MacユーザーがWindowsを使う3つの方法とおすすめを紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Macを使っていると「なんでWindows嫌いなの?」って結構な確率で言われます。なにかのバイアスなんでしょうが、嫌いと決めつけられてるのが味わい深い今日このごろです。

まあ実態としては好きも嫌いもなくてですね、僕の場合、仕事道具としてWindowsが必要になるシーンというのは当然あるわけです。そういう人はきっと多いですよね?

Windowsは絶対必要です

関連して「MacでWindowsを使いたいんだけど、どうしてる?」という質問をもらうことも多いので、それに対する僕なりのアンサーをまとめました。

MacユーザーだけどWindowsも使いたいという人に向け「どんな方法があるのか、どれがおすすめか」について書いてます。

正確でない表現がありますがわかりやすさを重視して書いています。ざっくりと方法を知ることができるので困っている人の参考になれば幸いです。

目次

MacユーザーがWindowsを使う3つの方法

MacユーザーがWindowsを検討するにあたり、その方法は大きく分けて3つあります。

Windowsを使う3つの方法
  1. 持っているMacでWindowsを動かす
  2. ネットワーク上でWindowsを動かす
  3. Windowsマシンを別に買う

それぞれにメリット・デメリットがあり、Windowsで何をしたいかが選ぶポイントになってきます。

一応最初に言っておくと、無料という方法はありません。

怪しげなことをせず清く正しく美しくWindowsを使う方法です。

方法1 持っているMacでWindowsを動かす

この方法が恐らく最もシンプルで低コスト。そしてこの中に、さらにふたつの手段があります。

  1. Boot Campを使う
  2. Parallels(仮想化ソフト)を使う

どちらも専用のソフトを使って、持っているMacの中にWindowsをインストールしちゃおうというものです。

じゃあ何が違うのか?ふたつの違いはざっくりこんなイメージです。

  • Boot Camp → Macとは別にWindowsをインストールする
  • 仮想化ソフト → Macの中にWindowsをインストールする
Boot CampのParallelsの違い

それぞれの特徴を解説します。

Boot Campは素晴らしいが消えゆく運命

Boot CampはAppleが開発したソフトウェアです。もちろんWindowsは購入の上インストールが必要ですが、Boot Campがあれば、Macを起動するか、Wiindowsを起動するかを選ぶことができるようになります。

詳しい説明は省略しますが、Boot Campで使うWindowsはサクサクと非常に高速に動きます。これはこのあと紹介する仮想化とは根本的に異なる技術で実現しているためで、「Macは最高のWindows機」と言われていたこともあるくらいです。

Macで作るWindows環境としては恐らく最も低コストでパフォーマンスを出せる優れた方法でした。

しかし、このBoot CampはIntel Macでしか使用できません。Apple Siliconを搭載したMacはBoot Camp非対応です。

Apple SiliconとはAppleが独自に開発したチップ。現状はIntel製チップを脱却しApple Siliconチップへと移行が進んでいる

Apple Siliconでは非対応
Apple Siliconでは非対応

つまり、Intel → Apple Siliconに移行していくなかでいつか消えゆくソフトというわけです。

Intel Macを使っている人は引き続き利用できますが、Apple Silicon(M1) Macを買った人、これから買う人は残念ながらこの方法は使えません。

また、Boot Campにはもうひとつデメリットがあって、MacとWindowsを同時起動できません。Winを使うときはMacを再起動する必要があります。

このように、いくつかのデメリットはあるもののコストとしてはWindowsを買うだけで済みます。

想定コスト

費目金額
Windows購入代約20,000円
メリット
デメリット
  • サクサクと高速に動く
  • Windows購入以外何も必要ない
  • Intel Macのみ(Apple Silicon非対応)
  • MacとWinの同時起動はできない

Parallels(仮想化ソフト)を使うと同時に起動できる

次に仮想化ソフトを使う方法です。MacにWindowsをインストールすることに変わりはないんですが、仮想化とはつまり「Windowsが動くMacアプリ」をインストールするような感じです。

Macでアプリを起動するとそこにWindowsが動いているような状態。※言うまでもなくWindowsの購入は必要です。

仮想化ソフトはいくつかありますがParallelsが大きなシェアを持っています。

Parallels
Parallels

大きなメリットはMacとWindowsを同時に使えるという点。いちいち再起動する必要なく使え、ファイルもMacとWinで共有できます。MacでコピーしてWinでペーストなんてことも可能。

Boot Campとは異なる動作原理ではあるものの、今はかなりのパフォーマンスで動作するためストレスなくWindowsを使うことができます。さらに、Boot Campでは不可能だったApple Silicon搭載Macにも対応。

Apple Silicon Macにも対応
Apple Silicon Macにも対応

とっつきやすく、多くの人にとってベターな方法と言えるのがこの仮想化ソフトによるWindows環境です。

とはいえ、もちろんデメリットもあります。

まずマシンパワーを必要とします。メモリ8GBのマシンでは結構つらいです。Windowsを使うためにほとんどのアプリを終了させなきゃいけないという状況になると、せっかくMacもWindowsも両方起動できるというメリットを殺しかねません。

Windowsで何をするかにもよりますが、最低でも16GB以上あるMacで使うほうがいいです。

あと、別にデメリットではないですが、BootCampは無料でParallelsは有料です。Windowsの購入とは別にコストがかかります。

Parallelsの料金体系
  • 買い切りで約10,000円〜(一度だけお金を払う)
  • サブスクで約8,500円 / 年(毎年お金を払う)

スーパーざっくり3年使用で試算すると、買い切りで約3万円、サブスクで5万円くらいが運用コストという感じでしょうか。(Windowsの購入含め)

ただ、この買い切りか、サブスクか、は結構難しくてですね。主にこんな違いがあります。

  • 買い切り→ macOSのバージョンアップに対応できない
  • サブスク→ macOSをバージョンアップしても対応版を利用できる

ParallelsはmacOSのバージョンと1対1のような関係なので、macOSが変わるとParallelsのバージョンも原則的には変える必要があります。

つまり、macOSは基本毎年新しくなりますが、それを追いかけるならParallelsも結局毎年必要なんですよね。

ただ、macOSをアップしてもParallelsはそのままで動く場合もあったりします。なので買い切りかサブスクかは難しいところ。

想定コスト(買い切りの場合)

費目金額
Windows購入代約20,000円
Parallels購入代(買い切り)約10,000円
合計約30,000円

想定コスト(サブスクの場合)

費目金額
Windows購入代約20,000円
Parallels購入代(サブスク)約8,500円/ 年
初年度合計約28,500円
2年目以降約8,500円 / 年

サブスクを数年続けた場合の概算がこちら。

使用年数金額
1年28,500円
2年37,000円
3年45,500円
5年62,500円
メリット
デメリット
  • MacとWinを同時起動できる
  • ファイルやリソースの共有も可能
  • マシンスペックがある程度必要になる
  • BootCampに比べてコストはかかる

ベースマシンのスペック以上にはならない

というわけで、Macそのものを使ってWindowsを動かす代表的な方法2つを紹介しました。

この方法に関して覚えておきたいのは、ベースのMac以上のスペックには絶対にならないということです。

もし仮に、低スペックMacにWindowsを入れて高いスペックが要求されるゲームをしたい!と思ってもそれは不可能です。

方法2 ネットワーク上でWindowsを動かす

次にネットワーク上でWindowsを動かす方法。最も汎用性が高く使い勝手は最強だと思います。

具体的にはVPS(バーチャルプライベートサーバー)やクラウドを使うのですが、簡単に言うと、Windowsが動くマシンにネットワーク越しにアクセスするということです。

必要なことはWindowsが動くマシンを「契約」して、リモートデスクトップという方法で接続設定をするだけ。あっという間にWindows環境が手に入ります。

リモートデスクトップアプリ
リモートデスクトップアプリ

接続にはネット環境が必要。オフラインでは使えません。

この方法の優れたポイントは大きく3つ。

  1. デバイスや場所を選ばない
  2. 接続元のマシンスペックが関係ない
  3. 24時間稼働させておける

デバイスや場所を選ばない

MacからでもiPadからでもiPhoneからでもリモートデスクトップさえ使えればWindowsマシンにアクセスできます。通信可能なら場所もどこにいようが関係ありません。

iPhoneからWindowsに接続
iPhoneから接続

接続元のマシンスペックが関係ない

また、接続元(MacやiPadなど)はただのビューアであるためスペックはほとんど関係ありません。メモリ8GBのMacでも大丈夫。加えてMacがIntel製であるか、Silicon製であるかも関係ありません。

MacでWindowsに接続
MacでWindowsに接続

24時間営業

Windowsマシンは起動させっぱなしでも大丈夫。必要になったら繋いで、必要なくなったら接続を切るだけ。

最初に紹介したMacにWindowsをインストールする方法だとMacとWindowsが一心同体なので、どっちかを起動したままMacを持ち運ぶってことは普通できません。

一方でVPSならずっと動かしておけます。そのため、「プログラムでずっと何かをさせておく」みたいなことが得意です。

超使い勝手良いがコストが高い

どうでしょう「この方法が一番いいじゃん!」って思いませんか?はい、確かに優れた方法なんですが、もちろん話はそう簡単じゃないわけです。

実は恐らく最もコストがかかるのがこの方法です。世の中うまくできています。便利なものには金がかかります。

例えばVPSでWindowsを提供している会社はたくさんあって価格もピンきりですが、最低でも月に1,000円くらいはかかります。

最も低スペックなWindowsマシンで1,000円です。ブラウザを動かすのも微妙にストレスを感じるレベル。

つまり、この方法はWindowsマシンのスペックが上がれば上がるほど高くなっていくわけです。

普通にブラウザやOfficeソフトが使えるレベル感だとまあ月2,000円くらいはかかりますね。動画編集できるようなハイスペックマシンだと月数万円します。

加えて、月800円くらいのリモートデスクトップライセンスという費用もかかるのが一般的です。

サーバー管理者になる覚悟はあるか

また、もうひとつデメリットになりそうなのは、VPSとはバーチャルプライベートサーバーの略称ですが、その名の通りサーバーを管理することになります。

今はどの会社もわかりやすく簡単にサーバー構築できるようになってはいますが、わけわからんことをするとあっという間に攻撃の対象になり踏み台にされ、とんでもないことになります。

そういったリスクがほとんどないWindows 365というサービスが試用版としてスタートし注目を集めたのが記憶に新しいところですが、さらにもう1段階価格が高くなります。

WIndows 365はVPSではなく、いわゆるSaaS型のWindows環境で「サーバーのこと」をほとんど意識する必要がありません。

想定コスト

費目最低プランひとつ上プラン
Windows購入代必要なし必要なし
月額約1,100円〜約2,200円〜
リモートデスクトップ
ライセンス
約800円約800円
合計約1,900円 / 月約3,000円 / 月

数年利用コスト

使用年数最低プラン年額ひとつ上プラン年額
1年約22,800円約36,000円
2年約45,600円約72,000円
3年約68,400円約108,000円
5年約114,000円約180,000円

ConohaというGMOが運営しているサービスで試算しています。

メリット
デメリット
  • 接続デバイスを問わない
  • どこからでも通信さえできればアクセス可能
  • 接続元マシンは低スペックでも大丈夫
  • 24時間稼働
  • ハイスペックなWin機もお金さえ払えば手に入る
  • それなりに高い
  • VPS型だとサーバー管理が必要になる(変なことしなければまあ大丈夫)

方法3 Windowsマシンを買う

最後はこちら。見出しの通り、最もフィジカルな方法です。物理的にWindowsマシンを購入します。

自由度が高く希望通りのマシンが手に入るし、中長期で見た場合にはコスト的にも最も安いかもしれません。

もしちょっとブラウザが使えればいいくらいならやっすいマシンでいいし、動画編集できるようなハイスペックマシンも自作で20万〜30万あればすんごいのが作れます。

ただし、置き場所も必要になるし、物理的な使い分けというややこしい問題が発生します。

僕は場所の確保もきつかったし、使い分けが面倒すぎてこの方法からドロップした過去があります。15万円くらいの自作Windowsを使ってました。

仮に自作で15万かかったとしても3年使えば年5万で結構なスペックのマシンが手に入るため、コストあたりのパフォーマンスが最も高いのはこの方法だと思います。

想定コスト

費目金額
マシン購入費(Windows含む)約3万円〜数十万円
メリット
デメリット
  • 自由度が高い
  • 中長期で見た場合にコストが安い
  • 場所が必要
  • 使い分けがめんどくさい

Windowsを使う方法としてどれが最もおすすめか?

というわけでですね、どれも一長一短なのがわかってもらえたと思います。

つまり、誰から見ても絶対にこれが一番!という方法がありません。何を優先するか、どんな使い方をするかで評価がまるで変わってきます。

そのため、あくまでも個人的な視点でおすすめの方法を紹介します。

個人的にはVPSやクラウドでWindowsを使うのがおすすめ

やっぱりこれですね。個人的には、ネットワーク上にWindowsマシンを持つのが方法としては最強だと思います。実は僕もこの方法で長いことWindowsを使っています。

軽い作業や一度設定だけして自動で動かすみたいなものであれば最低プランでもなんとかなります。

僕はブラウザでの動作確認なんかがメイン。今は総額約2,000円/月の最低プランでなんとかなってます。ただ、本音をいうともう一つ上のプランくらいが快適だと感じますね。

使用年数最低プラン年額
1年約21,600円
2年約43,200円
3年約64,800円
5年約108,000円
リモートデスクトップライセンス込の金額

事実上お金さえ払えばハイスペックマシンも手に入るため、金に糸目はつけない大富豪な人もこの方法がおすすめ。

ハイスペックプラン

どんな使い方ならおすすめか

ブラウジングするとかOffice系ソフトを使うとか、比較的軽めの作業におすすめです。あとは自動実行系。

FXの自動売買をしている人たちはこの方法を使うケースが多いようですね。あとはブロガーが検索エンジン順位チェックのソフトウェアを動かすマシンとして使われているケースもあります。

iPadやiPhoneからWindowsにアクセスして何かを見る必要があるとか、そういったことができるのも強みのひとつ。

まだ試用版ですがWindows 365はかなりいいですね。ネットワークからリモートデスクトップ(ストリーミング)でOSを気軽に利用できるというのは、次世代のスタンダードになりそうな予感です。

Windows 365

一方で、重たい作業をしたい場合にはマシンスペックが必要になるため価格が高くなり、コスパが悪くなっていきます。

というわけで、この方法でデメリットになるのは技術や環境面ではなくお金の問題がほとんどです。技術的にアレができないコレができないということがほとんどない代わりにコストがかかる感じ。

仕事でも趣味でもコスト的に見合う、あるいは、コストを出せるならベストな方法だと思います。

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • 軽い作業が中心
  • 常に起動してあるマシンが必要
  • 利便性を優先したい
  • 重たい作業をしたい
  • コストはかけたくない

僕が使っているのはConoHa(GMO)のWindowsです。長期契約すると安くなりますが、1ヶ月使って解約することもできるので試してみると良いと思います。

公式サイト

本当はBoot Campや仮想化ソフトがおすすめだが・・

本当はBoot Campが最もコストがかからず手軽なんですが、これから発売される全てのMac(Apple Silicon搭載Mac)で使用できないのがネックです。

また、Parallels(仮想化ソフト)ならApple Silicon搭載Macでも使えると言いましたが、実は特殊なWindowsバージョンを使わなければならず万人におすすめの方法とは言い難くなってる気がします。

もう数年経てば完全にApple Siliconを前提とできるため状況も変わってくると思いますが、「今は」なかなか難しい状況と感じますね。

ただ、逆に言えば、高いスペックのIntel Macを使っている人は、Boot CampでもParallelsでもかなり快適なWindows環境が安価に手に入るので検討する余地は大いにあります。

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • Intel Macを使っている
  • そこそこのスペックのMacを使っている
  • 出来る限りコストをかけたくない
  • Macのスペックが低い

Macのスペックが低くても軽い作業をしたいだけなら使うことは可能です。

Boot Campについてはこちら。

Apple公式サイト

Parallelsも無料トライアルができるので一度使ってみて決めることも可能。ちなみにWindowsも評価版という無料トライアルが用意されています。

各公式サイト

場所と使い分けさえクリアになれば物理マシン

また、置き場所の問題がクリアになって、かつ、使い分けが気にならないなら物理マシンがおすすめです。

というか、快適な動画編集や高いスペックを要求するゲームをこなすハイスペックWindowsが欲しいという場合には、この方法が最も現実的(価格的に)だと思います。

クラウドでもハイスペックマシンを用意することはできますが、月に5万くらいするので法人や事業用という感じ。

置き場所はもうなんとかするしかないですが、使い分けに関しては切替器などを使うのが伝統的で、HDMIやUSBをWinとMacで共存することができます。

つまり、1台のモニター、1台のキーボード、マウスをWinとMacで共有できるので省スペース化も工夫次第ではあります。

ただし、あまりにも頻繁になるとそれすら面倒くさいです。やっぱり1台のマシンでどうにかならないかなと個人的には思っちゃいますね。

おすすめな人
おすすめじゃない人
  • ハイスペックなマシンが欲しい
  • 置き場所がある
  • 物理的な場所がない。あっても置きたくない。
  • 高い頻度で使い分けが発生する使い方をする

MacユーザーがWindowsを使う方法まとめ

というわけで、ざっとMacユーザーがWindowsも使う方法をまとめてみました。

かくいう僕もこれら全ての道を通ってまして、最終的にVPS上にWindowsを用意するという方法に落ち着きました。とはいえ、これは時代や自分の使い方次第で移り変わるものでもあります。

無料トライアルがあるものは試してみて自分にフィットする方法を探ってみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる