Mac

【レビュー】Magic Keyboard スペースグレイは圧倒的なカッコよさだった

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Macに合わせるキーボードは好みがあれど、僕はMagic Keyboard(マジックキーボード)が気に入ってます。

2018年3月にスペースグレイのMagic Keyboardが発売されたわけですが、カッコいいなと思いつつも「テンキー付き」に引っかかってずっとスルーしてたんですよね。

ところが数ヶ月前、気の迷いとも呼べる衝動買いを果たしました。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイカッコいいな、でもテンキーいらないしな、でもカッコいいなをずっとループしてたので、まあ良かったんですよこれで。きっと、たぶん。

ということで、高級感あるスペースグレイをまとったワイヤレスキーボード「Magic Keyboard スペースグレイ」をレビューします。

Magic Keyboard スペースグレイの特徴

スペースグレイであっても基本的な仕様としてはMagic Keyboardそのものです。

特別な機能を持っているとか、内部構造が違うとかはないはず。

ただ、とにかく見た目が圧倒的にカッコいい。これが一番の魅力。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイはカッコいい僕はMagic Keyboard シルバー(テンキーなし)を使っていたので、キーの配置が変わって戸惑いはしましたが、使用感としてはそんなに変わりません。

しかし、使う上でのテンションが変わりました。

高級感あるスペースグレイがデスク全体の雰囲気を変え、グッと引き締まるような感じ。

そもそもMagic Keyboard スペースグレイは、2017年12月のiMac Pro登場時に付属品として出てきたものです。

当時は単品販売されておらず、50万以上するiMac Proを買わないと手に入らなかったものとあって、メルカリで信じられない値段で販売されてました。

そして2018年3月に単品販売され、今ではApple StoreやAmazonでも購入可能になってます。

Apple公式:Magic Keyboard

スペースグレイにはテンキー付きしかない

現状発売されているMagic keyboardはテンキーなしとテンキー付きの2種類ありますが、スペースグレイはテンキー付きのみ。

このテンキーは人によって要不要が分かれるところですよね。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイはテンキー付きしかないスペースグレイにはテンキー付きしかない

僕がずっと買わなかった理由もここにあって、個人的にはテンキーなし派。

じゃあなんで買ったんだよって思うかもしれませんが、僕が一番そう思ってます。

ただ、最近経理的な作業でスプレッドシート上への数字入力が多いのと、テンキー付きキーボードをひとつ持っていてもいいかなというのもあり、最終的にはスペースグレイの魔力にやられました。

テンキーが必要かどうかは使い方や慣れの問題によるのでどちらが正解ってことはないですが、数字入力が多い作業をメインとする場合や、動画編集においてテンキーがあると便利みたいですね。

FPSゲームなどでもあったほうが便利って聞きますが、MacでゴリゴリのFPSをプレイするってユースケースはそんなにないのかなと。

テンキーなしと比べるとサイズ感は圧倒的に違います。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイをテンキーなしとサイズを比較1.5倍まではいかないけど、1.3倍くらいはある。

ただ、キーボードはテンキーが絶対に必要という方も多いと思うので、そういった方はスペースグレイMagic Keyboardを積極的に検討できると思います。

Magic Keyboardの良さはそのまま

基本的な仕様はこれまでのMagic Keyboardと同じなので、良さは全て健在です。

Magic Keyboardの良さはそのままに様々な特徴を持ったキーボードですが、主なものは大きく分けて3つ。

  • Lightningケーブル充電式のワイヤレスキーボード
  • 本体の薄さ
  • 浅いキーストローク

スペースグレイであってもこれらの特徴はそのまま。

ケーブルレスで使えるワイヤレスキーボードは取り回しがいいのはもちろん、デスク上での美しさがいいですね。

ワイヤレスキーボードはデスクがすっきりデスク上がすっきり

ちなみにペアリングする時のキーボードアイコンもスペースグレイになってました。

キーボードアイコンまでスペースグレイキーボードアイコンまでスペースグレイ

充電はLightningケーブルで。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイの充電はLightningケーブルで公称値では一度充電すると1ヶ月以上持つそうですが、このように充電しながらでも使用できるのでバッテリーが無くなっても心配ない。

そして本体が非常に薄く、打ちやすさ向上のため角度がつけられています。

Magic Keyboardは奥側が少し高くなっている奥に行くに従い少し高さがでる

僕が持っているキーボードの中からVinpokのTaptekというメカニカルキーボードと高さを比較してみました。

サイズ感を比較このように大きな違いがあり、一般的にみてもかなり薄い方だと思います。

ちなみに、Magic Keyboardは高さが変えられません。

キーボードによっては高さ調節できたりしますが、それができないので常に同じ高さで使う必要があります。

また、キーストーロークがとても浅い。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイはキーストロークが浅いキーがとても薄い

MacBook Proなどに搭載されているバタフライキーボードよりは厚みがありますが、それでもかなり浅めのストローク。

人によって大きく好みが分かれる打ち心地ですが、僕はこの打鍵感が心地よくてとても気に入ってます。

また、Magic KeyboardはiPadでもよく使われますが、もちろんそれも可能。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイはiPadでも使えるテンキー付きを持ち運ぶのはしんどいと思いますが、デスクでならiPad用キーボードとしても活躍してくれます。

打鍵感や打鍵音

打鍵感や打鍵音に関しても、これまで使っていたテンキーなしシルバーと同じだと思ってたんですが、ちょっと違う気がします。

Magic Keyboardは軽めのキーストロークに「パチパチ」と言った打鍵音が特徴的なキーボードで、そのあたりに大きな違いはありません。

しかし、テンキーなしシルバーと比較すると、スペースグレイの方がキーが少し重めで打鍵音の「パチパチ」に重みがあるというか低音というか・・。

打鍵音を比較したものを動画にしたのでもしよかったら見てみてください。

0〜19秒くらいまでがスペースグレイ、20秒〜がテンキーなしシルバーです。

テンキーなしシルバーのほうがパチパチしてませんか?

スペックや仕様は同じはずなので、この違いってテンキー有無な気がしなくもないです。

僕はテンキー付きのMagic Keyboardを初めて買ったので打鍵感や音を知らないんですよね。

テンキー付きの方が本体が大きい(長い)ので、打鍵感や伝わる音が変わっているだけなのかもしれない。

あるいは、シルバーの方は数年使っているので単純に経年変化だったり・・。

ちょっと真実がよくわかりませんが違うのは確かです。 もし理由を知っている方がいたら教えて下さい。

一番の魅力はやはりスペースグレイカラー

色の好みは人それぞれですが、Appleのスペースグレイって個人的にはぶっ刺さってます。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイの一番の魅力はスペースグレイ初めてスペースグレイというカラー名が使われたのは2013年のiPhone 5sあたりだったと思いますが、あんまり好きじゃなかったんですよね。

ところが、使っているうちに完全にスペースグレイの黒魔術にやられました。

キーボード裏側はより暗い色の塗装がされており、表も裏もダークな感じがカッコいい。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイの裏側

もちろんリンゴマーク部分も。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイの裏側リンゴマークブラックリンゴマークかなりカッコいい。普段見えないけど。

ただ、実はMacBook Proのスペースグレイとは色が違います。

Appleは全部スペースグレイって言ってますが、実は微妙に色が変わってる。

例えばMacBook Proとの比較をすると違いはこの通り。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイとMacBook Pro写真で伝わるかわかりませんが、MacBook Proの方が少し薄めのグレーです。

近いのはiPad Proのスペースグレイ。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイとiPad Pro近いというか同じ色に見えます。

このようにスペースグレイと言っても微妙に色が違うので、例えばMacBook Proに合わせたいと思っても全く同じ色ではないので、その点は注意が必要。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイはMacBook Proと相性が良いMacBook ProとMagic Keyboard スペースグレイ

若干の色の違いはありますが、とてもよく合い相性は抜群だと思います。

というか、最近のスペースグレイはもはやブラックだと思うんですけどね。

黒いLightningケーブルが付属

付属品はシンプルに本体、説明書、Lightnigケーブルのみです。

Magic Keyboard (テンキー付き)スペースグレイには黒いLightningケーブルが付属

珍しいのは黒いLightningケーブル。

純正Lightningケーブルは白いものってイメージですが、黒もカッコいい。

黒いLightningケーブル

スペースグレイシリーズの周辺機器には黒いLightningケーブルが付属しているようです。

ちなみに、Powerbeats Pro(ブラック)に付属していたLightningケーブルも黒でした。

現在のところ、この黒い純正Lightningケーブルは何かの付属品としてでしか手に入らないようで、Apple Storeでも単品販売はしてません。

特別感があって少しテンションあがります。

Magic Keyboard スペースグレイレビュー:まとめ

Magic Keyboardらしさはそのままにスペースグレイをまとったキーボードですが、やはり見た目のカッコよさが何よりの特徴。

Magic Keyboard スペースグレイレビュー:まとめ

高級感があってスタイリッシュ。使うテンションが大きく上がります。

しかし、スペースグレイというだけでシルバーに比べて価格が2,000円高くなり、16,000円ほどになるので、その価格差をどう考えるかは難しいところ。機能的には全く変わらないですからね。

テンキーなし、はよ」という声はとても多いと思うので、多分そのうち出すような気がしなくもない。

しかし、テンキー付きが絶対条件という方も少なくないと思いますし、僕のようにスペースグレイにやられている方はぜひ検討してみてはどうでしょうか。

今日は以上です。それではまた。

Apple公式:Magic Keyboard

MacBook Proのおすすめアクセサリー・周辺機器
【2019年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーMacBook Proのアクセサリーや周辺機器をさんざん買ってきたので、その中から絶対に必要だと思えるおすすめアクセサリーを紹介しています。揃えるべきアクセサリーが必ず見つかります!...
magic mouse
【レビュー】Magic Mouseを8年使ったので全てを話そうと思う約7年間Magic Mouseを使ってきた僕がMagic Mouseの評価って実際どうなのよ?必要なの?というよくある質問に、長期間使用してきた僕なりの回答とレビューをします。...

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
ABOUT ME
Koh
Koh
ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。 詳細なプロフィールはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください