Amazonブラックフライデーいよいよ!>

Karabiner-ElementsでMacのUS配列キーボードをコマンドキーで英数/かな変換にする【M1対応】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

こんにちはKoh(@misc_log)です。

僕は長年US配列キーボードを使っているのですが、Macデフォルトの英数/かな変換はどうしても使いづらい。日本語入力が超絶めんどくさいです。

同じ悩みを持っている人向けに「Karabiner-Elements」という無料の神アプリケーションを紹介。

このアプリを使えば、JIS配列のようにひとつのキー(コマンド)で英数/かな変換が可能となり日本語入力が超絶快適になります。

というわけで、この記事ではKarabiner-Elementsのインストールから設定までを解説します。

設定はとても簡単なのでUS配列キーボードを使っている人はぜひ試してみてください。

目次

Karabiner-Elementsでキーボードをカスタマイズ

Karabiner-Elements」は、キーボードのマッピングを自由にカスタマイズできるアプリケーション。

Karabiner-Elements

このアプリケーションを使うことで、US配列であってもJIS配列キーボードライクに「左右のコマンドキー(command)で英数/かな切り替え」という設定が可能。

macOS Montereyなど最新のOSにも対応しています。M1 Macにもネイティブ対応しています。またもちろん、過去OS用のバージョンもダウンロードできます。

実はこのアプリ、他にもさまざまなキーカスタマイズが可能です。とはいえ、そこに触れると長くなるので、この記事では「英数/かな切り替え」に限定してインストール・設定を解説します。

Karabiner-Elementsのインストールと設定

まずは、公式サイトからアプリケーションをダウンロードします。

ダウンロードしたらインストールを完了させてください。

途中、プライバシー設定やキーボードの配列を判定する画面が表示されます。画面の案内通りに進めてください。

コマンドキー(command)で英数/かな切り替えの設定

インストールが完了したら、MacのメニューバーからKarabiner-Elementsのアイコンを選択し「Preferences」で設定を開きます。

Preferencesを選択

すると設定画面が開くので「Complex Modifications」タブを選択。

次に、設定画面左下の「Add Rule」をクリック。

次に、「Import more rules from the internet (open a web browser)」をクリックしすると、インターネット上から様々なルールをインポートする画面がブラウザで開きます。

ブラウザが起動したら、「International (Language Specific)」を選択。

「International (Language Specific)」を選択。

次に「For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev4)」をインポート。

※revはインストール時によってバージョンが変わっている可能性があります。「For Japanese(日本語環境向けの設定)」をインポートすればOK

インポートが完了したら設定画面に戻るので、「コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する。(左コマンドキーは英数、右コマンドキーはかな)」を有効に。

以上で設定完了です。

左右のコマンドキーを押して「英数/かな」が切り替わることを確認してみてください。どうですか?めちゃくちゃ便利でしょう。

Karabiner-Elementsのアンインストール方法

以上で設定は終わりですが、念の為アンインストールする方法も記載しておきます。

STEP
Karabinerの設定画面を開く
Preferencesを選択
STEP
設定画面の「Misc」タブを開く
STEP
アンインストールボタンを押す

画面真ん中ちょい上くらいにUninstall Karabiner-Elementsというボタンがあるで押す。この段階ではまだあんイントールされません。

STEP
アンインストールを実行する

最終確認のダイアログが表示されるので「OK」を選択。

OKを押すとアンインストールが始まります。ちょっと待てば完了。

以上でアンインストール完了です。

英かなとどっちを使うべき?

同じことを実現できる「英かな」という人気アプリがあります。

英かな

こちらはKarabiner-Elementsよりもシンプルで、複雑なことはできないけど設定も簡単といった感じのアプリです。

どちらを使うべき?とたまに聞かれるのですが「Karabiner-Elementsメイン。ただ、英かなも頭の片隅に入れておいて」と答えてます。

理由は、mac OSのアップデートや環境の問題でどちらかが動かなくなる可能性があるためです。そんなときは動く方に乗り換えて使えば日本語入力に戸惑う必要はなくなります。

ぜひ覚えておいてください。

英かなの使い方や設定はこちらで解説しています。

Karabiner-ElementsでUS配列キーボードをコマンドキーで英数/かな変換にする:まとめ

Karabiner-Elementsの設定をしておくだけで日本語変換が恐ろしく快適になります。

Karabiner-ElementsでUS配列キーボードをコマンドキーで英数/かな変換にする:まとめ

コマンドキー単体」で押した場合のみ英数/かなを切り替えるので、コマンドキーとCとかVとか、何かのキーとセットで押した場合には切り替わることはありません。

これ、目から鱗というか、確かにコマンドキーって単体で押す意味はないので「変換を割り当ててしまう」って、なるほどなーと思いました。

素晴らしいアプリケーションですね、無料で公開してくれている方に感謝です。

MacでUS配列キーボードを使っている人にとってはマストアプリだと思うのでぜひお試しください。

今日は以上です。それではまた。

公式:Karabiner-Elements

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • どこの記事よりも最高に分かりやすかったです。ありがとうございました。アドセンスクリックしてリンク先回遊しておきます。

  • 助かりました、ただ間違いが有りました、international(Language Specific) ←の→ lnternational
    lntern の部分の最初の l が i になっています画面赤異表示の文字もです

    ブラウザが起動したら、「international(Language Specific)」を選択。

  • 失礼します。以前こちらの記事を元にうまく設定できていたのですが、Mac OSをCatalinaへアップグレードしたところ無効になってしまい、再度手順通りに設定しましたがうまくいきません。
    もし記載内容の他に見直す部分をご存知であれば、教えて頂けませんでしょうか?

  • Catalinaにしてから動かなくなったということであれば、MacOSのプライバシー設定ではないかと思います。
    (記事内ではテキストで少しだけ触れてます)

    公式のドキュメントに解説がありますので試してみてください。
    https://karabiner-elements.pqrs.org/docs/getting-started/installation/
    (ページ中程にプライバシー絡みの設定方法の記載があります)

  • 設定に大変助かりました!詳細の掲載本当にありがとうございます!

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる