【2020年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリー

こんにちはKoh(@misc_log)です。

僕は現在MacBook Pro 2020を使っており、Mac歴でいうと十数年。

長期間Macを使ってきましたが、アクセサリーや周辺機器を揃えておくと、より便利で快適にMacを使えます。

ということで、僕がMacBook Proと合わせて買ったおすすめアクセサリー・周辺機器を紹介。

世代を超えて使用できるものもありますが、基本的にはMacBook Pro 2016〜2020向けの記事です。

次から次へとアクセサリーを買ってきましたが、冷静になるとそれいる?ってものや、思ってたものと違ったなど、涙なくして語れないエピソードがたくさんあります。

それを乗り越え、本当に買って良かったと思えたものに絞って紹介。

目次

MacBook ProにUSB-Cハブはどう考えても必要なアクセサリー

まずはUSB-Cハブ。これはもう何も考えずにポチりましょう。

MacBook ProにUSB-Cハブはどう考えても必要なアクセサリー

USB-CハブはMacBook Pro 2016以降のモデルを使っていて、持っていない人を見たことがないレベルの必須アクセサリー。

MacBook Proは2016年モデルからオールUSB-Cに変わっており、これまでのUSB-Aは使えません。

USB-Cしかない

おまけにMagSafeとHDMIも消滅しました。

USB-Cだけになってスッキリしたとはいえ、USB-AとHDMIが使えないとか普通に不便です。

僕は仕事でMacを別のディスプレイに繋ぐ事が多いんですが、だいたいHDMIじゃないですか。

その他、外部ストレージとのデータのやりとりやiPhoneなどの充電含め、何とかしてこれまでのUSBアクセサリーを使いたい。

そこでUSB-Cハブが活躍します。

Satechi アルミニウム Pro USB-C ハブ

凄まじい人気を誇るMacBook Pro用USB-Cバブと言えばSatechi製。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブはケーブルレスでスマートな最強ハブ

僕はSatechiのハブを複数持ってますが、「使用時の美しさ」という点だとこのハブが一番だと思います。

接続ポート

USB-A 3.02ポート
USB-CThunderbolt 3 × 1
非Thunderbolt 3 × 1
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN×

HDMI、USB-Aが2ポート、さらにSD/MicroSD、USB-C(Thunderbolt 3)も接続可能。

Satechi アルミニウム Pro USB-C ハブの接続ポート

有線LAN以外のものはだいたい接続できるので機能的には申し分ないです。

Satechi アルミニウム Pro USB-C ハブは様々なポートを備える

何よりこのハブはデザインが素晴らしい。

MacBook Proに直挿しするタイプでケーブルレス、アルミニウムのボディは質感と高級感があり、スタイリッシュにハブを使えます。

Satechi アルミニウム Pro USB-C ハブはまるで純正アクセサリー

まるで純正アクセサリーのような一体感。

機能だけでなく、見た目の美しさにもこだわりたい方におすすめの一体型ハブです。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブの詳細レビュー

Satechi V2 マルチ USB-C ハブ

こちらも同じくSatechi製品ですが、「Satechi V2 マルチ USB-C ハブ」はケーブルがついたタイプのハブです。

Macと最強にマッチするSatechiのUSB-Cハブ

さすがSatechi製だけあって、洗練されたデザインでとてもスタイリッシュ。

このハブの特徴はUSB-Aが3つも接続可能で、有線LANも接続できるという点。

接続できるポートは下記の通り「全部入り」

これだけ接続できれば一般的な使用で困ることはまずないと思います。

接続ポート

USB-A 3.03ポート
USB-C1ポート
HDMI1ポート
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
有線LAN1ポート
Satechi V2 マルチ USB-C ハブはUSB-Aが3つも接続できる
USB-Aが3つも接続できる

美しい。デザイン、機能、まさに完璧。

Satechi V2 マルチ USB-C ハブは何でも接続できる

ケーブル付きのハブは直挿しタイプのものに比べてスマートさは損なわれますが、Mac以外でも使用できるので汎用性は高いです。

ケーブル付きでもおしゃれにMacBook Proを使いたいという方はこちらを。

Satechi V2 マルチ USB-C ハブの詳細レビュー

ハブは他にも様々なタイプがあるので、もっといろいろ検討したいという人向けに、選び方とおすすめハブを別記事でまとめてます。

MacBook Pro用USB-Cハブの選び方とおすすめUSB-Cハブ

MacBook Pro 2016〜2020ユーザーにUSB-Cハブはマストだと思うので、ひとつ手元に置いとくと重宝しますよ。

MacBook Proの純正充電器は重いよ?別に充電器は用意しよう

デスク以外にも様々な場所でMacBook Proを使用するなら充電器は複数持っていたい。

充電器がひとつだと、持ち出す際にいちいち電源タップから外して、ケーブルをきれいに巻いて・・とかめんどくさ過ぎます。

しかも、MacBook Proの付属充電器は重くて携帯性が悪い。

なので、もう付属充電器は固定してしまい、もう一つ充電器を用意すると運用がとても楽になります。

RAVPower RP-PC112

「RAVPower RP-PC112」はMacBook Pro 13インチ付属充電器と同等性能を持ち、重量は約半分でサイズも超小型という凄まじい充電器。

現時点の60Wクラスでは世界最小だと思います。

RAVPower RP-PC112のサイズと重量

最近の充電器のトレンドである「窒化ガリウム」を使用し、小さいながらも圧倒的な高効率を実現。

MacBook Pro 13インチ付属充電器と比較すると桁違いに小さい。

RAVPower RP-PC112とMacBook Pro 13インチ充電器のサイズ比較

このサイズ感の違いで出力一緒ですからね。これは本当にすごい。

RAVPower RP-PC112とMacBook Pro 13インチ充電器のサイズ比較

付属充電器とのスペック比較はこの通り。

充電器RAVPower RP-PC112MacBook Pro 13インチ付属
価格約¥4,599約¥7,344
重さ約105g約194g
出力61W61W

RAVPower RP-PC112は付属充電器と同じ出力なのに、重さは半分、価格は4割も安いです。

充電性能をチェック

いくら小さくても充電できなければ意味ないので、MacBook Pro 13インチの付属充電器と充電性能を比較しました。

付属充電器

MacBook Pro付属充電器 × MacBook Pro 13

約56W

RAVPower RP-PC112

RAVPower RP-PC112でMacBook Proの充電性能をテスト

約55W

このようにサイズは小さくても充電性能は付属充電器と同等。

ちなみに、このサイズ感の違いは電源タップに接続したときにも威力を発揮。

RAVPower RP-PC112とMacBook Pro 13インチ充電器を電源タップに

どうですかこれ、存在感が全く違います。

もはや完全に付属充電器の上位互換なので、付属充電器はもう机の奥か何かに片付けちゃえばいいんじゃないでしょうか。

世界最小・最軽量の61W充電器なので、小ささと軽さにこだわる人におすすめ。

RAVPower RP-PC112の詳細レビュー

MacBook Pro 15インチや16インチの場合、通常使用時は充電可能ですが、高負荷な作業時に電力不足になる可能性があるので注意。

MacBook Pro 15インチ、16インチの場合は、同じRAVPowerから90Wタイプが発売されているのでこちらがおすすめ。

RAVPower RP-PC133

こちらも同じくRAVPowerの充電器ですが、USB-CとUSB-Aの2つのポートを持ったタイプ。出力は最大65W。

RAVPower RP-PC133

この「RAVPower RP-PC133」の優れたポイントは、他の2ポート充電器にはない特徴を持っていること。

一般的な2ポート充電器は、最大60W程度のものでも2つのポートを同時に使うと出力が下がります。

一般的な2ポート充電器は同時使用すると出力が下がる
同時使用すると出力が下がる

これではMacBook Pro 13インチを十分な電力で充電できず、高負荷なときに充電できなくなったり、充電スピードが遅いという問題が発生する可能性があります。

ところが「RAVPower RP-PC133」は、USB-Cポートに接続されたデバイスが45Wより上か下かによって自動的に出力を調整してくれます。

RAVPower RP-PC133は出力を自動調整

つまり、2ポート同時に使ってもMacBook Pro 13インチをフルスピードで充電し、iPhoneも同時に充電可能。

RAVPower RP-PC133はMacBook Pro13インチをフルスピード充電しながら、iPhoneも充電可能

この60Wと5Wに振り分けられる充電器って他にないと思います。めちゃくちゃ使い勝手がいい。

MacBook Pro 13インチとiPhone SE 第2世代を充電してみた結果がこちら。

RP-PC133でMacBook ProとiPhone SEを同時充電
Mac:約55W
RP-PC133でMacBook ProとiPhone SEを同時充電
iPhone:約5W

USB-Cポートに接続したMacBook Pro 13インチは付属充電器と同等の出力でフルスピード充電しながら、iPhone SEも5Wで充電できています。

また、もちろんサイズ的にもMacBook Pro付属充電器より圧倒的に小さく携帯性も高い。

MacBook Pro 13インチ付属充電器とRAVPower RP-PC133

付属充電器と比較すると、サイズ、価格、重量、ポートの数、全ての面で優れた性能。

充電器RP-PC133MBP 13インチ付属
価格約4,600円7,344円
重さ約116g約194g
ポートUSB-C & AUSB-C
出力最大65W61W

上記で紹介した「RAVPower RP-PC112」よりは少し大きくなりますが、同時に何かを充電できるのがメリット。

RP-PC133 / RP-PC112
RP-PC133 / RP-PC112

ちなみに、ポートを単独で使用した場合の最大出力は下記の通り。

  • USB-C:最大65W
  • USB-A:最大18W

MacBook Proだけでなく、スマホも同時充電したいという人に、今最もおすすめな2ポート充電器。

RAVPower RP-PC133の詳細レビュー

いずれにしろ、「MacBook Proは固定した場所でしか使わないし、絶対動かさない」という事でなければ、充電器はひとつ用意しておくと運用が快適です。

詳細はこちらでも書いてますので合わせてどうぞ。

また、充電器にはUSB-Cケーブルが付属していないので一緒に購入しておくことがおすすめ。

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャー

こちらも充電器ですが、複数のデバイスを充電可能なタイプ。

MacBook Proとその他デバイスを持って旅行や出張に行く際に大活躍。

Satechi 75W デュアル Type-CトラベルチャージャーはUSB-Cが2つ、USB-Aが2つの合計4ポート充電できる万能充電器です。

USB-Cポートは最大60Wと18W出力。

MacBook Pro 13インチ付属充電器、iPad Pro 2018付属充電器とほぼ同出力です。

USB-Aは合計12Wで2ポート。

このApple製品付属充電器4つとほぼ同等のパワーを持っているので、これらの充電器をひとつに置き換える事が可能。

旅行や出張の際にいくつも充電器を持っていかなくても、これひとつあればMacBook ProとiPad、iPhoneなど4つのデバイスを一気に充電できます。

おしゃれブランドSatechiはデザインもカッコいい。

MacBook Proを含め、いろいろなデバイスを持って遠出するという方はぜひチェックしてみてください。

Satechi 75W デュアル Type-Cトラベルチャージャーの詳細レビュー

MacBook Proのキーボードトラブルを予防

MacBook Pro 2016モデルから採用されたバタフライキーボードにはいろいろと問題が多く、突然キーボードが効かなくなるというファンタスティックな事案が世界的にちょいちょい発生しています。

MacBook Pro 2020ではバタフライキーボードは廃止となり、シザー式キーボードになりました。

キーボードがいきなり効かなくなったら詰むので、細かいホコリや汚れ、液体から守るためにも僕はキーボードカバーを使ってます。

moshi Clearguard MB with Touch Bar

これでもカバーを装着状態ですが、ちょっと色がくすんでる感じがする程度でつけている事を主張しない。

長期間使用していると汚れてくるので目立つようになりますが、このキーボードカバーは洗って使用可能。

他のキーボードカバーに比べて高いですが、1,000円程度のものとは品質が比べ物にならないです。

ホコリや液体からキーボードを守りたいという人はぜひ。

MacBook Pro 13インチ(2020) / 16インチ

MacBook Pro 2016〜2019用

moshi Clearguard MBの詳細レビュー

ちなみに、キーボードは定期的に掃除することがおすすめ。このアプリ入れておくと掃除が楽ちん。

MacBook Proの発熱と長時間タイピングに備えよう

MacBook Proに限らずですが、ラップトップで長時間作業していると姿勢的にツラくなってくるもの。

スタンドを使って傾斜をつければ姿勢が悪くなるのを防ぎ、タイピングを含めた作業が劇的に楽になります。

MacBook Proの発熱と長時間のタイピングに備えよう
傾斜をつけると快適

MacBook Proの底につけるだけのお手軽スタンドがこの「Bluelounge Kickflip MacBook Pro」。

Bluelounge Kickflip MacBook Pro

「Bluelounge Kickflip MacBook Pro」は背面が粘着パッドになっており、MacBook Proの底面に貼り付けられるようになってます。

粘着パッドは何度でも貼り直しできる
粘着パッドは何度でも貼り直しできる

このスタンドが起きることによってMacBook Proに角度がつけられます。

Bluelounge Kickflip MacBook Proは角度がつく

デスクで使うことを想定したPCスタンドは自由に角度がつけられますが、このスタンドは角度は1段階のみ。

ただ、このままMacを持ち出せるので外出先でも角度をつけて作業を行うことが可能。

Bluelounge Kickflip MacBook Proはどこでも使用できる
場所を選ばず使用できる

さらに、スタンドを使うことでMacBook Proと接地面に空間ができるので、熱対策にもなる優れもの。

長時間の作業に

長時間の使用がとても楽になるので、ハードにMacBook Proを使う人におすすめ。

]13インチ用

15インチ用

ストレージも用意しておきたい

データは日々溜まるもの。MacのSSDが足りなくなってしまう前に外部ストレージを用意しておくと安心。

小型サイズのポータブルSSDがあれば、持ち運びでも自宅でも快適なデータ運用が可能。

RAVPower RP-UM003

小型で携帯性が高く、データのやりとりも高速。さらに、Macと相性抜群なデザイン性を持つ512GBのポータブルSSD「RAVPower RP-UM003」。

SSDに求めるものはまず速度。

「RAVPower RP-UM003」は最大540MB/sの読み込み、480MB/sでの書き込みが可能で、1GBのデータを2〜3秒程度で転送します。

頻繁なデータのやりとりもノーストレス

小型で持ち運び性能も高く、いつどこでも必要なデータをノーストレスで取り出すことが可能。

ライターサイズで超小型

さらに、Appleデバイスと相性抜群のデザインで、どこで使ってもMacの美しさを壊さない。

小型で高速、加えてデザイン性を兼ね備えたポータブルSSDは数少ない貴重なアイテム。

SanDisk ポータブルSSD

「SanDisk ポータブルSSD」は最大2メートルの落下衝撃に耐える、耐久性の高いSSD。

 このSSDも最大読み込み速度は550MB/sと重たいファイルであっても高速伝送。

読み込み520MB/s

小型で軽量、ハードな環境にも屈しないイメージのアウトドアデザイン。

日常的に持ち歩く上で、衝撃耐性は万が一のときにも安心。大切なデータをしっかり守るSSDです。

ハードな環境でもガンガン使うならおすすめのSSD。

WD ポータブルHDD

Macのバックアップ用にはHDDがあると安心。

バックアップデータは大きくなりがちなので、SSDはもったいない。安くて容量の大きいHDDで十分。

以前、何気なくブラウジングしていたらMacBook Proがいきなりクラッシュして通常起動不可能になるということがありました。全くの原因不明。

泣きながらAppleサポートに連絡して復旧させたんですが、その時に活躍したのが外付けハードディスク。

WD Elements Portable ケース

それからというもの、恐ろしいのでTime MachineでMacBook Proをまるごとバックアップしてます。

常に使うわけではないので転送速度もそこまでいらないし、大容量で安いHDDを僕は使ってます。

いつMacBook Pro内のデータが消滅してもいいように備えておくと安心。

大切なMacBook Proを安全に持ち歩く

Macをよく持ち歩くという人はケースに入れておくと安心。

PCは衝撃に弱いので、バッグやリュックに入れる際もケースに入れてから持ち歩くようにすると、しっかりとMacを保護できます。

このケースは角の部分も保護できるようになっており、クッション性も高くおすすめ。

周辺機器やアクセサリーを持ち歩くためのケース

僕はMacを様々な場所で使用するので、周辺アクセサリーをいろいろ持ち歩いてます。

リュックの中に入れるんですが、きちんと整理した上で、かつ、取り出しやすく機能的に持ち運びたい。

そこで活躍するのがアクセサリーケース。

いろいろアクセサリーケースを買いましたがこれが一番使いやすいです。

ポケットも豊富で収納性抜群、見た目も安物感がなく使いやすい。

Macとアクセサリーケースを持っていればどこでも作業ができるので、よくMacを持ち歩く方におすすめ。

MacBook Proをデスクで使うために揃えたいアクセサリー

自宅ではMacBook Proに外付けディスプレイや、マウス、キーボードを接続して使ってます。

いわゆるMacBook Proの「デスクトップ化」というやつ。

大きなディスプレイを始め、アクセサリーや周辺機器が必要になりますが、とても快適に作業ができます。

LG 4Kディスプレイ 27UD58-B

Macを自宅で使用する際は外付けディスプレイを接続すると作業が超絶はかどります。

LGの4Kディスプレイ 27UD58-B

価格も下がってきて買いやすくなった4Kディスプレイ。

高精細な画面と広大な作業領域が手に入り、13インチの画面ではできなかった複数ウィンドウを同時に開いての作業も可能に。

外付けディスプレイで複数ウィンドウを表示

やはりディスプレイが大きいと得られる情報が多くなり効率が全く違う。

僕はこのモニターアームをつけてデスクに設置してます。

最近はだいぶ4Kも買いやすい価格になってきているのでぜひ検討してみてください。

世界が変わりますよ。

LG 27UD58-Bの詳細レビュー

Satechi ラップトップスタンド

MacBook Proを「クラムシェルモード」で使うなら縦型スタンドはマスト。

Satechi ラップトップスタンド

MacBook Proはクラムシェルモードといって、Macを閉じた状態で使用することができます。

外部ディスプレイ、マウスやキーボードなどは必要になりますが、スマートで快適な作業環境を作れます。

ただ、Macをデスク上で寝かせて置くと邪魔すぎるので、縦型スタンドがあると便利。場所を取らずデスクスペースを有効活用。

Satechiのラップトップスタンドは高級感があり、デザインも美しくMacBook Proと相性抜群。

Satechiのラップトップスタンドは高級感がある

さらに、デスクとMacが密着しないので通気性も良くなり熱対策にも。

クラムシェルでMacBook Proを使うならマストなアイテム。

Satechi ラップトップスタンドの詳細レビュー

もうひとつ、ちょっと高いのですが「Twelve South BookArc for MacBook」も定番でおしゃれなスタンドです。

曲線がセンスあるデザインで、デスクがおしゃれにまとまるスタンド。

CalDigit TS3 Plus

自宅やオフィスでMacBook Proを使うなら検討したいのがドッキングステーション。

中でもこのCalDigit TS3 Plusは海外でも超絶評判の高い、最強のドッキングステーション。

これは何なのかを端的に言うと「高機能なハブ」です。

驚異の15ポートを備え、4Kモニターなら2枚、高速データ転送、複数のUSB機器などあらゆる機器を接続可能。

前面ポート
最強のドッキングステーションCalDigit TS3 Plusの背面ポート
背面ポート

すごいのは、MacBook Proへの接続が「ケーブル1本だけ」で完結すること。

もちろんMacへの給電も含めてケーブル1本です。CalDigit TS3 Plusあれば充電ケーブルを別に繫ぐ必要はありません。

ケーブル一本でMacに接続

例えば自宅でMacを使用する際、デュアルモニターや外付けSSDなどモリモリMacに周辺機器を接続する場合、一般的なUSBハブを使うと、下記画像のように地獄みたいな状態になる可能性があります。

ハブとケーブルだらけ

こういったケーブルだらけになることを避け、あらゆる機器をスマートに接続できるように。

ちょっと高いですが、デスクトップマシンのようにMacBook Proを使うなら超おすすめなアイテム。

Apple Magic Mouse

Macによく合うマウスと言えばやはりMagic Mouseがカッコいい。

Lightningケーブルで充電できる電池不要のワイヤレスマウスです。

Apple Magic Mouseは相性抜群

継ぎ目のない美しい曲線のデザイン、ジェスチャーで複雑な操作も可能。

ジェスチャー操作可能なMagic Mouse
なぞるだけで複雑な操作ができる

機能、デザイン、どちらもさすがApple純正。

多少慣れが必要ですが、Macと相性抜群なおすすめのマウスです。

ロジクール MX MASTER 3

Magic Mouseはボタンなしのジェスチャー操作マウスのため、物理ボタンが欲しいという人にはこちら。

複数ボタンをもつ高機能マウスと言えば、ロジクールの人気ワイヤレスマウス「MX MASTER 3」がアツい。

7つの物理ボタンを持ち、様々な操作が手を動かさずに行える。

手のひらの形を計算し尽くした設計で、握り心地、ボタン位置、全てが絶妙。

さらに1秒間に1,000行スクロールできる中央ホイール、USB-Cで充電可能、さらにボタンの役割を自由にカスタマイズ可能なのも人気の理由。

クリエイティブな作業からオフィスワークまでこなす高機能マウスです。

Apple Magic Keyboard

Macに合わせるキーボードと言えばApple純正Magic Keyboard。

Apple Magic Keyboard

ワイヤレスなのでケーブルレス、コンパクトにまとめられたシンプルなデザインはインテリアとしても美しい。

Magic MouseとMagic Keyboardの組み合わせはかっこいい

打鍵感に好みはありますが、iMacユーザー含めMacといえばMagic Keyboardが機能的にもデザイン的にも最強。

また、MacBook Proがスペースグレイならキーボードもスペースグレイにすると統一感があってさらにカッコいい。

Magic Keyboard スペースグレイ

スペースグレイはテンキー付きしかないのが残念ですが、テンキーが絶対に必要という人におすすめ。

MacBook Proのアクセサリー・周辺機器まとめ

Macは様々なアクセサリーや周辺機器と組み合わせることで、さらに使いやすく、よりパワフルなマシンになります。

特にUSB-Cハブに関しては、ほとんどの人にとって必要と言えるアイテム。

USB-CハブさえあればこれまでのUSBアクセサリが使えるようになるので、まずは買って、話はそれからだ的な感じでしょう。

最後に、紹介したアクセサリーや周辺機器の中から「これは買うべき」というアクセサリーをまとめます。

特におすすめなアクセサリー

せっかく買ったMacBook Proをより活用するためにも、アクセサリーや周辺機器を揃えて快適なMacライフを楽しんでください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 勉強になりました。
    勤務先などにいくつか充電器を置いておく方がいいとの記事には「なるほど」と思いました。私はMacBookAir13インチを使っているのですが、おすすめの充電器はありますか?
    記事の中のProと同じ充電器でいいでしょうか、そのあたりがわからないのでお教えください

  • お役に立てたようで何よりです。
    MacBook Airであれば記事内の充電器でもいいですが、
    30Wのタイプがおすすめです。

    https://misc-log.com/aukey-pa-y19/
    こちらなんかが小型でおすすめです。
    いずれにしろMacBook Airであれば30Wを目安に検討してみてください。

コメントする

目次
閉じる