Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1レビュー:ケーブルが取り外せるスタイリッシュなMac用ハブ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

やっぱりSatechiは性能も見た目も強い。

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacBook Pro / AirユーザーでUSB-Cハブを持っていない人、あるいは、持っているけど不満がある人はぜひこの記事を見ていってください。

世の中にはさまざまなUSB-Cハブが販売されていますが、性能、そして、デザインを兼ね備えているブランドといえばSatechi。

この「Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1」も非常に優れた特徴を持ったUSB-Cハブです。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1

4Kモニターを出力できるHDMI、Macへ最大100W給電できるUSB-Cなど9つのポートを備え、美しいアルミニウム仕上げのボディが特徴的。

Satechiよりサンプルを提供してもらったので詳しくレビューします。

Mac用USB-Cハブを探している人はぜひ参考にしてください。

目次

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1の特徴

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は9つのポートを備えたUSB-C接続のハブ。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1の特徴

9つという数は一般的に見ると非常に多く、これさえあれば周辺機器接続で困ることはないであろう装備。

また、このハブは他のUSB-Cハブにはない優れた特徴を持っています。

それは、接続用のケーブルが格納式、さらに、取り外し式であること。

ケーブルを収納している状態
収納している状態
取り出そうとしている状態

外れるとなんか良いことあるの?と思うかもしれませんが、これはとても優れた特徴です。後ほど詳しく紹介します。

また、MacBook Pro / Airはもちろんですが、USB-Cポートを持った他MacやiPadにも使用できるUSB-Cハブなので、モニターやUSB機器などを拡張したい人におすすめです。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1は圧巻の9ポート!

さて、まずはポートの種類や位置、性能を紹介します。

ポート一覧

USB-A2ポート
USB-Cデータ転送用 × 1
充電専用 × 1(最大100W)
HDMI1ポート(4K@60Hz)
VGA1ポート(1080P@60Hz)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN1ポート

ポートの位置関係はこちら。9ポートも備えているだけあり前後左右全てに何らかのポートが存在します。

両サイド

サイドのポート構成
サイドのポート構成

前後

前のポート構成
後ろのポート構成

モニターを接続して、外付けSSDを接続して、SDカードも接続して、有線LANも・・などなど、一般的な用途における拡張はだいたいこなせる種類と数。

なかでもVGAポートを持っているのが珍しいですね。HDMIと合わせ幅広いタイプのモニターに対応できます。

ふたつのモニター出力ポート

モニター出力はHDMIとVGAの2ポートが使えます。残念ながらUSB-Cによる映像出力は非対応。

HDMIは4K60Hzに対応。なめらかな映像を楽しめます。

4K60Hzでなめらかな映像を楽しめる
4K60Hzに対応

最近は増えてきましたが、以前は4K60Hz対応のハブはほとんどありませんでした。

30Hzだとどうしてもカクつきが気になるので、4Kモニターを使っているなら60Hzはマストでほしいところです。

VGAは対応機器を持っていないため試せていませんが1080P 60Hzまで。フルHD画質が最大になるようです。

珍しいVGA端子
珍しいVGA端子

映像表示の条件として、HDMIとVGAの同時拡張出力には非対応です。例えばHDMIとVGAで2台のモニターを接続してもそれぞれ別々の映像を表示させることができません。

モニター2台同時接続するとミラーリングとなり、同じ映像が表示されます。

Macの左側使用で取り回ししやすく

このハブはMacの左側に置いて使うことを想定していると思われます。その想定通りに使うとHDMIは奥に伸びることになるためケーブルの取り回しがしやすい。

Macの左側で使うと便利
Macの左側で使うと便利

USB-Cが2ポートしかないMacBookの場合はそのまま左側で。両側にUSB-CポートのあるMacBookを使っている人も左側使用を想定しておくとキレイにまとまると思います。

USB-Cはデータ用と充電用を備える

USB-Cポートは2つ。HDMIと同じ向きに並んでいます。これらはそれぞれデータ転送用と充電用といった役割を持ってます。

充電用USB-Cとデータ転送用USB-C
充電用USB-Cとデータ転送用USB-C

データ転送用ポートは外付けSSDなどを接続するのに最適。

真ん中のUSB-Cで外付けSSDを接続
真ん中のUSB-Cがデータ転送ポート

接続しているのはSAMSUNGのT5というSSD。ハブを経由した速度とMacに直接接続した場合の速度を比較しました。

ハブ経由の速度
ハブ経由
Macに直接接続した場合の速度
Macに直接接続

書き込みはどちらもだいたい同じですが、読み込みがハブ経由だと305MB/sに対し、直接だと384MB/s。まあさすがに直接にはかないませんがこれだけ速度が出れば実運用上は問題ないと思います。

注意点として、このポートで何らかの機器を充電することは非推奨です。iPhoneを充電したりはできないので注意。

もう一つのUSB-Cポートは充電用。充電用といってもMacに電力を送るためのポートです。

Macに最大100Wを供給できるUSB-Cポート

最大100Wの電力をMacBookに送れます。ここから電源を取ればMacにはハブのケーブル1本つなげるだけ。とてもスマート。

MacBookにはケーブル1本スタイル!
Macにはケーブル1本だけ!

100WならMacBook Pro 16インチでもまかなえる電力ですが、実際にはこのUSB-Cハブそのものに最大15Wの電力を割かれます。

そのため、96Wを必要とする16インチMacだと100Wの電源アダプタを使っても推奨電力を下回る可能性はあります。15インチ以下のMacであれば大丈夫。

USB-Aポート、SDカード、有線LANも

USB-Aに挟まれるようにSDカード、Micro SDポートが備えられてます。

USB-Aポート、SDカード、有線LAN

USB-A同士が十分離れているためマッチョな機器を接続しても干渉する可能性は低そう。

USBメモリを接続
USBメモリを接続

USB-Aポートはいずれもデータ用ポート。何らかのデバイスを充電するのは非推奨。ただとてもわずかに電力は流れているためAirPodsなどの小型デバイスであれば充電可能です。

AirPods Proを充電
AirPods Proを充電
約1.6Wとわずかだが充電はできる
約1.6Wとわずかだが充電はできる

また、僕はSDカードをよく使うんですが、抜き差しやデータ転送に不安なところはありません。サクッとカードの中身をMacへと転送できます。

SDカードリーダーでデータ転送

その他、有線LANも僕にとっては必要なポート。可能ならやはりMacは有線がベスト。速度、安定性ともに向上します。

有線LAN
最大1Gbpsの有線LAN

出張などでホテルを利用する際、有線LANしかないケースはあるあるです。そういったときにも対応可能。

取り外せるケーブルにはメリットしかない

そして、個人的にはこのUSB-Cハブ最大の特徴だと思っている接続ケーブル。デタッチャブル(付け外し)タイプは本当に珍しい。

ケーブルが取り外せる

一般的なUSB-Cハブはケーブルを取り外すことはできないようになっています。

一般的なUSB-Cハブはケーブルを取り外せない

ケーブルが伸びているため扱いづらい。そして、長さが決められてしまうためMacとの位置調整に自由がききません。

また、ケーブルの根本付近は繰り返し折り曲げると断線の原因になります。

ケーブル断線すると使えなくなる
断線しやすい根本部分

ケーブルが取り外せることで扱いやすく、さらに壊れづらい、もし問題があっても違うケーブルに変えてしまえばそれで解決します。

このようにケーブルがデタッチャブルであることにはメリットしかありません。

短いケーブルはハブに収納できる

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1」にはMac接続用のUSB-Cケーブルが2本付属しており、そのうち1本はなんとハブそのものに格納できるようになっています。

使うときはこのように取り出します。

そしてハブに差し込んで使用準備完了。

ハブにケーブルを差し込んで使用準備完了。

使い終わったら収納することでケーブルが邪魔にならず持ち運ぶときもスマート。

短いケーブルは約10cm程度で、至近距離でMacを使うとき用。持ち運びや外出先で使用する際に最適な長さ。

もう1本付属しているケーブルは1メートルタイプ。このケーブルはデスクで位置を固めたい場合に便利ですね。

位置を固めたいときには長いケーブル

自由度が高く壊れづらい。この接続ケーブル機構はきっと便利に感じるはず。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1のデザイン・サイズ感

では最後に見た目とサイズ感を紹介します。

機能だけじゃないのがSatechi。Macを始めとしたApple製品との相性は抜群。使いたくなるデザインです。

さすがSatechi!美しすぎるハブ

本体は全面アルミで美しいラインが特徴的。

美しいデザイン

Macのスペースグレイとよく合う色合い。まるでApple純正品のような仕上がり。

まるで純正品のような仕上がり

ロゴも控えめでシンプルな本体は使おうという気になる美しさです。

サイズはそこそこ大きい

最後にサイズ感ですが、9ポートも備えているだけありそこそこ大きいです。長さでいうと約12cm程度。

サイズはそこそこ大きい

ひとつ下のスペックである「Satechi V2 マルチUSB-Cハブ」と比べてもサイズ差は一回り以上。

Satechi V2 マルチUSB-Cハブより一回り以上大きい

重さは約124g。小さいiPhoneには近いくらいの重量。

重さは約124g

このように、それなりのサイズ感ではあるため荷物を小さくしたい人にとっては扱いづらいかもしれません。

自宅の固定USB-Cハブとして、あるいは、どんな場所でも備えとしてあらゆる機器を接続できるようにしておきたい人におすすめです。

もしもっと小さいのが良いという場合には、ポートが少なくなったスリムタイプもあります。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1レビューまとめ

以上、Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1をレビューしました。

Satechiらしいデザイン性と性能。そして取り外し&収納式のケーブルを備えた優れたUSB-Cハブです。

Satechi On-The-Go マルチ USB-Cハブ 9-in-1レビューまとめ

最後に良いところと残念なところをまとめます。

良いところ
残念なところ
  • ケーブル取り外し&収納式
  • 全部入り9ポート
  • 4K60HzのHDMI
  • 最大100Wの給電ポート
  • サイズが大きめ

Macには周辺機器が必須といっても過言ではないので、外部モニターやストレージを始め、いつでも接続できる拡張性を手に入れたい人におすすめです。

もし気になったらチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

他にもMacBook Pro / AirにおすすめなUSB-Cハブをまとてます。こちらもぜひ合わせてどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる