Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンド レビュー:デザイン最強!iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時充電できるスタンド

URLをコピーする
URLをコピーしました!

美しい3 in 1!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Appleが大好きな僕たちのために作られた充電器と言えば3 in 1タイプ。

iPhone、AirPods / Pro、Apple Watchといった僕らなら必ず持っている3種の神器を同時に充電できる優れものです。

ただ、3デバイスがおさまるものとあって存在感大きめ。そうなるとインテリア的な性能も欲しいところ。見栄えは重要ですからね。

この「Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンド」は、機能だけでなく高いデザイン性を備えた3 in 1充電器。

Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンド

どうですかこれ。もうさすがだよSatechi!と言わざるを得ない見た目。まさに最強のインテリア充電器。

今回、Satechiからサンプルを提供してもらったので詳しくレビューします。

充電性能や使い勝手、Belkin3 in 1と簡単に比較もしています。ぜひ参考にしてください。

目次

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの特徴

スタイリッシュで高性能なAppleデバイス周辺機器を製造・販売するブランドであるSatechi。そんなSatechiから登場した3 in 1充電スタンド。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの特徴

下記の3デバイスを同時に充電できます。

  • iPhone 13、12シリーズ
  • Apple Watch
  • AirPods / AirPods Pro

iPhoneはMagSafeを使ってくっつけるタイプです。そのため対応機種であってもMagSafe非対応ケースをつけているとダメ。

MagSafe非対応ケースの場合には別売りのマグネットシールを貼ればくっつきます。ちなみに、これを貼るとiPhone 11シリーズでも使えるようになります。

マグネティックステッカー
マグネティックステッカー

また、充電には20W以上の充電アダプタが別途必要。Ankerのが小さくて安くて良いと思います。

Anker PowerPort III Nano 20Wは極小サイズ
Anker PowerPort III Nano

Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンドの充電性能はこちら。

デバイス充電性能
iPhone7.5W
Apple Watch 2.5W
AirPods5W

MagSafeでiPhoneをくっつけますが実体としては「マグネット + Qi」の7.5Wタイプ。Apple Watch 7から対応した急速充電には非対応。

それぞれの充電性能としてはまあごく標準的といった感じでしょうか。

3 in 1と言えばBelkinを思い浮かべる人も多いと思いますが、Belkinは唯一と言ってもいい15WのMagSafe対応機種。そのため充電性能ではあちらが上。

Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンドの優れた特徴は、デザイン性の高さとおさまりのいい形状。

Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンド

前述の通り3 in 1スタンドは3つのデバイスがおさまるためサイズ的には大きくなります。存在感が大きいものを置くならやはりカッコいいものが理想的。

もちろんデザインの好みは人それぞれですが、この見た目はぶっ刺さる人も多いんじゃないでしょうか。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの外観やサイズ感

土台部分と、そこから1本伸びるステンレスバーが特徴的な本体。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの外観やサイズ感
Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの外観やサイズ感

角が取れた丸みのある長方形。滑らかな曲線が美しい。

曲線が洗練された印象を
曲線が洗練された印象を

サイズは幅が約13cm、長さは8cm。充電器としては結構存在感のある大きさ。

まあそれなりに大きいよね
まあそれなりに大きいよね

土台上部は光沢仕上げの黒パネル。つややかな表面からこれでもかというほど高級感が溢れます。

ザ・高級感!
ザ・高級感!

この充電器、実はApple Watch用スタンドが着脱可能になっている珍しいタイプ。

付属品一式
付属品一式

Apple Watch用スタンドを本体に挿して使います。

着脱式スタンド
着脱式スタンド

Apple Watchスタンドのすぐ前にはAirPodsエリア。コイル部分にマークがついてます。

マークにAirPodsを置く
マークにAirPodsを置く

正面には充電状態を示すインジケーター。デバイスが正常充電されていると白点滅します。

インジケーター

Apple Watch充電スタンド側の側面にSatechiロゴ。

USB-Cポートは背面に。ケーブルは付属してきますがその他のケーブルももちろん使用可能。

USB-Cポート
USB-Cポート

底面もアルミ仕上げ。各仕様表示はここにまとめられてます。

底面に仕様表示

1本そびえ立つステンレスバーはiPhone用充電エリア。凛々しさえ感じるたたずまい。

iPhone用充電エリア

このようにどのパーツも質感が高く、どこからどう見ても高級感を感じる仕上がり。いやもうすごいですねこれは。

3 in 1充電器としては後発ですが、飛び抜けた高いデザイン性でいきなり圧倒的な存在感を見せつけました。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドの使用感や充電性能

では、実際の使用感や充電性能について詳しく紹介します。

インテリアとして優秀すぎる存在感

やはり何と言ってもたまらないこの存在感。

インテリアとして優秀すぎる存在感
たたずまいよ・・

デスクに置けばおしゃれで実用的なインテリアの完成。

デスクに設置
良すぎる

シェルフなんかに置くのもカッコいい。

見るたびにテンション上がるたたずまい。このデザイン性の高さはさすがSatechi製品。

ただ、ひとつ気になるのが黒パネル。これ、傷つきやすく目立ちやすいです。写真にはおさめられないので無理やり加工したのがこちら。

白っぽいのが傷、汚れ、指紋

傷つけないよう注意を払う必要もあるし、指紋や汚れをこまめに掃除する必要もありそうです。指紋や汚れはしょうがないとしても傷つきやすいのが結構ショック・・。

それぞれのデバイスの装着感

裸、あるいはMagSafe対応ケースをつけたiPhoneならしっかりと充電器におさまります。落ちたりズレたりしません。

縦でも
横でも

土台がしっかりしているため付け外し時もズレることはありません。このあたりの作り込みはさすがしっかりしてます。

ただ外すときはMagSafeならではの「片側からはがすように」する必要はあります。垂直に引っ張るとさすがにズレます。

Apple Watchは横に寝かせるタイプ。適当に置いてもストッとおさまり充電が失敗するようなこともありません。

Apple Watchを充電

この形状なら基本的にはどんなバンドでも干渉することなく置けると思います。

この形ならバンド干渉はなさそう
この形ならバンド干渉はなさそう

ただ、ちょっと不安なのがケース。

ストッパーのようなものが付いており、そこにApple Watchが引っかかるような感じでおさまります。なので、ごっついケースをつけていると干渉するような気がしなくもないですね。

出っ張りに分厚いケースが干渉すると充電できないかも

手持ちのケースでは問題ありませんでしたが耐衝撃系のごつごつケースは注意が必要かもしれません。

ちなみに、Apple Watch用スタンドはUSB-C端子を持ったセパレートタイプなので、このままモバイルバッテリーとかに挿せばApple Watch充電器になります。外出用にいいかもしれない。

モバイルバッテリーに
モバイルバッテリーに
充電できちゃった
充電できちゃった

最後にAirPodsですが、マークを狙ってアバウトに置けば問題なく充電できます。

AirPodsはQiのコイルマークを狙って
マークを狙って

ただ、専用のくぼみなどがあるわけではないためあまりにも手前に置くとダメ。マークの位置を意識して置きましょう。

また、ここはAirPodsに限らずサイズ的に置けるものならワイヤレス充電可能です。

小型のワイヤレスイヤホンならいける
小型のワイヤレスイヤホンならいける

AirPods置き場だけやや当たり判定に注意が必要ですが、基本的にどれも「おさまるところにおさめていく」だけなので使い勝手は良いですね。適当にやっても大丈夫。

つける・はずすを動画にしたのでご覧ください。(音がでます)

充電性能

充電性能・速度はこのタイプの充電器としては標準的な性能を持ってます。

iPhone 13 ProApple Watch 7AirPods Proをまとめて充電した結果がこちら。

AirPods Proのイヤホン本体は100%充電状態でのスタートです。

経過時間iPhoneApple Watch AirPods Pro
0%64%61%
10分5%71%69%
20分14%81%78%
30分22%90%83%
1時間47%100%94%
1時間30分70%
2時間90%
2時間30分98%

iPhoneは2時間30分充電しても100%ならず。でもQiにしては結構速いですね。とはいえ、純正のMagSafeなら約2時間で満充電できるため比べるとやはり遅め。

Apple Watchはスタートが64%からですが約1時間で100%。0からだと100%までに2時間以上かかると思います。まあこのタイプとしては標準的な範囲ですね。AirPods Proも同様。

実用的な速度で充電できる
実用的な速度で充電できる

超高速!ってわけじゃないですが、これだけ出れば十分実用的だと思います。

Belkin 3-in1との比較

多くの人が気になると思うので簡単に比較をしておきます。ちなみにBelkinからは寝かせるタイプも登場しましたが、今回はスタンドタイプとの比較です。

まずはざっくり機能比較。

SatechiBelkin
iPhone出力7.5W15W
Apple Watch出力2.5W5W
AirPods出力5W5W
形状長方形円形
電源要20Wアダプタ
USB-C
ACアダプタ付属
価格約13,800円約14,600円

繰り返しになりますが、充電性能は全体的にBelkinが優秀。iPhoneとApple Watchの出力値はSatechiの倍です。

ただ実際の充電速度だと倍は開きません。例えばiPhone 13 Proの充電1時間まででこのくらいの差。

SatechiBelkin
0%0%
10分5%11%
20分14%21%
30分22%30%
1時間47%52%

1時間経つころには約5%程度まで差を縮めてます。思ったより差は出ませんね。

ただまあ、あくまでもこれは1回測った結果。もちろんですが高出力の方がそりゃ充電は速いです。Apple Watchも同様。

サイズ的にはSatechiの方がやや小型。Belkinはアームが大きく横にせり出しているため存在感が大きいですね。

上:belkin 下:Satechi

デスクに置く前提だとSatechiの方が配置はしやすいと思います。

次に価格。Satechiがわずかに安い。ただ、もし20Wアダプタを別に買うとなるとBelkinより高くつく可能性はあります。

しかし、SatechiはUSB-Cなのでケーブルの長さなどが好きにできるのはメリット。一方のBelkinは専用ACアダプタを使うためケーブルの長さは固定されます。

Belkin 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeのACアダプタ
BelkinはACが必要

あと、細かいところですがAirPodsの充電のしやすさはBelkinの方が上ですね。くぼみがあるため位置調整が簡単。Satechiも難しいわけじゃないですが目測は必要。

BelkinはAirPodsが置きやすい
Belkinは置きやすい

というわけで、ざっと2機種を比較しました。

少しでも充電速度を求めるならやはりBelkinが強いのは揺るがないですね。そこにこだわらなければSatechiも良いところは多いという感じです。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドレビューまとめ

以上、Satechi 3-in-1 マグネットワイヤレス充電スタンドをレビューしました。

3デバイスの定位置を作って同時充電でき、インテリアとしても優秀なワイヤレス充電スタンドです。デザインにこだわる人におすすめしたい1台。

Satechi 3-in-1 マグネット ワイヤレス 充電スタンドレビューまとめ

最後に良いところと残念なところをまとめます。

良いところ
残念なところ
  • 3デバイス同時充電
  • 洗練されたデザインでインテリアにも
  • Apple Watch用スタンドを取り外せる
  • USB-Cケーブルが交換可能
  • 20W以上のアダプタが別途必要
  • バネルに傷が付きやすい、目立ちやすい
  • 価格はそれなりにする

ちなみに、今回メーカーよりサンプルを送ってもらったのですが製品に初期不良と思わしき点がありました。問い合わせしたところ交換に。

僕は自分でもたくさんSatechi製品を買ってきましたがSatechiで初期不良は初めて。驚きましたが、その後の対応がとてもスピーディーで好印象。サポートの質も高いブランドだと感じました。

というわけで、もし気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる