iPhone

【レビュー】Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースはやっぱりハイクオリティだった

こんにちは、Koh(@misc_log)です。

iPhone 11 Proの3眼カメラにも見慣れてきたこの頃ですが、もうお気に入りのケースは見つけましたか?

僕はケースつけない派からつける派に転身したのがiPhone 7あたりからで、今回のiPhone 11 Pro用にはApple純正のレザーケースを選んでみました。

結論を言うと、さすが純正ケースというクオリティでハンパじゃない完成度。

ただ、純正ケースは価格が高いんですよね。

価格が高いからクオリティも高いと言えばそれで終わりなんですが、この価格は購入をためらう人も多いはず。

この記事では、特徴や使用感など僕が感じたことをレビューしてますので、購入を迷っている方の判断材料にでもなれば幸いです。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースの特徴

Apple純正ケースはシリコンとレザーしか買ったことはないですが、共通した特徴はiPhoneケースとして非の打ち所がほぼないって事ですね。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケース色はサドルブラウンを選択

見た目、ボタン位置、iPhoneへのフィット感、高級感、このあたりは純正ならではの圧倒的完成度。

純正ケースの大きな特徴は何と言ってもこのリンゴマーク。

純正 iPhone 11 Proレザーケースには背面にリンゴマークAppleロゴが堂々と

プリントすることが許されているのは純正ケースの特権であり、レザーの質感と相まってかなりカッコいいです。

いくら純正とはいえ、使ってると汚れるとか、劣化していくとか、そういった「形ある物いつかは壊れる」的なことから逃れられはしませんが、それさえも武器に変えられるのがレザーの特徴。

エイジングと呼んだりしますが、経年変化を楽しむことができ、使うほどに味が出てきます。

味のあるエイジングにはメンテナンスが必要になるものの、長期間に渡ってじっくり楽しめる。

色は全部で6色展開。

レッドも個性的でカッコいい

僕はサドルブラウンというカラーを選びましたが、ブラックやブルー、レッドもカッコいい。

そんなApple純正iPhone 11 Proレザーケースですが、細かい特徴を紹介していきます。

各ボタン、カメラ、マイク部分のフィット感

Apple純正ケースはiPhoneの各パーツに対して完璧に設計されているのが優れた特徴。

iPhone 11 Pro / Pro Maxの特徴である3眼カメラ部分もこの通り。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースはカメラ位置もジャスト完璧に設計された装着枠はiPhone 11 Proのカメラ部分にバッチリはまり、余分なスペースが出来たり、左右、上下にズレるといったこともなく超ジャスト。

各ボタン部分はアルミで作られておりスタイリッシュ。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースのボタンはアルミ製ボタン部分はアルミ製

もちろんサイズもボタンに合わせて設計され、ズレは一切ありません。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースの音量ボタンもアルミ製アルミの硬さがボタンの押し心地や機能性をしっかりと活かし、ボタンを押した際の触感をきちんと指にフィードバックしてくれます。

マイク・スピーカー部はオープンタイプで塞ぐものはナシ。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースのスピーカー部はオープンタイプこれは軽量化につながり、Lightningケーブルの太さを選ばない、スピーカーやマイクを塞がないなどメリットも。

前面から全体感を見ても、余分なものがなくシンプルでスタイリッシュ。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースはシンプルでスタイリッシュこのように、ボタン位置や本体とのズレが全くなく、余分なものが一切ないのはさすが純正というクオリティです。

ケースとしての保護力と機能性は?

ケースであるからにはiPhoneをどれだけガードできるかが問われるわけですが、そのあたりも問題ありません。

レザー素材の耐衝撃性がどの程度かはよくわかりませんが、あまりにも高所からの落下は多分マズイことになるんじゃないかとは思います。

ただ、ケース内側にはマイクロファイバー素材が使われており、iPhone 11 Pro本体を優しくガードし、多少の衝撃であれば本体への影響を防いでくれるはず。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースの裏地はマイクロファイバー起毛したマイクロファイバーの裏地

▼内側下部にはiPhoneの刻印も。

iPhoneの刻印“Designed by Apple in California”

内側はそんなに見ないよね?」と言えばそれまでなんですが、見えないところであっても高級感ある作りになってるのは素晴らしい。

ケース外側は、レザー特有の柔らかくも適度な反発ある触り心地。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースは触り心地も高級感適度な柔らかさは握った時に沈み込み、グリップ力を上げ落下のリスクを減らす。

また、この触り心地は“レザーをつけてる”という所有感みたいなものをiPhoneを握るたびに満たしてくれます。

ケースとして手薄なのはオープンになっている下部のスピーカー・マイク部分ですが、角はきちんと保護。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースは角の部分の保護は完璧下部から垂直に落下させると無傷ではいられないかもですが、落下時は角から着地することが多いので、角が守られていればiPhoneの生存確率は高まるはず。

また、カメラより少しだけ高く設計されたケースは3眼カメラをしっかりとガードします。

カメラより高いケース背面から置くことが多いiPhoneですが、無造作にデスクに置いてもカメラへのダメージを気にする必要はありません。

また、もちろんケースに入れたままのワイヤレス充電も可能です。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースはつけたままワイヤレス充電可能

ちなみに、重量は約20g程度。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースは約20gシリコンやTPU素材の10g程度の軽量ケースと比較すると重いですが、背面ガラスケースや耐衝撃性に優れたケースはもっと重いので、軽くもなく重くもなくという感じでしょうか。

このように、ケースとしての機能は十分に満たしiPhoneを安心して預けることが可能です。

ただ、レザーという素材の性質的に水には強くない。

iPhone 11 ProはiPhone史上最強の耐水性能を持ちましたが、レザーケースはそうはいきません。

水に濡らしたらすぐに拭き取るなどは必要になりますね。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケースレビューまとめ

毎度のことではありますが、何をどう見ても「さすが純正」という感想になるんですよね。

もちろん、素材特性的に水に弱いとかデメリットはありますが、それはどんなケースにも言えることであり何らかのデメリットがないものはきっとないはず。

まあそういう意味では、濡れた手で触ることが多いとか、あまりにもハードな利用になりそうな場合はよく考えた方がいいと思います。

やはり検討のポイントは約6,000円という価格。

この価格をどう考えるかですが、純正ならではのフィット感と、レザーの質感や高級感は所有欲をガッツリ満たしてくれて個人的にはとても満足。

スタイリッシュでかっこいいケースデスクに置くだけでも絵になる

僕は状況や気分ででいろいろなケースに衣替えしてiPhoneを使うのが好きなのですが、結構出番が多くなりそうなケースだなと思ってます。

もし少しでも気になっている人は買って後悔はしないと思いますよ。

ただ、どうしても踏み出せななければApple Storeに行ける人は一回見てくるといいかもしれません。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください