【最新】iPhone 12シリーズのMagSafe対応アクセサリーまとめ

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhone 12シリーズと同時に発表され注目を集めた新しい機能であるMagSafe。

iPhoneの背面に内蔵されたマグネットにより「何かをくっつける」ことができるようになったわけですが、これを使った様々な周辺機器やアクセサリー販売され始めています。

ということで、現時点で販売されているものや、今後出てくる予定のものなど、わかっている限りでMagSafe対応アクセサリーをまとめました。

ちなみに、日本で購入できるもの、海外サイトであっても日本への配送をしてくれるものに絞ってます。

目次

iPhoneのMagSafeとは?

まず簡単にMagSafeとは何なのかについておさらいです。

端的に言うと「iPhoneの背面に磁石入れといたよ」ということなんですが、主にこんなメリットがあります。

  • つけ外しが簡単にできる
  • 高出力なワイヤレス充電ができる

つけ外しが簡単

つけたり外したりが簡単に行えるので「ずっとつけていたくない」みたいなアクセサリーが使いやすくなります。

例えば、Appleから発売されたレザーウォレットは、普段はカードを収納して使い、ワイヤレス充電時はウォレットごと外すという使い方が可能。

MagSafe対応レザーウォレット

従来、こういったアクセサリーはiPhoneの背面に両面テープ的なもので貼り付けて装着するものが多かったため、ワイヤレス充電は実質捨てるしかなったわけです。

背面に貼り付けるタイプはワイヤレス充電ができなくなるものが多い
MOFT Xなど。便利だけどワイヤレス充電が×

しかし、MagSafeはいつでも外すことができるので、何らかの機能を犠牲にすることなくこういった周辺機器やアクセサリーを使えるのが大きなメリットのひとつ。

MagSafe = ワイヤレス充電」と捉えがちですが、MagSafeは「規格」なので、ウォレットのような充電に関係ないアクセサリーも今後いろいろと登場するはずです。

車載アダプタとか、スマホリングとか、ジンバルなどカメラをより便利に使う何かとか、いろいろ考えられそうですね。

高出力なワイヤレス充電に対応する

MagSafe充電にも大きなメリットがあり、従来のiPhoneは7.5W出力でのワイヤレス充電しかできませんでした。

しかし、MagSafeにより15Wまでの充電が可能になり、充電スピードが速くなります。

MagSafeでiPhoneを充電

Androidデバイスはすでに高出力なワイヤレス充電を可能にした端末がありますが、iPhoneもようやく7.5Wを脱出します。

iPhone 12 miniだけは最大12Wまで。

現状対応しているのはiPhone 12シリーズのみですが、今後発売されるiPhoneにはMagSafeが搭載されていくはず。

というわけで、新たな周辺機器・アクセサリーカテゴリの「始まり」になるであろう規格がこのMagSafeです。

iPhoneのMagSafe対応アクセサリー・周辺機器

純正・サードパーティ問わずMagSafe対応アクセサリーはすでに続々と登場しています。実際に使用したものや気になるものをまとめました。

Apple純正 MagSafe充電器

MagSafeといえば現状これがないと始まらない、貼り付けて充電するタイプのワイヤレスMagSafe充電器

MagSafe充電器とiPhone 12 Pro

結構強力な磁気によりお互いが吸着するので、充電中にズレたり外れたりしないのがメリット。

iPhone 12 ProをMagSafe充電器で充電

20W以上の充電アダプタと組み合わせることで、最大15Wと従来のワイヤレス充電(7.5W)よりも高速に充電できます。

iPhone 12 miniだけは最大12W。

MagSafe充電器と純正20Wアダプタを使えば15WでiPhoneを充電できる

ゲームをプレイしながらワイヤレス充電するということも可能に。

MagSafeならながら充電ができる
ながらワイヤレス充電もできる

ただ、15Wで充電するためには条件があり、なんか微妙にややこしいです。

詳しくはAppleのサポートドキュメントに記載がありますが、ドキュメントなんて見たくないという人のために書いておくと、間違いないのはApple純正の20Wアダプタを使うことです。

他の充電アダプタだと15W充電に対応するものが限られるので、現状だと無難なのはやはり純正アダプタ。

ということで、せっかくの特徴である15W充電には微妙にややこしさを抱えてますが、貼り付けるだけで充電できる手軽さは他にないのも事実。

新しもの好きなら手に入れておきたいアイテム。

MagSafe充電器の詳細レビューはこちら。

MagSafe 充電スタンド

こちらはMagSafe充電器用のスタンド。サードパーティ製です。

MagSafe充電器だけだと収まりが悪いからスタンドが欲しい!って思っていたらどんどん販売され始めました。みんなそう思ってたんでしょうね。

このようにMagSafe充電器をはめ込んで使います。

これが結構使い勝手が良くて、現在販売されているMagSafe充電器スタンドの中では最も良いかもしれない。

首がぐるぐる回るので角度がフレキシブルなのがとてもいい。

こんなこともできる

見てわかる通り、唯一にして最大の弱点はケーブルホルダーがないところ。ホルダーがあれば最高だった・・。

そこさえ我慢できればかなり使い勝手は良いので今最もおすすめなMagSafeスタンド。

Apple純正 MagSafe対応iPhoneケース

おなじみのApple純正ケースですが、iPhone 12用として販売されているものは全てMagSafeに対応してます。

Apple純正 MagSafe対応iPhoneケース
クリアーケース / シリコンケース
  • シリコン
  • クリアー
  • レザー

いつものように3種類発売されてます。

MagSafe対応ケースは中にマグネットが入ってるので、ケースそのものにMagSafe充電器がくっつきます。

ケースにMagSafeがくっつく

また、MagSafe対応ケースの重要な仕組みとして、iPhoneとケースが情報をやりとるするためのNFCを内蔵しています。

その証拠に、iPhoneにケースを装着するとアニメーションが走るので通信していることがわかります。

MagSafe対応ケースを装着するとアニメーションが走る

そして、このNFCによって、ケースをつけた状態でのMagSafeによる15W充電を実現している模様。

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
iPhone 12用ケース上からMagSafe充電器を当て充電が可能だったとしてもMagSafe対応とは呼べない | アクセサ...
iPhone 12用ケース上からMagSafe充電器を当て充電が可能だったとしてもMagSafe対応とは呼べない | アクセサ...AppleがiPhone 12シリーズから導入したマグネットを使用したワイヤレス充電「MagSafe充電器」は、これまでのQiワイヤレス充電方式との互換性を維持しつつ、かつQiワイヤレ...

ということで、MagSafe対応ケースと非対応ケースでは、マグネット有無だけではない大きな差があります。

そのため、非対応ケースで仮にMagSafe充電が行えたとしても、対応ケースと同じように動作しているとは限らないということは覚えておくと良さそう。

今後、サードパーティからもMagSafe対応ケースは販売されると思いますが、このような仕組みの実装とAppleの認証周りをクリアした上での販売となるはずです。

ちなみに、このクリアケースのデザインはどうしちゃったのかと思ったんですが、マグネットとNFCを内蔵するためにこうするしかなかったんでしょうね・・。

iPhone 12 & iPhone 12 Pro用

iPhone 12 Pro Max / iPhone 12 mini用もApple公式に加え、Amazonからも購入できます。

Apple純正iPhone 12用シリコンケースの詳細レビューはこちら。

Apple純正 MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

こちらもiPhone 12シリーズと同時に発売され話題を集めたカード収納ウォレット。

Apple純正 MagSafe対応iPhoneレザーウォレット
  • 発売日:発売中
  • 価格:約7,500円(税込)

充電などの機能は同然なく、「ワイヤレス充電するときは簡単に取り外せるよ」ということを売りにしたウォレット。

クレジットカードを含め、磁気を帯びたカードを収納することを想定し「シールド機能」も備えているようなので、恐れることなく様々なカードを入れても仕様上は問題ないよう。

通常、クレジットカードなどを磁石に近づけると、最悪、カードの情報が吹き飛びます。

クレジットカードなら3枚まで入れることができ、普段は電子決済がメインだけと物理カードを1枚くらい持ってないと不安みたいな状況に対応できます。

まあでも3枚もクレカいらないと思うので、クレジットカード1枚、免許証、折りたたんだ現金の組み合わせが便利だと思います。

ただ、個人的に結構微妙だなと思うポイントが2点あって、

  • ウォレットにカードを入れたままタッチで使うことができない
  • カードを出すときにはウォレットを外す必要がある

これがとても残念。詳しくはこちらでレビューしてます。

MagSafe対応MOFT

あのMOFTがMagSafe対応を果たして登場。

スマホスタンド、スマホリング、カードケースと1つ3役で人気のMOFTが両面テープからマグネット装着に進化。

スマホリングとしても使え、後ろにカードも入るという多機能さ。

若干磁力が弱いのが気になりますが、人気多機能スタンドのMagSafe対応版とあって貴重なアイテム。

Belkin MagSafe 3-in-1 磁気ワイヤレス充電器

Belkinから販売された、iPhone、Apple Watch、AirPodsの最大3デバイスを充電できるワイヤレス充電器。

  • 発売日:発売中
  • 価格:16,159円(税込)

Belkin製品とあってクオリティが高く、インテリアのようなデザインが特徴的。

また、本製品は「ちゃんとしたMagSafe対応」しているため、iPhone 12を15Wで充電可能。

iPhone 12 miniは12W

各デバイスはくっつける、もしくは、置くだけで充電可能。使い勝手がとてもいい。

価格的には高めの製品ですが、iPhone 12シリーズ、Apple Watch、AirPodsの全てを持っているならぜひ手に入れたいワイヤレス充電器。

Apple純正 MagSafeデュアル充電パッド

iPhone 12シリーズと同時に発表のあった充電パッド。iPhoneとApple Watchを同時に充電できます。

Apple純正 MagSafeデュアル充電パッド
  • 発売日:発売中
  • 価格:14,800円(税別)

iPhoneとApple Watchを充電でき、折りたたんでコンパクトになるようなので据え置きで使うものというよりは外出時用な感じが強いですね。

特筆すべきは価格で、税込みなんと16,280円!これは信仰心が試される価格ですね。僕の手元にはまだ来ていないのですが、改めてレビューしたいと思います。

27W以上のUSB-C電源アダプタを使うことで、乗せておけば最大14WでiPhoneを充電できるので使い勝手はいいと思います。

Apple純正 MagSafe対応iPhone 12シリーズ レザースリーブ

こちらもiPhone 12シリーズの発表と同時にチラ見せのあったレザースリーブ。

  • 発売日:発売中
  • 価格:14,800円(税別)
  • カラー全4色

iPhone 12をすっぽりとしまうことができるレザースリーブで、時計だけ窓から表示できます。

ケースカラーが画面表示に反映されるなど、専用表示を備えている点はとてもいいですね、特別感があります。

充電時

上質なレザーで雰囲気はとてもいい。

しかし、スリーブケースなのでしょうがないのですが入れていると電話ができません。

一応着信表示はするのですが、触っても反応せず、急いでスリーブから出す必要があります。

着信時は急いで出す

このように、ケース専用表示とレザーのたたずまいや雰囲気は良いんですが、それだけの製品かなという感じ。

詳しくはこちらでレビューしてます。

Grovemade Wood MagSafe Dock

Grovemadeから発売されている、MagSafe充電器をはめて使うタイプのスタンド。これめっちゃ欲しい。

Grovemade Wood MagSafe Dock
  • 発売日:発売中
  • 価格:80$(本来は100$)

おしゃれブランドのGrovemade製品とあって、見た目がとてもいい。ウォールナットの質感、雰囲気、これをデスクに置いたら映えそう。

カラー違いもあります。こっちも良い。

MagSafe充電器は固定するものがないと使いづらいので、このタイプのアクセサリーは個人的にも最も欲しいタイプのもの。

Grovemade製品はモノはとてもいいんですが、高い上に送料も結構かかるので、それも踏まえて気になる人はチェックしてみてください。

公式サイト

Wood MagSafe Dock – Grovemade

ESR ケース&カーチャージャー&ワイヤレス充電器

ケースで有名な、アクセサリー・周辺機器ブランドのESRからも、MagSafe対応周辺機器の発売予定がリリースされています。

ESR ケース&カーチャージャー&ワイヤレス充電器
  • 発売日:11月中?
  • 価格:製品にもよるが数千円台

以上が「MagSafe対応」ということでリリースされているのですが、15W充電に対応した本当の意味でのMagSafe対応なのかがよくわかりません。

マグネットを内蔵したから貼り付けられるよ」というMagSafe対応なのでは?という気がしなくもない。

前述の通り、15WのMagSafe対応はNFCタグの実装やもろもろの認証的な話をクリアする必要があるはずなので、こんな短期間で作れないと思うんですよね。

実際にESRのサイトを見ても、どこにも15Wとは書いてないので、多分、従来のQi充電器にマグネットを内蔵したのではという気がします。

公式サイト

ESR

Moment カメラ周りのMagSafeアクセサリー

スマホカメラ周りの周辺機器を販売するMomentからも、MagSafe対応したアクセサリー類が発表されてます。

Moment カメラ周りのMagSafeアクセサリー
via:https://www.shopmoment.com/
  • 発売日:予約受付中(出荷は2012年3月予定)
  • 価格:製品にもよるが数千円台

マイクや照明を取り付けるためのマウントや、三脚マウントなど、全てMagSafにより装着が行えるようです。

つけ外しが簡単なので手軽に使えそうでいいですね。

公式サイト

iPhoneのMagSafe対応アクセサリー・周辺機器まとめ

着実に増えてきたMagSafe対応アクセサリー。

正直、現在のMagSafeは別に無くても良いと個人的には感じているわけですが、周辺機器やアクセサリーが増えてくるとまた見方も変わるかなと思ってます。

今後より魅力的なMagSafe対応の周辺機器やアクセサリーが出てくると思うので、この記事に追加していこうと思います。

ということで、気になるものがあればぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる