【一瞬で理解】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法

2018 11/04
【一瞬で理解】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法

僕はメイン機にドコモのiPhoneを使っていて、サブ機のAndroid端末に大人気格安SIMであるLINEモバイルのSIMを入れて使っています。

周囲から、LINEモバイルについていろいろ質問されることがあるんですが、その中でも決済方法についてよくわからないという人が多いみたいですね。

しかし、格安SIM含め、スマホの料金・契約・決済周りってなんでこんなややこしいんですかね。そりゃわかりませんよ。

LINEモバイル自体にはとても満足しているんですが、ややこしいことが多くて疲れます。

あの複雑怪奇な仕組みや料金形態とか、別に調べりゃわかるんですが、そういう問題じゃなく、そもそも僕はわかるようになりたいと思ってないんですよ。すぐ変わるし。

僕も購入前にはいろいろ調べていて、その時は簡潔に答えだけ欲しかったんですが、なかなか大変でした。

この記事では、LINEモバイルは「クレジットカードがなくても使えるの?」という疑問に簡潔に答えます。いろいろなややこしい詳細は省き、最速で目的に辿りつけるようにしました。

目次

LINEモバイルはクレジットカードがなくても使えるのか?

[misc-check]いきなり結論[/misc-check]

クレジットカードがなくても問題なく契約できるし、使えます。

ただし、LINEモバイルで端末を分割購入する場合はクレジットカードが必要です。

とはいえ、注意点があるのでそれを解説します。ややこしい説明は省きます。一瞬で理解できるはずです。

LINE Payカードで支払い設定をする

恐らく話をややこしくさせているのはLINE Payの存在だと思います。

繰り返しますが、LINEモバイルはクレジットカードがなくても使えます。

ただしそれは、口座振替やコンビニ払いができるという意味ではないです。

LINE Payカードというもので支払いをすることで、実質、銀行振込・口座振替のような支払が可能になります。

[misc-check]LINEモバイルの支払い方法は3種類あります[/misc-check]

  1. クレジットカード
  2. LINE Pay
  3. LINE Payカード

この内、1、2は無視してください。

3が重要です。いいですか?LINE Payではないですよ、LINE Payカードですよ。

え、なにか違うの?とか、細かいことは考えなくていいです。とにかくLINE Payカードが必要だと覚えてください。

LINE Payカードについての必要最低限な解説

LINEモバイルをクレジットカード以外で支払うためには、LINE Payカードが必要だと説明しました。

では、LINE Payカードってなんなの?という事について端的に説明します。

LINE PayカードとはSuicaやPasmoのような交通系ICカードと同じようなものと思ってもらえればいいです。

実態はチャージが必要なプリペイド型クレジットカードです。

JCBブランドのカードを持つのとほぼ同じ利用ができますが、事前にお金をチャージする必要があります。

審査もないし、年会費もかかりません。クレジットカードを作る事とは全く別の行為です。

プリペイド型クレジットカードについての詳細は省きます。LINEモバイルを申し込む上ではこれ以上のことを知る必要はないはずですが、知りたければググってください。

LINE Payカードは以前はコンビニでも買えたんですが、現在は買えなくなりました。LINEアプリから申し込みをする必要があります。

郵送となるので約1週間前後時間がかかります。LINEモバイルはその後に申し込みが必要です。

LINEモバイルをクレジットカード以外で支払うための方法

ここまでで大体の概要は話しました。あとは設定をするだけですが一旦おさらいします。

  • LINEモバイルはクレジットカードなしでも支払うことが可能
  • ただし、端末を分割で購入する場合はNG。
  • LINE PayとLINE Payカードは少し違うもの。LINEモバイルの支払にはLINE Payカードが必要になる。
  • LINE Payカードは郵送となるので約1週間前後の時間が必要になる。
  • LINE Payカード到着後、簡単な設定をして、その後LINEモバイルに申し込みをする

つまり、LINEモバイルは、LINE Payカードというプリペイド型カードを支払方法として設定することができるということです。

LINE Payカードは事前に入金が必要なカードであり、銀行口座やコンビニなどでチャージしてからでないと使用できません。

そして、LINE Payカードは手動チャージに加え、オートチャージが可能です。残高がある一定になったら、自動的に予め設定した銀行口座からチャージしてくれます。

これが、LINEモバイルの実質銀行振込、口座振替の全貌です。

実態はこれだけの事なんですが非常にややこしいですね。疲れるわマジで。

とにかく、LINE Payカードがあればクレジットカードは不要です。銀行口座からオートチャージにでもしておけば、実質銀行口座引き落としみたいなもんということです。

ただし、銀行口座の残高不足には注意してください。

LINE Payの利用登録をする

ここからは設定方法です。下記の4ステップです。

  1. LINE Payの利用登録
  2. LINE Payカードの申し込み
  3. LINE Payカード到着後の設定
  4. LINEモバイルの支払い方法をLINE Payカードに設定

 

[misc-check]まずはLINE Payの利用登録。[/misc-check]

LINEアプリを起動して、ウォレットメニューを選択します。

上記の通り、LINE Payの利用登録をします。最後にパスワードを設定する必要があるので、パスワードを設定します。

これでLINE Payが利用できるようになりました。

[misc-check]次にLINE Payカード。[/misc-check]

もう一度ウォレットメニューから、LINE Pay→設定→LINE Payカードを選択します。

あとは、画面の通りに入力を進めてください。カードの券面とか、自分の名前とかいろいろ選択・入力します。

[misc-check]約1週間程度でLINE Payカードが郵送されてきます。[/misc-check]

同封の書面にその後の設定方法が書かれているので設定してください。簡単です。

LINE PayとLINE Payカードを紐付けるような設定です。

[misc-check]LINEモバイルの支払い方法をLINE Payカードに設定[/misc-check]

この設定はLINEモバイル公式サイトで実施することになりますが、画面上の案内を見ればわかるかと思います。

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイル公式サイト

まとめ

取り急ぎ、ここまででLINEモバイルはクレジットカードがなくても契約・支払いが出来ること、その方法がわかるかと思います。

基本的に格安SIMはクレジットカードが必要になるので、クレカ不要な点は他社に比べて優れたポイントのひとつですね。

LINE PayとLINE Payカードについてなどは多少ややこしいですが、他にもLINEモバイルは主要SNSがカウントフリーになるなど優れたポイントが多いです。

もし検討中の方はこの記事が何かの参考になれば嬉しいです。

LINEモバイルの利用レビューはこちら
あわせて読みたい
SNSのデータ通信量多すぎる問題をLINEモバイルで解決した
SNSのデータ通信量多すぎる問題をLINEモバイルで解決したSNSのデータ通信量が強烈過ぎて毎月通信制限がかかっているみなさんに朗報です。知っている人も多いと思いますが、LINEの格安SIMであるLINEモバイルにすることでインス...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

目次
閉じる