【レビュー】iPad Pro(2018)用ケース 「ESR iPad Pro ケース」

2020 4/01
【レビュー】iPad Pro(2018)用ケース 「ESR iPad Pro ケース」

こんにちはKohです。

iPad Pro 2018を使う際、傷やホコリからガードするためにも、ケース・カバーはつけておきたいですよね。

裸で使うのもカッコいいんですが、これだけ高価格になるとさすがに気が引けるじゃないですか。

僕は純正の「Smart keyboard Folio」をiPad Proと同時に買ったので、普段はそっちを使うことが多いんですが、キーボードが付いていると邪魔な時があるのもまた事実であり、そんな時のために、サードパーティーのケースをいくつか持っています。

その中でも、かなりおすすめできるiPad Pro 2018用ケース「ESR iPad Pro ケース」をレビューします。

iPad Pro 2020モデル用ESRケースはこちらでレビューしてます。

目次

iPad Pro 2018用ケース 「ESR iPad Pro ケース」の外観

iPad Pro 2018用ケース 「ESR iPad Pro ケース」の外観

11インチ用

12.9インチ用

ESRのものはiPhoneケースなども持ってますが、なかなかにクオリティが高いです。

このカバーも評判が良く、「純正のSmart Folioにかなり近い」と言われているケースです。

純正Smart Folioにかなり近い質感

光の関係でロゴが光ってますが、肉眼で見るとこんなに目立ちません。

フタの見た目や質感など、Smart Folioとだいぶ近いですね。

裏側も純正風

そりゃよく見たり、触ったりすれば違いはありますが、裏側も純正のように起毛のような質感になっていたりなど、意識して作っているんだろうなという感じです。

ESR iPad Pro ケースは非常に軽く、僕のはiPad Pro 2018 11インチ用ですが、約149g程度です。

ESR iPad Pro ケースは軽い

純正のSmart Folioは11インチ用のもので、約170gくらいなので約10%以上軽いですね。

ちなみに、「Smart keyboard Folio」はくっそ重いです。

Smart keyboard Folioは297g

これはキーボードついているので、そもそも比べる意味もないですけどね。

用途が違うので不満はないですが、ただまあ何にしても軽いは正義ですよ。

iPad Pro 2018用ケース 「ESR iPad Pro ケース」はマグネットで装着

ESR iPad Pro ケースは、これも純正のSmart Folioと同じように、「マグネット」によって吸着して装着します。

マグネットによって装着

枠にはめるようなケースと違い、つけ外しが本当に楽です。

普段はキーボード付きのSmart keyboard Folioを使うので、つけ外しがめんどくさいと他のケースを使いたくないんですよ。

ただでさえめんどくさいことが嫌いなので、普段よく使うものが「めんどくさい」って思ったら絶対定着しないので。

そういう意味でもマグネットでつけ外しができ、気分や用途によって使い分けが簡単なので、ESR iPad Pro ケースは重宝しています。

iPad Pro 2018用カバー 「ESR iPad Pro ケース」は全面保護

このESR iPad Pro ケースは「前面保護」ではなく、前面も背面も両方保護する「全面保護」のケースです。

iPad Proの前モデルとその純正カバーと並べてみました。

旧iPad Proと比較

左がiPad Pro前モデルですが、背面むき出しになってます。

それはそれで軽量という良いところもあるんですが、やはり傷だらけにはなってます。

ESRケースは背面も保護してくれるので、本体が傷だらけになることはないですね。

また、iPad Pro 2018は背面のカメラに凹凸があるので、背面むき出しだと恐らくそのうちカメラがぶっ壊れます。

そのあたりの保護も万全。

カメラ部分の凹凸をケースが埋めてくれる

このように「ESR iPad Pro ケース」は背面含めてガードしてくれるので、ガツガツとハードに使っても安心です。

iPad Pro 2018用ケース 「ESR iPad Pro ケース」その他の特徴

オートスリープ対応

まあ割と普通ですが、オートスリープにももちろん対応しています。

カバーの開閉でディスプレイがON/OFFします。

第2世代Apple Pencilに対応

ケースによってはApple Pencilをマグネット装着できない(つまり充電できない)ものも結構ありますが、「ESR iPad Pro ケース」はきちんと対応しています。

2種類の角度

まあこれも普通です。出来ますよということだけ一応紹介しておきます。

これが一番角度をつけた状態です。動画を見たりするのにちょうどいいですね。

次に寝かせた状態。

こんな感じで基本的な使い方ももちろんできます。

iPad Pro 2018用ケース「ESR iPad Pro ケース」レビューまとめ

このように価格、質感、使い勝手、どれをとっても満足度が非常に高いカバーです。

性能としては純正に近いですが、価格は全然近くありません。

半分以下どころか約25%程度とコスパ抜群です。

純正カバーを持っていたら買う必要はないと思いますが、僕のように「Smart keyboard Folio」は持ってるけど、普通のカバーも欲しいという場合や、これからカバーを買おうと思っているけど「純正高いよ・・」って方におすすめです。

いくつかiPad Proケースを使ってきましたが、その中でも総合点が高く良ケースです。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

11インチ用 12.9インチ用 iPad Proにおすすめな最強アクセサリーまとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる