Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo) レビュー:Anker製MagSafe対応のスマホリングが見た目も使い勝手もいいぞ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちはKoh(@misc_log)です。

MagSafeを搭載したiPhoneでもスマホリングが使いたいと思う人は多いはず。

すでに多くのMagSafe対応リングがAmazonなどで売られていますが、あのAnkerからスマホリングが登場しました。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)

Ankerが作った製品とあって期待せざるを得ないわけですが、早速買って使ってみたのでレビューします。

MagSafe対応スマホリングを探している人はぜひ参考にしてください。

目次

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)の特徴

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)は充電器でおなじみのAnkerから登場したスマホリング。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)
見た目もスッキリしてて良い

マグネットで装着するため基本的にはMagSafeが使えるiPhone 13 & 12シリーズ専用。MagSafe対応iPhoneケースならケースをつけていても使えます。

一般的なスマホリングは背面に「貼り付ける」ため、ワイヤレス充電やMagSafeという仕組みそのものを潰してしています。でもこのスマホリングなら大丈夫。

MagSafeなら使い分けができる
MagSafeなら使い分けができる

マグネットでくっついているため充電やその他MagSafeアイテムを使う際には外すだけ。必要なときだけ装着できるスマホリングです。

MagSafeスマホリングは他にもたくさんありますし珍しいものでもなくなってきましたが、このリングの良いところは、

  • カラバリが複数ある
  • なかなか強い磁力を持っている
  • Anker製である

このあたり。安心感ある有名メーカーがちゃんとしたものを作ってきたという印象のアイテムですね。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)の外観やサイズ感

僕はブラックを買いましたが正確には濃いグレーという感じの本体。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)の外観やサイズ感

マットでサラサラしたさわり心地。質感がとても良い。

iPhoneに内蔵されているMagSafeリングに沿う形状をしているため、サイズは一般的なスマホリングに比べると結構大きい。

割と大きい
割と大きい

さらに、厚みが約5mmと結構分厚いのでなかなかな存在感。

厚みもそこそこある
厚みもそこそこ

重さは約27g。中にマグネットが入っているため軽くはないですが、まあ許容範囲かなという感じ。

約27g
約27g

この通り全体的に存在感は大きめですが、その分しっかりしていて使いやすさは良い。というわけで使用感を紹介します。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)の使用感

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)を数日ですがガッツリ使ってみました。個人的にはMagSafeスマホリングの中でもかなり良いと思いました。

強力な磁力で安心感高い

まず気になるのは「外れずにちゃんと使えるのか?」ですが、通常使用で不安になることは全くありません。

iPhoneを使っているとき、ポケットへの出し入れ、ポケットの中で・・などなど、外れることもズレることもなくピタッとついてます。

磁力が強い
うん、普通に使える

リングを持ち上げるときもしまうときも問題なし。

リングを起こすときも外れない
リングを起こすときも外れない

このように指を通して持ち上げることも余裕です。

持ち上げても大丈夫

貼り付けや持ち上げるところを短い動画にしたのでご覧ください。音は出ません。

これだけくっついていれば実用的には困ることはそんなにないと思います。普通には使えます。

ただし、そこはやっぱりMagSafe。絶対外れないわけではありません。あまりにも振ると外れます。外れる様子がこちら。

MagSafeの特徴として、横にスライドするような力にはどうしても弱い。押し出すようにスライドさせると「こんな簡単なの!?」ってくらいあっけなく外れます。

スライドするとはずれる
簡単に外れる

大きく振るようなことをすると結果的に横にスライドする力が働き外れちゃいます。そしてもちろん、スライドしなくてもそれなりの力で引っ張ればそりゃ外れます。

付け替えできるからこそのMagSafeです。外れることそのものを嘆く人はいないと思いますが「外れる可能性」はいつも頭に入れて使う必要はあると思います。

ケースも大丈夫だけど磁力はそれぞれ

このスマホリングはMagSafe対応ケースならケースの上からでも使えますが貼り付き具合には差があります。

僕はiPhone 13 ProにPITAKAのMagEZ Case 2をつけて使っていますが、ケース側の内蔵マグネットが強力なのでさらに外れづらい。このケースほんと強い。

PITAKAのMagEZ Case 2だとさらに強力
すごい強さだ・・

一方でApple純正シリコンケースやレザーケースだと磁力が少し劣る感じがします。

純正レザーケースだと少し弱くなる
純正レザーケース

というか、正確にはこのくらいが普通でMagEZ Case 2が強いんだと思います。

ちなみに、裸iPhoneへの装着も純正ケースとだいたい同じくらいの磁力。PITAKAのケースよりは弱さを感じますが、通常使用に問題はありません。普通に使えます。

裸のiPhoneに装着

というわけで、ケースやケース素材によって微妙に磁力が変わってくることは覚えておくほうが良さそうですね。

スタンドは横向きのみだが快適

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)はiPhoneスタンドとしても使用可能。

一応縦横どちらでも使えるんですが、縦だと結構寝る感じになっちゃいます。なので、実用的には横置きのみ。

縦置きは結構寝ちゃう
縦置きは結構寝ちゃう

横置きだと浅めの角度も深めの角度も結構幅広く使えます。そのへんのスマホスタンドより柔軟だと思います。

横置き1
横置き2

動画視聴がはかどるとても便利な機能。

カメラレンズをしっかり保護

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)は畳んだときにフラットになるのでガタガタせずスマート。

カメラレンズをしっかり保護

まあフラットなのは正直珍しくはないんですが、このスマホリングはiPhone 13 Pro / Pro Maxの巨大なカメラをガードできるのが優れたところ。

iPhone 13 Pro / Pro Maxはカメラが他iPhoneより大きく、前に張り出してます。このリングはカメラより高さがあるため寝かせてもレンズに触れません。

カメラよりリングが高い
カメラよりリングが高い

ちゃんと様々なiPhoneに合うように作られているあたりはさすがAnkerです。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)の残念なところ

どんなものにも残念なところはあるもの。僕が感じた残念なところを紹介します。

リングを起こしづらい

このスマホリング、リングに凹凸がないので起こしづらいんですよね。

リングを起こしづらい
ひっかかりがない

iPhoneを片手で持って片手で起こす・・みたいに両手を使えば全然いけるんですが、片手でやろうとすると難易度高いです。リング外れそうになるし。

両手なら大丈夫
両手なら大丈夫

いやじゃあ両手でやれよ」って感じなんですが、僕のように小さい子供を抱えての外出が多いような現場ではそんな悠長なことやってられないんですよ。いかに片手で簡単に扱えるかこそが重要。

なんか引っ掛かりみたいなのがあると嬉しかった。ただまあ使ってればそのうち慣れるかもしれません。

細かな位置調整はできない

これはMagSafeスマホリング共通の課題ですが、細かい位置調整は不可能。

例えばスマホリングジャンキーな人はスマホの端っこにつけたいってことありませんか?僕は端っこ派なんですよね。

ほんとはこのへんが好き

バッチリ位置が決まると、まるで手の一部かってくらいグリップが良くなるのがスマホリング。

ところが、MagSafeスマホリングはiPhoneに内蔵されたマグネットの位置でなければダメ。その位置じゃ使いづらいと思っても変えることはできません。

まあMagSafeなのでしょうがないとは思いますが、あの頃のスマホリングとはやっぱり別物ではありますね。

Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)レビューまとめ

以上、Anker製スマホリング、Anker 610 Magnetic Phone Grip (MagGo)をレビューしました。

見た目、機能、価格、総合的に見て非常に優れたスマホリングだと思います。さすがAnkerと言わざるを得ない仕上がり。

多くの人にとって使いやすいリングだと思うので、気になったらぜひチェックしてみてください。

今日は以上です。それではまた。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

参考になったらシェアを!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる