\ Amazonの大型セール開催中! /

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースレビュー:さすが純正!MagSafeに完全対応したハイクオリティなiPhoneケース

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhoneを買ったら次はケースを探すわけですが、とりあえず気になるのはApple純正ケース。

今年の純正ケースはいろんな意味で例年とは少し違うケースだったので、そのあたりを含めiPhone 12 / Pro用シリコンケースをレビューします。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケース

ケース選びの選択肢として純正はとりあえず入れておきたいアイテムだと思うので、ケースを探している人の参考になれば。

目次

iPhone 12 / Pro用Apple純正シリコンケースの特徴

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケース

Apple純正ケースを初めて検討するという人向けに、純正ケースの特徴をざっくり言うとこちら。

純正ケースの特徴
  • リンゴマークが印字されている
  • ケースとしてのクオリティが抜群に高い
  • その代わり価格も高い

その上で、今年の純正ケースの特徴はこちら。

今年の純正ケースは?

  • MagSafeに対応している
  • オープンエリアが少なくなった
  • 価格が高くなった

MagSafeはiPhone 12シリーズ注目の新機能ですが、発売時点で対応しているのはさすが純正。

加えて、これまで「がら空き」だったiPhoneの下部がきちんとケースに包まれるようになりました。これは嬉しい人多いと思います。

一方で、昨年に比べ1,000円も価格が値上がりし、税込みだと6,000円オーバーに。

値上がりはとても残念ですが、品質はさすが純正ケース。

確かに価格は高いですが、高いだけはあるケースなので、純正のクオリティ・安心感が欲しいという人にとっては有力候補じゃないでしょうか。

この記事ではiPhone 12 Pro用を使ってレビューしていますが、iPhone 12シリーズ用シリコンケースならサイズ以外は基本全部同じです。

外観・デザイン

今回僕が購入したのはiPhone 12 Pro用シリコンケースのディープネイビー。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケース ディープネイビー

Webサイトで見た色とは結構違うなと思いましたが、実物の方が「上品なネイビー」という感じがして良かったと個人的には思います。

iPhone 12シリーズは以前のiPhoneのような角張ったデザインになりましたが、ケースもそれにあわせ角張った形状に。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースは角ばっているため自立する
角ばってるので自立する

純正ケースの象徴リンゴマーク。

純正ケースの象徴リンゴマーク

リンゴマーク、サイドボタン、カメラフレームなどのパーツ類はブラック。このカラーはケースカラーによって変わります。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースの各パーツ部
各パーツ類はブラックのアクセント

ケース内側はiPhoneに傷をつけないよう安定のマイクロファイバー。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースの内側はマイクロファイバー
白い丸がMagSafeエリア

そして、今年のケースは下部が全て覆われるタイプになりました。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースは下部まで覆われた

従来の純正ケースは、シリコンもレザーも下部の角以外はフルオープンだったのでiPhoneがむき出しでした。

従来の純正ケースはオープンタイプ
iPhone SE第2世代のシリコンケース

まあ角さえガード出来ていればどっちでもいいんですが、覆う部分が多くなればガード力は上がります。

確か以前のiPhoneケースは、もともと下部まで覆うタイプだったと思うんですけど、気づいたら変わっていて、今回もとに戻った感じですね。

MagSafe対応

MagSafeとは、iPhone背面に内蔵されたマグネットにより、何かをくっつけることを可能にした規格ですが、MagSafe充電や、MagSafeアクセサリーなど、今後様々な展開が期待できる注目の新機能。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースはMagSafe対応
MagSafe充電

Apple純正のiPhoneケースはもちろんこのMagSafeに対応しています。

どのような対応がされているかと言うと、ケースそのものにマグネットを内蔵しているため、MagSafe充電器がケースにくっつきます。

ケースにMagSafe充電器がくっつく
ケースに充電器がくっつく

加えて、NFCが内蔵されておりiPhoneとケース間で簡単な通信ができるようになってます。

▼これはケースを装着すると発生するアニメーション。ケースのカラーに合わせたリングが浮かび上がります。

ケース装着時のアニメーション

こんなことができるのもNFCが入っているから。

まあアニメーションは別にどうでもいいとしても、このNFCがあるおかげでMagSafeが15WでiPhoneを充電できるそうです。

参考:iPhone 12用ケース上からMagSafe充電器を当て充電が可能だったとしてもMagSafe対応とは呼べない – MACお宝鑑定団Blog

ケースをつけた状態でMagSafe充電
ケースをつけた状態でMagSafe充電

つまり、ただ単にマグネットを内蔵しただけでなく、MagSafe充電が正常に機能するために必要なNFCを内蔵しているのが純正ケースの大きな特徴。

サードパーティの各メーカーでも認証を経てこのNFCを使うことが可能になるとは思いますが、まだしばらくかかるでしょうね。

iPhone 12 Pro用Apple純正シリコンケースレビューまとめ

総合的な感想としては、装着した感じ、使った感じなど、やはり高品質な純正クオリティ。

iPhoneがジャストフィットしていて、ちゃんと「おさまってる」という感じがするのは、さすがiPhoneの製造元が作ってるケースです。

カメラなどのパーツもジャストフィット
カメラなどの各パーツもジャストフィット

程よいグリップ感で滑りづらく、持った感触も心地良い。

さわり心地も良い

総合的なクオリティやMagSafe対応という点を含め、間違いなくケース選びの有力な選択肢のひとつ。

しかし、問題は価格。MagSafe対応したからなのか、iPhone 11 Proのシリコンケースに比べ約1,000円値上がりし、税込み6,050円となってしまったのは残念。

そういう意味ではMagSafeを使う予定がないなら純正ケースじゃなくても良いような・・。

まあ、僕らにとっては「Apple純正」というだけで一定の価値があるわけなので、やっぱり純正でしょ!という人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる