RAVPower RP-PC144レビュー:コスパいい!2ポート30WでiPhone 12やMacBook Airに最適なUSB充電器

こんにちはKoh(@misc_log)です。

iPhoneと「何か」を同時に充電できて、コンパクトで携帯性が高く、それでいて安い。

数々の「欲しいところ」を刺してくるRAVPowerから、そんなコスパ充電器が登場。それがこの「RP-PC144」。

RAVPower RP-PC144

最大30Wの2ポートで、「iPhone 12シリーズ + 小型デバイス」を充電したり、M1モデルを含めたMacBook Airにもジャストな充電器。しかも2,000円ちょっとと手頃。

メーカーさんからサンプル提供してもらったので、使用感や性能をレビューします。

目次

RAVPower RP-PC144の特徴

RAVPower RP-PC144はUSB-CとUSB-Aの2ポートを備えた最大30WのコンパクトなUSB充電器。

RAVPower RP-PC144の特徴
製品名RP-PC144
カラーブラック
出力USB-C単独:30W
USB-A単独:18W
同時使用:20W + 10W
サイズ約49 x 49 x 29 mm
重量約80g

正直、30Wクラスのサイズ感としてはめちゃくちゃ小さいわけではないんですが、USB-CとUSB-Aの2ポートとしては十分小型。

USB-CとUSB-Aの2ポート
USB-CとUSB-Aの2ポート

出力的には結構いろいろな充電の組み合わせが考えられると思います。

  • USB-C単独(30W)・・・iPad ProやAir(第4世代)の急速充電、iPhoneの急速充電、MacBook Air
  • 2ポート同時(20W + 10W)・・・iPhoneを急速充電しながらApple WatchとAirPods Proとか、iPadを通常充電しながらiPhoneとか

iPhoneの急速充電 + 小型デバイス、あるいは、iPad Pro / Air + iPhoneという使い方を中心に考えるのが最も良さを引き出せると思います。

加えて、USB-C単独使用なら30Wに対応するため、MacBook Airを付属充電器と同等の出力で充電できちゃいます。

iPhone 12シリーズの急速充電器としてはもちろん、MacBook AirやiPadがメインな人も、これひとつ持っていれば結構汎用的に使えるはず。

コンパクトなサイズ感

MacBook Airの付属充電器をひとまわり小さくしたサイズ感。

MacBook Air付属充電器より一回り小さい

2ポートなのに1ポートの付属充電器より小さいので、リプレイスしちゃうのは全然アリだと思います。出力も同じですし。

2ポートなのに小さいのは優秀
2ポートなのに小さい

Apple純正の20Wと比べても、出力も高く、ポートもひとつ増えているのに若干大きい程度。

Apple純正20W充電器と比較

手のひらサイズでコンパクト。マットな質感で見た目も悪くない。

手のひらサイズでコンパクト

もちろんプラグは折りたたみ式なので、ガジェットポーチの中でも邪魔しない。

このサイズ感なら、普段の外出から出張まで幅広く活躍してくれるはず。

RAVPower RP-PC144の充電性能

RP-PC144は、USB-Cの単独使用ならMacBook Airを付属充電器と同じ出力で充電可能。

MacBook Airを充電

実際に充電してみても、約25Wと付属充電器と遜色ない出力。

また、iPad ProやiPad Air(第4世代)の急速充電にもちょうどいい。

iPad Proを充電
iPad Proを急速充電

約27.5Wで急速充電。iPad Pro付属充電器の2倍とまではいきませんが、1.6倍くらいの速度で充電できます。

約27.5Wで急速充電
約27.5Wで急速充電

また、さすがに急速充電は無理ですが、iPad Pro / AirとiPhoneの同時充電も十分実用的。

iPhoneとiPad Proを同時充電

この場合はiPad Proへ約18W、iPhoneへは約7.5Wで充電されます。

また、iPhone 12 Proを急速充電しながらAirPods ProやApple Watchなどの小型デバイスを同時充電。

iPhoneを急速充電しながらAirPods Proを充電

この出力なら、iPhoneは30分で0%→約50%まで回復するため、急いでいるときにも便利。

ちなみに、MacBook AirとiPhoneを充電するとそれぞれ約18Wと約7W前後。

MacBook AirとiPhoneを同時充電

これだけ出れば運用上無理ではないですが、高負荷な作業をしているときに出力不足に陥る可能性はあるかもしれない。

ただまあ、カフェでちょっと作業するくらいのときなら持ち歩く充電器をひとつにできるメリットは大きいので、簡単なドキュメントワーク程度ならこの運用も全然アリ。

RAVPower RP-PC144レビューまとめ

というわけで、RAVPower RP-PC144をレビューしました。

もし、iPhoneだけを急速充電できればいいなら20Wの1ポート充電器を選ぶ方がサイズはもっと小さくできます。しかし、もし他にも充電したいものがあると、別の充電器が必要になるため荷物が増える原因に。

RP-PC144は、iPhoneを急速充電しながら他のなにかも充電したい、また、MacBook AirやiPad Pro / Airも充電したいというニーズに、できるだけサイズをおさえたまま対応可能な充電器。

複数のデバイスを持ち歩く人に最適なので、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる