RAVPower RP-UM003 レビュー:大切なデータを手軽でスタイリッシュに持ち運べるポータブルSSD

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacやiPadを使っていると、日々溜まっていくデータをどうするかは大きな課題。

内蔵ストレージだけでは容量不足、あるいは複数デバイスをまたいでデータを共有したいときには、高速な外部ストレージがあると便利。

さらに、持ち歩きやすい小型サイズだとなお良い。

加えて、Appleデバイスと合わせて使うなら、やっぱり見た目も大事。

これらの特徴を全て持ったポータブルSSDが登場。それがこの「RAVPower RP-UM003」。

RAVPower RP-UM003

メーカーさんからサンプルを送ってもらったので、注目のポータブルSSD「RAVPower RP-UM003」をレビューします。

他にない特徴を持ち、使い勝手もよい製品だったのでSSDを検討している人の参考になれば。

RAVPower RP-UM003
小型で高速なだけじゃない、スタイリッシュなポータブルSSD
RAVPower RP-UM003は小型で高速という高い性能と、スタイリッシュなデザインをあわせ持つ。さらに、より信頼性のあるMLCを採用するなど、他にない特徴を持ったポータブルSSD。
性能
8.5
デザイン
9
価格
8.5
Good
小型で携帯性が高い
MLC採用による高い信頼性
スタイリッシュなデザイン
Bad
容量の選択肢がない
8.7
満足度

目次

RAVPower RP-UM003の特徴

RAVPowerといえば充電器やモバイルバッテリーでお馴染みですが、新たにポータブルSSDを発売。

RAVPower RP-UM003の外箱
高級感ある外箱

この「RAVPower RP-UM003」は、USB-C接続に対応した小型で高速なポータブルSSD。主な特徴はこちら。

  • 小型で携帯しやすい
  • スタイリッシュな本体デザイン
  • 最大540MB/sの高速データ転送
  • より信頼性のあるMLC方式を採用
  • パスワードによる暗号化ソフトが付属

容量は512GBのみ。Mac以外にもiPad Proや、もちろんWindowsでも幅広く使用できます。

USB-C to CとUSB-C to Aの2つのケーブルが付属しているので、接続する機器に合わせすぐに使い始めることが可能。

RAVPower RP-UM003の付属品
ポーチも付属してくる

個人的に優れたポイントだと思うのは、この本体デザインのカッコよさ。

RAVPower RP-UM003の本体ははスタイリッシュ
スタイリッシュな本体

SSDとは思えない見た目で、メタリックな質感がAppleデバイスにとてもよく合う。

ポータブルSSDは見えるところで使うことが多いため、見た目が良いのは嬉しい特徴。

小型でスタイリッシュな外観

「RAVPower RP-UM003」は亜鉛合金製のケースが使われ、高級感ある本体。縦長なのが特徴的。

RAVPower RP-UM003は小型でスタイリッシュな外観

色は濃いグレーで、iPad Proのスペースグレイに近い色合い。

RAVPower RP-UM003はiPad Proのスペースグレイに近い色合い

表と裏で異なる素材が使われており、裏側はガラスフィルムを貼ったようなツルツルとした質感。

RAVPower RP-UM003の裏側
裏面もシンプル

角をとった丸みのあるフォルムで、センスある筐体デザイン。

丸みのあるデザインがセンスある

ちなみに、出荷状態では本体に仕様シールが貼られてます。

仕様シールは剥がそう
仕様シールは剥がそう

このシール、きれいにはがせるようになっており、はがせば本体にはメーカロゴ以外の一切の文字がなくなります。

シールはきれいにはがせる
きれいに剥がせる

これいいですね。ロゴ以外に印字がないため本体がとてもシンプルでスッキリ。

ロゴ以外に印字がなくシンプル
シンプル!

保証時のため、剥がしたシールは説明書に貼り付けておくなど保管しておくことがおすすめ。

そしてこの「RAVPower RP-UM003」は、とにかく小さくて薄くて軽い。

RAVPower RP-UM003は小さくて薄くて軽い

サイズは約10cm×3cm。RAVPowerはライターサイズと表現してますが、まさにそんな感じ。

iPhone 11 ProとRAVPower RP-UM003を比較
iPhone 11 Pro / RP-UM003

厚みは約8.5mmと、1cm以下。

RAVPower RP-UM003は薄い!

ラップトップのMacを使っているとUSB-Cハブを持っている人も多いと思いますが、ちょうど一体型のハブを小型にしたような形状とサイズ感。

RAVPower RP-UM003はUSB-Cハブに近い形状とサイズ感
RP-UM003とSatechiのハブ

重量も約41gしかなく、ハブを持ち歩くような感覚で携帯できるので取り回しが楽。

付属のポーチに入れて運用
付属のポーチに入れて運用

接続はUSB-C(USB3.1 Gen2)に対応。理論値540MB/sの読み込み、480MB/sでの書き込みが可能。

RAVPower RP-UM003はUSB-C接続
USB-C接続

デバイスに接続しているときはインジケーターが光り、接続状態を確認できます。

RAVPower RP-UM003をデバイスに接続しているときはインジケータが光る

このように、小型で持ち運び性能が高く、何と言ってもデザインがスタイリッシュなので、どんな場所でも使いやすい。

ストレスない転送速度

日常的に使うデータを出し入れするなら、転送速度が速いSSD一択。経験上、データのやりとりが遅いと絶対使わなくなります。

「RAVPower RP-UM003」は、USB3.1 Gen2という高速通信可能な規格が採用されており、1GBのデータを理論上2〜3秒程度でやりとり可能。

MacBook Pro 2019 13インチに接続して転送速度を計測してみました。

RAVPower RP-UM003をMacBook Proに接続

結果はこちら。書き込み・読み込みともほぼ公称値通りの結果。

RAVPower RP-UM003の読み込み・書き込み速度

これだけ速度が出れば日常使いで困ることはそうそうないはず。

また、接続先を変えれば同じデータを別のデバイスで共有できるのも外部ストレージのメリット。

他PCはもちろんiPad Proでも使用可能です。

RAVPower RP-UM003はiPad Proでも使用可能

ちなみに、「RAVPower RP-UM003」はMLCという記録方式が採用されてます。

一般的に使われるTLCという方式に比べ精度と耐久性が高いのが特徴。

RAVPower RP-UM003はMLC方式を採用
MLC方式を採用したSSD

信頼性は高いがコストも高いMLCを採用しながらも、価格をおさえたSSDであるという点も優れた特徴のひとつ。

暗号化ソフトで堅牢なデータ運用

「RAVPower RP-UM003」には暗号化ソフトがストレージの中に格納されてます。

「ATAパスワードロック」を使ったシンプルなパスロックで、ストレージ内のデータにアクセスするためにパスワードを必要とするもの。

盗難や紛失からデータを守ることができ、よりセキュアな運用が可能なのでクリティカルなデータを入れる際に安心。

ただ、iPad ProやAndroidでは復号化できないので注意。PCとiPad ProでSSDを共有する可能性があるなら使わない方が無難。

加えて、パスワードをもし忘れると初期化することになります。「パスワード忘れ = データ消滅」になるので運用には十分な注意を。

RAVPower RP-UM003レビューまとめ

ということで、RAVPower初のポータブルSSDを使ってみましたが、求める機能はもれなく備え、本体デザインにもこだわりを感じられる製品でした。

小型で高速なSSDは数あれど、より信頼性のあるMLCを採用し、デザイン性をあわせ持っているのは他にない優れた特徴。

RAVPower RP-UM003は機能と見た目を兼ね備えたポータブルSSD

機能に加え、見た目にもこだわりたい人におすすめなポータブルSSDなので、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

RAVPower RP-UM003
小型で高速なだけじゃない、スタイリッシュなポータブルSSD
RAVPower RP-UM003は小型で高速という高い性能と、スタイリッシュなデザインをあわせ持つ。さらに、より信頼性のあるMLCを採用するなど、他にない特徴を持ったポータブルSSD。
性能
8.5
デザイン
9
価格
8.5
Good
小型で携帯性が高い
MLC採用による高い信頼性
スタイリッシュなデザイン
Bad
容量の選択肢がない
8.7
満足度

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる