iPad

【レビュー】iPad Pro 2018 用保護フィルム 「BELLEMOND ペーパーライクフィルム」

こんにちはKoh(@misc_log)です。

今日は久々にiPad Pro 2018用保護フィルムを買ってみたのでレビュー。

今回はよりペーパーライクなものをということで、Amazonで評判が良かった「BELLEMOND ペーパーライクフィルム」という製品を購入してみました。

紙の近い書き心地でApple Pencilがはかどるペーパーライクフィルムです。

iPad Pro用「BELLEMOND ペーパーライクフィルム」の特徴

完全に迷走していたiPad Proのフィルム探しですが、僕が最終的に落ち着いていたのは、「ASDEC」というブランドのアンチグレアフィルムを使っていました。

とても良い製品で不満はなかったのですが、半年程度使ったのでそろそろ新しいフィルムを使ってみるかくらいの感じで変えてみました。

とにかくiPad Proのフィルムは選ぶのが大変で、特にガラスフィルムのカオス感が半端じゃありません。

FaceIDが動かなくなる、あるいは画面のタッチ操作が鈍くなる、などなど僕も何枚か購入して試しましたが、どうも正常に動作するものがないんですよね。

ということで、ガラスフィルムはもうすでに諦め、ガラス以外のフィルムをいろいろ試してます。

そんな中で今回購入してみたのはこちら。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムの特徴

Amazonでの評判もなかなかだったので購入してみました。

付属品は下記の通り。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムの付属品

フィルム本体と説明書、ホコリ取りシール、ウェットシート、クロス、気泡抜き、あとはおまけのようですがスマホ用のフィンガーホルダーが入ってました。

また、写真にはありませんが手書きと思われる「購入ありがとう」メッセージが添えられており、とても好感を持てましたね。

フィルム貼り付け方法を解説した動画も用意されているので、貼り付けに迷う事はないと思います。

ガラスフィルムではないのでそれなりの難易度はありますが、まあ解説通りにやればできるかと。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムを貼り付け

フロントカメラ部分などを覆い隠さないタイプのフィルムのため、FaceIDなどの動作は問題なし。

iPad Pro用「BELLEMOND ペーパーライクフィルム」の使用感

では、実際の使用感について紹介します。

画像はフィルム貼付け後ですが、ディスプレイ表面が「ザラザラ」しているのがわかるでしょうか。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムは表面がザラザラ

フィルムとiPad本体のキワの部分を見てもらうと、フィルムのザラザラ感がよく分かると思います。

良くも悪くもこれがペーパーライクです。

このようにザラザラした少し濁った色のフィルムが付くわけなので、メリット・デメリットがあることは間違いありません。

ただこれは、「このフィルム」に限ったことではなく、ペーパーライクフィルム全体に対して共通している特徴です。

ペーパーライクフィルムのメリット

まずはペーパーライクフィルムのメリットから紹介します。

Apple Pencilを使った手書きメモやスケッチなど、何かを「書く」作業においては、ペーパーライクは素晴らしい書き心地です。

何もフィルムを貼らない状態やガラスフィルムだと、摩擦がなくつるつるした書き心地になるので人によってはとてもPencilを使いづらく感じるんですね。

そこで言うとペーパーライクは適度な摩擦があって、書き心地は快適。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムの書き心地

書いているところを動画にしました。

音量を大きめにしているのでちょっとオーバーに聞こえますが、このようにザラザラとしたものに書いているような感触です。

本物の紙に書いているかのような書き心地なのかと言われるとそうではないですが、引っかかりがあって書きやすさは良いですね。

メモを取るのがさらに快適で楽しくなること間違いなし。

これがペーパーライクフィルムの最大のメリット。

BELLEMONDペーパーライクフィルム」はペーパーライクの中でも完成度は高く、書き心地はとても良いです。

ペーパーライクフィルムのデメリット

デメリットについてはだいたいお察しの通りだと思います。

これだけザラザラしたものが画面に貼り付くわけなので、当然見た目に影響が出ます。

iPad Pro用BELLEMONDペーパーライクフィルムのデメリット

写真ではあまり伝わらないので載せてませんが、ディスプレイの精細さが失われるのは間違いないです。

写真加工、動画編集など明らかに色合いが変わるので、そういった作業をiPad Proでハードに行う人にはかなりキツいかと。

Safariなどでブラウジングする程度であればそんなに気にならないとは思いますが、それでも色の変化には気づきます。

動画閲覧でも同様。

アンチグレア系のフィルムを使っている人はともかく「フィルムは絶対光沢派」という人はきっと無理だと思います。

また、このザラザラ感は触ってもわかります。

タップ操作をする時に、「ザッ、ザッ」という音がなるくらいにはザラザラします。

なので、凄まじい指の動きが求められるようなゲームをプレイする人もきっと無理でしょう。

「BELLEMONDペーパーライクフィルム」に限ったものではないですが、ペーパーライクフィルムとはそういうものです。

iPad Pro用「BELLEMOND ペーパーライクフィルム」レビューまとめ

フィルムの完成度としては高い。

書き心地はとても良くメモの効率や使うテンションも上がります。

あとはペーパーライクフィルム共通のデメリットをどう感じるかという事に尽きる。

メリット・デメリットを理解した上で、ペーパーライクを探している人にはおすすめできるフィルムです。

Apple Pencilを多用する人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

最後まで読んでくれてありがとう!
misclogではApple製品を中心とした
様々なガジェットをレビューしてます。
よろしければフォローお願いします!

【2019年】新型iPad Proを更に活用!合わせて買いたいおすすめアクセサリー・周辺機器新型iPad Pro(2018) を更に活用するために絶対に必要なアクセサリー・周辺機器を紹介します。iPad Proがさらにワクワクするデバイスになります。...
【レビュー】第2世代Apple Pencilをさらに使いやすくする「PZOZ Apple Pencil ケース」新型iPad Proと第2世代Apple Pencilをさらに使いやすくさせるおすすめアイテム「PZOZ Apple Pencil ケース」をレビューします。...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください