Apple Watch

【レビュー】Apple Watchを傷や衝撃から守るカスタマイズ可能でおしゃれなケース「CrashGuard NX バンパーケース」

こんにちはKoh(@misc_log)です。

僕はここ数年毎日Apple Watch(アップルウォッチ)を使っており、決済、通知を含めて完全に任せているので忘れると改札すら通れません。

それくらい毎日ハードに使用していると、気になるのは衝撃や傷。

どれだけ気をつけていても、ぶつけたりなど「ヒヤッ」とする瞬間が結構あります。

そんなときにつけておきたいのがApple Watch用ケース。

ケースをつけて運用すれば衝撃や傷からApple Watchを守り、日常使用はもちろん、運動時などハードな使い方をしても安心。

ということで、Apple Watchをしっかり保護するスタイリッシュでおしゃれなケース「RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケース」をレビューします。

保護しながらもデザインを犠牲にしない、こんなの待ってたというケースです。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケースの特徴

CrashGuard NXケース」はRhinoShieldというブランドが製造しているデザインカスタマイズが可能なApple Watch用のバンパーケース

RhinoShieldより提供してもらい使用してみたところ、おしゃれで使いやすくとても良いケースでした。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースの特徴日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、RhinoShieldは台湾に本社があり、台湾はもちろん欧米では知名度あるブランド。

TwitterInstagramのフォロワーも多く、iPhoneケースなどのアクセサリー類を多数販売しています。

そんなRhinoShieldから販売されているApple Watchケースですが、大きな特徴は3点。

CrashGuard NXケースの特徴
  • ミルスペックで衝撃や傷からしっかりガード
  • デザインカスタマイズが可能でおしゃれに使える
  • 安心で快適な使用感

非常に優れた特徴であるこの3点について詳しく紹介します。

ミルスペックで衝撃や傷からしっかりガード

CrashGuard NXケースは「MIL-STD 810G落下試験規格」に適合しており、1.2mの高さから落下しても保護できる可能性が高いとされてます。

ミルスペック、正式には「MIL規格」というもので米軍が使用する上で必要する条件を満たしているかどうかを決定するもの。

つまり客観的にみて「タフ」なケースだよということです。

このように、Apple Watch全体を包むように装着。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースはミルスペック

Apple Watchはスマートウォッチという性質上、決済のために何かにかざしたり、頻繁に触ったり、一般的な腕時計とは違う使い方をするもの。

そのため、衝撃や傷にさらされやすい。

実際に、僕のApple Watch Series 4も買って間もない頃にすでに傷つけてます。

Apple Watchに傷が白い筋のような傷

これ、全く身に覚えがないんですよね。

画面に保護フィルムを貼っていたものの、まだケースをつけていなかったのでボディ部分に傷がついてました。

見ると結構萎えるんですが、傷だけで済んで良かった。

どれだけ気をつけていてもこういったことは起きてしまうものですが、「CrashGuard NXケース」をつけていれば防ぐことが可能。

ケースを装着すると、Apple Watch本体を囲むように側面全体を保護できます。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースは本体をしっかりガードサイドのクラウン部分はオープンになっており、ボタンはケースが覆うタイプ。

サイドはオープンタイプクラウンが埋没するので若干回しづらくなりますが指の腹で回すようにすればOK。

反対側のスピーカー部分もオープンになっており塞ぐことなく使用可能。

スピーカー部もオープン

また、わかりづらいかもしれませんがケースのフチが本体の画面より高くなっており、画面部も衝撃から守ってくれます。

ディスプレイより高いフレームケースディスプレイより高いフレームケース

Apple Watchを保護するために考えつくされた設計で、あらゆる衝撃や傷からガードしてくれる。

使っているとわかると思うんですが、日常使いでもApple Watchをぶつける瞬間って結構あります。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースはとにかく丈夫CrashGuard NXケース」はMIL規格に適合した頑丈なケースで、多少乱暴に扱ったとしてもしっかりApple Watchを保護。

日常使いに、運動時に、ハードに使う人でも安心です。

デザインのカスタマイズが可能でおしゃれ

CrashGuard NXケース」はデザインカスタマイズが可能で、自分の好みやバンドに合わせおしゃれに使えるのが他のケースにはない最大の特徴。

耐衝撃をセールスポイントにするケースは「いかつくてゴツい」ものが多いですが、見た目の好みが分かれるところ。

このケースはシンプルでスタイリッシュなデザインです。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースはデザインカスタマイが可能赤系にカスタマイズ

このカスタマイズ性はケースのパーツに秘密があります。

ケースはリムフレームケースの2つのパーツで構成され、それぞれを組み合わせて使います。

リムとフレームケースリム と フレームケース

本体にフレームケースを装着。

フレームケース自体も丸みを帯びたデザインで角ばっておらず「いかつさ」がなくスマート。

装着しているところ装着しているところ

次にリムを上からかぶせるように装着。

上からリムを装着リムを装着

このようにフレームケースとリムを装着してひとつのケースになります。

フレームケースとリムでひとつのケース完成

フレームケースが7色、リムが11色展開で組み合わせは70種類以上。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースの組み合わせは70以上組み合わせは70パターン以上

ケース購入時にケース同色のリムがひとつ付属し、さらにもうひとつリムが付属するので好きな色を選べます。

組み合わせ次第で印象が大きく変わるので、好みやバンドの色に合わせて選べば個性的な自分だけのデザインに。

ブラックのケースにオレンジのリムブラックのケースにオレンジのリム

ブラックのケースとグリーンのリムとか。

ブラックのケースとグリーンのリムとか。

ブラックのケースに赤のリムに赤の文字盤。

ブラックのケースに赤のリムに赤の文字盤。

ホワイトのケースにピンクのリムで女性でも使えそうなかわいめの組み合わせ。

ホワイトのケースにピンクのリムで女性でも使えそうなかわいめの組み合わせ。

グレーのケースにオレンジのリムで個性的に。

グレーのケースにオレンジのリムで個性的に。

赤のケースに赤のリムで激しめのカラーも可能。

赤のケースに赤のリムで激しめのカラーも可能。

ブラックケースにブラックリムのように、もちろん同じ色で揃えてもかっこいい。

ブラックケースにブラックリムのように、もちろん同じ色で揃えてもかっこいい。このケースとリムのカスタマイズについては、公式のYoutubeにめちゃくちゃおしゃれでカッコいいイメージ動画が上がっているのでぜひ見てみてください。

耐衝撃という性能のためにデザインを犠牲にすることなく、スタイリッシュにApple Watchを使えるのが「CrashGuard NXケース」最大の特徴です。

【2019年】Apple Watchのタイプ別おすすめバンドランキング様々なApple Watchバンドを使ってきたので、その中から厳選したバンドをタイプ別にランキングしました。満足できるバンドが見つかるはずです。...

安心で快適な使用感

CrashGuard NXケース」は衝撃保護、デザインのカスタマイズ性以外にも優れた特徴があって、それは安心で快適に使用できるという点。

大きく分けて5つのポイントがあります。

Apple Watchの全series、どの画面サイズにも対応

購入時に自分のWatch seriesと画面サイズを指定できるようになっており、特定のseriesのケースだけないとか、画面サイズだけないとかそういったことがありません。

どのApple Watchにも装着できます。

ケースの装着がとても簡単

耐衝撃系のケースってとにかく装着がめんどくさいというイメージがありますが、このケースはとても簡単。

バンドを外す必要はありますが、Apple Watchをフレームケースにはめてリムをつけるだけ。

はめづらいとか、コツが必要とか一切ありません。きっと誰でも出来る。

さらに、装着の解説動画も公式にアップされているので安心。

かなり難易度の高い取り付け方を要求されるケースもありますが、「CrashGuard NXケース」はサッと装着可能。

薄型で軽量

このケース、余分な装飾的なものがなく、とにかく軽い。

余分な装飾的なものがなく、とにかく軽い。ゴテゴテとした装飾的なものがなくシンプル

材質はいわゆるプラスチック系素材で、とても軽量。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXバンパーケースは3g公式サイトでは4gになってますが僕のはかりでは3gでした。

耐衝撃系ケースはその衝撃性能の高さのため重かったりしますが、3gしかないのでつけていることを感じさせない。

有害化学物質を使ってない

プラスチック製品によく使用されている有害物質(BPAと言うそう)は皮膚を通して吸収され、人体に何らかの影響を及ぼすことがあるそうです。

「CrashGuard NXケース」はそういった物質を使用していないので、安心して使うことが可能。

これは僕も知らなかったんですが、こういった配慮は嬉しい。

バンドや本体との相性が良い

先に紹介した通り、ケースをつけてもデジタルクラウンが少し回しづらくなる以外には、Apple Watch本体の機能を犠牲にしません。

バンドとの相性もよく、サードパーティ含め手持ちのバンドはいろいろ試してみましたが、干渉せずに使用可能。

よっぽど特殊なバンドじゃない限りどんなバンドでも使えると思います。

もちろん、充電も普通に可能。

ケースをつけたまま充電可能正常に充電可能

さらに、僕は画面に保護フィルムを貼っていましたが、それと干渉することもありませんでした。

フィルムを付けても干渉しないわかりづらいですが、これでも下記の保護フィルム貼ってます。

このように使用する上での不安がなく、とても品質の高いケースです。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケースの購入方法

最後に、ケースを購入する方法や価格について紹介します。

RhinoShield公式サイトで購入可能。

購入はRhinoShield公式サイトにて

RhinoShield公式サイトでは、デバイスとケース/リムの組合わせを画像つきで確認できるので選びやすい。

基本セットは下記の通り。

  • フレームケース×1
  • ケース同色のリム×1
  • 好きなカラーのリム×1

セットで1,860円で、台湾から発送されるので送料が約550円程度かかります。

届くまではだいたい1週間強。

耐衝撃系ケースだと標準的な価格ですが、リムが2つ付属するし、この値段でこのクオリティならきっと満足できるはず。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケースレビューまとめ

CrashGuard NXケース」は衝撃保護力に加え、デザイン自由度の高さという他にはない優れた特徴を持った高品質なApple Watchケースです。

見た目のスタイリッシュさも含めて「Apple Watch」なので、ハードに使いながら、おしゃれな見た目も欲しいという方におすすめなケース。

RhinoShield Apple Watch CrashGuard NXケースレビューまとめ

男性でも女性でも使用できるデザインなので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

【2019年】Apple Watchを買ったら絶対に持っていたいケースとおすすめアクセサリーApple Watchを買ったらチェックしたいアクセサリーや周辺機器をまとめて紹介!Apple Watchが更に便利で楽しいデバイスになります。...
Apple Watch 充電スタンド
【これはマスト】Apple Watchのおすすめ充電スタンド【最新版】こんにちはKoh(@misc_log)です。 Apple Watch Series 5になっても相変わらずなのが充電中の置き場に困る事...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください