリーです。

実際に使用してみた感想としては、その便利さはやはり期待通り。

しかし、割と課題もある製品だと思ったので、そのあたりも含めて使用感を紹介します。

目次

CIO-MB5000-MAGの特徴

CIO-MB5000-MAG5,000mAhの容量を搭載したMagSafe対応のモバイルバッテリー。

CIO-MB5000-MAGの外観

iPhone 12シリーズではMagSafeによる充電、その他ワイヤレス充電に対応したiPhoneでは従来型のQiワイヤレス充電を可能にしたモデル。

ワイヤレス充電はiPhone 8以降が対応

5,000mAhは、電力ロスを考慮するとiPhone 12シリーズを約1回充電できると思っていればだいたい間違いはないと思います。

少し心もとない容量ではあるものの、その分軽くて携帯しやすさを優先したモデル。

従来のQiワイヤレス充電に「マグネットをつけました」というものではなく、正統なMagSafe対応であるところが本製品の最大の特徴。

iPhoneの背面に貼り付くため、まるで一体となったような感覚で充電でき、さらに最大15Wという高出力充電が可能。

運用が手軽

というわけで、CIO-MB5000-MAGの詳細を見ていきます。

CIO-MB5000-MAGの外観・デザイン

カラーは白と黒の2種類あり、僕は黒を購入。

CIO-MB5000-MAGの外観・デザイン

マットでサラサラとした感触。思ったより質感がいい。

質感いい
質感いい

本製品にはスタンドがついており、立てることが可能。

CIO-MB5000-MAGはスタンド付き
スタンド付き

寝かせるタイプのワイヤレス充電器は通知が見づらいため、どこか固定された場所で充電しているときはスタンドがあると便利。

しかしこのスタンド、触っていてなんかすぐ壊れそうな感じがします。質感もチープ。

本体そのものの質感は悪くないんですが、スタンドが台無しにしている感。

なんか質感がチープ
メッキ感よ・・

スタンドのすぐ下には充電状態やバッテリー残量を示すインジケータを搭載。

底面にはLightningポート、USB-Cポート、電源ボタン。

LightningはCIO-MB5000-MAG本体の充電用、USB-Cは入力も出力も可能で最大18Wと有線充電の性能も高い。

そしてこちらが正面。目を引くのは充電部分を示したマーキング。

この部分、ペラペラとした紙のような素材が使われており押すとへこみます。なんだかわかりませんがあまり強く触らないほうが良さそう。

正直言って、スタンドや充電部の質感、作りは、割と残念な感じがします。

CIO-MB5000-MAGの充電性能

CIO-MB5000-MAGは真のMagSafe対応なので、iPhone 12シリーズであれば最大15Wの高出力充電が可能。

ちゃんとNFCも内蔵されているため貼り付けた瞬間に専用表示があります。

MagSafe専用表示
MagSafe専用表示

マグネットの磁力が強くて最高

iPhoneに近づけると吸い込まれるようにピタっと吸着します。これですよこれ。これがいいんですよ。

近づけると吸着

持ち上げようが、多少振ってみようがびくともしないこの装着感。

持ち上げても大丈夫

MagSafeは不安なく貼り付いてこそだと個人的には思っているため、このくらいの磁力があると安心して使用できますね。

持ち運び時に手に握っていても、バッグの中にこのまま入れておいても勝手に外れることはそうないと思います。

手に持った感覚もコンパクトでいい

手におさまる感じもコンパクトで非常に良い。

この部分はとても評価できますね。ケーブルを使う従来のモバイルバッテリーにはない圧倒的な使い勝手です。

iPhone 12 Proを充電

iPhone 12 Proで実際に数日間持ち出して使ってみたことに加え、何度か充電時間を測ってみました。

バッテリー0%で電源が入らなくなったiPhone 12 Proを充電し、一番結果が良かったのがこちら。

経過時間バッテリー
0%
10分4%
20分12%
30分19%
40分25%
50分31%
60分36%
90分59%
130分80%
190分94%でバッテリー切れ

位置を確認して何度も実施しましたが結果はそう変わらず、30分で20%充電できません。

最大15Wで同等とされるMagSafe充電器だと、30分で30%程度まで充電できるため3割程度下回ってます。

MagSafe充電器の方が速い
MagSafe充電器の方が速い

というわけで、純正のMagSafe充電器よりも15W出ている瞬間が極端に短そう。これは多分、発熱による制御で出力がおさえられているのかと思います。

室温22度、モバイルバッテリーを下にして充電した結果ですが、モバイルバッテリーを上にして充電すると放熱されてもう少し良い結果になるかもしれないですね。もしくはスタンドで立てるか。

たてて充電
立てて充電

また、フル充電手前の90%台中盤〜後半でモバイルバッテリー側の残量がなくなります。なのでiPhone 12 Proだと1回弱と思っていると良さそう。

iPhone 12 miniは注意が必要

iPhone 12シリーズ対応ではありますが、iPhone 12 miniだとカメラと干渉します。Amazonを見ると注意書きとして記載があります。

iPhone 12 miniはカメラに鑑賞する
カメラユニットに干渉して浮いてる

これは結構ツライですね。カメラに映り込むのはもちろんですが、それ以上に、浮いているため貼り付きが弱くなる可能性があります。

最もショックなのは、カメラ干渉している部分を支点に剥がそうとする力がかかり、充電部がめくれ上がっています。

これ大丈夫かな
何か見えている気がするが・・

正常に使えてはいますが結構不安。これは個体差なのか、それともこういうものなのか不明。

ちなみに、iPhone 12 miniじゃなくても剥がそうとすると微妙に浮いてます。

カメラユニットを囲むようなMagSafe対応ケースをつけていれば、画角内干渉は避けられないものの浮くような状態は回避できます。

MagSafe対応ケースをつければ浮くのは防げる

まあでも、裸で使いたい人にとっては何の解決にもならないですし、iPhone 12 miniでの使用は避けるのが無難だと思います。

MagSafe対応モバイルバッテリーCIO-MB5000-MAGレビューまとめ

MagSafe対応モバイルバッテリーCIO-MB5000-MAGをレビューしました。

  • 充電性能→期待していただけにちょっと残念
  • ビルドクオリティ→残念
  • 使い勝手→超絶良い

充電速度はもう少し期待していたので残念。まあでも7.5W以上は出てますし実用的には問題ないレベルです。

最も残念なところはビルドクオリティですね。充電部のめくれを始め、全体的に作りがどうもチープです。

CIOの充電器はいくつか持っており、品質もよく優れた製品という印象ですが、そのイメージからするとちょっとこれは・・と思うところもある製品でした。

とはいえ、強力に貼り付いて落下の心配なく使え、ケーブルもいらず手軽に充電できる使い勝手の良さは圧倒的ではあるので、しばらく使ってみようと思います。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる