【レビュー】実力はどう?Anker PowerPort Atom III 60Wは窒化ガリウム採用のワンポートUSB-C充電器

2019 12/28
【レビュー】実力はどう?Anker PowerPort Atom III 60Wは窒化ガリウム採用のワンポートUSB-C充電器

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MacBook Pro 13インチ付属の電源アダプタの大きさと重さには不満がある方も多いはず。

僕もその1人なので様々な充電器を試しつつ、ベストなものを探してます。

そんな中、Ankerからワンポートでコンパクトな60W充電器「Anker PowerPort Atom III 60W」が発売されたので購入してみました。

結論から言うと、とてもコンパクト・軽量で良い充電器だと思いますが、購入にあたっては踏まえておいた方がいいなと思う点もあったり。

そのあたりも含め、「Anker PowerPort Atom III 60W」の充電性能や使い勝手などレビューしたいと思います。

MacBook Pro 13インチへのフル充電までの時間なども計測してみたので参考にしてみてください。

MacBook Pro 15インチの場合、通常使用時は充電可能ですが、高負荷な作業時に電力不足になる可能性があります。

目次

Anker PowerPort Atom III 60Wの特徴

「Anker PowerPort Atom III 60W」は、最近トレンドな窒化ガリウム(GaN)が採用されたワンポート60Wの充電器。

窒化ガリウムとは、これまで一般的だったシリコンを置き換え、優れた電力効率を実現する新素材。

Anker PowerPort Atom III 60W

Anker社が開発したPowerIQ 3.0に対応し、Power DeliveryやQuick Chargeに互換性があります。

MacBookに使用するという意味ではPower Delivery(PD)に対応していればOK。

この「Anker PowerPort Atom III」にはUSB-Cワンポートで60Wのタイプと、USB-CとUSB-Aのツーポートで合計60Wのタイプと2種類あります。

Anker PowerPort Atom III 60Wの前面
USB-Cワンポートで60W

この記事で紹介しているのはワンポートのタイプです。

ツーポートの方がいいじゃんと思うかもしれませんが、「ツーポート合計で60W」なのでちょっと使い勝手が異なるので注意。

サイズ・重量

まずはサイズや重量について見ていきます。

サイズは60Wクラスの充電器としてはかなり小型です。

Anker PowerPort Atom III 60Wは手のひらサイズ

手のひらに乗るサイズでとてもコンパクト。

もちろんプラグも折りたたみ式なので持ち運び性能も良い。

Anker PowerPort Atom III 60Wはプラグ折りたたみ式

気になるMacBook Pro 13インチ付属充電器(61W)とのサイズを比較するとその違いは歴然。

MacBook Pro 13インチ付属充電器との比較
MacBook Pro 13インチ付属充電器との比較

MacBook Pro 13インチ付属充電器は61Wなので、出力は同等ながらこのサイズ感の違いは素直にすごいです。

MacBook Pro 13インチ付属充電器と前面から比較

どこからどう見てもMacBook Pro 13インチ付属充電器より小型で魅力的。

MacBook Pro 13インチ付属充電器と上部から比較

電源タップ接続時の存在感が大いに違う。

プラグに挿した際の存在感が違う

重さは約128gと付属充電器よりかなり軽い。

Anker PowerPort Atom III 60W
Anker PowerPort Atom III 60W
MacBook Pro 13インチ付属充電器
MacBook Pro 13インチ付属

Anker PowerPort Atom III 60Wの方が約35%軽いですね。

また、同じAnkerで比較対象としてふさわしいのは「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」だと思います。

出力は同じUSB-Cの60Wワンポート充電器で、やはり付属充電器よりは圧倒的にコンパクト。

ただしこちらは非窒化ガリウム。

あわせて読みたい
【レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60は小さくても60W出力!MacBook Proも充電可能なUSB-C充電器
【レビュー】Anker PowerPort Speed 1 PD 60は小さくても60W出力!MacBook Proも充電可能なUSB-C充電器こんにちはKoh(@misc_log)です。Ankerから、60Wという高出力を持った「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」という凄まじい充電器が発売されました。これ、個人的には待ち望...

その「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」と比較しても一回り小さくなってます。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60と比較

ただ、窒化ガリウム採用モデルと非窒化ガリウムモデルでの比較にも関わらず「あれ、あんまり変わらない?」感は正直ある。

60Wクラスとなると熱問題などいろいろ難しいのだとは思いますが、「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」を持っていたら買い替える必要はないかなと思いました。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60よりは確かに小さいけど

うーん、小さい。確かに小さい。けど・・。

MacBook Pro 13インチ付属充電器を含めたスペック比較はこの通り。

充電器Anker PowerPort Atom III Anker PowerPort Speed 1 PD 60MacBook Pro 13インチ付属
価格約¥3,999約¥3,599約¥7,344
重さ約128g約145g約194g
出力60W60W61W
充電器3種の比較

MacBook Pro 13インチ付属充電器を100%とした場合の比較はこちら。

充電器Anker PowerPort Atom IIIAnker PowerPort Speed 1 PD 60MacBook Pro 13インチ付属
価格約54%約49%約¥7,344
重さ約65%約75%約194g
出力約98%約98%61W

付属充電器と同じ出力で軽くて価格も安い。そういう意味では上位互換。

しかし、真ん中の「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」と比較するとやはりそこまで変わらないかなと思っちゃいますね。

Anker PowerPort Atom III 60WでMacBook Proの充電をする

Anker PowerPort Atom IIIの充電性能を確かめるためにMacBook Pro 13インチがどのくらいでフル充電になるかテストしてみました。

Anker PowerPort Atom III 60WでMacBook Proの充電をする

条件と使用したものは下記の通り。

条件
  • バッテリー残量0のMacBook Pro 13インチ
  • フタを閉じたスリープ状態で計測し、確認時だけ開く。
充電器Anker PowerPort Atom III 60W
USB-CケーブルAnker PowerLine II USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

この条件でどの程度の時間でフル充電できるのか計測してみます。

計測開始時点ではだいたい47W程度で充電されていました。

約47W
約47W

60W充電器使って47Wって弱いと思うかもしれませんが、スリープ状態であれば付属充電器もこのくらいの出力です。

約30分後。

Anker PowerPort Atom III 60WでMacBook Proを充電してから約30分

約47%程度まで充電。だいたい半分くらいですね。

約半分まで回復
約30分程度経過した時点で47%

そして、約1時間5分程度経過した時点で77%まで回復。

約1時間5分程度経過した時点で77%まで回復
約1時間5分程度経過した時点で77%

この時点で出力的にはだいたい20W程度まで落ちていました。

77%まで回復した時点でおおよそ20Wの出力

このような感じで計測を続け、1時間35分くらいのところで95%まで充電完了。

最終的に100%になったのは約1時間50分でした。

最終的に100%になったのは約1時間50分
100%になったのは約1時間50分後

まとめるとこのような感じ。

経過時間バッテリー残量
0%
約33分47%
約1時間5分77%
約1時間35分95%
約1時間50分100%

1時間50分ならMacBook Pro 13インチ付属充電器とほぼ一緒ですね。

もちろんバッテリーの劣化度合い含め、様々な環境によって充電時間は前後します。

また、充電中にどのくらい熱を持つか触ってみました。

普通に熱くはなる

触れないほどではないですが、そこそこ熱は持ってます。

まあこのくらいはどんな充電器でも熱くはなるかなというレベル。

このように、付属充電器と比べても遜色ない充電性能を持ちながらも小型で軽量という実用的な充電器です。

Anker PowerPort Atom III 60Wレビューまとめ

冒頭でも書いた通り、基本的にはとても優れた製品だと思います。

デメリットらしいデメリットがなく、60Wクラスでこのサイズは素晴らしい。

ただ、「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」とそんなに大きく変わらなかった、さらに、もう数百円出せば「RAVPower RP-PC112」に手が届いちゃうという状況をどう考えるか・・。

あわせて読みたい
【レビュー】これは小さい!RAVPower RP-PC112は61Wの高出力で最小・最軽量なUSB-C充電器
【レビュー】これは小さい!RAVPower RP-PC112は61Wの高出力で最小・最軽量なUSB-C充電器こんにちはKoh(@misc_log)です。RAVPowerから凄まじい充電器が販売されました。MacBook Pro 13インチを持っているなら絶対にチェックしてもらいたい充電器「RAVPower RP...

そのあたりも踏まえて検討してみると良いかと思います。

あくまでも個人的にはですが、この製品を選ぶ理由は下記のあたりかなと。

  • Anker PowerPort Speed 1 PD 60を持ってない
  • RAVPower RP-PC112より厚みがないものがいい
  • 充電器の買い増しを検討している
  • Ankerの手厚いサポート・信頼性

いずれにしろ、少し前では考えられなかったサイズと出力を持った優れた充電器であることは間違いないので、もし気になった方はチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

MacBook Proの充電器は複数持っておくことがおすすめ
あわせて読みたい
【小さくて軽いが最強】MacBook Proの充電器は複数持っていた方がいい理由
【小さくて軽いが最強】MacBook Proの充電器は複数持っていた方がいい理由こんにちはKoh(@misc_log)です。僕は付属充電器以外にMacBook Pro用の代用充電器を複数持ってます。なんでそんな充電器持ってるの?とよく聞かれるんですが、MacBook Pr...
MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーまとめ
あわせて読みたい
【2020年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリー
【2020年】MacBook Proと合わせて買いたいおすすめアクセサリーこんにちはKoh(@misc_log)です。僕は現在MacBook Pro 2020を使っており、Mac歴でいうと十数年。長期間Macを使ってきましたが、アクセサリーや周辺機器を揃えておくと、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ECサイトのWebエンジニア&マーケターとして働いています。ガジェットレビューやテクノロジー全般について書いてます。

よく読まれている記事

コメント

コメントする

目次
閉じる