NOMAD Rugged Caseレビュー:圧倒的な高級感をもつAirPods Pro用レザーケース

こんにちはKoh(@misc_log)です。

Appleデバイスのアクセサリーブランドの中でも、ひときわ存在感のあるNOMAD。

とにかくカッコいいレザーのアクセサリーや周辺機器が多いNOMADですが、この記事ではAirPods Pro用レザーケース「Nomad Rugged Case AirPods Pro」を紹介します。

Nomad Rugged Case AirPods Pro

Apple純正アクセサリーかと思わせるような質感、高級感、完成度の高さはさすがNOMAD。

シンプルなレザーケースを探している人にぴったりなアイテムで、きっと満足できるケースになるはず。

目次

NOMAD Rugged Case AirPods Proの特徴

NOMAD Rugged Case」は、アメリカの有名なタンナー(革加工業者)である「Horween Leather」を使ったレザーのAirPods Proケース。

Nomad Rugged Case AirPods Proの外箱
箱にも高級感

カラーは3色で、ブラウン、ナチュラル、ブラックというラインナップ。僕はブラックレザーが好きなのでブラックを選択。

主な特徴はこちら。

  • シンプルで高級感あるHorween Leather(ホーウィンレザー)を使用
  • 周囲にはバンパーが備えられある程度の衝撃にも強い
  • 経年変化でさらにカッコよく
  • ワイヤレス充電も可能

約3,700円と、ケースとしてはハイレンジな価格帯ですがクオリティは圧倒的。

レザーの高級感と落ち着いた雰囲気を楽しみたい人に突き刺さるケースです。

NOMADのレザーケースは大きく分けて2種類あり、この記事で紹介するシンプルなHorween Leatherシリーズと、耐水性能を持つActive Leatherシリーズがあります。

Active LeatherのAir Pods Proケースも別記事でレビューしてますので、ハードな環境に強いケースを探している人は参考にしてみてください。

NOMAD Rugged Case AirPods Proの外観・デザイン

NOMAD Rugged Case」は上下分離式の2ピースのAirPods Proケース。

Nomad Rugged Case AirPods Proは上下分離式

表面はレザーの柔らかな触り心地ですが、ケース自体はある程度の硬さがあります。

フタの部分には控えめな「NOMAD」のブランドロゴ。

Nomad Rugged Case AirPods Proのフタにはブランドロゴ

ケース周囲にはポリカーボネード(プラスチック)のバンパーが備えられ、落下やぶつけたときの衝撃からAirPods Proをガードします。

Nomad Rugged Case AirPods Proの周囲にはバンパーが

左側バンパーにはストラップ穴が開けられており、自分で用意したストラップを付けることも可能。

Nomad Rugged Case AirPods Proにはストラップ穴も
ストラップ穴

内側はマイクロファイバーで柔らかな触り心地。ケースのせいでAirPods Proに傷がつくという本末転倒な事態を避けられるようになってます。

Nomad Rugged Case AirPods Proの内部はマイクロファイバー
中はフサフサ

AirPods Proの装着は、はめ込んでフタをかぶせるだけ。

Nomad Rugged Case AirPods Proははめるだけ

本体とフタの間に隙間ができることもなく完璧な装着感。

隙間がなく美しい
美しい

前面のLEDインジケーター部分は加工がされており、点灯がしっかりわかります。

Nomad Rugged Case AirPods ProはLEDの点灯もわかる

裏側のヒンジ部分はAirPods Proが開閉できるようオープンに。

Nomad Rugged Case AirPods Proのヒンジ部分

もちろんフタの開閉に支障は一切ありません。

フタの開閉も問題ない

このケースの優れたポイントとして、裏側のペアリングボタンがケースの上からでも押せるようになってます。

Nomad Rugged Case AirPods Proはペアリングボタンを押せる

まあ、押すことほとんどないんですが、必要になったときにもケースを外す必要なく対応可能。

下部のLightningケーブル部分は接続部より一回り大きく穴が開けられており、太めのLightningケーブルでも使用できるように。

Nomad Rugged Case AirPods ProのLightningケーブル部分

特殊な形状のものは挿せない可能性はありますが、まあ普通のケーブルなら大丈夫だと思います。

Nomad Rugged Case AirPods ProにLightningケーブルを接続
サードパーティのケーブルでも大丈夫

厚みは約2mm。割としっかりした厚みなのでケースとしては安心。

Nomad Rugged Case AirPods Proは約2mmの厚み

一方で、シリコンのように薄くはないのでAirPods Proがひと回り大きくなってしまいますが、まあそこはしょうがないですね。

NOMAD Rugged Case AirPods Proの使用感

NOMAD Rugged Case」の魅力は、やはりこの雰囲気と見た目。Horween Leatherの質感がとても味わい深い。

圧倒的な高級感と質感
惚れ惚れする見た目

品格ある上質なレザーの風合いが、ワンランク上の存在感。

Nomad Rugged Case AirPods Proはワンランク上の存在感

半年、1年と使用しているとエイジング(経年変化)が進んで、見た目の味わいが深まるのもレザー製品の良さ。

Nomad Rugged Case AirPods Proは経年変化を楽しめる
若干エイジングが進んできた

ただただ汚れて傷ついていくだけのシリコン系のケースとは違い、汚れや傷を「味」に変えて長期間楽しめます。

ただし、濡れた手で触ったりするとシミができたりする可能性があるので、水濡れには注意。濡れたらすぐに拭き取りましょう。

もし、アウトドアな環境でハードに使いたいなら、レザーの高級感と耐水性能を合わせ持つ「NOMAD Active Leather Air Pods Proケース」がおすすめ。

ワイヤレス充電にも対応

NOMAD Rugged Case」は、ケースをつけたままのワイヤレス充電にも対応してます。

Nomad Rugged Case AirPods Proはワイヤレス充電にも対応

僕はケーブルでAirPods Proを充電したのは1度か2度くらいしかないくらいワイヤレス充電依存なので、これは大事なポイント。

ケースの取り外しが唯一の難点

NOMADのAirPods Proケースの難点は取り外しづらさ。

無理に手で外そうとするときっと何かが壊れるので、Lightningケーブルを挿して押し出すように外します。

Nomad Rugged Case AirPods Proは取り外しづらい

これはNOMAD公式でも推奨されている方法で、NOMADの他のAirPods Proケースも同様です。

それだけしっかりとフィットしているということなのですが、頻繁にケースを変えたいという人には向かないので注意。

NOMAD Rugged Case AirPods Pro レビューまとめ

ということで、高級感あるレザーのAirPods Proケース「NOMAD Rugged Case」をレビューしました。

クオリティや質感が優れたケースで、レザー好きにはたまらないアイテムだと思います。

安くはないですが、もうとにかくひたすらにおしゃれでカッコよく、インスタ映えもリア充感も全てを持ったAirPods Proケースです。

Nomad Rugged Case AirPods Proはおしゃれでカッコいい

レザーが好きな人や、AirPods Proの雰囲気を変えたいという人におすすめなので、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

NOMAD Rugged Caseレビュー:圧倒的な高級感をもつAirPods Pro用レザーケース
見た瞬間虜になるAirPods Pro用レザーケース
高いクオリティでワンランク上の存在感をもつNOMADのAirPods Pro用レザーケース。品格あるレザーの風合いが、AirPods Proに新たな雰囲気を与えてくれるアイテム。
性能・使い勝手
8.5
デザイン・見た目
10
価格
7
Good
おしゃれで雰囲気あるレザー
Bad
海外から購入
ケースを外しづらい
8.5
満足度

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる