iPad

【レビュー】iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」

こんにちはKoh(@misc_log)です。

僕はiPad Pro 11インチを毎日持ち歩いて様々な用途で活用してます。

PCの代わりにはならないと個人的には思ってますが、手書きメモや画像処理、エクセル、パワポを始めとしたオフィスワークなどなど、かなり活用の幅は広く、Macを持たずiPad Proだけを持ってミーティングに参加する機会も増えました。

ヘビーにiPad Proを活用してはいるものの、どうしてもしっくり来なかったのが持ち運び用のケース。

僕は普段リュック派なのですが、リュックにそのままiPad Proを入れるとApple Pencilが外れたり、衝撃を与えてヒヤッとすることがあるので、バッグインバッグをずっと探していました。

Amazonを徘徊してようやく決定版に辿りついたのが、このInateck スリーブケースです。

ということで、iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」をレビューします。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の特徴

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の特徴

この「Inateck スリーブケース」は、実はiPad Pro用というわけではなく、12インチ程度のラップトップケースとして販売されてます。

ただ、iPad Pro 11インチにピッタリの大きさでiPadユーザーでも問題なく使用可能。

かなり売れているアイテムなので見たことがある人も多いかもしれませんが、デザイン、機能性、低価格と、売れる理由がわかるスリーブケースです。

このケースの色違いのMacBook Pro用を持っており、iPad用は違うものにしたかったんですが、ちょうど良いものがなかったんですよね。

「まあいいか」くらいの気持ちで買いましたが、結果的には正解でした。

シンプルなデザイン

デニムっぽいブルーがきれいで、ゴテゴテした装飾もなく超シンプルなバッグインバッグです。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」はデザインがシンプル

表も裏もスッキリしたデザインで、なんというか余計なものが一切ないです。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」は背面もシンプル

ブルーの発色がよく、リュックやバッグの中にしまった時の存在感もGood。

おしゃれなデザインなので、ミーティングスペースに行くときやランチ時など、このスリーブケースだけを抱えて行く使い方もできます。

高い機能性

収納箇所は全部で3箇所。前面に2箇所と背面に1箇所です。

前面はマグネット式で開閉するタイプで、ジッパーやベルクロなどはついておらずスマート。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の前面はマグネット式前面はマグネット式で開閉する

 

また、外側は撥水加工されており、少しくらいの液体なら弾いて中のデバイスをしっかり守ります。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」は撥水加工

iPad Proを格納するメインの収納箇所内部は起毛素材になっていて、iPad Proを傷つけずしっかりガード。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」のメイン収納箇所

背面にファスナーが1箇所あり、ちょっとしたものを入れられるようになってます。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の背面収納箇所

ただ、マチがそんなになく、ここに入れると寝かせた時にゴツゴツしそうなので僕は何も入れてません。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の背面はマチが浅い背面の収納部分はマチがあまりない

A4が入る大きさではないですが、資料などの薄い紙系であれば入れていてもゴツゴツしないと思います。

おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」にiPad Pro 11インチを収納

メインの収納部分にiPad Pro 11インチを入れてみるとこんな感じです。

ちなみに、「Smart Keyboard Folio + Apple Pencil」を付けた状態で入れてます。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」にiPad Pro 11インチを格納

もともと12インチラップトップ用なのでわずかに余裕があり、左右に少し隙間ができるかなという感じです。

Smart Keyboard Folio + Apple Pencilを付けたiPad Proがスポッと格納できて気持ちいい

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」にiPad Proを格納して寝かせた中でApple Pencilが外れてしまうという事も今のところないですね。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」はiPad Proをすっぽり格納

上のほうに薄っすらと白いものが見えていると思いますが、これ、iPad ProにくっつけたApple Pencilです。

Apple PencilをつけたiPad Proがちょうど隠れるくらいの大きさという感じ。

前面のポケットもそんなにマチはない

メイン収納箇所以外にもファスナー付きで収納箇所があって、背面ほどじゃないですが、ここもあまりマチがあるものではないです。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」の前面部分

充電用のUSB-Cケーブルを入れるのに適しているかなと思いますが、モバイルバッテリーなどは厳しいと思います

入らなくはないですがゴツゴツしそう。

iPad Proに特化したUSB-Cハブ「Satechi アルミニウム Type-C モバイル Proハブ 」を格納するのにピッタリです。

Satechi アルミニウム Type-C モバイル Proハブ

USB-Cハブを持っていれば何かと便利なので、前面のポケットに忍ばせておくと役に立ちます。

iPad Proに最適化されたUSB-Cハブ「Satechi アルミニウム Type-C モバイル Proハブ 」【レビュー】こんにちはKoh(@misc_log)です。 iPad Pro 2018に圧倒的に足りないものってなんだと思いますか? 僕は接続端子...

僕の収納しているもの

僕の場合は、メイン収納箇所にiPad Proを入れ、前面にUSB-CハブとUSB-Cケーブル、背面ポケットは何も入れないという運用をしてます。

このような感じで「収納力抜群」という感じのケースではないですが、もともとバッグインバッグとして作られているものだと思うので、必要最低限で満足してます。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」レビューまとめ

iPad Pro用のスリーブケースは他にもいくつか買っていて、どれもしっくり来るものがなかったんですよね。

このスリーブケースとか惜しかったんですが、iPad ProにApple Pencilをつけると入らない・・ということで届いた瞬間に断念したケースです。

買ったけど残念ながら使えなかったスリーブケース

このような感じで紆余曲折あったんですが最終的に良いケースに辿りつけたので満足してます。

iPad Pro 11インチ用おすすめバッグインバッグ「Inateck スリーブケース」はデザイン、機能、コスパがいい

デザイン、機能性、コスパが揃ったとても使いやすいバッグインバッグなので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

【2019年】新型iPad Proを更に活用!合わせて買いたいおすすめアクセサリー・周辺機器新型iPad Pro(2018) 11インチを更に活用するために絶対に必要なアクセサリ・周辺機器を紹介します。iPad Proがさらにワクワクするデバイスになります。...
iPad Proに最適化されたUSB-Cハブ「Satechi アルミニウム Type-C モバイル Proハブ 」【レビュー】こんにちはKoh(@misc_log)です。 iPad Pro 2018に圧倒的に足りないものってなんだと思いますか? 僕は接続端子...
ABOUT ME
アバター
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから