iPad

【レビュー】SDカード接続も可能なiPad Pro用ハブ「HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPad OSもリリースされiPadのPC化が加速していますが、まだまだ「PCそのもの」とはいかないまでも、出来ることはどんどん多くなってます。

以前まではでかいiPhoneでしたが、オフィスワークはもちろん、クリエイティブな作業もパワフルにこなすデバイスに進化。

しかし、iPad Pro(2018)の課題は外部接続できる端子が1つしかないところ。

 iPad Pro 2018 接続端子LightningからUSB-Cに変わったという部分に関しては、大いに歓迎すべきことですが、充電中は他に何も接続できないのは残念すぎる。

なんでもかんでもBluetooth接続できるわけではないですからね。

ということで、iPad Proのポートを拡張させるUSB-Cハブをいろいろと試しているわけですが、今回新たに「HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」を購入してみましたのでレビューします。

評判通り優れたハブではあったものの、少し気になる点もあったので購入を検討している方の参考にでもなれば。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの特徴

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」はiPad Pro専用に開発され、クラウドファンディングで目標を大幅に超える支援を集めたUSB-Cハブ。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ現在はAmazonでも購入できるようになってます。

もちろんiPad Pro 11インチ、12.9インチのどちらでも使用可能。

iPad Proと相性抜群な優れたデザイン性、必要なポートを備えた機能性を持った品質の高いUSB-Cハブ。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの本体ケーブルはなく、iPad Proに直挿しして使うタイプで見た目もスマート。

HyperDrive iPad Pro USB-CハブはケーブルレスiPad Proとの見た目の一体感はとても美しく、使うテンションをあげてくれます。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの使用中はLEDが点灯接続時はハブのLEDが点灯する

スタイリッシュなアルミボディがiPad Proの質感とマッチ。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブはデザインもカッコいい見た目という意味ではSatechiのiPad Pro用USB-Cハブもカッコいいのですが、接続できるポートに違いがあります。

接続ポート

接続ポートは全部で6つ。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの接続ポートSDカード類が接続できるのがSatechiのiPad Pro用USB-Cハブとの大きな違い。

一眼など、カメラを使う人にとってはやはりカードリーダーがついていると嬉しいですよね。

USB-AUSB 3.1 Gen、最大5Gb/sデータ転送
USB-C最大5Gb/sデータ転送、60Wまでの給電(PD対応)、※非DisplayPort
HDMI4K@30Hz、2K@60Hz
SDカードリーダーUHS-1、104MB / s
MicroSDカードリーダーUHS-1、104MB / s
3.5mm オーディオジャック有線イヤホンを接続可能

iPad Proを使う上で必要なポートは備え、余分なものも足りないものもないスペック。

HDMIはハブの上部に備えてます。

HDMIは上部に備えるHDMIは上部に

正しい接続の向きとしては、このHDMIが上になるように接続します。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブは正しく接続するのがポイント後で触れますが、この接続の向きが結構重要なポイントなので、接続するときはHDMIが上と覚えておくと良いと思います。

USB-Cポートはデータ転送と充電用のため、DisplayPortとしては機能しません。そのためUSB-Cによる外部ディスプレイ接続はできないので注意。

では、各ポートの詳細をチェックしていきます。

USB-A 3.0 ポート

USB-Aの周辺機器やアクセサリーはまだまだ現役なので、活躍するシーンは多いと思います。

例えば、iPad OSでは外部メモリなどからデータのやりとりが出来るようになったため、USBメモリを接続することも可能。

HyperDrive iPad Pro USB-CハブにUSB-Aを接続「ファイル」アプリでデータ管理

他にもカメラと直接接続して撮影写真を取り込んだり、USB有線キーボードの接続、外付SSDとのデータのやりとりなどバスパワーで動作も可能。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブに外付けSSDを接続バスパワー駆動の外付けSSDを接続

他にも、様々なUSB機器をiPad Proに接続できます。

SDカードリーダー

カメラで撮影した写真や動画データをやりとりすることが可能。

HyperDrive iPad Pro USB-CハブはSDカード接続が可能「ファイル」アプリや「写真」アプリに読み込み

現状だと出来ませんが、2019年中にAdobeのLightroomが直接データをインポートできるようになるそうなので、そうなるとより便利になりますね。

ただ、どのハブでも発生するのでOSの問題だと思いますが、ファイルアプリがもっさりしたりフリーズして制御不能になったりすることがあるので、OS側のアップデートも期待したいところです。

3.5mmオーディオジャック

3.5mmオーディオジャックを備えているので、有線イヤホンやヘッドホンを接続することが可能。

最近だとワイヤレスを使っているケースが多いと思いますが、レイテンシ(遅延)を最小限にしたい時などに備えることができます。

もちろんオーディオジャックももちろん普通に音楽再生可能

ここで少し残念なポイントがあるんですが、イヤホンに付いている音量上下のボタンが効かないんですよね。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブは音量ボタン操作に対応してない音量ボタンは動作しない

再生 / 停止は動作しますが、音量に関しては本体側かアプリ側から操作する必要があります。

他のハブも音量操作には対応してないものが多いのですが、これは何でだろう。よくわかりませんが、そういうもんなんですかね。

HDMI

HDMIは個人的にはミーティング時に資料を別画面に映したりなどで使います。

HyperDrive iPad Pro USB-CハブでHDMI出力パワポを外部ディスプレイで表示

資料や画面を複数人に共有する際など、ミーティングルームに用意されている端子はHDMIが多いんですよね。

そういう意味ではビジネス用途が多いかもしれませんが、自宅で映画を見たりなど大画面で見たい時にも活躍。

映画を大画面でAmazonプライム・ビデオを外部ディスプレイで

例えばAmazonプライム・ビデオだと、外部ディスプレイを接続すると、iPad Proは再生、停止、早送り、巻き戻しなどが行えるコントローラーとなり、映像再生は外部の大きなディスプレイで行うことが可能。

他にも、大画面でブラウジングしたり、Apple Pencilで絵を書くといったことももちろん可能です。

PD対応USB-Cポート

このPD対応したUSB-Cポートが本当に重要で、このポートがあるおかげで充電しながら何かするということが可能に。

データのやりとりやHDMIなど、やはり電力消費は通常より大きくなるので、常に安定した電力を供給しながら何かすることができるのは嬉しい。

HyperDrive iPad Pro USB-CハブのUSB-Cポート60Wのアダプタを使って約31W充電

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」のUSB-Cポートは60WのPowerDelivery対応ポートなので、十分な電力で給電できます。

自宅でも外出先でも、このポートがあればバッテリーを気にすることなく長時間作業が可能。

また、このポートはデータ転送にも対応しており、USB-Cでのデータのやりとりにも使えます。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの注意点

僕がこの「HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」を購入する際、いろいろなレビューを参考にしましたが、その中に「純正のSmart Keyboard Folioと干渉する」というものがありました。

不安に思いながらもとりあえずポチってみたわけですが、届いてみてその意味がわかりました。

結論を言うと、干渉はしませんね。

干渉する場合というのは恐らく、ハブを裏表逆につけているんじゃないかと思います。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブには裏表がある▲例えばこの写真。写真の手前側が裏側、反対が表側です。表側にはのようなものがあるのがわかるでしょうか。

▼もう少しわかりやすく上部から撮影したものがこちら。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブの爪が干渉の原因裏表逆につけると、この爪のような部分がSmart Keyboard FolioとiPad Pro本体との間に入り込み、iPad Pro背面の端子接続を妨害しキーボードが使えなくなります。

Smart Keyboard Folioとの干渉▲わざと干渉させるようにハブを接続してみたところですが、本体とSmart Keyboard Folioの間に大きく隙間ができているのがわかると思います。

これは先程の爪が原因になっており隙間ができてます。こうなるとキーボードが機能しません。

単純に裏表逆にしてあげることでこの問題は解消します。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブは正しい向きで接続しようHDMIポートが上にくるように接続する

爪が画面側にくるように接続することで干渉がなくなります。

厚めのガラスフィルムは危険かも

ただし、もしかすると、画面に厚めのガラスフィルムをつけている場合、今度は逆にフィルムと爪が干渉する可能性があるかもしれません。

僕はペーパーライクの薄いフィルムなので全く干渉しないですが、心当たりのある人は注意してください。

これが「HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」の気になる部分ですね。

延長ケーブルが付属している

上記の気になる部分を解決する方法として、この「HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ」には延長ケーブルが付属してます。

延長ケーブルこの延長ケーブルをつけるためにはまず、最初につけられているアタッチメントのようなものを外します。

アタッチメントを取り外し黒い部分が外せる

ドライバーも付属しているので、それを使いネジ止めされているアタッチメントを外せます。

そして代わりに延長ケーブルをつけると、いわゆる普通のハブのような形に。

ケーブルのついた一般的なUSB-Cハブのように延長ケーブルをつけたところ

このケーブルをつけると、直挿しができないような形のデバイスであっても接続できるようになり、一般的なUSB-Cハブと同じように使用可能。

先程の干渉という話もこれで解決できます。

が、、正直これを解決と呼ぶのかは疑問。

直挿しできるスマートさとかそういったものが全て消滅するので、この形で使うなら最初からそういうハブを買う方が良い気がする・・。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ レビュー:まとめ

iPad Pro専用に開発されただけあり、いろいろと洗練されてます。

必要十分なポート、デザイン的な統一感など評判通りの優れたUSB-Cハブでした。

ただ、価格的には結構高い部類のUSB-Cハブなので、カードリーダーがなくていいならSatechiのiPad Pro用USB-Cハブが良いかもしれない。

いずれにせよ、iPad Proは出来ることの割にポートが少ないので、USB-Cハブがひとつあるとさらに様々な事ができるようになります。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ レビュー:まとめひとつ手元に置いとくと、iPad OSで進化したiPadをより活用できると思いますよ。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

HyperDrive iPad Pro USB-Cハブ
接続も安定する優れたハブ
人気のUSB-Cハブとあって機能と見た目はとても満足。iPad Proがより便利に使えます。ただ、価格が高い・・。
接続ポート
90
価格
50
デザイン
80
Good
洗練された外観
十分な接続ポート
Bad
干渉問題があるかも
価格が高い
73
満足度
【2019年】新型iPad Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリー・周辺機器新型iPad Pro(2018) を更に活用するために絶対に必要なアクセサリー・周辺機器を総まとめ!実際に使用したアクセサリーから厳選して紹介してます。...
iPad Proに最適化されたUSB-Cハブ「Satechi アルミニウム Type-C モバイル Proハブ 」【レビュー】こんにちはKoh(@misc_log)です。 iPad Pro 2018に圧倒的に足りないものってなんだと思いますか? 僕は接続端子...
【レビュー】iPad Proで有線イヤホンが使える!Satechi Type-C to 3.5mm オーディオヘッドホンジャック アダプタiPad Proで失われたイヤホンジャックを復活させて有線イヤホンやヘッドホンを接続できるおすすめアイテム「Satechi Type-C to 3.5mm オーディオヘッドホンジャック アダプタ」をレビュー。...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
Amazonでお得にガジェットをポチる!

Amazonで買い物するならチャージが出来るAmazonギフト券を使うとお得。

現金でのチャージ額に応じて最大2.5%のポイントが貯まります。

ポチる前にチャージして
お得にガジェットをゲット!
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください