Spigen EZ Fit iPhone 14 Pro用レビュー:やたらと評判がいいガラスフィルムを貼ってみた話

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

いささか評判のよろしくない常時表示とダイナミックアイランドで話題のiPhone 14 Proですが、なんともう2度も落下させ、2枚セットのNIMASOのガラスフィルムを2枚ともダメにしてしまいました。

角が割れちゃった

ガラスフィルムのおかげか幸いにも本体は無傷だったわけですが、全く同じフィルムを貼るのも芸がないなと思いSpigenのやたらと評判のいい「Spigen EZ Fit ガラスフィルム」というものを買ってみました。

他メーカーでも最近ちらほら見かけますが、なんかすんごいキットがついてきてパッとやってヒュッと貼れるみたいな、なんかそんなやつです。

これが確かに簡単で、「失敗することあるの?」くらいの感じでiPhoneにガラスフィルムを貼り付けできます。

しかし、僕はなんと失敗してしまいました。失敗というかホコリが混入しました。ただ、これはフィルムが悪いわけではありません。

全体的にはとても優れたフィルムだと感じたので詳細をレビューするとともに、ホコリ混入の原因なんかも紹介していきたいと思います。

目次

Spigen EZ Fit ガラスフィルムの特徴

Spigen EZ FitガラスフィルムはiPhone用のガラスフィルム。実はもうかなり前から販売されている製品で、iPhone 14シリーズに限らず、過去モデルのiPhone用も存在します。

Spigen EZ Fit ガラスフィルム
Spigen EZ Fit ガラスフィルム

最大の特徴は付属の貼り付け用キットで超簡単に貼り付けができること。

簡単貼り付け
簡単貼り付け

このキットをiPhoneにかぶせるだけでフィルムが貼り付けできるため、位置合わせがいりません。ズレたり、対処できない気泡が入りづらくなるのがウリ。

ただその代わり、iPhone 14 Pro用フィルムの場合、2枚で1,799円と他フィルムに比べて少しお高めです。失敗する確率を下げるためのコストって感じですね。

ガラス自体の質に関しては、9H硬度とかいろいろ特徴は持ってます。が、まあだいたいどれも9Hですからね。ガラスフィルムとして他に比べて何かがすごく良いかと言うと、触っている限りはよくわかりません。

付属品など

Spigen EZ Fit ガラスフィルムの付属品はこちら。

  • フィルム貼り付けキット× 2
  • ウェットシート × 2
  • ダストリムーバーシール × 2
  • 気泡抜くためのヘラ
  • 紙類

割と標準的なセット内容です。他に必要になるものはないので、届いたらすぐ貼り付けできます。

Spigen EZ Fit ガラスフィルムの貼り付け

では、恐ろしく簡単な貼り付け方法を紹介します。細かいことを省略してざっくり言うと、被せて→はがすだけです。

STEP
まずは拭いてホコリを取る

付属のクリーナーで拭いたり、付属のダストリムーバーという名のシールでホコリを取ったりします。どのガラスフィルムでもやることですね。

STEP
貼り付けキットの剥離シールを剥がす

iPhoneの準備ができたらキットの剥離シールを剥がします。ここがiPhoneに貼り付くフィルム面になるため、剥がしたあとはさっさと次のステップにいく必要があります。

STEP
貼り付けキットをiPhoneにかぶせる

剥離シールを剥がした貼り付けキットを速やかにiPhoneにかぶせます。ここを手間取ると失敗の始まりです。上下の向きがあるのでそれだけ気をつけて一気にいきましょう。

STEP
真ん中を指でスライドし30秒待つ

真ん中の部分に指でなぞる場所があるのでそこを指で上下します。これでフィルムがきちんとiPhoneに貼り付きます。その後は定着するまで30秒待ちます。

STEP
iPhoneから貼り付けキットを外す

最後は貼り付けキットをiPhoneから外し、保護シートを剥がして終わり。

めちゃくちゃ簡単だった
めちゃくちゃ簡単だった

貼り付けは簡単だけどホコリは入る

このように貼り付けは非常に簡単なのですが、僕はホコリが入ってしまいました。ちなみに、2回チャレンジして2回とも入りました。

ちょっとわかりづらいのですが、2回とも糸くずみたいなのが入っちゃいました。これは恐らくホコリが舞いやすい乾燥した環境でやったことが原因です。

死ぬほどリムーバーでホコリは除去したので、恐らくキットをiPhoneにかぶせる一瞬のタイミングで混入したと思われます。

確かにこのSpigen EZ Fitは貼り付け方法はめちゃくちゃ簡単です。それは間違いないです。

が、ホコリに対する処置や環境づくりから逃れることはできないため、そのあたりが甘いと普通にホコリが入ります。

ホコリ対策は入念に
ホコリ対策は入念に

ホコリの少ないお風呂場でやるとか、部屋の湿度を上げるとか、入念にダストリムーバーを使うとか、そういった対策は必要です。

というわけで、普通にフィルムを貼るより難易度は間違いなく低いですが、絶対に失敗しないわけではないのでご注意ください。

Spigen EZ Fit ガラスフィルムレビューまとめ

以上、Spigen EZ Fit ガラスフィルムを貼ってみた感想を紹介しました。

ホコリは入りましたが「気分的に嫌だ」以外に実害はないのでそのまま使ってます。タップ操作や触った感じも違和感はありません。普通に良いフィルムです。

僕の感想としては、評判通り貼り付け方法が本当に簡単で人気があるのもうなずけるフィルムだと感じました。フィルム貼りに苦手意識がある人におすすめです。

ただ、ホコリに対する対処は他のガラスフィルム同様必要になるのでご注意ください。

というわけで、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる