Satechi デュアル バーティカル スタンドレビュー:省スペースに2台のデバイスを収納できるおしゃれなPCスタンド

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacBookをクラムシェルで使うとき、 もしくは保管するときなど、縦に置けるスタンドがあるとスペースの節約になってはかどります。

そして、このデジタルデバイスが増えた現代においては、1台だけでなく、2台くらいおけると便利。もちろん、見た目もまとまりよくおしゃれに・・。

そんなスタンドがSatechiにはあります。それがこの「Satechi デュアル バーティカル アルミニウム スタンド」。

前後に分かれ、最大2台までのデバイスを縦向きに配置可能。設置場所の省スペース化に貢献するスタンドです。

  • MacBookとiPhone
  • MacBookとiPad
  • iPadとiPhone

このような感じで、厚み1.5cmと1cmまでのデバイスをふたつ置くことができます。

おしゃれ周辺機器ブランドのSatechiのスタンドとあって、デザイン性が高く、スタイリッシュな見た目が魅力的。インテリアとしても優秀です。

メーカーよりサンプルを提供してもらったので詳しくレビューしていきます。

デスクなどに2台くらいのデバイスを立てるスタンドが欲しいなと思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

Satechi デュアル バーティカル スタンドのデザインやサイズ感など

Satechi デュアル バーティカル スタンドは2台のデバイスを縦向きに配置できるアルミニウム製スタンドです。

つくりとしては非常にシンプル。段差のついたふたつの溝に様々なデバイスを配置できるスタンドです。

それぞれの溝にデバイスを設置できる

大きさは幅13cm、長さ8.5cm、高さ5.5cmと「スタンド」という名前の響きからもっと大きなものを想像してましたが、非常にコンパクトなサイズ感。

もっと大きいものだと思っていた

重さは約313g。金属製でしっかり重さがあるためコンパクトでもグラついたり倒れたりしないようになっています。

約313g

背面にも滑り止めのゴムが設置されているためズレたりしづらくなっています。

デバイスを置く部分にはゴムグリップがついており、デバイスを傷つけないよう考慮されています。

黒い部分がゴム

ただ、ゴムと言っても柔らかいふにゃふにゃしたものというより、そこそこ硬さがあるのであまり乱暴に置くのは危険かなと思います。

それなりに硬さはある

こういったアルミニウムの製品はSatechiのお家芸。非常に質感高く重厚感あってカッコいい。

Satechiロゴ

カラーはスペースグレイのみ。光の当たり方によっても多少変わりますが、実際の色合いもスペースグレイに近いです。

シルバーデバイスでも同じアルミ同士なのでそこまで違和感はないと思います。が、僕はシルバー系のAppleデバイスを持っていないため何とも言えず・・(すみません)

Satechi デュアル バーティカル アルミニウム スタンドにおけるデバイスは?

前述の通りこのスタンドは前後に2つの溝があります。それぞれのサイズは、

  • 後方:1.5cm
  • 前方:1cm

となります。このサイズを超えるものは設置できません。

後方が主にMacBook用ですね。1.5cmなら最近のMacBookならだいたいどれでも設置できるはずです。これはM1 Max MacBook Pro 14インチを設置したところですがちょうどくらいでした。

だいたいちょうどくらい

MacBook Pro 14インチ、16インチの場合はケースのようなものをつけていると入らないようです。

その他、Macの厚みに影響するようなアクセサリー系をつけていると設置できないこともあると思うので、心当たりがある人はご注意下さい。

王道なのはこのようにMacBookとiPhoneという組み合わせでしょうか。

前方にはiPhoneはもちろんiPadも置くことができます。下の画像はM1 MacBook Pro 13インチとiPad Pro 11インチです。

M1 MacBook Pro 13インチとiPad Pro 11インチ
M1 MacBook Pro 13インチとiPad Pro 11インチ

ただ、iPadくらいのサイズになるとこのような感じでMacにもたれかかるような感じにはなります。

もたれかかるようになる
もたれかかるようになる

Macがないからと言って倒れるわけではないですが、本体同士が触れ合うので出し入れのときに傷つけないよう多少意識する必要がありますね。

また、iPadはこのように置いた状態で使うことも可能です。横向きはもちろん、縦向きでもきちんと姿勢を維持できます。

iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチ
iPad Pro 12.9インチ

スタンド下部はちゃんと考慮されているのか、 ホームバーをきちんと触ることが出来ます。

ホームバーを触れる

上部も不安定になりそうなものですが、突っつくように触っても反対側に倒れるようなことはありません。ただし、強く押すと傾きはします。ちなみにこれは12.9インチ。

12.9インチでも安定

もちろん、このまま充電ケーブルをつなげれば充電できるので、クラムシェルスタンドとしてもいいし、デバイスの充電台としても使うことができます。

充電台としても

Satechi デュアル バーティカル アルミニウム スタンドの残念なところ

シンプルなスタンドでカッコいいんですけど、クラムシェルで使うにあたって残念なところがひとつ。

Macをクラムシェルで使う際、リンゴマークを正しい向きにするとの排気口が下を向いてしまいます。

この場合、排気口を塞ぐ形になってしまうので排熱が心配です。

排気口を塞いじゃう

リンゴマークを逆さにすれば排気口が上を向くため問題ないんですが、そこはまあ見栄えにどこまでこだわるかでしょうか。

こうすれば一応解決はする
こうすれば一応解決はする

M1 MacBook Airならファンレスなのでそこは考える必要ありません。Intel MacBook AirやMacBook Proの人は覚えておいた方がいいと思います。

M2 MacBook Airもファンレスなので心配ありません

Satechi デュアル バーティカル アルミニウム スタンドレビューまとめ

以上、「Satechi デュアル バーティカル アルミニウム スタンド」をレビューしました。

2台までのデバイスを縦置きできる省スペースなスタンドです。Satechiらしいスタリッシュなデザインで、どこに置いてもおしゃれ。インテリア的感覚で使うことができます。

良いところ
残念なところ
  • 縦置きで省スペース
  • 2台のデバイスを設置可能
  • スタイリッシュなデザイン
  • クラムシェル利用だと向きに注意が必要
  • iPadを置くともたれかかるような感じになる

安くはないスタンドですが、Satechiにしては検討しやすい価格で販売されています。おしゃれなスタンドが欲しい人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる