Satechi ハイブリッド USB-Cハブ レビュー:なんとSSDスロットを搭載!おしゃれでMacBookに最適なUSB-Cハブ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Satechiからまたすごいの出た。

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Appleデバイスの周辺機器ブランドの中でもトップクラスにおしゃれで、そして高性能な製品を数多く販売するSatechiからすんごいUSB-Cハブが登場。

それがこの「Satechi ハイブリッド USB-Cハブ」。

Satechi USB-C HYBRID MULTIPORT ADAPTER

一見すると普通のUSB-Cハブですが、なんとSSDスロットを搭載。別売りのM.2 SSDを入れることが可能です。

M.2 SSDを入れられる

これいいですね。USB-Cハブと外部SSDが一緒になってしまいました。これさえあれば外付けSSDいらず。

メーカーよりサンプルを提供してもらったので使用感を含め詳しく紹介します。

目次

Satechi ハイブリッド USB-Cハブの特徴

Satechi ハイブリッド USB-CハブはSSDスロットを搭載した合計5ポートのUSB-Cハブ。

Satechi ハイブリッド USB-Cハブの特徴

MacBook Pro / Airはもちろん、iPad ProiPad miniでも使えます。

外部モニター接続用HDMI、充電用のUSB-C、その他にもUSB-A×2、そしてSSDスロットの4ポート + 1SSD。最低限ですが汎用的に使えるポート構成。

4ポート+1SSD
4ポート+1SSD

カラーは2色。スペースグレイとブラック。僕は今回ブラックを選びました。

ブラックの展開がある
ブラック超絶カッコいい

Satechiは製品によって「ブラック」を展開してますが数が少ない。そんな貴重なブラックを選べるのもこのハブの特徴。

Satechiらしいスタイリッシュなデザインとカラーで、性能はもちろん見た目も優れたUSB-Cハブです。

Satechi ハイブリッド USB-Cハブの外観やポート構成

ではまず外観やポート位置などを紹介します。

ロゴがある面を正面とすると、各ポートはケーブルを右側にして下向きに並んでいます。ポートの位置関係と一覧はこちら。

ポート一覧

USB-CMac給電用 × 1(最大100W)
※ハブに15W
USB-A2ポート(3.1 最大10Gbps)
HDMI1ポート(4K@60Hz)
SSDスロット1ポート
SDカードなし
MicroSDカードなし
有線LANなし

SatechiのAmazon詳細ページや日本語コンテンツではUSB-Aが5Gbpsポートとなっていますが、正しくはUSB3.1 10Gbps対応ポートだそうです。

ご覧の通り使いやすい汎用的なポート構成。SDカードや有線LANがないものの、高解像度モニター+少し周辺機器を接続したいといった一般的な用途にいいですね。

汎用的で使いやすいポート構成。それぞれに十分な感覚があるため干渉しづらい
それぞれに十分な感覚があるため干渉しづらい

目玉は背面にあるSSDスロット。ここに別途用意したM.2 SSDをインストールできます。

SSDスロット

SSD部分の使い方や性能は後ほど詳しく紹介しますが、ここに好みの容量のSSDを設置できるためUSB-Cハブが外部ストレージとしても機能するようになります。

USB-Cハブと外付けSSDがひとつに
USB-Cハブと外付けSSDがひとつに

USB-CポートはMacBookへの給電用。最大100Wに対応してますが、ハブそのものに約15W取られるため100Wのアダプタを使ったとしてもMacBookへは約85Wになります。

Macへ給電
Macへ給電

試しに65Wの充電アダプタを使ってみたところMac側は52Wと認識してました。

65Wのアダプタを使って52W充電

参考までに各MacBookの推奨電力はこちら。

デバイス推奨W数
MacBook Air 13インチ30W
MacBook Pro 13インチ61W
MacBook Pro 14インチ
※M1 Pro 8コア
67W
MacBook Pro 14インチ
M1 Pro、M1 Max
96W
MacBook Pro 15インチ87W
MacBook Pro 16インチ96W
MacBook Pro 16インチ
M1 Pro、M1 Max
140W

例えば、「MacBook Airを使ってるから30Wが欲しい」と思ったら45W程度のアダプタを使うといい感じになります。

USB-Aポートはデータ転送メインで充電は非推奨。ただAirPodsあたりの小型デバイスくらいなら充電できます。

AirPods ProをUSB-Aポートで充電

本体の大きさは幅約14cm、縦4.5cm、高さ1.5cm。SSDスロットを搭載しているだけあってポート数の割には大きめ。

ポート数の割には大きい

重さは約109g。やはりポート数の割には重めですね。

約109g

ケーブルの長さは約22cm。このタイプのハブにしては長めなのでMacに対して距離を取ることが可能。

ケーブルは約22cmと長め
ケーブルは約22cmと長め

ケーブルが長い分省スペースではないといったデメリットもありますが、マシンセッティングの自由度は上がります。

Satechi ハイブリッド USB-CハブにSSDを入れてみる!

では次に目玉機能について。SSDをインストールする方法や性能を紹介します。

SSDスロットは最大5Gbps対応。理論上は1GBのデータを2秒弱くらいで転送できます。

SSDはSATA接続タイプのM.2が必要。「何言ってるかわからん」という人は下の表の赤字を呪文のように覚えてください。

接続タイプSATA
※NVMeはNG
サイズM.2(2230、2242、2260、2280)
※2.5インチはNG

どこで買う場合にも上記は必ず書いてあるため、SATAのM.2を買えば大丈夫。容量にもよりますが500GBであれば5,000円位で買えます。

僕は以前から持っていたWDのM.2SSD 500GBを入れました。

インストール方法は簡単。開けて入れるだけ。順に解説します。

STEP
ハブのスロットを開ける

ハブの背面にあるスロットを開けます。指で押し出すようにすると簡単に外れます。

ハブのスロットを開ける
STEP
ゴムパーツをSSDにセットする

SSDスロットの中にゴムのパーツが入ってるのでこれをSSDに取り付けます。

ゴムパーツをSSDにセットする

このパーツをSSDに取り付け。

SSDにセット
STEP
SSDを押し込んでセットする

SSDを押し込んでセットします。

SSDを押し込んでセット

あとはスロットのフタをもと戻して終わり。

以上でSSDのセッティングは完了です。一般的にM.2 SSDをケースにセットする場合ドライバーでの作業が必要になるものですが、このハブはドライバーいらずでセットできちゃいます。入れ替えも簡単。

というわけで、早速MacBookに接続して使ってみます。

SSDの速度

実際にどのくらいの速度が出るのか測ってみました。2回計測した結果がこちら。

速度計測結果
1回目 / 2回目
書き込み読み込み
1回目223MB/s426MB/s
2回目223MB/s424MB/s

ハブ、そしてSSDのスペックにしては読み込みの数値がいいですね。思ったより出てます。一方で書き込みがあまり振るわないですが、Anker製のSSDケースを使っても同じくらいなのでこれは僕が使っているSSD自体の問題だと思います。

ちなみに、一般的な外付けSSDがどのくらいの速度になるかというとこのくらい。同じマシン(M1 MacBook Pro)で測ってます。

SanDiskの1TBの計測結果
342 / 389

人気の外付けSSD、SanDiskの1TB(約1万4000円)を使いました。

SSDの問題で書き込みは負けてますが読み込みはM.2 SSDの方が40MB/sくらい高速。

もちろん単純比較はできないんですが、Satechi ハイブリッド USB-Cハブなら、同じか少し速いSSDを安く使うことができそうですね。

ちなみに、メーカー公式サイトに動作確認済みの有名どころSSDが一覧化されてます。速度の計測結果なんかも記載されているので検討する際の参考にどうぞ。

加えて、5.12GBのデータをどのくらいの時間で転送できるかも計測してみました。

  • Mac → SSD:22秒16
  • SSD → Mac:11秒

もちろん令和の現代では機材を選べばもっと速度を出すことは可能ですが、その分価格が大幅に高くなります。500GBで約5,000円くらいのSSD、ハブと一体として使える・・みたいなことを鑑みると十分に実用的だと思います。

ハブ一体型は強い
ハブ一体型は強い

運用上も外部ストレージを別に持ち歩く必要がないため荷物をひとつ減らせるのも大きなメリット。

ちなみに運用上の注意点として、Macからハブを抜くときに他のハブのようにいきなり抜いちゃダメです。外部ストレージを扱うときのようにSSDをアンマウントしてから抜く必要があります。

発熱はするが思ったほどではない

さて、ご存知の人もいると思いますがM.2 SSDは発熱します。それもかなり。そして、ハブも結構発熱します。

そんな発熱するもの同士を一緒にして大丈夫なの?って思うじゃないですか。僕が真っ先に気になったのがコレです。

というわけで、HDMIで4Kモニターに接続し、そして充電しながらSSDの中で動画編集、書き出しをするという結構な負荷をかけて40分くらい作業しました。

結果的には、熱くはなるものの触れるレベルにはおさまりました。50度は行ってないです。あったかいくらいですね。

思ったほど発熱はしない
熱は持つが思ったほどではない

思ったより発熱が抑えられているのは恐らく「SATA」だから。このあと紹介する残念なところにも通ずる話なので、そちらで紹介します。

Satechi ハイブリッド USB-Cハブの残念なところ

Satechi ハイブリッド USB-Cハブの残念なところはSSDがSATAにしか対応していないところです。

M.2 SSDには大きく分けてSATAとNVMeという2つの接続タイプがあります。前述の通りこのハブのSSDスロットはSATA接続のみ。NVMe接続は使えません。

SATA / NVMeは似て比なるもの
SATA / NVMeは似て比なるもの

この2つの違いを乱暴に説明すると、あんまり速くないのがSATAめちゃくちゃ速いのがNVMeとまとめることができます。

SATA / NVMe 先端の形状がわずかに違う
SATA / NVMe 先端の形状がわずかに違う

せっかくM.2 SSDを使うならホントはNVMeが理想。めちゃくちゃ速いので爆速データ転送できるんですが、このハブだとそれは叶いません。

しかし一方で、発熱のくだりでも紹介した通りこのハブはSATAであることが発熱をおさえることに繋がっていると思われます。

NVMeのM.2 SSDは速度もすさまじいですが発熱もすさまじい。まさに爆熱。それにくらべSATAは発熱が軽め。

だからこそハブとの同居が実現できているのかなと思うのでなかなか難しいところではありますね。

Satechi ハイブリッド USB-Cハブレビューまとめ

以上、Satechi ハイブリッド USB-Cハブをレビューしました。

SATA M.2を使う必要はあるものの、一般的な外付けSSDを使うよりも低価格で同じ速度感のものを手に入れることができます。そして外部SSDを別々に管理する必要がないのも優れたポイント。

Satechi ハイブリッド USB-Cハブレビューまとめ

さらにMacBookと相性抜群なデザイン、見た目。性能と見た目にこだわったSatechiらしいUSB-Cハブです。

良いところ
残念なところ
  • USBハブ機能+SSDスロット搭載
  • 別々に管理する必要がない
  • スタイリッシュなデザイン
  • SSDがSATAのみ

USB-Cハブとストレージの別管理をしている人はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる