【2020年】スマホリング・バンカーリングのおすすめ4選【厳選】

2020 1/03
【2020年】スマホリング・バンカーリングのおすすめ4選【厳選】

こんにちはKoh(@misc_log)です。

僕は完全にスマホリングに依存していて、ここ数年スマホリングなしでスマホを使用したことはありません。

iPhoneもAndroidも持ってますが、スマホを買ったらまず購入するのがリングというくらいスマホリングジャンキー。

ワイヤレス充電ができなくなるなどデメリットもあるのですが、それを打ち消すような製品など、スマホリングは様々なものが販売されてます。

この記事では、スマホリングジャンキーの僕がおすすめのスマホリング・バンカーリングをまとめました。

目次

圧倒的におすすめなスマホリング・バンカーリング

現在のスマホリングはただの金属製のリングというだけではありません。

形や使い勝手含め様々なものが販売されており、カオスと言えばカオスな状況です。

そんな中から、僕のおすすめスマホリング・バンカーリングを紹介します。

人気、実力、コスパのトータルバランス!KYOKA スマホリング

低価格ながら、リングとしての機能はきちんと果たすトータルバランスに優れたスマホリングです。

人気、実力、コスパのトータルバランス!KYOKA スマホリング

僕がこのスマホリングの最も良いと思う点は「薄さ」です。なんと3mmしかありません

さらに、このリングは「平ら」になります。

画像

このようにリング自体に凹凸がないので、スマホを寝かせるようにおいてもフラット。

画像

僕の貼り付け位置が少し寄っているので、斜めに傾いてますが中央辺りに貼り付ければ完全にスマホがフラットになります。

一般的なリングをつけたスマホは寝かせるとこんなにフラットにはなりません。

これが実現できるのはフラットになる構造とその薄さによる恩恵。

デメリットをあげると、3mmという薄さを実現しているためにリング自体が細めで若干華奢な印象。

太いリングになれた僕には若干の違和感がありますが、価格と性能的には申し分ないリングです。

バンカーリングはやっぱり鉄板

実はバンカーリングって一般名詞ではなく「製品名」なんですよ。

製品名が一般名詞化してしまった伝説的なスマホリングです。

バンカーリング

スマホリングの中では高価格な部類に入るリングですが、クオリティが桁違い。

細すぎず太すぎない、ほどよいリング。

使用感、背面への吸着力、スタンドとしての安定性などやはりトップクラスです。

また、特筆すべきはその耐久性。

僕はこのリング2年以上使ってますが、その間一度も剥がれませんでした。

唯一、機能的に衰えてしまった部分は、リングをスタンドとして使用していると、重みに耐えられなくてパタンと倒れる場合があることです。

ただまあ2年使ったらもうしょうがないかなという部分ではあり、よくここまで持ったなと。

安定性と信頼性が抜群なスマホリングです。

豊富なカラーと機能性ならiRing

バンカーリングより後発の製品ですが、バンカーリングかiRingかと言われるくらい「二大スマホリング」のうちのひとつだと思ってます。

画像

特徴は、リングが完全な円ではなく平らになっているところがあるという部分。

これ何が嬉しいのかというと、スタンドとして利用した時の安定感が半端じゃないです。

画像
スタンドとして利用した時の安定感

このように接地面に対して並行になるので、スタンド利用時に抜群に安定します。

このように細かな部分にまで配慮があるのが嬉しい。

また、iRingはデザインやカラーが豊富。

画像

このようなマリメッコ風な柄のものなど、様々な種類があります。

iPhoneやAndroidの端末のカラーに合わせ色で遊ぶことが可能。

無骨なリングはやはりスマートさに欠けるところがあるので、見た目にもこだわれるのも特徴です。

外に質感のあるグレーがスマートなもの

キャラクターものまで幅広い。

これでも一部のカラーです。

リングとしての性能も高いので、機能性も欲しい、見た目でも遊び心が欲しいという方はiRingがおすすめです。

ワイヤレス充電に対応したスマホリング「iRing Link」

iRingの別シリーズとなる「iRing Link」はワイヤレス充電を可能にしたリング。

画像

一見すると普通のスマホリングなんですが、なんとこのリング部分を取り外す事が可能です。

画像

このように、リング部分が丸ごと外れる。

外し方も簡単で、スライドするだけ。全く力は必要ない。

画像

この取り外しができるという機能によって、ワイヤレス充電を可能にします。

iRing Linkならワイヤレス充電が可能
iRing Linkならワイヤレス充電が可能

iPhoneであれば8以降はワイヤレス充電に対応しており、以前に比べ普及もしてきています。

置くだけで充電できるのは本当に便利で僕も日常的にワイヤレス充電してます。

一般的なスマホリングはもちろんワイヤレス充電不可能なので、iRing Linkはスマホリングの弱点を克服した画期的なリング。

取り外しができるって簡単に外れちゃって危険なんじゃないの?と思ったんですが、その点も問題なし。

画像

このように引っ張られるような力をかけても外れる気配は一切ありません。

優れたiRingのスマホリング機能をそのままにワイヤレス充電にも対応したスマホリングです。

スマホリングもつけたい、ワイヤレス充電もしたいという場合はこのリングがおすすめです。

iRing Linkの詳細レビュー
あわせて読みたい
【レビュー】ワイヤレス充電も可能な取り外せるスマホリング「iRing Link」
【レビュー】ワイヤレス充電も可能な取り外せるスマホリング「iRing Link」こんにちはKoh(@misc_log)です。今日はスマホリングが抱えている弱点を見事に解消した画期的なスマホリングであるiRing Linkをレビューします。数ヶ月前に話題になって...

これまでにない使用感!momostick

「momostick」は一般的なスマホリングとは大きく異なるもので、使用における快適さは一回使ったらやめられません。

momostickを合わせて使用

背面に貼り付けて使用するという意味ではスマホリングと変わりませんが、リングがついてません。

どのように使用するかというと、バンド部分を「起こして」使います。

ケースの上からも使用可能
ケースの上からも使用可能

金属製のリングと違い、柔らかい使い心地。

寝かせておけばフラットになり背面がゴツゴツしません。

画像

また、デザイン性が高く見た目を損なわない。

WOODWE クルミ材ハードウッド iPhoneケースにmomostickをつけてガッチリホールド

どうしてもスマホリングは見た目を損なうものですが、momostickであればケースや端末を活かす事が可能。

さらに、金属製ではないという点がポイントで、ワイヤレス充電も可能。

WOODWE クルミ材ハードウッド iPhoneケースはワイヤレス充電が可能

見た目とワイヤレス充電というスマホリングの弱点をクリアにした優れた製品です。

リングとしてもしっかり機能し、指を通して使っていても不安な点はありません。

しっかりと落下防止や指の可動範囲が広がり、さらにワイヤレス充電も可能、見た目にもこだわれるという優れたリングです。

おすすめスマホリング・バンカーリングまとめ

リングを使うとスマホを使う上での圧倒的な操作感、安定感がやみつきになります。

以前、ハワイのレストランに行った際、レストランのスタッフにスマホを見せる機会があったんですが、「Gooooood!!!!」と言いながら僕のバンカーリングをえらく気に入ってました。

アメリカには無いんですかね?よく知りませんが、ちょっと引くくらい感激してたので、もしアメリカでも売ってるならきっと彼は購入しているでしょう。

もしまだ試したことがなければ、ぜひ一度使ってみてください。

スマホライフが劇的に良くなりますよ。

今日は以上です。それではまた。

スマホリングは本当に必要?位置やメリット・デメリットを解説
あわせて読みたい
【位置も解説】スマホリングは必要?メリット・デメリットを解説
【位置も解説】スマホリングは必要?メリット・デメリットを解説こんにちはKoh(@misc_log)です。僕はスマホリングジャンキーなので、メインで使うiPhoneを始めスマホには基本的にリングをつけてます。もうクセみたいなものですが、落...
超厳選したおすすめiPhone XS Maxケースまとめ
あわせて読みたい
【2019年】iPhone XS Maxケースおすすめ12選【シンプル・スタイリッシュ】
【2019年】iPhone XS Maxケースおすすめ12選【シンプル・スタイリッシュ】こんにちはKoh(@misc_log)です。2018年発売のiPhone XS / XS Maxは価格が高くなり、裸で使うのはちょっと恐ろしい。ケースをつけてiPhoneを使うのはそんなに好きじゃな...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Amazonで
お得にガジェットをポチる!

Amazonで買い物するならチャージが出来るAmazonギフト券を使うとお得。

現金でのチャージ額に応じて最大2.5%のポイントが貯まります。

ポチる前にチャージして
お得にガジェットをゲット!

関連記事

目次
目次