Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブ レビュー:まるで純正!MacBook AirにちょうどいいUSB-Cハブ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacBookのベストなUSB-Cハブ選びに余念がないのですが、カッコいいハブと言えばSatechi。

そんなSatechiのUSB-Cハブの中でもデザインがトップクラスにイケてるハブを紹介します。それがこちらの「Satechi イーサネット付き スリム 7in1ハブ

Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブ

USB、HDMI、カードリーダー、LANポートなど汎用的に使える7ポートを持ち、可動式LANポートという珍しい機構を備えています。

日常使いには十分な7ポート搭載
日常使いには十分な7ポート搭載

今回、メーカーより提供してもらったので詳しくレビューしていきます。

MacBook全般で使えますが、USB-Cポートの給電能力的にはM1/ M2 MacBook Airあたりにちょうどいいハブだと思います。

ハブを探している人はぜひ参考にしてください。

目次

Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブの特徴

その名の通りスリムで扱いやすいのが特徴的なUSB-Cハブですが、そんなスリムさとは対象的に7つものポートを備えてます。

Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブの特徴

USB-C、Aはもちろん、HDMI、カードリーダー、有線LANなど、豊富な種類のポートを備えているため、一般的な用途には十分対応できるはず。

また、Satechiらしいスタイリッシュなデザインがスリムになってさらに際立ち、デザイン的にもMacBookのパートナーとしてふさわしいアイテムです。

美しいUSB-Cハブ
美しい

多彩なポートにカッコいいデザインを持ったUSB-Cハブですが、実はそれだけじゃありません。他のハブにはない優れた特徴をいくつか持っています。

  • 有線LANがあるのに本体が薄い
  • 有線LAN以外のポートが全て1方向に並んでいる

このあたりがかなりレアな特徴です。というわけで、そのあたりも含めSatechiのスリムUSB-Cハブを詳しく紹介していきます。

ポート一覧

まずはSatechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブが持っているポートを紹介します。

ポート一覧

USB-C充電用 × 1ポート(最大60W)
USB-A2ポート(最大5Gbps)
HDMI1ポート(最大4K@60Hz)
SDカード1ポート(UHS-1)
Micro SD1ポート(UHS-1)
有線LAN1ポート(最大1Gbps)

このようにそつなく備えているという感じのポート構成。それぞれの位置は画像の通りです。

ポート構成

1点ちょっと気になるのはUSB-CポートのMacへの給電能力。

最大で約60Wとなっていますが、通常ハブは約15Wを自身に使います。そのため、Macへは約45W程度の電力を供給できることになります。

Macへは実質45W給電となる
Macへは実質45W給電となる

MacBook Airであれば急速充電できる能力ですが、61Wが必要なMacBook Proだとちょっと心もとないですね。そういう意味でもMacBook Air用として使うのが妥当なところかもしれません。

ただ、M2 MacBook Airは65W程度での高速充電ができるようになったため最高速度での充電はできません。

デザイン・サイズ感

アルミで無機質な外観がまるでApple純正じゃないかと思わせるたたずまい。

デザイン・サイズ感
控えめなロゴ

裏側には仕様表示などがありますが、ロゴと同じく控えめでシンプル。このあたりはさすがSatechiのアイテムです。

仕様表示のサイズも最低限

7ポートとそこそこの数のポートを備えているため、さすがに手のひらからはこぼれるサイズ感。

しかし、すごいのはこの薄さ。厚みが約1.2cmと有線LANを備えたハブとしては驚異的です。

薄い!
薄い!

これはブラックというカラーですが、他にもスペースグレイ、シルバーがあり全3色展開。どのカラーもMacと相性抜群です。

ちなみに、USB-Cハブでブラックというカラーは非常に珍しく、そのあたりもデザインや見た目にこだわるSatechiならでは。

Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブ レビュー

このハブならではの珍しい特徴を含め特徴を深堀りして紹介します。

有線LANがあるのにスリム

このUSB-Cハブ、有線LANがあるハブとしては圧倒的な薄さを持っています。その秘密はこの特殊な機構。

閉じているLANポート
閉じているLANポート
持ち上げることができる
持ち上げることができる

ハブのおしりの部分が可動式になっており、必要なときだけLANを接続できるようになっています。

必要なときだけ

これめちゃくちゃすごいことで、他にこんなことできるものってほとんどありません。

通常、LANを備えたハブというのはこんなに薄くはなりません。というのも、LANは他のポートに比べ物理的に「高さ」があるので厚みを出しちゃうんですよね。

LANが厚みの原因
LANが厚みの原因

ほとんどの場合、USB-Cハブの厚み = LANの高さと言っても過言ではないくらいですが、このハブは可動式にすることでスリムさを実現してます。

LAN以外のポートが片方に寄せられる

もうひとつレアな特徴があって、それはポートの配置です。7ポートもあるのにポートが片方に寄っています。

一般的に7ポートもあれば本体の左右にポートが分かれるため、使うときに左右のスペースがそれなりに必要です。

通常は両側に場所が必要

ところが、一方方向に並んでいると片側に寄せられるためスマートで省スペースに使うことができます。

反対向きにすれば全て外側に

あんまりこういうところって目が行かないものですが、実は使い勝手を左右する重要な要素です。

4K60Hzでのモニター出力

このハブのHDMIは4K60Hz対応であるため、外部モニターを使う際にはヌルヌル動く4K映像を楽しめます。

一応確認してみましたが、しっかりと4K60Hz出力していました。

4K60Hzで出力

以前よりは増えてきましたが、まだ4K30Hzまでというハブもある中、しっかりと対応しているのはさすがSatechi製品。

価格は高めだけどデザインはさすがSatechi

レアで優れた特徴を持ったUSB-Cハブですが、他社製に比べやや価格が高いのがデメリット。

信頼性ある有名メーカーの7ポートUSB-Cハブだとだいたい7,000円くらいが相場かなと思いますが、このハブは約9,000円します。

とはいえ、可動式のLANポートや統一されたポート方向、そしてスタイリッシュなデザインと、他社製にはない特徴を備えています。

そのあたりに価値を感じる人に検討してみてもらいたアイテムです。

他USB-Cハブの選択肢は?

SatechiからはたくさんUSB-Cハブが出ているので、欲しいポートに合わせていくらでも選べるはずです。

例えば、この記事で紹介したスリムハブはLANポートを含めた7ポートハブですが、LANはいらないって人もいますよね。そんな人はLANだけが取れたこの6ポートがおすすめです。

逆にもっといろいろ欲しい人はこの9ポートのハブ。これ、Macと接続するケーブルが外せるのでめちゃくちゃ便利です。

ケーブルが取り外せる

こちらで詳細にレビューしていますので気になる人は合わせてこちらもどうぞ!

また、その他USB-Cハブ、さらに固定用で使うドッキングステーションなど、それぞれおすすめをまとめてますので、他にもっとないかなーという人はご覧ください。

Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブ レビューまとめ

以上、Satechi イーサネット付き スリム 7in1 USB-Cハブをレビューしました。

可動式のLANポートにより薄型で持ち運び性能が高い7ポートUSB-Cハブです。デザインも含め、MacBook Airのパートナーとしていいんじゃないでしょうか。

良いところ
残念なところ
  • 4k60HzのHDMIを含めた汎用的な7ポート
  • おしゃれなデザイン
  • 可動式有線LAN
  • 扱いやすいポート配置
  • 他社製品に比べ価格が高い

デザインや質感にもこだわりたいという人に手にとってもらいたいアイテムです。もし気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる