どっちを選ぶ?iPhone SE 第2世代用Apple純正シリコンケース vsレザーケースを比較

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhone SE(第2世代)かなり良いのでしっかり使っているわけですが、やっぱりケースは用意しておきたい。

iPhone SE自体の保護という意味もありますが、個人的には見た目の変化をつける目的でケースをつけてます。

ケースは無数に販売されているので迷いどころですが、やっぱりクオリティ的に間違いないのはApple純正ケース。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケース

純正を検討し始めると「シリコンか?レザーか?」で迷う人も多いはず。

ということで、iPhone SE(第2世代)用のシリコンケースとレザーケースの両方を比較して、メリット・デメリット、どちらがおすすめか比較レビューします。

僕はこれまでのiPhoneでも両方のケースを使ってきたので、そのあたりを踏まえて紹介します。

これからケースを買う人の参考になれば。

目次

iPhone SE(第2世代)用Apple純正レザー・シリコンケースの特徴

Apple純正ケースの価格はそれなりにしますが、レザーであってもシリコンであっても、質感やクオリティは頭一つ抜けたケース。

レザーケースシリコンケース
¥5,800¥3,800
ブルー、ブラック、レッドピンク、ホワイト、ブラック
※価格は税別
Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケース

どちらも共通の特徴はこちら。

  • Apple純正の特権、リンゴマーク
  • 品質がとにかく良い
  • さすが純正、iPhoneにジャストフィット
  • 内側の素材はマイクロファイバーで柔らか
  • ワイヤレス充電に対応
  • 下部の角以外はオープン

レザーケースもシリコンケースも形状という意味ではほぼ同じですが、細かな違いがあるのでまずは外観を紹介。

レザー・シリコンケースの外観をチェック

僕が購入したのはレザーもシリコンもカラーはブラック。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの外箱
レザー / シリコン

レザーは箱で、シリコンは簡易パッケージ。値段の差が外箱にも。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの外観
レザー / シリコン

妻が白のシリコンケースを買ったのでシリコン同士で並べてみました。

Apple純正iPhone SE 第2世代用シリコンケースのホワイトとブラック
シリコン 白 / 黒

白は清潔感あってさわやか。ただ、使っているとどうしても汚れは目立ちますね。

ケースにiPhoneを装着するとこのような感じ。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースを装着

ケース自体は超スリムなタイプではないので、少し幅が大きくはなります。

レザーケースは70.8mm
レザーケース
シリコンケースは70.4mm
シリコンケース

iPhone SE 第2世代の幅は67.3 mm。レザーは3.5mm、シリコンは3.1mmほどiPhoneに対してサイズアップ。

そのため、手に持ったときに「ちょっと太った?」的な感覚はありますね。

ケースをつけて手に持つとサイズアップを感じる

ケース内側はレザーもシリコンもマイクロファイバーで起毛してます。これによりiPhone本体を優しくガード。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの内側はマイクロファイバーで起毛

ヤバいケースだとケースをつけたことでiPhoneが傷つくものがありますからね。そんな自爆はしません。

そして、Apple純正ケースの大きな特徴といえばやっぱりこのリンゴマーク。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの大きな特徴はリンゴマーク
レザー / シリコン

iPhone本体のリンゴマークを見えるようにしているサードパーティ製ケースはありますが、ケースそのものにプリントできるのはApple純正の特権。

リンゴマークはApple純正ケースの特権
レザーは刻印されてる

レザーは刻印されていて高級感がすごい。シリコンはプリント。いずれにしろリンゴマークはしっかり見えます。

次に、背面カメラ部。穴の開き方も両ケース全く一緒。大きくも小さくもなくジャストフィット。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの背面カメラ部分
若干の巨神兵感

変な隙間ができると恐ろしくカッコ悪いですからね。純正ならではの精密設計。

続けてサイドの電源ボタン。ここにもシリコンとレザーの違いがあります。

サイドの電源ボタン。レザーはアルミボタン

レザーケースはボタンパーツがアルミで、より高級感を演出する装飾。シリコンケースは普通にシリコンのボタン。

反対側のサイレントスイッチや音量ボタンもジャストフィットな設計。こちらもレザーはボタンがアルミ。

反対側の音量ボタン部分。やはりレザーはアルミボタン

ケースの厚みにより、両ケースともサイレントスイッチを指の腹で操作することはできなくなります。

サイレントスイッチは爪で。

このように爪で引っ掛けて操作する感じ。

次に、ケース下部は人によって好みが分かれるであろうオープンタイプ。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースの下部はオープンタイプ

Lightning端子部分、スピーカー、マイクなどがむき出しになっているのでぶつけると少し心配。

ただ、メリットもあって、スピーカーを塞がないので音がこもらない。また、太めのLightningなど、ケーブルを選ばず挿せる。

オープンタイプは太めのLightningケーブルを挿せる
特殊なLightningでも挿せる

オープンになっているとiPhoneを落下させたときが心配ですが、落下時は角からいく確率が高いです。

その点、角はしっかりガードしているので落下時の生存確率は高いはず。

角はしっかり守っているので落下時も安心

また、どちらのケースもiPhone SEのディスプレイより少し「高く」なってます。

ディスプレイよりもケースのほうが高い

前面からどこかに置いたときにもディスプレイをしっかりガード。

ただ、ガラスフィルムの厚みによってケースとディスプレイの高低差は変わります。

前面から置いても安心

さらに、背面カメラ部分もケースがカメラより高くなっているので、背面から置いた際にレンズを守れるように。

背面カメラ部分もレンズより高く

また、どちらのケースもワイヤレス充電に対応しているのでケースをつけたまま充電可能。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースはワイヤレス充電が可能

このように、各パーツ部にジャストフットする精密設計、リンゴマーク、ケースの作り、質感はさすがAppleクオリティです。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースはどちらも優秀

まあ、この2つならどちらを選んでも後悔しないと思いますが、次に、それぞれの特徴や良いところ、悪いところを紹介します。

iPhone SE用純正シリコン、レザーケースの良いところ・悪いところ

恐らくシリコンの方が人気ケースだと思いますが、シリコンケースの良さは使い勝手が良いところ。

シリコンケース

良いところ
  • 日常的に使いやすい
  • グリップ感がある
  • 水濡れに強い
  • レザーに比べて安い
微妙なところ
  • 高級感はないかもしれない
  • 使っているとテカつく
  • レザーよりわずかに重い

一方でレザーケースはなんと言ってもカッコいい。高級感、質感、おしゃれで満足度が超高い。

レザーケース

良いところ
  • 高級感がある
  • おしゃれ
  • 経年変化を楽しめる
  • 所有欲をガッツリ満たす
微妙なところ
  • 気を使う
  • 水に弱い
  • 高い
  • 経年変化は人によってはデメリット

では次に、それぞれの良いところ、悪いところを個別に紹介。

日常的に使いやすいのはシリコン

まあやっぱり使い勝手がいいのはシリコンですね。あまり気を使わずに使えると言うか。

ホワイトシリコンとブラックシリコンケース

公式に防水という記載はないですが、水気のあるものをこぼしても濡れた手で触っても、拭けば元通り。

多少なら水をかけても大丈夫

「いつもおしゃれでかっこよく」できれば良いんですけどね。僕の場合だと子供のよだれでベトベトになった手でiPhone触らなきゃいけない現実もあるわけなんですよ。

トイレ行くときもiPhone持っていくし、お風呂に入るときも持っていく。

そういったハードな環境に割と強いのがシリコンですね。なんと言っても楽ですよ、楽。

加えて、摩擦感があるというか手に持った時のグリップ感はシリコンが上。

シリコンケースのグリップ感は良い

ケースは落下からも守ってくれますが、落下させずに済むならその方がいいですからね。グリップ感あるのは嬉しい。

また、レザーに比べて価格が安いのもいいところ。それでも多くのサードパーティ製よりは高いですが、質は圧倒的に高い。

シリコンケースの微妙なところ

一方で、シリコンケースは超フォーマルな場所だと若干の違和感を感じなくもない。

カジュアルな印象のiPhone SE 第2世代用シリコンケース

でも黒ならフォーマルな場所でも違和感ないかな。色にもよりますね。

黒ならカジュアルさは軽減

このあたりの感じ方は人によりますが、高級感がないわけではないけれど、やはりカジュアルにハマる印象。

また、経年による劣化でテカるのがシリコンの微妙なところ。

買ったばかりのiPhone SE第2世代用と2ヶ月程度使ったiPhone XS Max用を比較してみました。

シリコンケースはテカりが出る

購入後すぐのSE用はマットな感じがする一方、ちょっとわかりづらいですがXS Max用は右上の角あたりが少しテカついてます。

写真で伝えきれないんですが、実物は全体的にもっとテカってます。

拭いても何しても使っているとテカりは発生するので、シリコンとはそういうものなのだと思います。

ちなみに、レザーケースよりシリコンのほうが実は重いです。

実はレザーケースのほうが重い
レザー:17g / シリコン:19g

まあ2gなのでどうということはないと思いますが、レザーのほうが軽いのは意外。

おしゃれさ・高級感は圧倒的にレザー

レザーのいいところはこれに尽きると言っても過言ではないと思うんですが、やはりカッコよさの桁が違う。

おしゃれさや高級感は圧倒的にレザーケース

質感も雰囲気も高級感もインスタ映えもリア充感も、おしゃれさを表現するあらゆる形容詞が当てはまる。

とにかくおしゃれなレザーケース

デスクの上でも、手に持っていても、何をしても絵になるこの雰囲気は、所有欲をガッツリ満たしてくれます。

手に持っていても絵になるレザーケース

カジュアルにはもちろん、オフィスカジュアルとかちょっと小綺麗にしたいシーンでも、レザーのこなれた雰囲気が大活躍。

また、ある程度の汚れや傷など、経年による変化を「」と見ることができるのもレザーケースの特徴。

僕が以前使っていたiPhone 11 Pro用ブラウンのレザーケース。エイジングが進んで結構な味が出てます。

使い込んだiPhone 11 Pro用レザーケース

こちらが購入当初の写真。

Apple純正 iPhone 11 Proレザーケース

このように経年変化を楽しめるのはレザーの良いところ。シリコンはただただ劣化していくだけですからね。

レザーケースの新品時と使用後の比較

レザーケースの微妙なところ

レザーケースはおしゃれでカッコいいのですが、ハードな環境での使用はマッチしないし、ケースに大きなダメージを与える可能性も。

レザーケースは運動時には使いづらいかも
スポーツバンドとレザーケース

例えば、スポーツウェアでランニングに行く時にレザーケースってなんかヘビーな気がします。

汗ばんだ手でベタベタ触るのはちょっと気が引けるじゃないですか。あと、お風呂に持っていくのも避けるほうが無難。

なので、個人的にはシリコンより気を使うシーンが多いかなと思います。

また、経年変化を楽しめるのはメリットですが、それを楽しめるかは人による。

エイジングを楽しめるのも人による

汚いだけじゃん」と思う人もいるはずなので、嫌な人は嫌でしょうね。

ちなみに、革製品は適度にメンテナンスをしてあげるとエイジングの進み方も変わると思いますが、忘れちゃうんですよね。

僕はごくたまーに、これでケアしてます。

加えて、レザーケースの難点は価格。5,800円税別!

これはちょっと躊躇する価格。

特にiPhone SE 第2世代は安さがウリみたいなとこあるのに、ケースがiPhone本体の10%以上するってどうなんだと思わなくもない。

レザー・シリコンケース、結局どっち?

で、結局どちらがいいのかですが、基本的にはシリコンケースを検討すればいいかなと思います。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースとシリコンケースどっちを選ぶ?

やはり日常的な使い勝手がとてもよく、弱点という弱点もそんなにない。

いや、もう少しこだわりが欲しい」みたいな場合にレザーを選ぶといいのかなと。

質感や雰囲気、高級感はやっぱりレザーが上。魅せるケースとしてとても優秀です。

Apple純正iPhone SE 第2世代用レザーケースは魅せるケースとして優秀

今回は両方買ったのでどちらも使いますが、個人的にはシリコンを多用すると思います。

ランニングに持っていく、小さい子供がいる、あたりが主な理由。

レザーと比べると高級感は劣るかもしれませんが、普通にカッコいいですからねシリコンも。

シリコンもカッコいい

ただ、本当はレザーの方が好み。これまでもレザーケースの購入回数の方が多いし、使ってきました。

レザーケースが個人的には好き

自己満足なんですけどね、やっぱりこの高級感とか雰囲気とか所有欲を満たしてくれる感じは使ってて心地良い。

まあ、最終的には好みや使い方によるので、あくまでも個人的な両ケースの感想はこのような感じ。

iPhone SE(第2世代)用Apple純正レザー・シリコンケース比較レビューまとめ

ということで、純正レザーケースとシリコンケース、それぞれどんな人におすすめかをまとめます。

シリコンケースがおすすめな人

  • 運動時やお風呂など幅広くオールマイティーに使いたい
  • 価格はおさえたい

レザーケースがおすすめな人

  • 多少高くても見た目や雰囲気にこだわりたい
  • エイジング(経年変化)を楽しみたい

多くの人にとって「うん、知ってた」みたいな結論かもしれませんが、上記をもとに選んでみるといいと思います。

サードパーティ製に比べると高いケースですが、どちらを選んでもクオリティや所有感はさすが純正です。

Apple純正という安心感が欲しい人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる