PITAKA MagEZ Folio レビュー:専用ケースと共存できるiPad Pro/Air用カバー!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPad Pro / Airの運用において、カバーやケース、Magic Keyboardなどに付け替えて使うのは本当にめんどくさいもの。

そんなめんどくささを少し改善してくれるのがPITAKAのiPad用MagEZシリーズ。

MagEZシリーズは専用ケースやスタンドが既に販売されていますが、今回新たにSmartFolio的なカバーが登場しました。それがこちらの「PITAKA MagEZ Folio

PITAKA MagEZ Folio

専用ケースであるMagEZ Case 2をつけたまま装着できるカバーで、いちいち付け替える手間を軽減してくれる優れたアイテム。

PITAKAよりサンプルを送ってもらったので特徴や使用感を詳しく紹介します。

iPad Pro用

※カバー購入の際は商品ページでご自身のiPadと合うかをよく確認してください。

iPad Air用

目次

PITAKA MagEZ Folioの特徴

PITAKAから満を持して登場したMagEZ Folioは、いわゆる純正のSmart Folioタイプのカバー。

PITAKA MagEZ Folioの特徴

iPadの前面と背面を守り、折りたたむことでスタンドにもなる使いやすく人気のカバーです。純正・非純正問わずこのタイプは複数発売されています。

では、PITAKAのMagEZ Folioが他製品に比べて何が優れているのかと言うと、MagEZ Case 2というiPadケースと同時使用が可能なところ。

MagEZ Case 2
MagEZ Case 2

iPadは様々な用途で使うことができますが、ケースやカバーによって特性が違うために「付け替える」という手間がどうしても発生します。

例えばMagic KeyboardをつけたままApple Pencilは使いづらくてしょうがない。

Magic Keyboard
この状態でPencilは苦行

Apple Pencilを使うときにはMagic Keyboardを外して裸のiPadで使うか、違うケースやカバーに装着しなおすことになります。

裸は楽だけど保護ができない。保護をすると付け替えめんどくさい。こういったジレンマに陥るわけですね。

iPad Pro 12.9インチ(2021)の外観
裸は怖い

そこでPITAKAはMagEZ Case 2というiPad Pro/Air用ケースを中心に、「つけたまま使えるシリーズ」をいくつか販売しています。そのうちのひとつがこの記事で紹介するMagEZ Folio。

つけたまま使える関連アイテム

アイテム用途
MagEZ Case 2iPadケース。中心となるアイテム
MagEZ Stand専用スタンド。デスクトップスタイル、サブモニターなど
MagEZ Folio
(この記事で紹介)
iPadカバー。Apple Pencil、動画閲覧、持ち運び時
Magic KeyboardApple純正キーボードカバー(トラックパッド付き)
Smart Keyboard FolioApple純正キーボードカバー

つけたまま使えるシステムのイメージ映像がこちら。

つまり、iPadを保護しつつ、簡単にモードチェンジできるようにするためのアイテムです。

そのため、基本的には別売りのMagEZ Case 2との併用を前提としています。(裸のiPadに装着することもできるようにはなってます。)

MagEZ Case 2との併用を前提

対応するiPadはこちら。

対応するiPad
  • iPad Pro 2018〜2021の11インチ、12.9インチ
  • iPad Air 第4世代(10.9インチ)

カラーは1色でブラックのみ。今回レビューするのはiPad Pro 12.9インチ用ですが、その他でも使い勝手は同じです。

純正の半分強くらいの価格で購入でき、他PITAKAアイテムと組み合わせることでiPadの使い勝手を劇的に上げられるアイテムです。

PITAKA MagEZ Folioの外観・装着方法

PITAKA MagEZ Folioの見た目は一般的なFolioタイプのカバー。

PITAKA MagEZ Folioの外観・装着方法

前面と背面を守るタイプで、片面が折りたたみ式。

折り畳めるカバー
折り畳めるカバー

前面にはスライドしやすいように指をかける溝が作られています。

サラサラしていてよい質感。安っぽさは全く感じません。

サラサラとした質感
手触りいい

ただ、ホコリとか手の脂とかは目立ちますね。まあそれは純正のも同じです。

質感や作りなど全体的にクオリティ高いです。純正の半分の価格とは言えサードパーティ製としては高い。その分しっかりとクオリティに活かされている感じがします。

iPadへの装着

iPadへの装着は背面から貼り付けるだけ。MagEZ Case 2をつけたiPadでもスルッとくっつきます。

MagEZ Case 2をつけたままくっつく
MagEZ Case 2をつけたままくっつく

見た目ではわかりませんがカバー内部にマグネットを内蔵しており、それがMagEZ Case 2のマグネットと吸着。

どちらにも内蔵されたマグネットが吸着
どちらにも内蔵されたマグネット同士が吸着

装着した状態がこちら。MagEZ Case 2をつけたままでも変にズレたり・浮いたりということはありません。

きれいに収まる

PITAKA MagEZ Folioの装着感や使用感

さて、では実際に使ってみてどうなのかを詳しく紹介します。

気持ちいいピッタリサイズと高い保護力

さすが専用設計だけあって、ケースのままカバーを装着しているのに驚くほどぴったり。指を当てると全く同じ高さなのが気持ちいい。

気持ちいいピッタリサイズと高い保護力
同じ高さ

一般的にこのタイプのカバーは前面と背面しか保護できませんが、MagEZ Case 2と合わせて使うとiPadのほぼ全ての面を保護します。

側面も保護できる
側面も保護できる

唯一保護できないのはヒンジ部分近くのこのエリア。上下2箇所。ここ以外はまるっと保護します。

唯一保護できないところ
唯一保護できないところ

もちろんApple Pencilもくっつけることが可能。

もちろんApple Pencilも

ちなみに、裸のiPadを装着しても使い勝手的には変わりません。

裸のiPadでも使える
裸のiPadでも使える

ただやはり、MagEZ Case 2を装着した状態よりはカバー全体に遊びがでる感じはします。

遊びがでる
遊びがでる

まあでも、デバイスの周囲を保護するためSmart Folio的なケースは通常このくらい遊びをもって作られてます。そのため裸使用であっても実用上は特に問題ないですね。

基本動作も問題なく快適

このタイプのカバーはめくるとスリープから復帰し、閉じるとスリープになるのが一般的。

もちろんそのあたりも正常に動作します。

ウェイク/ スリープ
ウェイク/ スリープ

他にも、折りたたんでのスタンド使用も問題なし。

スタンド使用も

USB-Cハブの利用もケーブルタイプであれば使用可能。カバーが干渉することはありません。

USB-Cハブも接続可能

直差しタイプはMagEZ Case 2に干渉するので使用不可。

MagEZ Case 2を付けていても一般的なSmart Folioタイプのカバーと変わらない使い勝手が手に入ります。

やはり醍醐味は連携力にあり

さて、やはりこのMagEZ Folioの醍醐味は他製品との連携力。面倒な付け替えを必要最低限の労力で行えるようになっています。

MagEZ Folioを外してそのままMagEZ Standに装着すれば一気にデスクトップモード。

Magic Keyboardにも簡単チェンジ。

Magic Keyboardにもチェンジ

そしてMagEZ Folioに戻す・・みたいなモードチェンジが簡単に行えます。

MagEZ Folioに戻す

このような形でMagEZ Case 2を中心としたエコシステムが完成。これがPITAKAの「Pita!Flow」という連携システムです。

Pita!Flow

ちょっとややこしいのでもう一度登場人物を整理しておきます。

アイテム用途
MagEZ Case 2iPadケース。中心となるアイテム
MagEZ Stand専用スタンド。デスクトップスタイル、サブモニターなど
MagEZ Folio
(この記事で紹介)
iPadカバー。Apple Pencil、動画閲覧、持ち運び時
Magic KeyboardApple純正キーボードカバー(トラックパッド付き)
Smart Keyboard FolioApple純正キーボードカバー

もちろん全てのアイテムを持っている必要はありません。MagEZ Case 2は必要ですが、その他は必要なものだけがあればエコシステムの恩恵を受けられます。

デスクトップスタイルにはしないからスタンドはいらないとか、あまり持ち歩く機会もないのでMagEZ Folioはいらないとか、自分のスタイルに合わせて選択可能。

MagEZ Standでデスクトップスタイル

前述の通り、iPadの保護と各スタイルでの使いやすさはなかなか共存が難しい。ケースやカバーを付け替えるのはやっぱり手間ですからね。

そういった手間を限りなく低減させるのがこのエコシステムです。

ESRのカバーとの比較

ではMagEZ Folioに話を戻して、最後に他カバーと比較してどうなのかを紹介します。

こんなこと書くとメーカーさんが苦笑いしちゃいそうですが、実はMagEZ Case 2をつけたままでも他社カバーに装着できちゃいます。

ESRのカバー
ESRのカバー

具体的にはESRのSmart Folio的な同タイプのカバー。

MagEZ Case 2付きでも装着できちゃう
MagEZ Case 2付きでも装着できちゃう

ESRのカバーはApple Pencilカバーも付いているし、何よりMagEZ Folioより安い。それならESRのカバーでいいんじゃない?みたいな感じになっちゃうじゃないですか。

というわけで、実際のところどうなのか比較してみてました。

結論を言うと使えなくはないです。しかし、ふたつのデメリットを抱えることになります。

磁力弱い問題

まずデメリットひとつめ。磁力の弱さ。

ESRのカバーでも一見貼り付いたような感じはするんですが、MagEZ Folioに比べると磁力が弱い。ふとしたときに外れてしまいそうで怖みがあります。

ちょっと怖さある

一方でMagEZ Folioの場合は、このようにカバーで持ち上げることもできるほどマグネットが強力。

真似はしないで!

やはりマグネット位置を合わせて作られているだけあります。この安定感を出せるのは専用ケースのなせる技。

ウェイク・スリープが失敗する問題

次にデメリットふたつめ。そもそもサイズ的に無理があるのでカバーにズレがあります。

浮いてる

このズレが影響するのがウェイクなどの動作。めくったり閉じたりしてもウェイク・スリープが失敗することがあります。

めくってるよ!起きて!

例えば、動画再生したままカバーを閉じると通常は再生が止まってスリープします。ところが、スリープが失敗すると閉じてるのにずっと動画が流れてるみたいなことになります。

また、めくるときもウェイクが失敗するといちいち電源ボタンを押すなどでスリープ解除するという手間が発生します。

ということで結論に戻るわけですが、やはり専用カバーがベストなのは間違いありません。

やはり専用カバーと組み合わせてこそ

ESRのカバーはPITAKA MagEZ Folioの約2/3くらいの価格で買えます。個人的にはそのくらいの価格差なのであればデメリットが大きすぎるかなと感じますね。

もしESRのカバーが1/4、いや半分くらいの価格で買えるなら・・デメリットを我慢して使う道が見えるかもしれません。

PITAKA MagEZ Folio レビューまとめ

以上、PITAKA MagEZ Folioをレビューしました。

繰り返しになりますが、MagEZ Folioの優れたポイントはiPadを保護しつつ利用スタイルを手軽に切り替えることができるところです。

そのため、やはりMagEZ Case 2を前提としてこそ本領を発揮するアイテム。購入を検討する際はMagEZ Case 2を持っている場合、あるいは、同時に購入するのがベストだと思います。

さらにMagEZ Standもあるとより活用の幅が広がります。とはいえ、そうなると結構なお値段になってくるのがネック。

しかし、こういったアイテムは他にないのも事実。カバーやケースの付け替えに課題を感じている人には最適なソリューションになると思います。

というわけで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

iPad Pro用

※カバー購入の際は商品ページでご自身のiPadと合うかをよく確認してください。

iPad Air用

その他のMagEZシリーズもレビューしています。ぜひ合わせてどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる