ダニエル・ウェリントン Apple Watchケース「SWITCH」レビュー:大切なシーンに合わせたい。スタイリッシュなApple Watchケース

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

あの「DW」でお馴染みのアクセサリーブランド「Daniel Wellingtonダニエル・ウェリントン)」に、Apple Watchケースがあるのを知ってますか?

それがこの「SWITCH」です。

ケースとバンドが一体型となったタイプで、モダンでおしゃれなデザインが特徴的。

今回、メーカーより提供してもらったので詳しくレビューします。

非常にデザイン性の高い優れたケースです。「見た目にもこだわりたい!」という人はぜひ最後までご覧ください。

目次

ダニエル・ウェリントン Apple Watchケース「SWITCH」の特徴

Daniel Wellingtonの「SWITCH」は、バンド一体型のApple Watch用ケース。

ステンレス製で重厚感あるケース本体、そしてつけ心地の良いラバーバンド。大切なシーンに合わせたい特別感あるバンド一体型ケースです。

バンド一体型のケース

とにかく存在感が圧倒的。ダニエルウェリントンらしいシンプルさとスタイリッシュさ。Apple Watchの雰囲気を大きく変えてくれます。

対応しているApple WatchはSeries 4、5、6、そしてSE。残念ながら3以前や最新モデルであるSeries 7には非対応。

対応Apple Watch4、5、6、SE
ケースサイズ40mm、45mm
ケース素材ステンレス
バンド素材FKMゴム
カラーブラック、シルバー、ローズゴールド
価格33,000円(税込)
ローズゴールドもカッコいい

高級ケースであるため気軽に手を出しづらい価格ですが、この特別感はやはり格別。普段使いから大事なシーンまで、腕元を印象的に飾るApple Watchケースです。

ダニエル・ウェリントン Apple Watchケース「SWITCH」の付属品・装着方法

まずは外箱や付属品から紹介していきます。今回僕がレビューするのはブラックです。

付属品

こちらがSWITCHの外箱。箱からして高級感満載です。

開封するとケースが登場。

ケースを取り出すと下に付属品一式が入ってます。

Apple Watchにかぶせるシリコンのインナーケース、予備のネジ、ケースを装着するためのドライバー、オーナーズガイド。

「説明書」ではなく、「オーナーズガイド」なのがいいですね。所有感をグッと満たしてくれます。

Apple Watchへの装着方法

Apple Watchへの装着はネジ式。詳しい手順はオーナーズガイドに記載があります。また、公式サイトに装着方法の動画が用意されています。

特に難しくはないですが、動画を一度見てから装着することをおすすめします。ここでは簡単に紹介します。

まずは付属のドライバーで裏蓋のネジを外します。

次にApple Watchをシリコンのインナーケースに装着。

そして、SWITCHの中にはめ込み、裏蓋をネジ締め。手順としてはこれだけです。

注意点はデジタルクラウンの向きとケースの向きをちゃんと合わせること。それからネジが非常に小さいのでなくさないよう注意してください。

最悪なくしてしまっても予備が2本までは付属しています。

スタイリッシュでラグジュアリーなケースデザイン

では、SWITCHの外観やデザインを詳しく見ていきます。

全体としては金属の重厚感をしっかり感じるソリッドさが印象的。エッジがやや角ばっていてシャープなフォルム。

正面のヘアライン加工されたフレームに反射する光がたまりません。

こちらはサイドのデジタルクラウン側。

クラウンはApple Watchのものは完全に隠れており、ケース側に備えられたクラウンを使います。「DW」と印字されているのがおしゃれ。

そして、マイクの穴、それからケースの印象に合わせてサイドボタンは角のある四角形に。

反対側にはスピーカーホール。

裏面がこちら。

Apple Watch背面のこの部分は、充電、そして各種センサーが設置されているためこのようにむき出しになっています。

次にバンド。サラサラとしたさわり心地のラバータイプ。しっかりと厚みがあり、高級感のあるスポーツバンドという感じ。

Daniel Wellingtonの印字がおしゃれ

バックルは両開きタイプ。左右をパチンパチンと止めて装着します。バックルにもうっすらとDWの文字が印字されています。

ケースとバンド、全てを含めた重量は約90g。

やはり金属製とあってそれなりの重さにはなってきますね。

Apple Watchの操作性を損なわず快適な使用感

では次に、操作性や使用感について紹介します。

快適な操作性

ケースの構造的に画面を覆うものはないため、画面の操作性に関しては通常のApple Watchと同じように使用できます。

角だけが少しタッチしづらくなる印象ですが、少し慣れれば問題ありませんでした。ケースフレームごとタッチするように触ると簡単です。

サイドのデジタルクラウンとボタンに関しては完璧な操作性です。特にクラウンは押す・回すの2つの動作がありますが、どちらも完璧に動作します。

サイドボタンも同様に、変に押せなくなったりせずきちんと機能します。

安価なケースだとボタン操作やタッチ操作に影響するものがありますが、SWITCHはさすが高級ケース。良く出来ています。

また、背面に関しても、ケースはセンサーを避けているため各種トラッキングに影響はありません。きちんと動作します。もちろん充電も大丈夫。

つけ心地や使用感

着用感はやはり素のApple Watchよりも重さは感じますね。ただ、腕元での存在感がやはり格別で、重さもしょうがないなと思えるほど。

バンドはサラサラとしたラバー製なので、優しいつけ心地で快適。また、ラバーはお手入れがしやすいのもいいですね。清潔に使うことができます。

バックルの操作にも多少慣れが必要ですが、基本は止めるだけのタイプなのでつけ外しも簡単です。

残念なところ

SWITCHの残念なところは大きく2つ。

まず1つ目は、デジタルクラウンのセンサー機能が使えなくなることです。具体的には主に心電図ですね。

デジタルクラウンはケースが覆ってるので指を置いても反応しません。これはどうしようもないですね・・。というわけなので、心電図機能が使えないと困るという人にはSWITCHはおすすめできません。

2つ目はSeries 7用がないことですね。やはり最新シリーズにも対応して欲しいところです。

しかし、実はどうやら販売予定がある模様。具体的な時期は不明ですが、近い将来Series 7用も購入できるようになると思います。

ダニエル・ウェリントン Apple Watchケース「SWITCH」レビューまとめ

以上、ダニエル・ウェリントンのApple Watchケース「SWITCH」をレビューしました。

ちょっと勇気のいる価格感ですが、この見た目と雰囲気が好きなら後悔しない買い物になると思います。それくらい品質が高く優れた仕上がり。

オフィスカジュアルやスマートカジュアル的な「ちょっとおしゃれにしたい」といったシーンに最適。活躍間違いなしのケースです。

そろそろ外出も増えてきたタイミングだと思います。気になった人はぜひチェックしてみてください。プレゼントなんかにもおすすめです。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる