今買うべきはこれ!iPad ProにおすすめなUSB-C充電器4選

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPad Pro 2018 / 2020はサードパーティ製の充電器を使う方が何かと便利。

iPad Proに付属してくる充電器だと充電は遅いし、ひとつしか充電できない割にはサイズが大きい。

ということで、これまで購入してきたUSB-C充電器の中から、iPad Proに最もおすすめなモデルをまとめました。

  • iPad Pro用充電器の選び方
  • iPad Pro用のおすすめ充電器

これらについて書いてます。充電器を探している人の参考になれば。

目次

iPad Pro用USB-C充電器の選び方

iPad Pro用充電器の選び方で意識したいのは主に3点。

  • USB-Cタイプを選ぶ
  • 出力は30W以上がベスト
  • iPad Pro以外も充電するなら2ポート以上を

USB-Cタイプを選ぶ

充電器にはさまざまな種類がありますが、iPad Pro用はUSB-Cタイプのものを選ぶ必要があります。

iPad Proの充電器はUSB-Cタイプを選ぼう
USB-Cポートの充電器

iPad Proは付属充電器もUSB-Cタイプですが、USB PD(Power Delivery)という規格に対応しており、従来のUSBよりも高出力の充電器を使用可能。

それだけ大きな電力が必要になるよということです。

出力は30W以上がベスト

iPad Proの付属充電器は18Wという出力ですが、実はもっと大きな出力で充電できます。

11インチ、12.9インチそれぞれ下記の上限値程度のワット数で充電することが可能。

iPad Pro上限値
iPad Pro 11インチ約30W
iPad Pro 12.9インチ約35〜40W

30W以上の充電器を使用すれば、iPad Proをだいたい2時間程度でフル充電できます。

iPad Proの急速充電についての詳細は別記事でも書いてます。

12.9インチは少し検討が必要

12.9インチの場合は少し検討が必要で、30Wまでの充電器は市場的にたくさんあるんですが40Wってないんですよね。

皆無というわけではないですが、それを買うならもっと高出力タイプを買うほうが使い方の幅が広がります。

そのため、60Wなどの高出力なタイプを使うか、30Wで妥協するかの選択が必要です。

基本的には高出力になるほどサイズも価格も大きくなるものなので、そこらへんはバランスですね。

iPad Pro 12.9インチは検討が必要
12.9インチは多少ややこしい

30Wでも付属充電器よりは圧倒的に充電スピードは速いので、フル効率出なくてもいいなら30Wを。

いやいや、最速で充電したいからフル効率が絶対に必要というのであれば40W以上のものを買ってください。

iPad Proを90Wなどの高出力充電器で充電しても別に問題はありません。ただ、上限値程度の出力にiPad Pro側でおさえられるので「充電早くなるじゃん!」ということにはなりません。

iPad Pro以外も充電するなら2ポート以上という選択も

iPad Proだけでなく、どうせならiPhoneも同時充電できる方がいいよねみたいな選択は大いにアリだと思います。

その場合は2つ以上のポートを持った充電器を選ぶと、普段の外出はもちろん出張や旅行にも活躍するはず。

iPad Pro以外も充電するなら2ポート以上という選択も

現代の充電器は「複数デバイス同時充電できてこのサイズなの!?」みたいな優れた製品がたくさんあるので、自分の用途と照らし合わせ選択するとよいと思います。

iPad ProにおすすめなUSB-C充電器

僕が使用した中で使い勝手が良かったワンポートタイプ2種類、ツーポートタイプ2種類の4機種に絞ってます。

AUKEY PA-Y19(ワンポート 30W)

AUKEYのPA-Y19という30WのワンポートUSB-C充電器。正直、ワンポートならこれが一番おすすめです。

AUKEY PA-Y19

この充電器の優れたところは、何と言ってもこのサイズ。

AUKEY PA-Y19は手のひらで転がる

手のひらで転がるような30Wって他にないです。30Wだと世界トップクラスの小ささ。

iPad Pro付属充電器と比較してもかなり小さいです。

AUKEY PA-Y19は電源タップに挿してもコンパクト
iPad Pro付属充電器 / PA-Y19

このサイズ差で出力は付属充電器の約1.7倍ですからね。これはすごいですよ。

しかもプラグは折りたたみ式で持ち運びにも収納にも便利。これも付属充電器にはない優れた特徴です。

AUKEY PA-Y19はプラグ折りたたみ式
プラグ折りたたみ式

約27W出ており、しっかりiPad Proを急速充電。

AUKEY PA-Y19でiPad Proを充電
14.1V × 1.91A = 約27W

まるでiPhone用充電器のようなサイズ感なのに高出力という優れた充電器です。

製品名AUKEY PA-Y19
出力30W
価格約2,700円
最適なデバイスiPad Pro、iPhone、MacBook Air

Anker PowerPort Atom III Slim(1ポート 30W)

Anker PowerPort Atom III Slimは1ポート30Wのフリスク型のUSB-C充電器。Ankerの大ヒット充電器です。

Anker PowerPort Atom III Slim

サイズ的には上記のAUKEYの充電器より少し大きいですが、特徴的なのはその薄さ。約1.6cmしかありません。

Anker PowerPort Atom III Slimは限りなく薄い
約1.6cm

iPad Pro付属充電器との厚みの差はすごいことになってます。全然違う。

付属充電器と厚みを比較

全体的なサイズ感としては付属充電器のプラグより少し長さがある感じ。

付属充電器とのサイズ比較

薄いだけじゃなくサイズ的にもコンパクト。手のひらに馴染むサイズ感。

Anker PowerPort Atom III Slimは手のひらに馴染むサイズ感

プラグを折りたたむことができ、カバンのボケットやポーチの中でかさばりません。

Anker PowerPort Atom III Slimはプラグ折りたたみ式

これだけ薄くて最大30W出力。もちろんiPad Proを急速充電可能です。

Anker PowerPort Atom III Slimは30WでiPad Proを急速充電

注意点として、持ち運びにはとても便利な充電器ですが、形状的に電源プラグを選ぶ可能性があるので挿せないことがあるかも。

カフェやオフィスなど、電源プラグの位置や形状もそれぞれなのでそのあたりだけ注意。

iPad Proの充電能力はもちろん、収納時の収まりの良さは非常に優れた充電器です。

製品名Anker PowerPort Atom III Slim
出力30W
価格約2,600円
最適なデバイスiPad Pro、iPhone、MacBook Air

RAVPower RP-PC133(2ポート 65W)

こちらはRAVPowerのUSB-CとUSB-Aの2ポートを持った65Wタイプの充電器。

RAVPower「RP-PC133」はUSB-CとUSB-Aの2ポート充電器

iPad Proには若干オーバスペックですが、あると便利なUSB-Aをひとつ備えており使い勝手がいいのが特徴。

高出力2ポートの中では非常に小型で、iPad Pro付属充電器よりめちゃくちゃ大きいというわけでもないサイズ感。

RAVPower RP-PC133とiPad Pro付属充電器

2ポート充電器はポートをひとつしか使わない場合と、2つ同時に使った場合とで出力が変化します。

RAVPower「RP-PC133」は出力を自動配分

本機は45Wまでのデバイスをしきい値として出力が変化し、iPad ProをUSB-Cポートに接続すると最大45Wと18Wという振り分けが行われます。

USB-CでiPad Proを充電すれば11インチはもちろん、12.9インチも最大の効率で急速充電しつつ、iPhoneなども同時に充電できるので非常に使い勝手がいいです。

RAVPower RP-PC133でiPad ProとiPhone SEを同時に充電

MacBook Pro 13インチにも最適なのと、やはりなんだかんだ言ってUSB-Aが使えるのは便利。USB-Aを使いたい人におすすめ。

製品名RAVPower RP-PC133
ポートUSB-C × 1
USB-A × 1
出力最大65W
価格約4,600円
最適なデバイスiPad Pro、iPhone、MacBook Pro

AUKEY Omnia PA-B4(2ポート 65W)

AUKEYのPA-B4はUSB-C2ポートの65W充電器。

AUKEY Omnia PA-B4

AUKEYのOmniaシリーズは超小型で軽量なのが特徴で、衝撃的なサイズ感です。

AUKEY Omnia PA-B4は65Wとは思えないサイズ感

先に紹介したRAVPower RP-PC133も2ポートの65Wクラスではかなり小さいですが、それよりもさらに小さい。

AUKEY Omnia PA-B4はRP-PC133より小さい
AUKEY PA-B4 / RP-PC133

iPad Proの18W付属充電器と比較すると、幅と厚みはわずかに「AUKEY Omnia PA-B4」が大きい。

AUKEY Omnia PA-B4とiPad Pro付属充電器とのサイズ比較

しかし、奥行きはプラグが突き出た付属充電器よりも小さい。

AUKEY Omnia PA-B4はiPad Proの付属充電器より小さい

このサイズ感で付属充電器の3.5倍くらいの出力がありますからね。しかも2ポート機。これはかなりやばいです。

USB-Cポートを2つ同時使用すると45Wと18Wという振り分け。iPad Proが急速充電できることに加え、iPhoneも同時に急速充電可能です。

AUKEY Omnia PA-B4でiPad ProとiPhone 11 Proを充電
iPad ProとiPhone 11 Proを急速充電

もちろんプラグは折りたたみ式のため、とてもコンパクト。

小型・軽量であればあるほど持ち運びや運用がとても楽。ただし、価格的には少し高くなるのでそこがネック。

USB-Cポート単独使用すると最大65Wまで出るので、MacBook Pro 13インチにもおすすめ。

製品名AUKEY Omnia PA-B4
ポートUSB-C × 2
出力最大65W
価格約6,000円
最適なデバイスiPad Pro、iPhone、MacBook Pro

iPad ProにおすすめなUSB-C充電器まとめ

ということで、iPad ProにおすすめなUSB-C充電器を紹介しました。

最後におさらいすると、このような感じ。

※横にスクロールできます
充電器出力ポート数ポート特徴iPad Pro以外のおすすめデバイス
AUKEY PA-Y1930W1USB-C30Wクラスで最小・最軽量iPhone、MacBook Air
Anker PowerPort Atom III Slim30W1USB-C薄型で持ち運び◎iPhone、MacBook Air
RAVPower RP-PC13365W2USB-C & USB-A小型、USB-Aをもつ2ポートで使い勝手◎MacBook Pro 13インチ、iPhone、MacBook Air
AUKEY Omnia PA-B465W2USB-C × 265Wクラスで最小・最軽量。USB-C2ポートMacBook Pro 13インチ、iPhone、MacBook Air

いずれにしろ、iPad Proには付属充電器よりサードパーティ製の充電器を用意したほうが急速充電もできるし、持ち運びも便利だし、活躍すること間違いなしです。

気になったものがあったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる