MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンドレビュー:MOFTのiPhoneケースがきた!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

MOFTのiPhoneケースがきた!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

スマホ・タブレットスタンドの定番といえばMOFT。そんなMOFTにiPhoneケースが登場。

スタンドやカードホルダーとして折り紙つきの実力を持つMOFTですが、ケースと合わせることでより強力に使えるように。

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンドレビュー:MOFTのiPhoneケースがきた!

今回、メーカーよりサンプルを送ってもらったのでその実力を詳しくレビューしたいと思います。

最初にざっくり結論を言うと、吸着力が上がりMOFTがより安定する優れたアイテムですが、ケースデザインに好みがあるかなという感じ。

ケースやスタンドを探している人の参考になれば幸いです。

目次

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットの特徴

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレット」はMOFTスタンドとiPhoneケースがセットになったアイテムです。

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットの特徴
セットで販売している

実は、スタンドの方は従来のMOFTと基本的には一緒ですが新色が追加され全8色に。新しいカラーはこのセット版を購入しないと手に入らない模様。

  • ウィンディブルー →新色
  • クラシックヌード →新色
  • サンセットオレンジ →新色
  • ハローイエロー →新色
  • ナイトブラック
  • シエナブラウン
  • オックスフォードブルー
  • アッシュグレー

僕は黒系が好きなのでカラーはブラックを選択。

ナイトブラック
ナイトブラックのMOFTスタンド

一方で、ケースは1色のみ。ホワイトがベースになっていてどのiPhoneのカラーとも合わせやすくなってます。割とポップなケースという印象。

実はこのケースに秘密があって、内蔵されたマグネットによりMOFTが強力に吸着するようになっています。

マグネット内蔵

従来のMagSafe対応MOFTも以前レビューしましたが、僕の感想としては裸iPhoneとの組み合わせはやや吸着が弱い印象でした。

そんな吸着力の弱さをケースとセットで使うことで解消することができます。

また、ケースとスタンドのセット以外にケースだけでも販売しています。そのため、すでにMOFTスタンドを持っている人はケースだけを購入することも可能です。

ただ、このケースは残念ながらiPhone 12 miniとiPhone 13 miniには非対応。無印、Pro、Pro Maxでのみ利用可能なのでmini系の人は注意してください。

mini系でもMOFTスタンドの単独使用は可能

というわけで、専用ケースが加わりさらに使いやすくなったMOFTの詳細を見ていきます。

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットのデザイン・外観

まずは見た目や外観。ケースとスタンドそれぞれ分けて紹介します。

専用ケースはポップで使いやすいデザイン

こちらがMOFT専用ケース。

ケースとしてはスタンダードなタイプ。素材はTPU。背面にホワイトのカラーリングがされていて周囲はクリア。

背面には窓が設けられリンゴマークが顔を出すようになってます。

カメラリングが持ち上がっておりカメラ保護も完璧。

カメラより高さのあるカメラリング

サイドはボタンまで覆うタイプ。

ボタンまで保護

保護力は高いですが、音量ボタンがめちゃくちゃ押しづらくなるのが残念。

ボタンがかたい・・

下部のLightning端子やスピーカー部もスタンダードな形状。Lightning部分は広めに取られているため太めのケーブルでも安心。

割と厚みのあるケースで全体の幅は75.7mm。純正レザーが75.1mmなのでそれよりもわずかに大きめ。

75.7mm
75.7mm
75.1mm
75.1mm

しかし厚みがある分衝撃には強く、1.5mからの落下にも耐える耐衝撃性能を持ってます。

ケース全体の感想としてはポップでカジュアルな印象。幅広く日常のいろいろなシーンで使えると思います。

ただ、正直なところ、価格の割にはやや安っぽさを感じます。質感とか。(ケース単体だと約3,000円)

僕個人としてはもう少し高級感や重厚感のあるタイプが好みだったりするので、ブラックなどのカラバリが欲しかったですね。

このあたりは好みが分かれるかなと思います。

スタンドは安定のクオリティ

スタンドに関しては従来モデルと同じ。デザインや機能に変化はないですが安定のクオリティを維持。

フェイクレザーではあるものの質感もいい。ブラックは高級感も感じます。

厚みは約5mmと薄く、iPhoneの背面にコンパクトにおさまります。

MOFTは薄い!

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットの使い勝手

では、MOFTケース+スタンドの使用感を紹介します。

強い吸着力は大きな進化!

専用ケース側にマグネットを備えたことで、よりMOFTの吸着力が向上しました。これが確かに強い。

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットの使い勝手

個人的には吸着力がMagSafe対応MOFT一番の課題だと思っていたので、専用ケース装備という条件付きではあるもののガッツリくっつくようになったのは大きな進化だと感じます。

余裕がある
余裕

これだけ揺すっても大丈夫なくらいには貼り付いてます。

僕のようにMagSafe対応MOFTの吸着力に課題を感じていた人もこれならより安心感を持って使えると思います。

ただ、誤解のないように言っておきますが決して外れないわけではありません。垂直に持ち上げるような力には強いもののある程度の力をかけたらそりゃ外れます。

また、横にスライドしたり、角度を付けて引っ張る力には弱いです。普通に外れます。

横にスライドしたら外れる
スライドすると外れる

まあ取り外し可能とはそういうことでありMOFTに限った話じゃないですが、百億円入ってます!みたいない預金口座のキャッシュカードなどは入れないことをおすすめします。

スタンドはやっぱり便利

MOFTの醍醐味と言えばこのスタンド機能。ほっんとこれ便利です。

MOFTで縦置き
MOFTで縦置き

縦、横と利用シーンに合わせてiPhoneを支えてくれます。

MOFTで横向き
MOFTで横向き

従来のMOFTであってもスタンド使用時に不安を感じることはありませんでしたが、吸着力が向上したことで折りたたんだり広げたりなどの動作がより気を使わずにできるようになりました。

折りたたみに気を使わない
気を使わないというだけで価値がある

人間工学に沿った絶妙な角度と、MagSafe対応MOFTだけができるフローティングモードも健在。

フローティングモード
フローティングモード

また、より複数の角度をつけられるMOFT Oなどの兄弟アイテムでも吸着力の恩恵を受けられます。

MOFT Oもしっかり貼り付く!

さらに、指を引っ掛けるホルダーとしての安定感も向上しました。ある程度なら指を預けても大丈夫そう。

結構いける!

ただまあ、粘着テープで貼り付けるスマホリングのような吸着力はないので、あくまでも補助的な使用に留めておくことをおすすめします。

カードは2枚がおすすめ

MOFTはカードホルダーとしても使えるのが便利なポイント。公称値は3枚までになってますが、実用的には2枚が限度です。

カードは1枚か、2枚。
カードは1枚か、2枚

病院の診察券や名刺のような薄いものであれば3枚入りますが、クレジットカードくらいになると2枚、ないしは1枚で運用するのがベターです。

個人的にはクレカ1枚+名刺1枚で運用するのがおすすめ。名刺1枚持ってると名刺入れ忘れたときに役立ちます。

iPhone 13 Proだと気になるところも

iPhone 13 Proで使用する上で少し気になるのが、微妙にカメラリングにかぶっているところ。

当たってますやん

カメラの画角に入り込んだりはしないので実用的に問題はないんですが、ただ、こう、見た目的になんか。

iPhone 13 Proのカメラユニットはやたら大きくなったのでサイズ的にギリギリになってしまった様子。

実用上は問題ないが・・
実用上は問題ないが・・

iPhone 13 Pro Maxを持ってないのでわかりませんが、筐体サイズが大きいのでこうはならないのかもしれません。iPhone 12シリーズなら全然大丈夫。

この点、純正レザーウォレットならキレイにおさまります。スタンドにはなりませんがフィット感はさすがApple純正。

Apple純正レザーウォレット

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットレビューまとめ

以上、MOFTのケースとスタンドをレビューしました。

スタンドとしての実力はもう言うことありません。さすが信頼と実績のMOFT。カードホルダーを含めめちゃくちゃに便利。

そんなMOFTスタンドがケースを装備することでより安定して使えるようになりました。

MOFT iPhone13/12シリーズ MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットレビューまとめ

一方で個人的にはケースデザインにも選択肢が欲しいなとは感じました。カラバリもそうですが、素材違いがあってもいいですね。レザーやシリコンとか。

良いところ
残念なところ
  • ケースによって吸着力が向上
  • スタンドもより安心して使用できる
  • ケースデザインが1種類のみ

購入は今のところMOFT公式サイトのみ。ケースとスタンドがセットになったタイプだけでなく、それぞれ単独で購入することも可能です。

ただし、MOFTスタンドの新色が購入できるのはセットのみなのでその点ご注意ください。

というわけで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる