PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2レビュー:定番PITAKAにバリエーションが増えたぞ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhoneケースの中でもひときわ存在感のあるケースと言えばPITAKA。

PITAKAのケースといえばやはりカーボンブラックな外観が定番。しかしそれだけに見た目がどれも変わらないという寂しさはあります。

もうド定番になったiPhoneケースとあって人とかぶることも増えてきたんじゃないでしょうか。

PITAKA MagEZ Case 2
スタイリッシュなカーボン柄

そんなPITAKAのケースにデザイン的なアクセントを取り入れたケースが登場。それがこちら。

PITAKA MagEZ Case 2 浮織デザイン

基本仕様はMagSafe対応ケースであるMagEZ Case 2と同じですが、ワンポイントとなる浮織が特徴的なケース。PITAKAからサンプルを送ってもらいました。

定番の安心感は欲しいけど人と違うモノがいい!」という人はぜひチェックしてみてください。

目次

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2の特徴

PITAKAの人気シリーズ「MagEZ Case 2」にデザイン的なワンポイントが加えられたiPhone用ケース。おなじみアラミド繊維にカラフルな模様が織り込まれているのが特徴的。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2の特徴

アラミド繊維とは航空機や防弾ベストなどにも採用される強靭かつ軽量な素材。

全部で4種類あり、それぞれにカラーや織り込みのパターンが異なります。

全部で4つのバリエーション
全部で4つのバリエーション

この特徴的な模様がイメージしているのは交響曲の音符。音符を点や線、色で表現して織り込んだユニークなケースです。

織り込みイメージ
織り込みイメージ

それぞれの名称(バリエーション)も特徴的。今回送ってもらった2タイプはそれぞれ「序曲」と「ソナタ」。

序曲 / ソナタ
序曲 / ソナタ

他に、「ラプソディー」と「コンチェルト」があります。

ラプソディー / コンチェルト
ラプソディー / コンチェルト

前述の通り、ケースの基本性能はMagEZ Case 2と同様。MagSafe用のマグネットを背面に内蔵しているため各種MagSafeアクセサリーも問題なく使用可能です。

ただし対応しているiPhoneは13シリーズのみ。iPhone 12以前用は残念ながら展開はありません。

対応iPhone

PITAKAのカーボンブラックに音楽が融合。デザイン的に差異をつけづらかった定番ケースに新たな個性が誕生しました。

より詳しく特徴を紹介していきますが、ケース性能的な点はMagEZ Case 2のレビューで詳しく紹介していますので、機能面が気になる方はそちらも合わせてご覧ください。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2の外観・デザイン

ケース本体の基本デザインはおなじみのカーボンライクな格子模様。そこにカラーの異なるラインが入りました。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2の外観・デザイン
序曲 / ソナタ

今回紹介するのは序曲とソナタ。織り込み面積の大きい序曲のほうが複雑で見た目のインパクトは強め。

序曲はインパクト強い!
インパクトのある序曲

斜めに織り込まれたイエローと、直線的に織り込まれたレッドのラインが特徴的

斜めに織り込まれたイエローと、直線的に織り込まれたレッドのラインが特徴的

4つのバリエーションの中でも最も織り込み面積の多いこの「序曲」はサイドの電源ボタン部分や下部もガッツリと浮織になってます。

電源ボタン部
電源ボタン部
Lightningポート部
Lightningポート部

浮織の面積に比例して存在感も大きいため、より印象的なケースを求めるなら「序曲」を選ぶと効果的。

一方のソナタは4つのバリエーションの中でも最もシンプル。直線的に2本のイエローラインが織り込まれているのみ。

シンプルなソナタ
シンプルなソナタ

サイドに浮織要素はないため従来のMagEZ Case 2と同じ。下部に少しだけラインが入ってます。

電源ボタン部
電源ボタン部
Lightningポート部
Lightningポート部

ラインの主張が大きくないため、やはり印象としてはこちらのほうがおとなしめ。どんな服装・シーンでも合わせやすそう。

いずれにしろ、どちらも従来のMagEZ Case 2にはない印象的な見た目。個性的でインパクトのある序曲。おとなしくやわらかい印象のソナタ。

従来のMagEZ Case 2と比較
中央は従来のMagEZ Case

このように、規則的、かつ、精巧に織り込まれた浮織がこれまでのPITAKAケースとは違う雰囲気をもたらしてくれます。

ちなみに、この模様部分はケースと完全に一体になっており触っても特別な感触はありません。

触ってもわからない
触ってもわからない

どうやらこの織り込みには技術的にかなり難しい課題があったようで、相当な開発時間をかけ誕生した製品のようです。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2の使用感

使用感は基本的にMagEZ Case 2と同じです。MagSafeの動作なんかもいろいろ試してみましたが、織り込みデザインが使用感に影響することはなさそうです。

MagSafe充電器で充電中
MagSafe充電器で充電中

機能面は詳しくはMagEZ Case 2のレビューで紹介していますので簡単におさらいだけすると、やはり特徴的なのは薄さと軽さ。

薄くて軽いは健在
薄くて軽いは健在

この良い意味での存在感の小ささはiPhone本来のフォルムを楽しみたい人に突き刺さります。

また、MagEZ Case 2の優れた特徴のひとつとして、MagSafeの磁力がめちゃくちゃに強力という点があげられます。

激強なMagSafe磁力でMOFTもガッツリと

これ、個人的には純正ケース以上だと思ってます。恐らく分かる人にはわかってもらえるはず。かなり強いので安心感がすごい。

その一方で、iPhoneがむき出しになる部分が多いため防御力が心もとないのもPITAKAケースの特徴。

音量ボタン周り
音量ボタン周り
上部もむき出し
上部もむき出し

基本的に角さえガードできていれば確率的に大事故は防げるはずですが、薄さ・軽さとのトレードオフな部分にはなってきます。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2レビューまとめ

以上、iPhone 13 Pro用PITAKA アラミド繊維浮織 MagEz Case 2をレビューしました。

4種類の特徴的な浮織がそれぞれに個性的。好みに合わせて見た目を選ぶ楽しさがPITAKAのケースにやってきました。

なんとなくPITAKAケースが気になっていたけど見た目のバリエーションのなさが引っかかっていた人におすすめ。

PITAKA iPhone 13 Pro用アラミド繊維浮織 MagEZ Case 2レビューまとめ

ちなみに、まだ国内販売はしていないようですがこの浮織シリーズのiPad用ケースやAirPods Pro / Maxケースなどなど関連アイテムも本国では発売されています。

浮織シリーズのiPad用ケースやAirPods Pro / Maxケースなど

同じカラーで揃えたり、全て違うバリエーションで揃えたり・・などの楽しみ方もそのうちできるようになると思われます。

そんなところも含め、この見た目が気になった人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる