Amazonブラックフライデーいよいよ!>

真っ黒!Magic Mouse、Magic Trackpad、Magic Keyboard ブラック レビュー:全ての黒好きMacユーザーに!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 今年も来たぞブラックフライデー /

ブラックカッコいい!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Apple純正のマジックマウスやトラックパッド、そしてキーボードにようやくシルバー(ホワイト)以外の選択肢ができました。

基本的な使い勝手はシルバーと同様。しかし、この見た目がたまらない・・という人も多いはず。

というわけで、この記事ではApple純正Magic Mouse、Magic Trackpad、Magic Keyboardのブラックをまとめてレビューします。

写真を多く掲載してますので購入の参考にしてもらえれば幸いです。

目次

Magic3種類ブラックモデルは何がどう変わった?

Magic Mouse、Trackpad、Keyboardの黒モデルはMac Studioの周辺機器として登場し、単品販売されたモデル。

Magic3種類ブラックモデルは何がどう変わった?

スペースグレイが販売終了となった今、唯一のダークカラーの純正コントロールデバイスです。

スペースグレイとブラック
スペースグレイとブラック

トラックパッドとキーボードは2021年のM1 iMac発売時にリニューアルされた角が丸くなったモデルがベースになってます。

角が少し丸くなった
角が少し丸くなった

キーボードはTouch IDが付いたモデル、かつ、テンキー付きのみ。残念ながらTouch IDなしモデルや、テンキーレスのブラックはありません。

Touch ID付きテンキーあり
Touch ID付きテンキーあり

一方マウスだけは数年前に発売されたものと全く同じ。色が変わっただけ。

Magic Mouseブラック

というわけで、Touch IDを装備したキーボードはともかく、実はトラックパッドとマウスはできることは何一つ増えておりません。従来と全く同じでございます。

付属品がUSB-C to Lightningにはなってます。

いやいや、でもいいんです。僕らには黒いことが重要なんです。あなたもきっとそうですよね?

仮に機能が変わってなくても、色が違うだけなのにシルバーより2,000円高くてもいいんです。そう、黒ければそれでいいんです。

そんな黒好きなあなたに、それぞれのデバイスに分けてブラックモデルの魅力を紹介します。

Magic Mouseは色だけが黒に

こちらが黒いMagic Mouseの外箱。箱は従来と同じ。

Magic Mouseは色だけが黒に

以前は付属品がUSB-A to LightningでしたがUSB-C to Lightningに変わってます。しかも黒い。そして編み込み式。

黒いUSB-C to Lightningケーブル
USB-C to Lightning

このケーブルかなりいいです。質感も高いし、さすが純正。単品販売していないので使うのがもったいない。

Magic Mouseは表面が光沢仕上げになっているため、実は一番「黒」感を感じづらいデバイス。

写真だと結構黒く見えますが、蛍光灯の下で見ると薄い黒、あるいは、濃いグレー。そんな感じです。

蛍光灯の下だと薄い黒

マウストップ以外の部分は全てシルバー。

サイドはシルバー
サイドはシルバー

サイドや裏はシルバーモデルと同じ色のようですね。上だけが白から黒になった。そんなつくりのようです。

底もシルバー

サイドや裏だけを見れば以前のスペースグレイモデルの方が黒成分多め。ベースはこっちを使ってくれればもっと黒かったのに・・。

ブラック / スペースグレイ
ブラック / スペースグレイ

全カラー並べると黒さが引き立ちます。

黒 / スペースグレイ / シルバー
ブラック / スペースグレイ / シルバー

そして前述の通り、従来モデルの色違いとなるため使い勝手はこれまでと全く一緒。タッチ操作が心地良いマウスです。

良くも悪くも使い心地は一緒
良くも悪くも使い心地は一緒

ただ、マウスとしては背が低く独特な使い心地です。初めての人は一度家電量販店などで触ってみることをおすすめします。

MX Master 3

マジックマウスのその独特な使い勝手について思うところはこちらでまとめてますので合わせてどうぞ。

そして、、伝統的な弱点ももちろん健在。充電中はマウスを使うことができません。

これはひどいよね
これひどいよね

使うことができないのはまだしもこの充電中の見た目ほんとひどくないですか。これにはApple信者の僕も引くレベルです。

とまあ、良くも悪くも従来と共通している部分が多いMagic Mouseですが、黒はやっぱりカッコいい。

もし純正マウスを検討しているならぜひ黒も選択肢に入れてみてください。

カッコいい
カッコいい

Magic Trackpadが最も黒い!

そしてお次はMagic Trackpad。

Magic Trackpadが最も黒い!

こちらも付属品に黒の編み込み式USB-C to Lightning。

USB-C to Lightning

こちらがMagic Trackpad本体。個人的には黒になったことを最も感じられるのがトラックパッドだと思います。真っ黒です。

くろぐろとしている

わずかに光を反射して黒光りしているところなんかゾクゾクしますね。

高級感・・

側面や背面はマウスと同じくシルバー。

側面
背面

底面も真っ黒。うっすらと浮かび上がるりんごマークはご褒美でしかありません。

美しいりんごマーク
ご褒美りんごマーク

形状は前モデルに比べてやや角丸に。少し柔らかい印象になりました。もしかすると角ばっていた方が好きなのに・・という人もいるかもしれませんね。

ブラック / スペースグレイ

しかし・・、前モデルのスペースグレイと比べても色の違いが際立ちます。本当に黒い。

スペースグレイ / ブラック

トラックパッドも機能的には従来モデルと一緒。できることは何一つ変わってません。しかし、iPadで使えるようになったりなど取り巻く状況が少し以前とは変わっています。

iPadでもトラックパッドが使える

また、macOSのユニバーサルコントロールという機能を使えばMacとiPad間をひとつのトラックパッドでシームレスに移動できるようにもなりました。

ユニバーサルコントロール
MacとiPadを行き来できる

これはマウスであっても可能なんですが、iPadのようなタッチデバイスを操作する上ではマウスよりトラックパッドの方が直感的で扱いやすい。

直感的で扱いやすい
直感的で扱いやすい

そういったこともあってトラックパッドは今後より重要性を増していくかもしれません。これを機に黒いトラックパッドをぜひ検討してみてください。

左手デバイスとしてもおすすめ
左手デバイスとしてもおすすめ

Magic Keyboardはキーが真っ黒

最後はMagic Keyboard。

Magic Keyboardはキーが真っ黒

こちらも付属品は黒い編み込み式USB-C to Lightning。使うのもったいない。

こちらがキーボード本体。黒いキーに高級感が溢れてます。

黒いキーに高級感が溢れるMagic Keyboardブラック

マウスやトラックパッドと同じようにベースとなる部分はシルバー。面積が大きいのでマウスやトラックパッドに比べシルバー感が強いですね。

背面
側面

真っ黒の底面。そしてここにもうっすらと浮かび上がるりんごマーク。

りんごマーク
ご褒美りんごマーク

実は全体としてはスペースグレイモデルの方が黒い感じがします。スペースグレイはキーだけでなくベース部分も黒っぽかったので。

上:ブラック / 下:スペースグレイ
上:ブラック / 下:スペースグレイ

ただ、ベースのシルバーとキーのブラックでコントラストが強いためキーの黒さが引き立つような感じはしますね。

黒いキーが引き立つ気はする
黒いキーが引き立つ気はする

ちなみに余談ですが、僕はスペースグレイモデルにはこちらのブラックアウトステッカーを貼って無刻印化してました。きっとブラックモデルでも使えるのでより真っ黒にしたい人は試してみてください。

そして、ブラックモデルにはTouch IDというズルすぎる機能が搭載されています。

Magic KeyboardはTouch IDが使える唯一の外部キーボードです。これは純正の強み。

Touch IDは強すぎる
Touch IDは強すぎる

デスクトップMacはもちろん、MacBookをクラムシェルモードで使うときにも非常に便利。

僕は様々な外部キーボードを使ってきましたが、Touch IDを含め純正のアドバンテージはかなり強力だと感じてます。

しかし、残念ながら黒モデルにはテンキー付きしかありません。

スペースグレイもそうだったんですが、頑なにダークカラーのテンキーレスを出してくれないんですよねAppleさん。

Magic Keyboard With TouchIDは一色
テンキーレスはシルバーのみ

というわけで、テンキー付きしか選べませんがそれでもブラックはやはり魅力。白い機器がデスクに合わない人はぜひ。

こちらでTouch ID付きのテンキーレスMagic Keyboardもレビューしてますので気になる人はぜひ。

Magic Mouse、Magic Trackpad、Magic Keyboardブラック レビューまとめ

以上、Magic3種のブラックをレビューしました。

そもそもこれらコントロールデバイスはiMacなどデスクトップMacの周辺機器として用意されているもの。そしてダークカラーはProライン用カラー。つまり、たっかいMac専用カラーです。

スペースグレイとブラックはProラインのカラー
スペースグレイとブラックはProラインのカラー

スペースグレイもiMac Proの周辺機器として登場し、iMac Pro販売終了共に姿を消しました。

Magic Mouse、Magic Trackpad、Magic Keyboardブラック レビューまとめ

そういう意味ではこのブラックもずっと販売されているとは限らない可能性もあります。黒い周辺機器が欲しい人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる