【レビュー】旅行や出張、外出時に便利なSatechi USB-C Apple Watch充電ドック

2020 2/18
【レビュー】旅行や出張、外出時に便利なSatechi USB-C Apple Watch充電ドック

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Apple Watchを運用する上で、若干めんどくさいのがバッテリー持ちの悪さと付属ケーブルにおける充電。

充電忘れなどの運用エラーが発生すると、ヒヤヒヤしながら使う羽目になるというつらみが。

そんなApple Watchのめんどくさいを解決してくれるかもしれないアイテムがSatechiから発売されました。

それがこの「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」です。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック

僕はSatechiのものが好きなのでとりあえず買うわけなんですが、アルミボディでカッコよく、Apple製品と相性抜群なところはさすがSatechi!

という一方で、運用する上ではちょっと気になるところもありました。

ということで、使用感や気になる点を含め「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」をレビュー。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック
コンパクトなUSB-C直挿し充電ドック
Apple WatchをUSB-C直挿しで充電でき、コンパクトで携帯性にも優れたSatechiの充電ドック。アルミボディがカッコよく、見た目のレベルも高い。ただ、直挿しでスマートな反面、干渉問題もあるのでそこはトレードオフ。
機能・使いやすさ
6.5
携帯性
8.5
デザイン・見た目
9
価格
6
Good
USB-C直挿しでケーブルレス
スマートでカッコいい
コンパクトで携帯しやすい
Bad
干渉問題がある
価格が高め
7.5
満足度

目次

旅行や出張、外出時に便利な「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」の特徴

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」は、USB-Cで直挿しできるケーブルレスなApple Watch充電ドック。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックの特徴

Apple Watch付属のケーブル充電器を持ち歩く必要がなくなるため、外出時の充電対策として非常に便利。

Apple Watch付属の充電ケーブル
ケーブルはいろいろとつらみがある

USB-Cポートさえあれば、直挿しでApple Watchを充電できるので、MacやiPad Pro、モバイルバッテリーなどで手軽に充電可能です。

実は、USBで直挿しできるタイプの充電ドックはこれまでもあったんですが、USB-Cタイプというのは他にないと思います。

USB-Cで直挿しできる充電ドック

Satechiはワイヤレス充電器マウスもそうですが、USB-Cをバンバン採用するので、早く身の回りのものをUSB-Cにしたい勢にはたまらないですね。

本製品もUSB-Cで直挿しできるのが最大の特徴で、コンパクトで持ち運び性能も抜群な充電ドックです。

ちなみに、もちろんMFI認証を取得した製品。

MFI認証とはAppleの仕様に基づき準拠した製品であることを示すもの。OSのアップデートなどによって使えなくなることがないとされている。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックの外観・デザイン

数々のおしゃれ製品を出しているSatechiとあって、デザインや見た目は間違いないですね。

Satechiのおしゃれプロダクト

Apple Watchを乗せるマグネットをアルミボディが包み込み、高級感があってカッコいい。

アルミボディがカッコいい

裏側もアルミ仕上げで、SatechiロゴとFCCマーク。

裏面

手の中にスッポリとおさまるサイズでかさばらない。

手におさまるサイズ感

重量も約28gと軽く、携帯するのも安心。

28gと軽い

スペースグレイのアルミボディがApple製品との相性抜群で、使うテンションも大きく上がります。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックはスペースグレイがカッコいい

Apple Watchの充電をケーブルレスでスマートに

デザインもシンプルですが機能もシンプル。どこかに接続するだけで、Apple Watchを充電。

MacBook ProやiPad Proをはじめ、USB-Cポートがあればどこにでも接続可能。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックをMacBook Proで使う

カフェなどで作業をしているかたわらにサクッとApple Watchを充電できるので、付属充電器のケーブルに翻弄されることがなくなります。

狭いテーブル上での作業中も場所をとらず、充電がスマートに。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックはケーブルレスでスマート

iPad Proであっても同様に、USB-Cポートに接続するだけで手軽にApple Watchを充電できます。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックをiPad Proで

もちろん、モバイルバッテリーでもUSB-Cポートさえあれば大丈夫。

モバイルバッテリーでもOK

また、外出時に加え、旅行や出張に行く際などは複数ポートの充電器を持っていく人も多いと思います。

USB-Cが接続できる充電器なら使用可能
SatechiのUSB-Cが2つ挿せるチャージャー

これはSatechiの複数ポート充電器ですが、こういった充電器でも使用可能。

わずらわしいケーブル付き付属充電器を持っていかなくても、この充電ドックさえあればバッチリApple Watchを充電できます。

旅行や出張に便利

コンパクトなので携帯性が高く、ガジェットポーチに入れておけば重宝すること間違いなし。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックはコンパクトで携帯性に優れる

ケーブル付きの付属充電器では考えられないような、シンプルでスマートな使い方ができるのが優れた特徴。

「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」の気になるところ

上記の通り、優れた特徴を持つ一方で、気になるところも。

まずMacBook Proへの接続時。

MacBook Proに接続すると、2つあるUSB-Cポート両方を潰しちゃうんですよね。

MacBook Proのポートを両方潰しちゃう
どちらのポートも潰しちゃう

両側にUSB-Cポートのある上位グレードのMacBook Proはともかく、片側にしかポートがないMacBook Pro、MacBook Airなどの場合は結構致命的。

Macそのものを充電できないですからね。

USB-Cハブを経由させれば良いといえばいいんですが、それでもやはり何らかのポートが犠牲になると思います。

USB-Cハブでも何かを潰す
何かはきっと潰れる

ハブのポートの並びにもよりますが、高確率でなにかを潰すでしょうね。

ただこれは、この充電ドックに限らず直挿し系の宿命みたいなものなので、ケーブルレスとトレードオフなところ。

また、iPad ProはそもそもUSB-Cがひとつしか接続できないので、充電ドックを使うとiPad Pro本体への充電はできなくなります。

iPad ProはUSB-Cが1つのため充電できなくなる

まあ、Apple Watchはバッテリー容量が小さいので、そんなにシビアに親側のバッテリーを気にする必要はないと言えばないですけどね。

あと、iPad Proの場合は、寝かせて使用する時にループタイプのバンドをつけたApple Watchを充電しようとすると、バンドが接地面にあたってiPad Proが浮きます。

寝かせると接地面が少し浮く

裸iPad Proを寝かせて使うことが多いと気になるかも。Apple Pencil使うときとか。

USB-Cポートを持ったAndroid端末でも

USB-Cポートを持ったAndroidスマホでもこの充電ドックを使えます。そんなことするかどうかは別にして。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドックはUSB-Cポートを持ったAndroid端末でも
Pixel 4で充電

ただ、スマホにはケースをつけている人は多いと思いますが、USB-Cポート付近もカバーするケースだと干渉して挿せない可能性が高いです。

ポート付近を覆うケースだと干渉する
このタイプのケースだと干渉する

いちいちケース外すのはかなりダルいので、干渉しそうなケースを使っている場合は注意。

ちなみに、干渉問題やMacのポート潰しちゃう問題を避けるための延長ケーブルが販売されてます。

ただ、、これでは直挿しのメリットがなくなってしまう・・。

というか、ケーブル付きでいいならUSB-CのApple純正充電器を買うほうが安くなってしまう

このあたりを総合的に考えると、僕はモバイルバッテリーメインで使うのがベストかもなと思いました。

モバイルバッテリーならあまりアレコレ考えずに使えますからね。

モバイルバッテリーメインで運用して、バッテリーに余裕がある時にはiPad ProやMacでも使うみたいな。

旅行や出張、外出時に便利な「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」レビューまとめ

運用上は気になるところもありますが、ケーブルレスなUSB-C直挿しでApple Watchを充電できるものって他にないのは事実。

コンパクトで携帯性抜群なので、外出時や旅行・出張などに重宝すること間違いなし。

そして、デザイン的にApple製品との相性が最高に良いので、見た目にもこだわりたいという人におすすめな充電ドックです。

「Satechi USB-C Apple Watch充電ドック」はカッコいい。
Satechi製品はやっぱりカッコいい。

ということで、Apple Watchを外出先でもスマートに充電したいという人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

Satechi USB-C Apple Watch充電ドック
コンパクトなUSB-C直挿し充電ドック
Apple WatchをUSB-C直挿しで充電でき、コンパクトで携帯性にも優れたSatechiの充電ドック。アルミボディがカッコよく、見た目のレベルも高い。ただ、直挿しでスマートな反面、干渉問題もあるのでそこはトレードオフ。
機能・使いやすさ
6.5
携帯性
8.5
デザイン・見た目
9
価格
6
Good
USB-C直挿しでケーブルレス
スマートでカッコいい
コンパクトで携帯しやすい
Bad
干渉問題がある
価格が高め
7.5
満足度

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる